岡江久美子喫煙。 「自称・息子に喫煙捏造」岡江久美子さんを冒とくするネットの闇(FRIDAY)

岡江久美子の喫煙歴まとめ!ヘビースモーカーやチェーンスモーカーの真相は?

岡江久美子喫煙

2020年4月23日、日本列島に悲しくて驚きのニュースが入りました。 新型コロナウィルス感染症で女優・タレントの岡江久美子さんが亡くなりました。 享年63歳という早すぎる死。 志村けんさんに続き、信じられないニュースで、日本中がショックを受けています。 岡江久美子さんは、感染したというニュースもなく、突然の逝去のニュースだったので、 驚きの声があがっています。 岡江久美子さんは、昨年末に乳がんの手術をされており、今年1月〜2月は放射線治療をおこなっていたそうです。 その影響もあり、今回、新型コロナウィルスが重症化したともいわれています。 そんな岡江久美子さんですが、新型コロナウィルスの病状が重症化した原因として、 「喫煙者だったのでは?」という噂がTwitter上でいわれています。 中ではヘビースモーカーだったとの噂も出ています。 岡江久美子のプロフィール 本名;大和田 久美子(旧姓;岡江) 生年月日;1956年8月23日 出身;東京都世田谷区 身長;156cm 血液型;A型 配偶者;大和田 獏 家族;夫(大和田 獏)・長女(大和田 美帆) 事務所;スタッフ・アップ 岡江さんは、1956年8月23日生まれ、東京都世田谷区出身。 東京学芸大学付属世田谷中学、鴎友学園女子高校卒業。 1975年、TBS系ドラマ「お美津」での主演で芸能界デビュー。 1978年からは「連想ゲーム」に紅組レギュラー解答者として5年間出演していました。 1983年、当時「連想ゲーム」の白組レギュラー解答者だった大和田 獏さんと結婚しました。 その後、1991年から1999年まで『天までとどけ』で大家族の母親役 定子を演じました。 1996年から2014年までの17年半もの間、「はなまるマーケット」の総合司会をやっくんこと、 薬丸 裕英さんと共に務めました。 2006年度の放送ウーマン賞を受賞してました。 17年!という長い番組を続けられたのは、本当に素晴らしいですね。 しかも、岡江 久美子さんは、17年、ずっと朝の番組を続ける中、長女の美帆さんのお弁当を6年間作り 続けていたそうです。 家事も仕事も育児も両立されて、本当にパワフルな方だったんだと思います。 「はなまるマーケット」が終了するきっかけとなったのは、岡江久美子さんが高齢となるお母さんの側に もっといたいとの希望だったともいわれています。 家事も仕事も育児もそして、高齢のお母さんの介護もされるというのは、 本当に大変だった思いますが、そんな姿を全く感じさせない方でした。 スポンサードリンク ネット上の声! 岡江久美子さんってヘビースモーカー(チェーンスモーカーだったらしい)なのか・・・ やはりコロナ禍は喫煙者の命を奪っていく感がすごいな・・・ ホント、悪いこと言わないからタバコなんていうインディオの悪習慣起源の風習から足を洗った方がいいぜ・・・ — いしわたりしんいち robanotearoom 岡江久美子さん 喫煙者だったのか。 良い悪いということではないが、イメージなかったな。 — かめさん@ゆるりんと(やりたいことやる) kamesakanin 岡江久美子さんまで?まさかのコロナ… 喫煙者だったから容態悪化しちゃったのかな? 残念です。 【悲報】 ブログで さんが 喫煙者だったと暴露してしまう 岡江さん、 銀座のクラブにも ゴルフ場にも、行ってなかったって。 タバコも吸ってなかったって。 煙を吸わないように気をつけてたって。 がん治療がんばってたって。 煙を吸わないように気をつけてたって」 と綴られていますが、昔は煙草を吸っていたのかもしれませんね。 でも、今は煙草は吸っていなかったようです。 2007年5月17日のYahoo! 知恵袋では、.

次の

岡江久美子は喫煙者だったのか?ヘビースモーカー・乳がん治療で肺炎悪化?!

岡江久美子喫煙

新型コロナウイルスによって亡くなった岡江久美子さん 女優・岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。 63歳だった。 彼女が新型コロナに感染していることは伝えられておらず、一報が流れるや、芸能界に激震が走った。 所属事務所によると、岡江さんは3日に発熱し、自宅で安静にしていたが、6日朝に容態が急変。 入院後に新型コロナウイルスに感染していることがわかった。 岡江さんは昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療を受けていたという。 免疫力が低下していたことで重症化した可能性がある。 先月末に亡くなった志村けんさんしかり、新型コロナが恐ろしいのは病状が急速に悪化することだ。 医療関係者の話。 「志村さんは肺の状態が悪かった。 岡江さんの場合はがん治療を行っていたことで、免疫低下者に分類されるのだろうが、それでも発熱から容態急変までが余りに早すぎる。 『発熱時点でPCR検査をしていれば…』『すぐにアビガンを投与していれば……』という話も聞かれるが、それらはすべて結果論。 遺骨を抱いた大和田の「久美子は今帰ってまいりました。 こんな形の帰宅は、本当に残念で悔しくて悲しいです」という言葉に涙した人も多いだろう。 最愛の人を天国に送り出す瞬間にも立ち会えない。 これが新型コロナウイルスの最も残酷なところだ。 一方、ネット上では岡江さんをめぐる不謹慎すぎる行為も目についた。 ユーチューブでは「岡江さんの息子」を名乗る人物が次々と動画を投稿。 20~30代くらいと思われる男性が「母について話します」「今まで母をありがとう御座いました」「凄く悲しいです」などと述べ、ツイッターでは「岡江久美子の息子」がトレンドに入った。 岡江さんに息子はおらず、投稿者の目的は再生回数稼ぎだ。 ネット上では「鬼畜の所業」「恥を知れ」など批判の声が殺到したが、炎上すればするほど投稿者の思うツボ。 徹底無視するほかない。 岡江さんの喫煙歴を捏造した者もいた。 何者かがSNS上で「岡江さんは喫煙者」「チェーンスモーカーだった」という情報を流し、拡散。 ネット上では岡江さんの喫煙歴に関する記事や検証ブログが散見される事態となっている。 志村さんの場合は長年の喫煙歴が災いし、肺炎の進行が早まった感は否めないが、岡江さんはそもそも愛煙家ではない。 タレントの山田邦子は23日に更新したブログで以下のようにつづっている。 「岡江さん、銀座のクラブにもゴルフ場にも、行ってなかったって。 タバコも吸ってなかったって。 煙を吸わないように気をつけてたって。 がん治療がんばってたって。 遺骨になるまで会えないって。 遺骨になっても、ご家族も濃厚感染者なのでしばらくはダメだって。 悲しい」 健康にひと一倍気を遣っていたのが、岡江さんなのだ。 勝手に「喫煙者」のレッテルを貼られ、重症化との因果関係を証明する材料に使われてはたまったものではない。 一連の不謹慎行為について、ワイドショー関係者は次のように語る。 「緊急事態宣言で不要不急の外出を控え、巣ごもりする人が増えたことも大きい。 時間ができ、暇つぶしや小遣い稼ぎを目的に動画配信する人が続出している。 SNSではデマやフェイクニュースが垂れ流し状態。 これもコロナの弊害の1つなのかもしれない」 タレントのモト冬樹は岡江さんをめぐる悪質なデマについてブログで「亡くなったばかりの人に対しての冒涜以外なにものでもない」と批判。 俳優の中野英雄もツイッターで「最悪中の最悪。 俺はこれも、コロナ犯罪だと思う。 非道な奴(やつ)には非道の極刑を」と怒りをあらわにした。 写真:時事.

次の

岡江久美子の旦那の悲しみ・喫煙者は注意!志村けんと共通のコロナの影響!

岡江久美子喫煙

岡江久美子が死亡で喫煙者? 岡江さんは去年の末に初期の乳がんの手術を受け、ことし1月末から2月半ばにかけて放射線治療を行っていたということで、事務所は、免疫力が低下していたことが重症化した原因ではないかとしている。 夫の大和田獏さん、娘の大和田美帆さんに現在症状は出ていないという。 女優でタレントの岡江久美子さんが23日午前5時20分頃、都内の病院で新型コロナウイルスによる肺炎のため、亡くなったことが分かった。 63歳だった。 岡江さんは3日に発熱。 自宅で療養していたが、6日朝に容体が急変し、都内の大学病院に緊急入院した。 その後はICUで人工呼吸器を装着。 PCR検査の結果、陽性が判明した。 懸命な治療を続けてきたが、完治には至らなかった。 出典:スポーツ報知 岡江久美子さんの印象は明るくて元気なものが多く今回の死亡の報告は本当にびっくりしている方も多いようです。 年齢も63歳ということで死去するには現代では早すぎますし、これからの女優としての活躍が期待されていただけに本当に残念です。 岡江さんが 喫煙者だったのではなどの噂がヤフーにあるようですが真相はどのような感じなのでしょうか・ タバコを吸うと免疫力がさがりコロナウイルスの感染のリスクも高くなると言われております。 しかし、岡江さんが喫煙者だったというような情報は今のところありませんし、そのようなイメージもない方がほとんどなのではないでしょうか。 死因はコロナ肺炎で急変し死去 岡江久美子さん、昨年末に乳がん手術 放射線治療で免疫力低下か 新型コロナ感染で死去 — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon 岡江久美子さんの死因は新型コロナウイルスによる肺炎ということですが乳がんの手術などをして免疫が低下していたような報道もあります。 所属事務所によると、岡江さんは、19年末に初期の乳がんの手術を受けていたという。 今年1月末から2月半ばまで放射線治療を行い、免疫力が低下していたことが重症化した原因ではないか、と指摘した。 放射線治療や抗がん剤などでは抵抗力が落ちることもあり今回のようなウイルスなどには特に注意しないといけません。 岡江さんの容体は急変したと報じられております。

次の