フリーウェイ タイム レコーダー。 フリーウェイ給与計算

勤怠管理システム「フリーウェイタイムレコーダー」の料金プランを、2019年3..(株式会社フリーウェイジャパン プレスリリース)

フリーウェイ タイム レコーダー

勤怠管理システム選びで迷ったら これまで、紙のタイムカードやエクセルで就業を管理していた方は、勤怠管理システムの導入を検討されているのではないでしょうか。 さまざまな勤怠管理システムを比較すると選ぶときに悩みます。 オンプレミス、クラウド(オンライン、Web)、スマホで使えるアプリなどなど。 最低限の機能を搭載している安価な勤怠管理システムにするのか、最新の充実した機能が魅力の製品やサービスにするのか。 もし価格重視なら、クラウド型の「フリーウェイタイムレコーダー」がオススメ。 社員やスタッフが10人まで永久無料で、安さNo. 1です。 集計と出力 日次と月次で労働時間などを集計して出力します(PDFとCSV形式)。 エクスポートしたファイルは、Excelで加工できます。 無料版の利用期間に制限はありますか? A. いいえ、ありません。 30日間でも1年間のみのトライアル版ではないため、ずっと無料です。 スタッフ1人あたり200円や300円などの従量課金ですか? A. いいえ、人数に関わらず料金は一定です。 対応しているICカードは何ですか? A. Felica対応のICカードです。 たとえば、交通系ICカードだとPASMO、SUICA、ICOCAなど、買い物系ではnanaco、楽天Edy、WAONが含まれます。 くわしくは、をご覧ください。 シフト管理できますか? A. いいえ、できません。 1人の従業員に設定できる始業と終業の時間は1種類です。 生体認証にも対応していますか? A. いいえ、指紋や静脈などの認証には対応していません。 利用できるのはICカード、パソコン、タブレット、スマートフォン等のモバイルの端末です。 打刻時のGPSの位置情報を記録できますか? A. はい、できます。 手動打刻の場合に、GPSで位置情報を取得できます。 本当に無料ですか? A. はい、初期費用も月額利用料も無料です。 従業員数も最大で10人まで料金はかかりません。。 ICカードやパソリを、御社から購入できますか? A. いいえ、購入できません。 お手数ですが、ICカードはコンビニエンスストア等で、パソリは家電量販店などでお買い上げください。 Macでも使えますか? A. はい、利用できます。 ただし、ICカード打刻の場合は、Macでは対応していません。 Macの場合は、手動打刻でご利用ください。 有給休暇を管理できますか? A. いいえ、できません。 有給を消化した日数を入力する項目はありますが、ルールを設定して有給を付与したりなどの管理簿のような機能はありません。 導入前に電話で相談できますか? A. いいえ、ご相談は問い合わせフォームより承っています。 費用の見積もりのための書類を作ってもらえますか? A. いいえ、複雑な料金体系ではないため、事前に準備が必要なもの、かかる費用は料金プランを参照してください。 使うために専門的な知識は必要ですか? A. いいえ、使用する上では不要です。 初めて利用する方でも、 Q. 複数の事業所を管理できますか? A. はい、管理できます。 部署として事業所を登録してください。 なお、無料版でも可能です。 経費精算の機能はありますか? A. いいえ、ご用意していません。 ご要望が多ければ、機能の追加を社内で検討します。 詳しい資料はありますか? A. いいえ、ご用意していません。 ウェブサイトをご覧の上、無料版でトライアルしてください。 利用期間に制限はありません。 他のブラウザでは動作しませんので、ご注意ください。 手動打刻の対応ブラウザは、Google Chrome、Safari、Internet Explorer、Microsoft Edge、Firefoxです。 途中解約によるご返金は承っていません。 初回は年一括のお支払い(銀行振込)のみ、次年度の更新から、月々の口座振替もご利用いただけます。 必要な機器と費用のシミュレーション ICカード打刻で、オフィス1箇所に従業員5名 必要な機器: 打刻用のパソコン1台、ICカードリーダー1台、タイムカード5枚 費用 : 打刻用パソコンの購入費用(手持ちのパソコンを使えば無料)、ICカードリーダー購入費用の3,000円、タイムカードの購入費用(手持ちのおサイフケータイ端末やIC定期券などを使えば無料)、システム利用料は無料。 ICカード打刻で、拠点が2つに従業員5名ずつ 必要な機器: 打刻用の端末(パソコンやタブレット)1台、ICカードリーダー2台。 費用 : 打刻用の端末購入費用(手持ちの端末を使えば無料)。 ICカードリーダー購入費用の6,000円。 システム利用料は無料。 連携する給与計算ソフトも無料 過重労働や残業代の未払いなどの社会問題となっています。 日本政府は、長時間労働の是正や柔軟な働き方ができる環境を整え、国民全員が活躍しやすい社会の実現を目標として「働き方改革」を打ち出しています。 働き方改革とは、労働者の個々の事情に配慮した多様な働き方を選べる社会を作ることです。 その目的は、 日本が抱える「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」といった社会課題を解決するための、生産性向上・就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境づくりにあるとされています (参照:)。 その中で重要度が高まっているのが「勤怠管理」です。 勤怠管理は、労務管理の業務の1つです(給与の計算や人事などと同様に)。 その役割は、各従業員の労働時間(時間外労働:残業時間)を正確に把握し、問題があれば対策をとることになります。 勤怠管理では、以前は紙のタイムカードの利用が主流でしたが、担当者の生産性を考慮すると、ITを使った勤怠管理システムの活用が必須といえるでしょう。 もし、なるべくコストをかけずにシステム導入したいなら、株式会社フリーウェイジャパンの「フリーウェイタイムレコーダー」がおすすめです。

次の

勤怠管理システム「フリーウェイタイムレコーダー」の料金プランを、2019年3月26日(火)に改定|株式会社フリーウェイジャパンのプレスリリース

フリーウェイ タイム レコーダー

これからはICカードで勤怠管理! 「フリーウェイタイムレコーダー」は、出退勤時間の記録と集計をクラウド上で行うサービスだ。 シフト勤務の管理など、いわゆる勤怠管理システムのような機能はなく、実にシンプルである。 タイムカードの代わりにICカードを利用した出退勤時間の記録・集計が行える。 しかも、ユーザーが10名までは無料で使え、必要になるものは、パソコン、ICカードリーダー、ICカードだけ。 基本的な仕組みは、パソコンでブラウザを開き「フリーウェイタイムレコーダー」のサービスへアクセスする。 ICカードリーダーは、ソニーの「PaSoRi」など対応のものがあれば十分で、こちらは実売3,000円前後で購入できる。 これを、パソコンに接続すれば機材の準備はOKだ。 ソニーの「PaSoRi」。 ICカードリーダーはこのタイプで十分機能する タイムカードの代わりになるのは、ユーザーが持っているICカードやおサイフケータイだ。 現在のところ、スイカ「Suica」、、ナナコ「nanaco」、エディ「Edy」、ワオン「Waon」、ピタパ「PiTaPa」、トイカ「TOICA」、イコカ「ICOCA」、パスモ「PASMO」、ピタパ「PiTaPa」、「おサイフケータイ」、キタカ「Kitaca」、スゴカ「SUGOCA」、ニモカ「nimoca」などが対応している。 これらのいずれかをユーザーは自分を証明するものとして、「フリーウェイタイムレコーダー」へ登録すれば事前の準備は完了する。 利用するICカードまたはおサイフケータイが決まれば、後は簡単。 出社したときにそれをカードリーダーにかざし、ブラウザから「おはようございます」と返答があれば打刻は完了する。 帰るときにも完了時に「おつかれさまでした」と声を掛けてくれるので、ミスタッチによるデータ未入力を防ぐことができる。 出社、休憩、退社の時刻がクラウド上に保存され、集計結果はCVSやPDFで出力することが可能となる。 2回目以降は「おつかれさまでした」と声が出る。 3回目以上も打刻できるので、食事休憩などを記録する必要があれば、それらの値を参照すればよい 記録はPDFもしくはCVSで出力できる。 こちらはPDFで出力したもの イレギュラー処理にも対応 この手間いらずの使い心地は本当にすばらしい。 もちろん、ICカードを使った自動入力だけでなく、管理者であれば手入力も行えるので、出張や外出先からの直帰、あるいは途中帰社などで打刻をするタイミングがなくても柔軟な対応は可能というわけだ。 また、その理由を「メモ」に残すこともできるので、有給休暇などの際にもきちんと把握できる。 また、「フリーウェイタイムレコーダー」は1拠点で複数部門での使い分けも可能だ。 ただし、拠点が違う場合については別にICカードリーダーを用意する必要がある。 ユーザーがどの部門に所属するかチェックすればOK 「フリーウェイタイムレコーダー」で提供されるサービスは基本的にシンプルなので、操作で迷うことはないはず。 会社によってはこれ以上の機能が欲しい場合もあるかもしれないが、本サービスではカスタマイズは提供されないので注意が必要だ。 どうしてもカスタマイズが必要な場合は、フリーウェイジャパンのもうひとつのサービス「フリーウェイタイムカード」という選択肢もある。 「フリーウェイタイムカード」と「フリーウェイタイムレコーダー」の違いだが、出力方法がマクロを組んだExcelとして読み込ませるものが前者、CSVもしくはPDFというのが後者となるのが大きな違い。 「フリーウェイタイムカード」がマクロの組み換え範囲であればカスタマイズが可能なので、気になる人は同社に問い合わせてみるとよい。 また、「フリーウェイタイムカード」の場合、GmailとExcelが必須ソフトウェアとなるので事前に確認しておこう。 ちなみに、「フリーウェイタイムカード」は、ここで紹介している「フリーウェイタイムレコーダー」の前身なったサービスでもある。 「フリーウェイタイムカード」で培われたノウハウと、ユーザーの声を反映して新しいサービスとなってリリースされたのが「フリーウェイタイムレコーダー」になる。 手軽さだけでなく機能不足も感じないのには、そうした同社の試みがあってこそといえるだろう。 勤怠管理の管理画面。 シンプルで分かりやすいコンソールなので操作も楽に覚えられる シンプルで使いやすい勤怠管理 「フリーウェイタイムレコーダー」のメリットは使いやすい勤怠管理を可能にするという点だけではない。 フリーウェイジャパンが提供している、「」と連動させることができるのだ。 こちらのツールの使い方は過去記事を参照していただくとして、5名までの給与計算なら無料でできるため、個人事業主あるいは小規模企業などには強い味方となるはずだ。 なお、「フリーウェイタイムレコーダー」の時間は、フリーウェイジャパンのサーバが持っている時計で日本全国が統一されている。 良くあることだが、タイムレコーダーを使っていると個体差によって誤差が生じる場合がある。 これが拠点間ともなるとトラブルに発展しがちなのだが、本サービスではそのような心配は無用となる。 これもクラウド型サービスのひとつのメリットといえるだろう。 勤怠管理の自動化を効率的に取り入れることができる「フリーウェイタイムレコーダー」。 毎月の手計算に嫌気がさしている人はもちろん、これまで導入を考えていなかった経営者にとっても朗報となるはず。 気になる人はから、すぐに利用申込みをしてほしい。

次の

フリーウェイタイムレコーダー、レコルの比較

フリーウェイ タイム レコーダー

株式会社フリーウェイジャパン 本社:東京都千代田区、代表取締役:井上 達也 が開発提供している「フリーウェイタイムレコーダー」の料金プランを、2019年3月26日 火 に改定しました。 画像1: フリーウェイタイムレコーダー 「フリーウェイタイムレコーダー」は、従業員10人まで永久無料のクラウド勤怠管理システムです。 シフト管理には非対応ですが、基本的な勤怠管理の機能をすべて無料で利用できます。 従来の料金プランでは、従業員数が増えるごとに従量課金していましたが、月額1,980円で従業員数無制限のプランに改定しました。 定額料金となったため、従業員数が増えることによる将来のコスト負担増の心配なく、勤怠管理システムを導入できるようになります。 「フリーウェイタイムレコーダー」は、業務系システム「フリーウェイシリーズ」のシリーズ製品です。 同シリーズのラインナップは、会計、給与計算、税務申告、勤怠管理、販売管理、顧客管理を揃えており、広範囲のバックオフィス業務をカバーしています。 フリーウェイシリーズの最大の特長は、条件が合えば、ずっと無料で利用できること、有料プランも低コストで使用できることです。 そしてクラウドのため、インターネットとパソコンさえあれば、すぐ導入できます。 また、「フリーウェイシリーズ」は、個別のマニュアルやFAQサイト、操作解説の動画も無料提供するなど、初めて導入する方へのサポートも充実しています。 【フリーウェイシリーズを無料または安価に提供する理由】 理由は2つあります。 1つ目は、当社顧客の発展につながるからです。 当社は創業以来、全国の会計事務所に財務会計システムを導入いただいています。 会計事務所の顧客のほとんどは中小事業者であり、会計事務所の発展には中小事業者の成長が不可欠なのです。 2つ目は、当社代表が起業した当初、IT導入のコストに苦しんだ経験があったからです。 これから起業する方々または経営者の方々に経営に注力して欲しいという代表の想いがあり、フリーウェイシリーズを無料提供しています。 【フリーウェイシリーズのラインナップ】 1 日々の帳簿づけから決算書の出力まで永久無料の会計ソフト「フリーウェイ経理Lite」 URL: 2 従業員の登録が5人まで無料で使える給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」 URL: 3 従業員20人まで無料のクラウドマイナンバー管理「フリーウェイマイナンバー」 URL: 4 売上、請求、入金業務が無料のクラウド販売管理「フリーウェイ販売管理」 URL: 5 3人まで無料で顧客情報の共有ができる「フリーウェイ顧客管理」 URL: 6 無料で使える法人用の税務申告ソフト「フリーウェイ税務」 URL: 7 個人事業主向けクラウド確定申告ソフト「フリーウェイ確定申告」 URL: 8 従業員の登録が10人まで無料の勤怠管理システム「フリーウェイタイムレコーダー」 URL: 9 相続税の計算が簡単にできる「フリーウェイ相続税」 URL: 【フリーウェイジャパンの今後の展望】 当社は、「フリーウェイ経理」のみならず、他のシステムにも人工知能 AI 、Fintech 金融とITの融合 を導入し、ユーザー利便性を高めていく所存です。 また、「ソーシャルレンディング」「ロボット・アドバイザー」を提供している、Fintech分野の他企業とも積極的に連携を進めてまいります。 【会社概要】 会社名 : 株式会社フリーウェイジャパン 創業 : 1991年 事業内容 : 中小事業者・会計事務所のコスト削減と業務効率化に貢献する クラウド業務系システム「フリーウェイシリーズ」の開発と提供 代表者 : 井上 達也 本社所在地: 東京都千代田区神田須田町2-8 ASKビル7F URL :.

次の