ヒカキン nhk。 新しい仕事スペシャル(2018年3月19日放送)

HIKAKIN(ヒカキン)のプロフェッショナル仕事の流儀が再放送!

ヒカキン nhk

制作した動画の総再生回数79億回以上、チャンネル総登録者数1,100万人を超え、日本トップを誇るユーチューバー、HIKAKIN(ヒカキン)28歳。 その成功は、日々のたゆまぬ努力で成し遂げられている。 こだわりをとことん追求するため企画から出演、撮影、編集までを一人で行い、1年365日、ほぼ1日中仕事をしている。 動画を作る上で大切にしているのが、視聴者と同じ立場で率直にものを言い、演出もあえて作り込まず、「リアル」であること。 「そこらへんにいそうな兄ちゃん」みたいに身近であることこそが、視聴者の共感を生むと考える。 決して楽しいことだけじゃない日常の中で、元気な自分を見てもらい、クスッと笑ってもらうことを目指す。 企画・出演・撮影・編集を一人でこなす。 コンピューターゲームで対戦することを生業(なりわい)とする「プロゲーマー」梅原大吾(うめはらだいご)、36歳。 梅原たちが活躍する業界は、「エレクトロニックスポーツ(eスポーツ)」と呼ばれ、オリンピック種目の候補に上がるほど注目されている。 梅原は日々、プロやアマチュア上級者が集まる練習場で対戦を重ねながら、自宅で一人、自分なりの戦略を研究していく。 格闘ゲームのキャラクターには、ゲーム開発者によって、強みや弱みが設定され、戦い方の特性も決まっている。 だが梅原は、地道な研究を積み重ねて、開発者も意図しないような予想外の戦略を見つけ出すことを大事にしている。 「見ている観客を喜ばせることが、この仕事のゴール。 当たり前でない、誰もが意図しない予想外の戦い方を見せることで、観客は楽しむ」と梅原は考える。 そしてそうした戦い方は、自身が本気でゲームを楽しんでいるときこそ生まれるのだという。 今や注目の「新たな仕事」。 だが8年前にプロゲーマーの道へ進むとき、梅原には葛藤があった。 10代の頃から格闘ゲームの世界で頭角をあらわすも、世間からは評価されないゲームというものを生業にすることにためらい、職を転々とした末に、一度は介護の仕事についた。 28歳の時、アメリカの大手ゲーム機器メーカーからスポンサー契約の話が舞い込み、プロとなる可能性が開けたときも、最初は断った。 しかし、数か月悩んだ末、プロゲーマーになることを決意。 やがて自分の個性が生かせる仕事につけたことを、ありがたいと実感するようになった。 梅原に続き、日本でもプロゲーマーになる若者が増えつつあり、新たな業界の未来が開かれつつある。 自宅と対戦練習場を往復する日々。 タイミングを逃さないため、1分以上まばたきしない。 今世紀最も魅力的な職業と称される「データサイエンティスト」。 ビッグデータと呼ばれるような日々膨大に生まれるデータを分析し、ビジネスに革命を起こすアイデアを生み出す。 日本の先駆者と言われるのが、河本薫(かわもとかおる)、51歳だ。 河本たちの現場では、今、データ分析に人工知能(AI)をツールとして使用する機会が増えてきている。 AIはこれまでの解析方法に比べ、圧倒的にスピードが速く、時に、人間が何年もかかるような分析を15分ほどで行うこともできるという。 だが、その解析スピードが速いゆえに、なぜその結論が導き出されたのかを人間が理解するのは難しく、人間にとっての「ブラックボックス」が生まれてしまうことがある。 河本は、AIが導入されたとしても、それを理解し、その時々で使うべきかどうかを最後に判断するのは人間であり、今後ますます技術が発達しても、依然として人間の役割は重要だと考えている。 「今世紀最も魅力的な仕事」.

次の

プロフェッショナル仕事の流儀「ヒカキン 新しい仕事スペシャル」の動画配信を見るには?視聴した感想・見どころを紹介!

ヒカキン nhk

はじめしゃちょーと木下ゆうかさん事件に便乗したヒカキンの肉便器女です。 信憑性薄いということで追加で燃料投下致します(笑) — 肉 便子 サイホン式 boutochan みずにゃんのツイキャスで ヒカキンとの関係を暴露するのだが、その内容がこんな感じだ。 普通なら炎上しそうな材料が続々出てきそうだが、拍子抜け・リアルな情報・確かにヒカキンっぽい内容に、 「聖人過ぎ」「いい奴すぎる」「ヒカキン全然悪くないやん」などのコメントが殺到。 そもそも1人の女性と関係を持っていただけで、浮気や不倫もしていない。 むしろ裏の顔も仕事を優先する「ユーチューバーの鏡」だったのだ。 ネットのコメント ・ヒカキンがプライベートでも聖人でワロス ・ヒカキンの裏も結局は聖人証明にしかなってなくて草 ・昨日youtuberの話になってyoutuberは殆どがクズだよ でもヒカキンだけは何も起こさない聖人のような人って教えて貰って まさかと思って調べたら本当でした ・ヒカキンの裏の裏の顔も聖人すぎて再評価路線になるのめっちゃ面白い ・ヒカキンって上手いよな。 本当に上手い。 僕には出来ない。 ・他のyoutuberがやらかすとヒカキンの評価があがるループ ・よくよく考えたらヒカキンってみじめしゃちょーのようなスキャンダルもないしヒカルみたいに他人の名前を使ったりクソザコレスラーみたいに嘘をついて再生数を稼いだりしていない。 ここにきて彼への株価が急上昇中。 まさかの 「裏の姿」までが「聖人」だったヒカキン。 最近でははじめしゃちょーにおびやかされていたが、やはりユーチューバー界のトップに君臨するのは、「ヒカキンしかいない!」と言う声が強まる事となった。 しかし20代男のあまりにも真面目すぎるその性格にはちょっと心配だ。 数年後、しわよせがきてハッチャけてしまう時は来るんだろうか・・・?.

次の

NHK ヒカキン密着ドキュメンタリーが再放送「プロフェッショナル選 新しい仕事スペシャル」

ヒカキン nhk

はじめに 2019年10月19日、NHKにて「 ひきこもりからドームへ ネット時代の先駆者・まふまふ」といった番組が放送された。 ネット発の大人気ボーカリストであるまふまふさんの特集に、日本が誇るトップYoutuberのヒカキンさんとの対談が決定。 まふまふさんのチャンネル登録者数は200万人越え、ヒカキンさんのチャンネル登録者数は775万人を超えている。 Youtube業界を牽引している2人による対談が決定し、多くのファンが喜び・期待をしたのではないのであろうか。 今回はヒカキンさんとまふまふさんの対談の内容、様子をご紹介します。 それほどまでに人混み・外に出ることが嫌で電車に乗るのも怖いと語っているまふまふさん。 メディアへの露出がとても少ないまふまふさんだが、なぜ今回のNHKの出演することを決めたのかというとYoutubeのパイオニア的存在と言われているヒカキンさんとの対談が大きかったのかもしれない。 活動の場をネットに選んだ理由 まずはじめに、2人がなぜ活動の場をネットに選んだかを語り合った。 PR ヒカキンさん 「 小さい頃から友達と遊ぶより、パソコンやネットのが好きだった。 好きなビートボックスを動画にしてネットに投稿する方がドキドキした。 」 まふまふさん 「 音楽って路上ライブでやれよとか、小さいライブハウスを回っていくのが正義っていう決まりがあった。 人と話すのが苦手でライブハウスにも行けなかった人間でも楽しめるコンテンツがネットだった。 そこに自分の居場所を見つけた居心地がよかった。 」 と2人は語った。 ネットといった誰にでも繋がれる環境で、自分のやりたいように自由にやれるといった場所が2人の性格にはピッタリであったのだろう。 ネットの魅力とは? ヒカキンさん 「 当時は地元である新潟の田舎で高校生の時から動画の投稿をしていて、上京した時に東京の人たちが自分のことを結構知っていてくれていた。 その時に自分はすごいことをしてるんじゃないのか、と思うようになった」 まふまふさん 「 東京にいるけど、福岡や北海道、アメリカの人とかそういった遠く離れた場所から自分の作品に感想を言ってくれる。 しかもそれがリアルタイムで来るってのがすごい」 PR もしかしたら繋がれるかもしれないといった身近な存在であることが自分たち強み、ネットといった環境の素晴らしいところだと話した。 動画投稿にプレッシャーはあるのか 動画を投稿するのに今でもプレッシャーはあるのかとまふまふさんがヒカキンさんに尋ねたところ ヒカキンさん 「 プレッシャーのかたまりですよね。 本当に何本か再生数がちょっと調子悪くなると、『ヒカキン、オワコン』『悲報:ヒカキンさんの動画が伸びない』みたいなニュースがすぐに出るんですよ(笑)」 とトップYoutuberならではの悩み・プレッシャーはあると明かしていました。 まふまふさん 「 自分が作った曲でよくないなと評価されると、自分の音楽を否定することになる。 動画を投稿する1時間前はいつも吐きそうになる…」 と話していました。 Youtube界、ネット音楽界の先駆者である2人ならではの悩みであるうえに、ファンからの期待も大きいからこそ、考えもられないほどのプレッシャーに押し潰されそうになっているのだろう。 それを乗り越えて2人はファンの期待に応え、クオリティの高い動画を投稿しているのだと思うとすごいですよね! それぞれが歩く未来とは 最後に、今後の目標・未来について語り合った2人。 ヒカキンさん 「 どれだけ先陣を切って続けられるかということですかね、やっぱり。 目標とする人って、あまりいなくないですか? そうなると、我が道をどこまで行けるかっていう。 一周目を走っているじゃないですか、僕らって。 でも、僕らにはそれがないから」 とYoutubeのパイオニア、先陣を切って走っているヒカキンさんだからこその目標、これからの道筋を話した。 まふまふさんみたいになりたいといった若者が増えてきていけど、そういった方々に向けて何か伝えることはありますか?とヒカキンさんが尋ねたところ 「 結局努力は必要だし、どこかで壁にぶつかることはあるけれど、ネットの時代だからこそ誰でも何にでもなれる。 誰にでも可能性がある」 と語り、ネットの可能性・誰にでも挑戦できるからとりあえずやってみればいいとファンの方々に伝えていました。 まとめ ネットの最前線で今も活躍をしている2人の貴重な対談が実現していました。 トップを走る2人だからこその悩み・動画に対する思いなどを語っていました。 誰にでもできる環境で諦めずに走り続けていた2人の思いを知ることができる充実した対談であったように思います。

次の