阪急 電車 運賃。 定期運賃|定期券|きっぷ案内|鉄道情報|のせでん【能勢電鉄】

運賃の推移と比較(阪急とJR西日本の1990年代)

阪急 電車 運賃

東海道新幹線、山陽新幹線を利用する方は要チェックのネット予約サービス「 エクスプレス予約」というものがあります。 ・JR東海エクスプレス・カード ・JR西日本J-WESTカード エクスプレス このどちらかのクレジットカードをお持ちの方が利用することができる、会員制の新幹線予約サービスです。 PiTaPaは後払い式で、翌々月に引き落としとなります。 なので降車するときに現金ではなくPASPYをピッとするだけで、勝手に割引がされているので便利。 チャージもバス内、券売機、広島銀行のATMなどさまざまなところにあり、PASPY定期券もあるので通勤&通学にも利用することができます。 ただ、利用できる交通機関は限りがあります。 広島県内のバスのほとんどはPASPYを利用することができ、さらに広島市内を走る路面電車、一部タクシー、世界遺産・宮島を渡すフェリーや宮島ロープウェーでも利用できます。 が、JRの電車には乗ることができません…!PASPYはバスやフェリー限定となるのでご注意を。 メニュー• 228• メニュー• 228• 注目キーワード検索.

次の

阪急電鉄・能勢電鉄の運賃割引サービス

阪急 電車 運賃

阪急電鉄の公式サイトはこちら スポンサードリンク 阪急電鉄株式会社は、大阪梅田と神戸・宝塚・京都を結ぶ鉄道を経営する大手私鉄会社です。 阪急阪神ホールディングスの中核事業会社の一つで、阪急阪神東宝グループに属しています。 本社は大阪府大阪市北区、登記上の本店所在地は大阪府池田市栄町(宝塚本線池田駅)にあり、阪急電鉄沿線を中心に鉄道事業、自動車運送事業、流通事業などをおこなうほか、梅田エリア・阪急沿線・首都圏を中心に、都市開発などの不動産事業をおこなっています。 また、エンタテインメント・コミュニケーションの分野においては、劇団「宝塚歌劇団」を運営していることでも知られています。 現・阪急電鉄の前身となる「株式会社アクトシステムズ」が設立されたのは1989年になりますが、阪急電鉄が運営している鉄道事業は、1907年に設立された箕面有馬電気軌道(みのおありまでんききどう)が、現在の宝塚本線・箕面線にあたる梅田 — 宝塚間、石橋 — 箕面間を開業したのが始まりです。 スポンサードリンク そのため、明治-大正期に工期・費用・安全性を考慮し、意図的にトンネルを必要とするルートを迂回した建設の名残が今も残り、全線において極端にトンネルが少なく、カーブや急な勾配の多い路線となっています。 本社事務所 〒530-8389 大阪市北区芝田一丁目16番1号 TEL 06-6373-5165 東京支社 〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目5番2号 東宝ツインタワービル5階 登記上本店 〒563-0056 大阪府池田市栄町1番1号 路線概要 阪急電鉄の路線は、梅田駅を拠点として、兵庫県神戸市中央区の神戸三宮駅までを結ぶ神戸本線と、兵庫県宝塚市の宝塚駅までを結ぶ宝塚本線、京都府京都市下京区の河原町駅までを結ぶ京都本線の、大きく3つの系統に分けられます。 それぞれの本線には付随する支線があり、神戸本線の支線は甲陽線・今津線・伊丹線、宝塚本線の支線は箕面線、京都本線の支線は千里線・嵐山線です。 宝塚本線、神戸本線、今津線(神戸本線支線)にまたがる環状区間を「環状線」、神戸線と宝塚線をまとめて「神宝線」と呼ぶこともあります。 スポンサードリンク 各種乗車券と運賃 阪神電鉄の運賃の支払いには、「PiTaPa」・「ICOCA]などの交通系ICカードの全国相互利用ができます。 乗車券には、自線内普通乗車券のほか、他社路線との連絡乗車券、定期券、他社路線・バスとの連絡定期券、団体券、回数券などがあります。 回数券には、普通回数券、時差回数券、土休日回数券があり、有効区間が阪急線内のみとなる場合は回数券カードでの発売も行っています。 連絡回数券では、川能・天六を除く能勢電鉄、神戸三宮・天六を除く神戸高速線・山陽電鉄・神鉄電鉄連絡の回数券があります。 また阪急と阪神で同額となる運賃区間(190円・270円・280円・320円・370円)の回数券については、有効期間内であれば、相互利用ができます。 回数券の有効期限は発売日から3か月後の末日までです。 このほか、阪急・阪神・能勢電鉄・北大阪急行電鉄専用の「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」が大人用1,000円・2,000円・3,000円、小児用500円・1,000円・1,500円の6種類で発売されており、阪急阪神1dayパス・関空アクセスきっぷ・歩くまち京都レールきっぷ・神戸街めぐり1dayクーポンなど、沿線沿いの企画乗車券などがあります。 (阪急線の回数券を阪神線で利用する際は入場前に券売機で阪神の回数券に引き換え、阪神側も同様) 普通券・定期券運賃検索 経由地を含めた乗り換え案内・普通運賃・定期運賃額は、阪急電鉄公式サイトのトップページ、「ダイヤ検索」から調べることができます。 出発駅・到着駅は直接入力のほか、「路線図」ボタンをおすと路線図からも検索可能です。 また、出発駅・到着駅がすでに決まっていて、運賃のみを知りたい場合は、こちらの普通券・定期券運賃検索ページでも調べられます。 また他社線を含む定期運賃が表示されても、連絡定期券として購入できない場合があります。 スポンサードリンク 検索例《発着:梅田〜神戸三宮》 普通運賃 大人 320 小児 160 定期運賃(経路1:阪急) 大人 小児 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 通勤 12,840円 36,600円 69,340円 6,420円 18,300円 34,670円 通学 4,510円 12,860円 24,360円 2,260円 6,430円 12,180円 定期運賃(経路2:阪急石橋) 大人 小児 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 通勤 15,680円 44,690円 84,680円 7,840円 22,350円 42,340円 通学 5,200円 14,820円 28,080円 2,600円 7,410円 14,040円 スポンサードリンク 阪急電鉄の定期券 阪急電鉄の定期券には、「通勤定期券」「通学定期券」の2種類があります。 通用期間はいずれも1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月です。 連絡定期券は、同線が直通運転または接続する能勢電鉄・阪神電気鉄道・神戸高速線・神戸新交通・神戸電鉄・山陽電気鉄道・JR西日本・京阪電気鉄道・大阪高速鉄道(大阪モノレール)・神戸市営地下鉄の鉄道路線のほか、阪急バス・京阪バス・近鉄バス・神戸市営バス・伊丹市営バス・高槻市営バス・阪神バス・京都市営バスの各バス路線にも対応しています。 PiTaPaカード利用の方は、PiTaPaIC定期券・IC連絡定期券が利用できますが、一部区間の鉄道連絡定期券、バス連絡定期券全種に関しては、磁気定期券のみとなります。 「eていき」インターネット定期券購入予約サービス 阪神電鉄の定期券は、定期券発売所、各駅設置の定期券発売機能つき券売機 天神橋筋六丁目・神戸高速線花隈を除く で購入できますが、「eていき」サービスでは、利用区間や経由等をシミュレーションしながら、あらかじめインターネットで定期券に記載する内容を登録して購入予約をすることができ、よりスピーディーに新規通勤・通学定期券を発行することができます。 発行当日は券売機で名前などを入力する必要はなく、「eていき」の予約確認番号を入力するだけで発行できます。 なお、IC定期券をすでに利用中で、継続して同区間を利用する場合は、定期券発売機能つき券売機で更新できます。 定期券の予約はこちらから。 各種連絡定期券にも対応しています。 スポンサードリンク 停車駅一覧と列車種別 阪急電鉄の3本の本線は、梅田駅を拠点として十三駅までは並行して走ります(京都本線は間の中津駅を通過)。 全線で設定されている準急・通勤特急・特急の列車種別のほか、神戸本線では通勤急行・急行・快速急行、宝塚本線では急行、京都本線では快速・快速急行・快速特急があります。 全区間の通し運転のほか、神戸・宝塚・京都各本線の途中駅折り返し区間列車もあり、春・秋の行楽時期には梅田駅・河原町駅から嵐山駅への臨時直通特急も運行されます。 また、本線から分岐する今津線・宝塚本線・箕面線・京都本線・千里線については、準急運転があります。 直通運転を含む主な他社接続路線は、梅田駅で阪神電車(本線)・大阪市営地下鉄(御堂筋線他)・JR西日本(東海道本線他)、神戸本線神戸三宮駅で阪神電車(本線)・JR西日本(東海道本線)・神戸新交通(ポートアイランド線)・神戸市営地下鉄(西神・山手線他)、宝塚本線川西能勢口駅で能勢電鉄(妙見線)・JR西日本(福知山線)、京都本線南茨木駅で大阪高速鉄道(大阪モノレール線)、河原町駅で京阪電気鉄道(京阪本線)などがあります。 梅田駅 住所 〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目1 TEL 06-6373-5215 西宮北口駅 住所 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町6 TEL 0798-66-0945 神戸三宮駅 住所 〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町8丁目1 TEL 078-331-4802 豊中駅 住所 〒560-0021 大阪府豊中市本町1丁目1 TEL 06-6852-4153 川西能勢口駅 住所 〒666-0033 兵庫県川西市栄町20-1 TEL 072-758-9806 淡路駅 住所 〒533-0023 大阪府大阪市東淀川区東淡路4丁目17 TEL 06-6322-0888 高槻市駅 住所 〒569-0071 大阪府高槻市城北町2丁目1 TEL 072-675-0109 スポンサードリンク 河原町駅 住所 〒600-8001 京都府京都市下京区 四条通河原町西入ル真町 TEL 075-211-1052 鉄道以外の阪急電鉄に関する問い合わせ 阪急電鉄広報部(広聴センター) 住所 〒530-8389 大阪市北区芝田一丁目16番1号 TEL 06-6373-5165 FAX 06-6373-5670 受付時間 9:00~17:50/土・日・祝日および年末年始を除く 阪急電鉄・広聴センター問い合わせフォーム スポンサードリンク.

次の

阪急電鉄・能勢電鉄の運賃割引サービス

阪急 電車 運賃

他社連絡券 2014年9月21日更新 三宮駅名変更反映 他社連絡券 ここでは、現在券売機で発売されている阪急線から他社線への乗継のための他社連絡券について述べます。 ここでいう他社とは、能勢電鉄、大阪市交通局、神戸高速鉄道、山陽電車(山陽電気鉄道)、神戸電鉄、阪神電車(阪神電気鉄道)、南海電鉄(南海電気鉄道)を指しています。 乗車券への印字は、運賃額の上に経由となる駅、下段に縦書きの他社線の略称とその運賃額(大阪市交通局の場合は区数)が印字されています。 南海電鉄用のみ特殊な印字となっていて、経由の下に「南海関西空港」の記載、他社線の略称が横書きで、その運賃額が小文字です。 以下、各他社線名は、正式な会社名ではなく一般に使われている略称で表記します(例:阪神電気鉄道は一般に阪神電車と呼ばれる)。 阪急線及び他社線の割引額はそれぞれ大人10円、小児5円です。 例えば、阪急線150円・他社線150円の計300円(小児は阪急線80円・他社線80円の計160円)の場合を考えます。 大人運賃は阪急線140円・他社線140円に割引されて、計280円となり、小児運賃は、阪急線75円・他社線75円に割引されて、計150円となります。 大人運賃が280円だからと言って、小児運賃がその半額の140円にはならないことに注意が必要です。 阪急線乗車駅 (経由駅除く) 経由 他社線降車駅 (経由駅除く) 王子公園・春日野道 神戸三宮 神戸高速鉄道花隈〜西代・湊川 山陽電鉄板宿・東須磨 甲東園〜阪神国道 今津 阪神電車打出〜武庫川 十三・中津 梅田 阪神電車福島〜淀川 山本〜石橋 川西能勢口 能勢電鉄絹延橋・滝川 淡路・柴島 天六 大阪市交通局扇町〜堺筋本町、野江内代〜南森町 神戸三宮駅から山陽電車・神戸電鉄へ乗継する場合にも、乗継割引運賃が適用されます。 ただし、神戸三宮以西は神戸高速鉄道線になりますので、この乗継割引運賃の制度は神戸高速鉄道と山陽電車又は神戸電鉄間の会社間の制度であって、阪急線と他社線との間の制度ではありません。 これは、神戸三宮駅が阪急管理駅であり、自動券売機も阪急の設備であるが故のことです。 下記の表に、神戸高速鉄道の乗継割引運賃が適用される組み合わせを示します。 阪急線乗車駅 経由 他社線降車駅 神戸三宮 西代 山陽電鉄板宿・東須磨 湊川 神戸電鉄長田・丸山 神戸高速鉄道への連絡乗車券 左:旧三宮(現:神戸三宮)駅三代目券売機紫色タイプで発券 右:旧三宮(現:神戸三宮)駅三代目券売機赤色タイプで発券 神戸三宮から神戸高速鉄道へ乗継する際に発行される乗車券で、経由欄「三宮経由」、他社線名「高速」、他社線の運賃額「120」の記載があります。 山陽電車への連絡乗車券 旧三宮(現:神戸三宮)駅三代目券売機紫色タイプで発券 神戸三宮から山陽電車へ乗継する際に発行される乗車券で、経由欄「西代経由」、他社線名「山陽」、他社線の運賃額「140」の記載があります。 神戸三宮から山陽150円区間には 神戸高速鉄道の乗継割引運賃が適用されるため、運賃額の左隣に四角で囲った「 割引」表示があります。 神戸電鉄への連絡乗車券 旧三宮(現:神戸三宮)駅三代目券売機紫色タイプで発券 神戸三宮から神戸電鉄へ乗継する際に発行される乗車券で、経由欄「湊川経由」、他社線名「神鉄」、他社線の運賃額「160」の記載があります。 神戸三宮から神鉄170円区間には 神戸高速鉄道の乗継割引運賃が適用されるため、運賃額の左隣に四角で囲った「 割引」表示があります。 神戸電鉄への連絡乗車券でこの「 割引」が付くのは神戸三宮駅だけとなります。 大阪市交通局への連絡乗車券 左:淡路駅二代目券売機で発券 右:柴島駅三代目券売機赤色タイプで発券 大阪市交通局へ乗継する際に発行される乗車券で、経由欄「天六経由」、他社線名「地下鉄」、他社線の区数「1」の記載があります。 同券のみ、運賃額が区数表示です。 淡路・柴島から地下鉄1区間には乗継割引運賃が適用されるため、運賃額の左隣に四角で囲った「 割引」表示があります。 能勢電鉄への連絡乗車券 左:雲雀丘花屋敷駅三代目券売機紫色タイプで発券 右:雲雀丘花屋敷駅三代目券売機赤色タイプで発券 雲雀丘花屋敷駅二代目券売機で発券 雲雀丘花屋敷から能勢電鉄へ乗継する際に発行される乗車券で、経由欄「のせ口経由」、他社線名「能勢」、他社線の運賃額「140」の記載があります。 雲雀丘花屋敷から能勢150円区間には乗継割引運賃が適用されるため、運賃額の左隣に四角で囲った「 割引」表示があります。 経由を示す「のせ口」の「のせ」が漢字ではなくひらがなで表記されているのが特徴的です。 なお、南海電鉄への連絡券は関西空港駅を着駅とするものしかありません。 参考までに、南海電鉄で発行された阪急への連絡乗車券には券面上部に総発売額(ここでは1380円)、「 関西空港から地下鉄天下茶屋堺筋線経由」、 四角で囲った「 天六」、「阪急連絡」、阪急線内の発売額(ここでは220円)が書かれています。 どちらかと言えば、南海の方がパッと見た目分かりやすい表記になっています。 阪急線内から関西空港への需要がどれほどあるか分かりませんが、利便性の観点から見れば乗継と移動に手間がかかりますので、あまり売れていないものと予想されます(今回は高い出費でした)。 阪神電車への連絡乗車券 左:西宮北口駅三代目券売機赤色タイプで発券 右:中津駅三代目券売機赤色タイプで発券 阪神電車へ乗継する際に発行される乗車券で、経由欄「今津経由」又は「梅田経由」、他社線名「阪神」、他社線の運賃額「130」の記載があります。 西宮北口・中津から阪神140円区間には乗継割引運賃が適用されるため、運賃額の左隣に四角で囲った「 割引」表示があります。 中津駅発行の券の梅田の「田」の字が「口にメ= メ」表示になっているのが特徴的です。

次の