富士急 ハイ ランド。 富士急ハイランドの口コミ・評判 | みん評

福岡発・FDAで行く富士急ハイランド

富士急 ハイ ランド

山梨県富士吉田市にある株式会社富士急ハイランドが運営する遊園地で絶叫系をウリにしています。 また2011年7月当時「落下角度が121度で世界一のローラーコースター」として認定された高飛車などギネス記録をたくさん持つことでも知られており、2013年現在9アトラクション14項目のギネス記録を達成しています。 富士急ハイランドの代名詞になっている「FUJIYAMA」を始めとした絶叫系アトラクションだけでなく、歩行距離900mの最恐戦慄迷宮、ミッションをクリアしながら脱出を目指す「絶望要塞」といったように様々なアトラクションがあります。 また「きかんしゃトーマス」をモチーフにした「トーマスランド」や、かいけつゾロリやガンダムのアトラクションなどもあり、子供でも楽しめるテーマパークとなっています。 大人は絶叫系、小さい子供はトーマスランドなど各世代が楽しめるという声があった反面、混雑していてなかなかアトラクションに乗れないといった不満の声もありました。 によると、お客さんが混雑で乗れないことがあるのと同じように、スタッフとして働く場合も、スタッフ人数の関係で望んだアトラクションの担当になれない場合があるようです。 まず第一として、情報が本当にわかりにくいです。 紙のマップは入口にありましたが分かりにくく、公式サイトのマップもただ画像を載せてあるだけで使い勝手が悪いです。 先日初めて行きましたが地図が全く分からない上に店員さんやスタッフさんが全く外に出ていないため聞くこともできずかなり苦労しました。 アナウンスも分かりにくく、聞いてもどういう事なのか理解しにくいです。 また、閉園時間の5時半に出てどのように駅へ行けばいいのか分からず、インフォメーションセンターのようなところへ行ってももう閉まっており全く役に立ちませんでした。 結局マップを見つつ暗い道を必死に走り続けることになりました。 また、個人的にはトイレが本当に分かりにくくて困りました。 余裕を持ってトイレを探しておかないとかなり大変です。 2つ目として、皆さんも言っている通り接客が最悪です。 入園から退園まで関わるスタッフさんの態度が一貫して悪いです。 タピオカなど外からの店の店員はともかく、挨拶もしない、だらだら動く、言葉遣いが雑、1回だけの雑な分かりにくい説明…枚挙にいとまがありません。 そもそも店員が少なすぎてアトラクション入口に誰もおらず並んでいいのか分からない状態が多いです。 ディズニーのような期待をしていると余計に気落ちします。 忙しいお店に1人しか店員がおらず非効率、長時間待たされるといったような事も起こります。 3つ目として、世界観というか作り込みが甘く、全体的にだれて退廃している雰囲気が漂っています。 雑草はそのまま、色あせた看板、水上アトラクションの濁った水、目を向けるとびっくりするほど粗が見つかります。 そういった事に無頓着なんだろうなというのが丸わかり、金儲けを隠そうともしていないような雰囲気でどうしても気持ちが萎えてしまいました。 人が少ないときには廃墟を歩いてる気持ちになりました。 世界観や雰囲気は期待しない方がよいです。 良いところとしては、リサとガスパールタウンの作り込みがとても精巧で満足出来たところです。 店内のポップなども楽しく落ち着いており、かわいい装飾を楽しみつつお買い物ができました。 エッフェル塔などもあったり、ライトアップされたクリスマスツリー?は見応えがあります。 寒いですが…。 もう1つの良いところは、ピザーラやプレッツェルが美味しかったところですかね。 台湾からのお店のホットタピオカ紅茶がとてもおいしくておすすめです!まあこれらは富士急ハイランドでなくても楽しめると思います…。 富士急ハイランドを楽しむためには、事前にトイレやアトラクションなどの下調べをよく行い(フリーWiFiはありますが全体的に電波が悪くストレスがたまります)防寒対策をしていくことが必須です。 リサとガスパールタウンはとても良かったので口コミを読んでいる方にも是非行ってみてほしいです! 顔認証システムに時間がかかる。 いちいちマスク外したり、帽子外したり面倒くさい。 従業員の態度がどのアトラクションも悪く気分が悪い。 言葉遣いはタメ口。 クレームには横柄な態度。 1人1人教育しろとは言わないけど悪質すぎる。 建物も老朽化していて、手すりはベタベタするし、塗装はハゲてるし、アトラクションの乗り物には使用禁止の札がある座席があるし、乗ったらベルトの意味がなく回転するたびに上からしっかりおりてるはずのベルトが浮いて違う恐怖を感じるし…従業員はベルトのチェックおざなりだし、いつか点検ミス、ベルトの不具合等で事故を起こしそう。 待ち時間も180分はザラ。 回転効率が悪すぎる。 もっとテキパキ誘導したらいいのに、やる気ない従業員がダラダラ誘導。 戦慄迷宮はフリーパスとは別に支払いがあり高い金払って入ったのに後ろからすぐ次の団体がくるからゆっくり回れないし、恐怖も半減する。 もっと余裕を持ってほしい。 ボッタクリ迷宮。 待ち時間を短縮出来るチケットもボッタクリ、優先券高すぎる。 ディズニーのファストパスみたいに無料化できないの?要所要所で金儲けしか考えてない感じする。 客の立場になってない。 室外機丸見えで世界観ゼロ。 お土産やさんも富士急ハイランド限定品少なすぎて買う気うせる。 レストラン高すぎ。 いい所はピザーラのピザは変わりなく美味しいしスタバのフラペチーノも変わらず美味しいことくらい。 でも、これ、富士急ハイランドに行かなくても味わえる。 水で濡れる系の乗り物は使われてる水が汚すぎて乗る気失せた。 もっと綺麗にたもてない?経営苦しい?もう潰れそうな雰囲気。 朝9:30ごろに到着したけどチケット売り場は既に長蛇の列。 チケット売り場で並びながら、フリーパスを買うか?リアルタイム待ち時間を見ながら考え、フジヤマ120分待ちならフリーパスの方がお得と判断してフリーパスを購入。 やっとフリーパスを購入して10:45ごろからフジヤマへ並んだが、全く進まない。 リアルタイム待ち時間でも、列に置いてある看板でも、表示は120分待ちなのに、結局フジヤマに乗れたのは14:45。 4時間も待たされた。 その次は鉄骨番長を乗ったが、リアルタイム待ち時間は30分と表示、列に置いてある待ち時間50分の看板位置より半分くらい先に行った位置で並べたので、半分の25分くらい待てば乗れると予想したが、実際には60分かかり、この日は残り時間的にこの2つのアトラクションしか乗れず、フリーパスを買って完全に損をした。 リアルタイム待ち時間が120分だからフリーパスを購入し、そのつもりでフジヤマに並んだのに、実際には240分待ちで、お昼もゆっくり食べれず、他の目当ての乗り物にも乗れず、なんか悪質な詐欺にでもあった様な気がして、もう二度と行かないって思いました。 帰りの道中では富士急の文句しか話が出ず、最悪なデートになりました。 折角の記念日が台無しです。 おそらく日本一コスパの悪い遊園地でしょう。 自分はもう二度と行かないです。 アトラクションが魅力的なだけに残念ですが。。。 次はナガシマスパーランドにします。 多分絶叫マシンなんかの年齢制限が65歳までなのかな? 私達は、まだ50代なのに絶叫マシンと言っても大した事ない乗り物を選んで乗ろうと長い時間を列に並びやっと順番が来た時 若い大学生のアルバイト風の係員に年齢大丈夫ですが?と、聞かれました!何故今?完全に客を舐めてんのか最悪な気分になり アホらしくなり それ以降何も乗らず出ました。 こう言う物って最初券を買う時点で確認しないと駄目なんじゃないの? フリーパスを買わなくて正解でした。 それに富士急ハイランドの幽霊屋敷に行こうと思い現地に向かってると私達の後ろから小太りの少しブサOOな大学生のアルバイト風な子が居て一人で入るのかと思いきや幽霊屋敷の係員でした。 愛想もクソもない係員に気分悪くなり幽霊屋敷入るので辞めました。 今後二度と富士急ハイランドには、行きませんし私達の仲間にも この事実は、伝えて行きます。 子供を連れてトーマスランド目当てに行きました。 トーマスランドの定員さんは本当に丁寧で明るく、どのアトラクションに行っても笑顔で迎えてくれました。 これにはとても大満足でしたが、大型アトラクションの方は酷い酷い。 ピザーラの定員は目は見ない。 返事を待たずに急かす。 あいさつもしない。 笑顔0。 人を見てやってるのか?テキトーすぎる。 コーヒーカップの定員は、言い方きつい。 笑顔0。 最後に自分で止まる時に遅かった客に対して半ギレで「止まって。 」と何度もマイク越しで言い、たのしかった雰囲気が シーーーン 台無しに、、 なぜもっと優しく言えないのだろうか?待つこともしない。 自分のペースを崩されるとキレる定員。 これっておかしくないですか? トーマスランド以外、全体的に接客態度が悪すぎて不愉快でした。 だらだらだらだら 本当に仕事中なの?休憩じゃないよと言いたかったです。 平日の火曜日にフリーパス 5,000円位 を買って行きました。 開園時間は17時までと書いてあったので、余裕だろうと思って、11時に到着。 駐車料金は1,500円。 乗れたのはフジヤマのみ。 ええじゃないかは、突然のマシントラブルで乗れませんでした。 他の主要なアトラクションを乗ろうとするも、120分待ち。 並んでいないものを1つ乗り、どれにしようかなと迷っていると、15時過ぎなのに、本日の案内は終わりましたとアナウンス。 急いで、他のアトラクション行くも、締め切りましたとのこと。 せっかくフリーパス買ったのにお金返せよ、本当。 営業時間は17時ですが、その時間にはアトラクションが終わるように15時過ぎには乗り物は締まります。 営業時間17時までというのは嘘です!!騙されないように!!ディズニーランドの方がはるかにコスパいいです!!嘘つきです。 もう、二度と行きたくありません。 正直がっかりです。 運営の方針なんでしょうね。 お客をなめるな!!.

次の

【富士急ハイランド】行き方まとめ!車、バス、電車、レンタカー、安いアクセス方法は?

富士急 ハイ ランド

大月行 for Otsuki 時刻 河口湖行 for Kawaguchiko 52 (東) 20 5 42 (トーマスランド号) 22 (東) 6 49 29 12 7 04 36 56 58 (トーマスランド号) 27 (富士登山電車) 08 8 18 49 (トーマスランド号) 39 25 (富士山ビュー特急) 9 08 19 (特急 富士回遊) 46 44 (高) 12 10 05 21 (特急 富士回遊) 53 (富士登山電車) 31 (トーマスランド号) 12 (フジサン特急) 11 05 (トーマスランド号) 21 (特急 富士回遊) 53 43 12 (富士登山電車) 12 21 35 (富士山ビュー特急) 53 29 14 (富士山ビュー特急) 13 36 (フジサン特急) 55 (トーマスランド号) 24 (トーマスランド号) 06 (フジサン特急) 14 48 (富士登山電車) 39 23 07 (特急 富士回遊) 15 16 46 (富士山ビュー特急) 54 (特急 富士回遊) 16 16 23 (トーマスランド号) 41 (フジサン特急) 55 39 (特急 富士回遊) 10 17 17 33 35 19 18 02 42 41 09 19 16 32 54 12 20 03 34 21 (注1) 21 03 43 12 (注2) 22 04 23 03 35 24 02 大月行 for Otsuki 時刻 河口湖行 for Kawaguchiko 52 (東) 20 5 42 (トーマスランド号) 22 (東) 6 49 29 12 7 04 36 56 58 (トーマスランド号) 27 (富士登山電車) 08 8 18 49 (トーマスランド号) 39 25 (富士山ビュー特急) 9 08 19 (特急 富士回遊) 46 44 (高) 12 10 05 21 (特急 富士回遊) 53 (富士登山電車) 31 (トーマスランド号) 12 (フジサン特急) 11 05 (トーマスランド号) 21 (特急 富士回遊) 53 43 12 (富士登山電車) 12 35 (富士山ビュー特急) 53 29 14 (富士山ビュー特急) 13 06 (特急 富士回遊) 36 (フジサン特急) 55 (トーマスランド号) 24 (トーマスランド号) 06 (フジサン特急) 14 48 (富士登山電車) 23 07 (特急 富士回遊) 15 16 46 (富士山ビュー特急) 54 (特急 富士回遊) 16 01 (特急 富士回遊) 16 23 (トーマスランド号) 41 (フジサン特急) 55 39 (特急 富士回遊) 10 17 17 33 35 19 18 02 42 41 09 19 16 32 54 12 20 03 34 21 (注1) 21 03 43 12 (注2) 22 04 23 03 35 24 02 特急 乗車券のほかに特急券が必要です。 【富士山ビュー特急・フジサン特急】 富士山~河口湖間は、普通乗車券のみでご利用いただけます。 指定席車両や特別車両をご利用の場合は、別途追加料金が必要です。 【JR・富士急行直通特急 富士回遊】 「富士回遊」は、JR線直通の特急列車です。 ご利用には乗車券のほかに指定席特急券または座席未指定券が必要です。 富士急行線のみをご利用の場合、座席未指定券をお求めください。 <観光列車> 富士登山電車 登山 = 乗車券のほかに全区間で着席券(¥200)が必要です。 この列車は座席定員制です。 ただし木曜日の場合は富士登山電車で運転いたします。 普通(各駅停車) 黒字 = 普通 緑字 = 乗車券のみでご利用いただけます。

次の

富士急ハイランドの口コミ・評判 | みん評

富士急 ハイ ランド

富士急ハイランド 富士急ハイランドには、およそ24個のアトラクションがあります。 一方で、なかには絶叫初心者でも乗れそうな怖さ控えめなアトラクションも。 そこで気になるのが、富士急ハイランドのアトラクションの怖い順です。 絶叫好きな人、絶叫がそこまで強くない人、そして絶叫が苦手な人も気になるのではないでしょうか? 今回は、筆者オリジナル&実際に乗った人のレビューを参考に、富士急ハイランドの怖いアトラクションランキングを発表します。 さっそく第10位からみていきましょう! 富士急ハイランド怖いアトラクション【第10位】テンテコマイ 時計の針のようにくるくる回るパニックロック 富士急ハイランドの怖いアトラクションランキング、第8位はパニックロックです。 ご覧の通り円形の絶叫アトラクションになっています。 宙吊りの座席に乗り込むと、縦に360度回転します。 その速さは、なんと最高で時速50kmにも及ぶとか! パニックロックは回転の緩急も怖さのひとつです。 猛スピードで回るかと思いきや、急にゆっくりになったり、しまいには停止することも! 前回転、後ろ回転と、バリエーション豊富な回転はスリル満点。 パニックロックは回転が強めなので、乗り物酔いしやすい人は乗車しないほうがいいかも…。 パニックロック 身長制限:130cm~ 年齢制限:~64才 乗車定員:32名 所要時間:3分50秒 乗車料金:800円 富士急ハイランド怖いアトラクション【第7位】トンデミーナ 富士急ハイランド怖いアトラクションランキング、第7位はトンデミーナです。 高さ・速さ・回転を兼ね備えた絶叫アトラクションと言われています。 パニックロックと同じく円形になっていますが、回転の仕方が違います。 トンデミーナは、振り子のように横にスイングしながら、円を描くように回転します。 振り回されながら大空に投げ出されるかのような感覚はまさに恐怖! 乗車中はほぼ絶え間なく、浮遊感を味わい続けることになります。 トンデミーナでは自由に座席を選ぶことができます。 座席によっては絶叫好きでも怖さを感じるという"恐怖の席"があるんですよ! その怖い席は「21番」と「45番」です。 52mの高さがあるタワーの頂上へ向かってじわじわと上昇。 頂上に到達したと思うと、そこで一時停止となります。 落下が始まるのはその数秒後。 「胃が浮く」浮遊感を思いっきり味わいたい人におすすめです。 レッドタワー 身長制限:130cm~ 年齢制限:~64才 乗車定員:12名 所要時間:1分30秒 乗車料金:800円 富士急ハイランド怖いアトラクション【第5位】絶凶・戦慄迷宮~収容病棟篇~ 「絶凶・戦慄迷宮」内の廊下 2階建ての隔離病棟跡地を、1組最大4名で進みます。 無残な死を遂げた患者の亡霊に襲われながら、無事にゴールを目指しましょう。 ゴールまではおよそ50分から1時間はかかるとか…。 長時間にわたる恐怖に耐えきず、脱落(リタイア)する人も多いです。 ここまでは中型絶叫アトラクションと、ホラーアトラクションが登場しましたね! 4大コースターはまだひとつも登場していません。 お気付きの方もいるように、上位4つは4大コースターが占めています。 富士急ハイランドで人気上位なのもこの4大コースターですよね。 FUJIYAMAは、ジェットコースターの王道でありながらそのスペックは世界最高峰。 FUJIYAMAでもっとも怖い座席は、いちばん後ろの席です。 最後尾では20階超のビルから急降下するのとほぼ同じ体験ができるとか!? ループ(宙返り)がないため、乗り物酔いしやすいけど絶叫が好きという人にとっては最高の絶叫アトラクションといえそう。 FUJIYAMA 身長制限:110cm~ 年齢制限:~64才 乗車定員:28名 所要時間:3分36秒 乗車料金:2,000円 富士急ハイランド怖いアトラクション【第2位】ええじゃないか ええじゃないか 富士急ハイランドの怖いアトラクションランキング、第2位はええじゃないかです。 ええじゃないかは宙吊り式のコースターになっていて、足が宙に浮いたまま走ります! 足がつかないので踏ん張ることができません。 しかも、座席はぐるぐると宙返りするようになっています。 スタートから後ろ向きに上昇し、急落下も! ねじるようにひねる回転があったりと、ええじゃないかは予測不可能な動きが怖すぎるんです。 他では体験できない新感覚の絶叫アトラクションです。 ええじゃないか 身長制限:125~200cm 年齢制限:~64才 乗車定員:20名 所要時間:約2分 乗車料金:2,000円 富士急ハイランド怖いアトラクション【第1位】高飛車 富士急ハイランドの怖いアトラクションランキング、堂々の第1位は高飛車です。 高飛車の怖さは大回転と最大落下ポイントにあります。 高飛車では7回に及ぶ大回転があります。 ぐるぐると進むコースターに、もはや上下の区別がつかなくなるほど! そして待ち構えているのが最大落下角度・121度の落下ポイントです。 それまで猛スピードで進んできたにも関わらず、上昇時にはゆっくり、じわじわと頂点に登っていきます。 しかも「直角なんじゃないか?」と思うほど、空に向かって上がっていくんです。 ランキング結果をまとめるとつぎの通りになります。 第10位:テンテコマイ 第9位:鉄骨番長 第8位:パニックロック 第7位:トンデミーナ 第6位:レッドタワー 第5位:絶凶・戦慄迷宮~収容病棟篇~ 第4位:ド・ドドンパ 第3位:FUJIYAMA 第2位:ええじゃないか 第1位:高飛車 これらのアトラクションは、それぞれ怖さポイントが違うところにあるため、全員がランキング結果通りの順番に怖いと感じるとは限りません。 では、怖さポイント別に種類分けしてみましょう。 怖さポイント別・アトラクションまとめ 絶叫アトラクションの怖さを5つの要素に分けて分類しました。 怖い順ランキングの結果と合わせて参考にしてみてくださいね! 【番外編】富士急ハイランドで怖くない絶叫は? ナガシマスカ 今回は富士急ハイランドの怖い順ランキングTOP10でしたが、反対に、絶叫がとても苦手な人でも乗れそうな「いちばん怖くない絶叫アトラクション」も気になるところ。 ランキング圏外だった絶叫アトラクションは以下の3つです。 ランキング圏外・もっと怖くない絶叫アトラクション ・マッドマウス ・クールジャッパーン ・ナガシマスカ この中なら筆者は「ナガシマスカ」が富士急ハイランドでいちばん怖くない絶叫アトラクションだと思います。 怖いよりもずぶ濡れ注意!って感じです。 (笑) 今回紹介した怖い順ランキングTOP10でランキングが低いものでも怖すぎたというようなら、上記3つの絶叫アトラクションに乗ってみてはいかがでしょうか! まとめ いかがだったでしょうか。

次の