正信 偈 お経。 正信念仏偈・念仏・和讃・回向データベース|京都女子大学

浄土真宗のお経は正信偈だけじゃない?【意味を簡単にわかりやすく】

正信 偈 お経

正信偈念仏偈和讃 「正信偈」に念仏と和讃六首を併せた勤行。 「正信偈」とは具には「正信念仏偈」という。 『教行信証』「行巻」の末尾の偈頌(詩句)。 初めに阿弥陀仏の尊号をあげて自らの帰敬の意をあらわし(帰敬偈)、次に『大経』の説示にしたがって阿弥陀仏の本願とそれを説いた釈尊の教えについて示し(依経段)、次に七高僧の論釈にしたがってそれぞれの釈功をたたえ(依釈段)、終わり真実信心を得て往生を願うべきことを述べて結んでいる。 阿弥陀仏が因位の法蔵菩薩であったとき、師である世自在王仏の徳を讃歎し、自らの願いを述べて、その願が真実で偽りなきもんであるという証明を諸仏に求めたもの。 阿弥陀仏が因位の法蔵菩薩であったとき、四十八願を述べた後にその内容を偈文にして重ねて誓ったもの。 冒頭に、世に超えたすぐれた願を成就し、いつまでもあらゆるものをひろく救い、すべての世界に超えすぐれた願を成就し、いつまでもあらゆるものをひろく救い、すべての世界に超えすぐれた自身の名がそのすみずみにまで聞こえるようにできないならば、誓って仏にはならないとの三つの誓いが説かれ、四十八願を端的にまとめたものとされる。 龍樹菩薩が自ら西方浄土へ往生することを願って、阿弥陀仏を礼拝讃歎した偈頌(詩句)。 初めに阿弥陀仏の徳を讃歎し、ついで浄土の聖衆の徳を、さらに国土の徳をそれぞれ讃歎する。 最後にこの法の徳を人々に伝えて、ともに往生しようと願う回向句をもって結んでいる。 正宗分は大きく三段に分けて見ることができる。 初めの一段には、極楽浄土のうるわしい荘厳相と仏・聖衆の尊い徳が示される。 次に、この浄土には自力の善根では往生できないのであって、一心に念仏することによってのみ往生ができると説かれる。 終わりの一段に、東南西北、下方上方の六方の諸仏が、この念仏往生の法が真実であることを証誠し護念している旨を述べられている。 蓮如上人が門弟の要望に応えて教化のために書いた手紙であり、真宗教義の要を平易に記してある。 親鸞聖人の御消息(門弟への手紙)に示唆を得たものともいわれ、どんな人にも領解されるように心を配り、文章を飾ることもなく、俗語や俗諺まで駆使している。

次の

正信偈の意味【帰命無量寿如来 南無不可思議光】全文現代語訳

正信 偈 お経

本願 ほんがん 成就 じょうじゅの 名号 みょうごう(=南無阿弥陀仏)は我々が間違いなく往生するための 行 ぎょうであり、『仏説無量寿経』に説かれている 第18番目の 至心 ししん 信楽 しんぎょうの願に誓われている信心を浄土に生まれていく正しい因と明らかにされた。 「 正定聚 しょうじょうじゅ」という極楽浄土に生まれたときには仏になることが約束されており、浄土に往生してさとりを開くことができるのは、『仏説無量寿経』に説かれている第11番目の 必至 ひっし 滅度 めつどの願が成就されたことを根拠としている。 正信偈現代語訳「如来所以興出世~応信如来如実言」 第2段落の 依経段 えきょうだんの 釈迦章 しゃかしょう 天親菩薩は『 浄土論 じょうどろん』を著して、「 無礙光 むげこう如来に 帰依 きえしたてまつる」と述べられた。 浄土の経典に基づいて阿弥陀仏のまことをあらわされ、 横超 おうちょうのすぐれた 誓願 せいがんを広くお示しになり、阿弥陀仏が我々に功徳を差し向ける本願力 回向 えこうによって、すべてのものを救い、 一心 いっしんすなわち他力の信心の重要性を明らかにされた。 「本願の名号に帰し、大いなる功徳の海に入れば、浄土に往生する身と定まる。 阿弥陀仏の浄土に往生すれば、ただちに 真如 しんにょをさとった身となり、さらに迷いの世界に還り、 神通力文 じんずうりきをあらわして自在に苦しみ悩む人々を救うことができる」と述べられた。 中国の曇鸞大師について「本師曇鸞梁天子〜諸有衆生皆普化」 曇鸞大師は、 梁 りょうの 武帝 ぶていが常に菩薩と仰がれた方である。 菩提 ぼだい 流支 るし 三蔵 さんぞうから浄土の経典を授けられ、不老長寿の書かれた 仙経 せんぎょうを焼き捨てて浄土の教えに 帰依 きえされた。 天親菩薩の『 浄土論 じょうどろん』を 註釈 ちゅうしゃくして、浄土に往生する因も果も阿弥陀仏の 誓願 せいがんによることを明らかにし、 往相 おうそうも 還相 げんそうも他力の 回向 えこうであると示された。 「浄土へ往生するための因は、ただ信心一つである。 煩悩具足の凡夫という苦しみ悩む人でもこの信心を得たなら、仏のさとりを開くことができる。 はかり知れない光の浄土に至ると、あらゆる人々を導くことができる」と述べられた。 中国の道綽禅師について「道綽決聖道難証〜至安養界証妙果」 道綽禅師は、 聖道門 しょうどうもんの教えによってさとるのは難しく、 浄土門 じょうどもんの教えによってのみさとりに至ることができることを明らかにされた。 自力の行はいくら 修 おさめても劣っているとして、あらゆる功徳をそなえた 名号 みょうごう(=南無阿弥陀仏)を称えることをお勧めになる。 三信 さんしんと 三不信 さんぷしんの教えを懇切丁寧に示し、 正法 しょうぼう・ 像法 ぞうぼう・ 末法 まっぽう・ 法滅 ほうめつというどの時代においても、本願念仏の 法 おしえは変らず人々を救い続けることを明らかにされた。 「たとえ生涯、仏になる功徳が積めず、仏教に背を向ける悪をつくり続けても、阿弥陀仏の本願を信じれば、浄土に往生しこの上ないさとりを開く」と述べられた。 中国の善導大師について「善導独明仏正意〜即証法性之常楽」 善導大師はただ独り、 智顗 ちぎや 慧遠 えおんという僧侶の『仏説 観無量寿 かんむりょうじゅ経』( 観経 かんぎょう)の間違った解釈について、説を正して教えの真意を明らかにされた。 善悪のすべての人を哀れんで、光明と名号が縁となり因となってお救いくださると示された。 「本願の大いなる 智慧 ちえの海に入れば、行者は他力の信を 回向 えこうされ、如来の本願にかなうことができたそのときに、『 観経 かんぎょう』に説かれる 韋提希 いだいけと同じく 喜忍 きにん・ 悟忍 ごにん・ 信忍 しんにんの 三忍 さんにんを得て、浄土に往生してただちにさとりを開く」と述べられた。 日本の源信和尚について「源信広開一代教〜大悲無倦常照我」 源信和尚は、お釈迦様の説かれた教えを広く学ばれて、ひとえに浄土を願い、また世のすべての人々にもお勧めになった。 さまざまな行をまじえて修める自力の信心は浅く、 化土 けどという浄土の片隅で仏様が見れない所にしか往生できないが、念仏一つをもっぱら 修 おさめる他力の信心は深く、 報土 ほうどという清らかな世界に往生できると明らかに示された。 「きわめて罪の重い悪人はただ念仏すべきである。 わたしもまた阿弥陀仏の光明の中に 摂 おさめ 取 とられているけれども、煩悩がわたしの眼をさえぎって、見たてまつることができない。 しかしながら、阿弥陀仏の大いなる慈悲の光明は、そのようなわたしを見捨てることなく常に照らしていてくださる」と述べられた。 日本の源空(法然)聖人について「本師源空明仏教〜必以信心為能入」.

次の

正信偈全文の現代語訳【解説付き】

正信 偈 お経

用紙はサイジング(にじめ止め)も抜群の高級用紙です。 おさらい用は裏面に逆向きで印刷されているため、お手本を下敷きにして書く際のズレが無く、初心者の方も書きやすく写経することができます。 古(いにしえ)より写経は(経典を書き写す)楷書で(本来は経典用の書体がありますが)書きますので、ちょうど書き易い文字の大きさ(粒)があります。 当社の写経用紙の文字の大きさ・粒は、祝儀袋・不祝儀袋など日頃より慣れ親しんでいると思われる大きさを基本に創られています。 <実用新案登録済み 登録 第3166013号> 裏面に逆向きで印刷が施されていて、印刷インキによる墨の弾きもなく、用紙もサイジング(にじみ止め)をしっかりと施されている高級用紙のため初心者の方でも安心。 ラクラク挑戦することができます。 御寺院名の印刷もご入金確認後の作業となります。 あらかじめご了承下さい。 返品・交換について 商品の品質には万全を期しておりますが、万が一お届けした商品がご注文と異なる場合、もしくは不良品であった場合は、商品到着後7日以内に必ず弊社までご連絡下さい。 良品と交換させて頂きます。 なお、その場合の返送料は弊社が負担致します。 離島・一部地域は追加料金が必要な場合があります。 配送ついて 商品のお届け配送時間のご指定を承っております。 注文時にご指定ください。 (一部地域・商品を除く。 ) 写経用紙販売の創文社について 販売業者:創文社印刷株式会社 運営統括:安本 文彦 所在地:〒420-0812 静岡県静岡市葵区古庄二丁目7番16号 電話:054-265-0870 FAX:054-265-2180 Copyright C 2014 Sobunsha Co. Ltd. All Rights Reserved.

次の