車椅子 セックス。 車椅子

タブー視されるセックスボランティアの真相と体験談【障害者の性】

車椅子 セックス

「障害者と性」。 最近では、テレビ番組で乙武洋匡さんが男性障害者の性を語り、話題となりました。 一方で、女性障害者の性について語られることはほとんどありませんでした。 でも、女性障害者だって性欲はある、はず。 車イスグループ「BEYOND GIRLS」の梅津絵里さん(41)と中嶋涼子さん(32)に話を聞きにいきました。 率直な言葉の意味 女性にまつわる性の問題は、見えにくいのが実情です。 もちろん、セックスへのモチベーションは人それぞれです。 そして、声にださなくても、セックスが大切なコミュニケーションであることは間違いありません。 梅津さんと中嶋さんは、性について悩む障害者の女性たちに届いてほしいとの思いから、あえて率直な言葉で語ってくれました。 2人の会話の中には、普段、耳にしない表現や単語が出てくるかもしれませんが、その表現自体が、2人のメッセージになっていると考えています。 健常者、障害者問わず、なかなか話にくいテーマかなと思いまして……。 梅津絵里さん(以下梅津) これまで、障害をこう乗り越えたんだよという美談を求められることが多かったのですが、それだけじゃないのになあと思っていました。 というのも、障害乗り越えた、終了!じゃなくて、その先、恋愛して、結婚して、出産して、子育てして……と人生は続くわけです。 そうなると、日常の「性」は切り離せない話。 障害者の中に同じように悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思うので、障害者だってセックスできる、恋愛できる、子どもだって作れるんだよっていうことを知ってもらいたいと思いました。 障害を持った後の夫婦生活で困ったことはありましたか? 梅津 27歳で難病の「全身性エリテマトーデス」を発症して、それから6年間寝たきりの生活でした。 ご飯を食べられるようになる、トイレに一人で行けるようになる……日常のことを一通りできるようになった後は、子どもが欲しかったので、夫とのセックスについても考えるようになりました。 バックの時にも使えるかも、なんて頭をよぎりながら(笑)。 作業療法士の方が若い女性だったので、そういう話も素直にできました。 もう、腕がぷるぷるで生まれたての子鹿みたいでしたよ(笑)。 6年ぶりのセックスになるので、「ここまで回復したんだよ」って夫をびっくりさせたかったんです。 まあ、実際にやると、夫も「本当に大丈夫なの?」とそれどころじゃなくて、結局、基本スタイルが1番いいねってなったんですけど(笑)。 梅津 そうですね。 私は子どもを望んでいたので「早く大好きな夫とセックスができるようになりたい」と相談できました。 でも、そう言えない人の方が多いんでしょうね。 「性の話は恥ずかしい」ということに加え、「セックスのリハビリなんて余裕あるんですね」ともっと重度の方を嫌な気持ちにさせてしまうかもしれない、と考慮する気持ちがあるのかもしれません。 でも、セックスじゃなくても、スキンシップって大事じゃないですか。 病気をきっかけに、セックスができなくなってしまったという人もいます。 だけど、私は諦めたくなかったんです。 中嶋涼子さん 悩んでいたことが「車イスあるある」だった 中嶋涼子さん(以下中嶋) 私も絵里に会うまで、何でも話せる障害者の友達がいなかったので、健常の子としかこういう話をしたことがありませんでした。 なので、ずっと「私だけがおかしいんだ」って思って悩んでいたんです。 でも、絵里に話を聞いてもらって、「あ、これは車イスあるあるなんだ」ってほっとした。 私たちが、性の話をすることで救われる子もいるのかなあって思います。 まわりに障害者の友達がいなかった時は、健常の子に相談すると「腰に枕をいれると我慢できるよ」って言われてやってみたんですけど、うまくいかない。 絵里に相談すると「私も病気のあとで括約筋が弱まったので不安があるよ」って言われて、「あ、これは筋肉の話なんだな」って気づきました。 脊髄損傷をしていると、そういう子は多いみたいです。 梅津 「防水シートをベットに敷いてやるといいよ」ってアドバイスしたりなんかしてね。 バリアフリーのホテル情報をお互いにシェアすることもあります。 だから、「えっちってどうしてるの?」って聞いたこともありました。 電話で3時間くらいしたよね、その話(笑) 中嶋 そうなんです。 なにしろ感覚がないので、お腹にあたるのや、入るのがわかる時もあれば、実はわからない時もあります。 私は9歳から車イスなので、障害を持ってからのセックスしかしたことないんですよ。 なので、もうイマジネーションの世界。 たぶん、こんな気持ちよさな気がする、みたいな(笑)。 でも、好きな人とのセックスは本当に気持ちいいですよ。 どなたかステキな人がいればとは思っています。 これまで、出会い系アプリ「ティンダー」を使って、男の子と出会ったりしていましたね。 最初は車イスってことを伏せてやりとりして、途中であかすようにしてました。 だんだん、車イスの扱いもわかるようになってくれて、うまく付き合えることもありました。 勇気をもってやってみてよかった。 おかげで、男性とデートすることにも慣れてきました。 梅津 涼子は本当にアクティブ。 見てるこっちも元気がもらえる。 中嶋 私の周りの障害者の方は、既婚か独身かしかいなくて「恋人」とどうやって出会うのかっていうのが大きな課題だったんです(笑)。 なので、出会い系アプリのおかげで出会いの場が広がりました。 私がこういう発言をすることで、「私もやってみたい!」という声をいただいたので、積極的に話していこうと最近は思っています。 梅津 障害者も恋愛もセックスもできるし、家庭を持って子作りもできる。 今の状況に絶望をせずに、未来を夢見ていいんだって知って欲しいですね。 梅津絵里(うめづ・えり)1977年生まれ。 難病の全身性エリテマトーデス(SLE)などによる両上下肢まひ。 27歳で難病を発症し、6年間寝たきりの生活に。 34歳で退院、自宅療養。 2017年にタレント活動を開始。 18年にリーダーの小澤綾子さん、中嶋涼子さんと3人で車イスチャレンジユニット「BEYOND GIRLS」を結成、イベント出演、講演、歌、動画配信などマルチに活動している。 中嶋涼子(なかじま・りょうこ)1986年生まれ。 9歳の時に病気のため下半身不随になり、車イスの生活に。 高校卒業後アメリカに留学。 帰国後はFOXなどで日本語字幕制作、映像編集に携わる。 現在は、車イスのインフルエンサーとして活動。 「BEYOND GIRLS」で、動画配信活動に力を入れている。

次の

車椅子セックス*面白いデカールステッカーに適し車バイクボート用フォードフォーカスcurzeマツダ

車椅子 セックス

「障害者と性」。 最近では、テレビ番組で乙武洋匡さんが男性障害者の性を語り、話題となりました。 一方で、女性障害者の性について語られることはほとんどありませんでした。 でも、女性障害者だって性欲はある、はず。 車イスグループ「BEYOND GIRLS」の梅津絵里さん(41)と中嶋涼子さん(32)に話を聞きにいきました。 率直な言葉の意味 女性にまつわる性の問題は、見えにくいのが実情です。 もちろん、セックスへのモチベーションは人それぞれです。 そして、声にださなくても、セックスが大切なコミュニケーションであることは間違いありません。 梅津さんと中嶋さんは、性について悩む障害者の女性たちに届いてほしいとの思いから、あえて率直な言葉で語ってくれました。 2人の会話の中には、普段、耳にしない表現や単語が出てくるかもしれませんが、その表現自体が、2人のメッセージになっていると考えています。 健常者、障害者問わず、なかなか話にくいテーマかなと思いまして……。 梅津絵里さん(以下梅津) これまで、障害をこう乗り越えたんだよという美談を求められることが多かったのですが、それだけじゃないのになあと思っていました。 というのも、障害乗り越えた、終了!じゃなくて、その先、恋愛して、結婚して、出産して、子育てして……と人生は続くわけです。 そうなると、日常の「性」は切り離せない話。 障害者の中に同じように悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思うので、障害者だってセックスできる、恋愛できる、子どもだって作れるんだよっていうことを知ってもらいたいと思いました。 障害を持った後の夫婦生活で困ったことはありましたか? 梅津 27歳で難病の「全身性エリテマトーデス」を発症して、それから6年間寝たきりの生活でした。 ご飯を食べられるようになる、トイレに一人で行けるようになる……日常のことを一通りできるようになった後は、子どもが欲しかったので、夫とのセックスについても考えるようになりました。 バックの時にも使えるかも、なんて頭をよぎりながら(笑)。 作業療法士の方が若い女性だったので、そういう話も素直にできました。 もう、腕がぷるぷるで生まれたての子鹿みたいでしたよ(笑)。 6年ぶりのセックスになるので、「ここまで回復したんだよ」って夫をびっくりさせたかったんです。 まあ、実際にやると、夫も「本当に大丈夫なの?」とそれどころじゃなくて、結局、基本スタイルが1番いいねってなったんですけど(笑)。 梅津 そうですね。 私は子どもを望んでいたので「早く大好きな夫とセックスができるようになりたい」と相談できました。 でも、そう言えない人の方が多いんでしょうね。 「性の話は恥ずかしい」ということに加え、「セックスのリハビリなんて余裕あるんですね」ともっと重度の方を嫌な気持ちにさせてしまうかもしれない、と考慮する気持ちがあるのかもしれません。 でも、セックスじゃなくても、スキンシップって大事じゃないですか。 病気をきっかけに、セックスができなくなってしまったという人もいます。 だけど、私は諦めたくなかったんです。 中嶋涼子さん 悩んでいたことが「車イスあるある」だった 中嶋涼子さん(以下中嶋) 私も絵里に会うまで、何でも話せる障害者の友達がいなかったので、健常の子としかこういう話をしたことがありませんでした。 なので、ずっと「私だけがおかしいんだ」って思って悩んでいたんです。 でも、絵里に話を聞いてもらって、「あ、これは車イスあるあるなんだ」ってほっとした。 私たちが、性の話をすることで救われる子もいるのかなあって思います。 まわりに障害者の友達がいなかった時は、健常の子に相談すると「腰に枕をいれると我慢できるよ」って言われてやってみたんですけど、うまくいかない。 絵里に相談すると「私も病気のあとで括約筋が弱まったので不安があるよ」って言われて、「あ、これは筋肉の話なんだな」って気づきました。 脊髄損傷をしていると、そういう子は多いみたいです。 梅津 「防水シートをベットに敷いてやるといいよ」ってアドバイスしたりなんかしてね。 バリアフリーのホテル情報をお互いにシェアすることもあります。 だから、「えっちってどうしてるの?」って聞いたこともありました。 電話で3時間くらいしたよね、その話(笑) 中嶋 そうなんです。 なにしろ感覚がないので、お腹にあたるのや、入るのがわかる時もあれば、実はわからない時もあります。 私は9歳から車イスなので、障害を持ってからのセックスしかしたことないんですよ。 なので、もうイマジネーションの世界。 たぶん、こんな気持ちよさな気がする、みたいな(笑)。 でも、好きな人とのセックスは本当に気持ちいいですよ。 どなたかステキな人がいればとは思っています。 これまで、出会い系アプリ「ティンダー」を使って、男の子と出会ったりしていましたね。 最初は車イスってことを伏せてやりとりして、途中であかすようにしてました。 だんだん、車イスの扱いもわかるようになってくれて、うまく付き合えることもありました。 勇気をもってやってみてよかった。 おかげで、男性とデートすることにも慣れてきました。 梅津 涼子は本当にアクティブ。 見てるこっちも元気がもらえる。 中嶋 私の周りの障害者の方は、既婚か独身かしかいなくて「恋人」とどうやって出会うのかっていうのが大きな課題だったんです(笑)。 なので、出会い系アプリのおかげで出会いの場が広がりました。 私がこういう発言をすることで、「私もやってみたい!」という声をいただいたので、積極的に話していこうと最近は思っています。 梅津 障害者も恋愛もセックスもできるし、家庭を持って子作りもできる。 今の状況に絶望をせずに、未来を夢見ていいんだって知って欲しいですね。 梅津絵里(うめづ・えり)1977年生まれ。 難病の全身性エリテマトーデス(SLE)などによる両上下肢まひ。 27歳で難病を発症し、6年間寝たきりの生活に。 34歳で退院、自宅療養。 2017年にタレント活動を開始。 18年にリーダーの小澤綾子さん、中嶋涼子さんと3人で車イスチャレンジユニット「BEYOND GIRLS」を結成、イベント出演、講演、歌、動画配信などマルチに活動している。 中嶋涼子(なかじま・りょうこ)1986年生まれ。 9歳の時に病気のため下半身不随になり、車イスの生活に。 高校卒業後アメリカに留学。 帰国後はFOXなどで日本語字幕制作、映像編集に携わる。 現在は、車イスのインフルエンサーとして活動。 「BEYOND GIRLS」で、動画配信活動に力を入れている。

次の

身体障害者でもセックスはできる!脊髄損傷を抱える私の性事情

車椅子 セックス

僕の友達はバイク事故で脊髄を痛めてしまい、それ以来車椅子での生活。 そんな友達が2ヶ月前に温泉に行きたいと言うので一緒に行く事に。 しかし、2人で行くには荷が重過ぎると言う事で介護役に友達のお母さんも同行することになったのです。 バリアフリーの施設がある温泉が良いと言う事で、塩原温泉の某ホテルを2泊3日の予定で予約して行く事に。 行ってみてビックリでした。 バリアフリーの施設だけあって部屋もトイレもお風呂も全部が広々としていて使い勝手も良く、これなら車椅子の人でも一人でなんでも出来ると思いました。 話がずれましたが、当日の夕飯を食べた後にお風呂に入るというので友達と一緒に入る予定だったのですが、僕と2人だと友達を入れるのに要領を得てないだろからと言う事で、友人の母も一緒に入る事になったんです。 全裸の友達を僕とおかあさんで両脇で抱えながらお風呂へ友達を湯船に浸けたら、驚いた事に下半身が浮いてしまうんです。 それも始めて見ましたが、もう一つ驚かされたのはお湯で刺激されてチンチンが勃起してしまったんです。 友達のおかあさんは、そんな友達の勃起したチンチンを見ても何とも思わないらしく、ほんの少しニコッとしておわりでした。 その時、僕も友達のおかあさんの裸体を間直に見ていたのでチンチンはギンギンに勃起して痛いほどでした。 お風呂を出て友達を先に車椅子に乗せ、僕とおかあさんもスグに服を着て部屋に戻りましたが、母親って凄いと思いました。 子供のためなら、子供の友達と一緒にお風呂まで入れるんだって、しかも全裸で、全く恥ずかしがらないなんてとっても感動しました。 友達はベットで寝て、僕とおかあさんは布団を敷いた畳の上で寝たのですが、どうも寝付けないでいたら、友達のおかあさんも寝付けないらしく幸い、誰も居なかったので1階のラウンジの隅で缶コーヒーを飲みながら色々と話しました。 友達の怪我の事や友達が将来結婚して子供を作る為に、おかあさんが定期的に射精させてあげていると云う事などetc。 そんな話をしていたら突然泣き出してしまったので、向き合っていたいたのに隣に座り直して軽く抱き寄せて背中をさすって落ち着くまで優しくなでてあげました。 4~5分泣いていたでしょうか、やっと泣き止み落ち着きを取り戻した様だったので、大丈夫ですかと話しかけたら無言でうつむき加減に首をコクリと下げたので僕も安心しました。 まさか、こんな所で泣かれるとは思っても見なかった事だったので僕の方がビックリでした。 泣き止んだ事に安心した為か、ふと、おかあさんを見たら急に愛しく思えて来ちゃって両腕を抱え込んでグッと抱きしめながら友達のおかあさんの唇に僕の唇を重ねキスしてました。 友達のおかあさんも予期していた様に僕が舌を差し入れ様としたら唇を開いて舌を絡めてくれたんです。 いくら人が居ないといってもラウンジだったので、すぐにキスを止めて部屋に戻り、一つの布団に入って友達のおかあさんと初めてのSEXをしました。 翌日もしたかったのですが、この次はお家に帰ってからしてあげると言うので朝のキスだけして帰って来ました。 帰って来てからは友達が施設に行っている間に、ラブホに行って思い切り愛し合ってます。 母親であり、主婦、そして一人の女でもある40代の女性って、こんなにも魅力的だったなんて初めて知りました。 僕とSEXしている間だけ友人の母は、何もかも忘れられるといって激しく淫れています。 彼女にとって息子の友人とのSEXが癒やしのようです。 僕自身も素敵な四十路の女性なので、彼女がそれで休まるなら、何度も、いつでもSEXしてあげようと思います。

次の