ハクバノ 王子 サマ ネタバレ。 ハクバノ王子サマ

朔ユキ蔵『ハクバノ王子サマ』

ハクバノ 王子 サマ ネタバレ

「2017」 今日でGWも終わりですね。 私は家族サービスと漫画を読破する休みになりました。 個人的にはかなり満足度が高い休みです。 メガしゅぱしゅぱですがw さて、今日は最終日なので家でゆっくり なんていう人もいると思いますが、 そんなあなたにおススメな漫画を ご紹介いたします。 一気に読破できてあっという間に 最終巻まで読めちゃう漫画です。 を読まないとう三十路の既婚者もいると 思いますが、これはかなり楽しめます! 私もそこまでは読みませんが ハマりましたね・・・これは。 作: あらすじ あまりにも忙しい会社員生活に嫌気がさして教師に転職、女子高に赴任した小津晃太朗。 コドモに見える女子高生に関心のない彼は、入学式の挨拶で「年下興味ナシ!! 」とキッパリ宣言。 さらに副担任を受け持つクラスのHRで、生徒から「7歳上の原先生は興味あるのか」と質問された晃太朗は、 先輩女教師である多香子を食事に誘ってしまい…!? 出典:bookbLIve! 魅力1:主人公の多香子がみょーに色っぽい! この物語は結婚できない、女教師の多香子と新任教師で 年下の小津晃太朗とのなんですが、 とにかくこの多香子様がエロすぎるんです! そもそも大先生は数々のエロ漫画を描いてきているので そういう意味では今回はそうとうエロを抑えているとも言えるですが なんというか・・男はこういう魅力がある女性には以上の弱いんですよね。 巨乳なんだけど、それを見せつけるわけでもなく、 ビールを飲んだり、歩いているだけでエロイ・・という。 現実の世界でもいますよねーそういう人。 あれは何なんだろう? と思っちゃうことがありますけどね。 何の話か分からなくなったけど とにも書くにもエロイ多香子先生から目が離せないです! 魅力2:純愛とはほど遠いドロドロな人間関係 みょーに魅力がある多香子様ですが、 そのエロさにはやっぱり秘密があるわけで、 元担任教師の黒沢っち(ブラック黒沢)と 不倫関係にあったわけですね。 しかも結構な期間。 黒沢っちは自分の奥さんも元教え子という剛腕ぶりですw ただの職場恋愛といえばそれまでなんですが、 やっぱり学校というのがみょーに何かエロさを出します。 そして、主人公の晃太朗も婚約者がいるですが、 どんどん多香子様の魅力にはまり、 結局、関係を持ってしまうわけです。 だいたい男はそこで一旦、目的を果たすので 終わることが多いのですが、それではこの物語は 終わらないってとこが味噌ですね。 最終回は・・・なるほどーって感じですね。 それはそうなっちゃうわな。 という終わり方です。 最後のネタバレは控えます。 なんというか読み終わった後は 「はー」もう終わっちゃったのか・・って感じです。 私の場合はですけどね。 ですので今日一日だけでも十分 読破できると思うので、が苦手という人にも この作品はおススメできると思いますね。 結構、女性と男性では感想が変わるんじゃないかなと 思います。 ぜひぜひ読んでみてください! 無料で試し読みをしたい方はコチラから!!.

次の

ハクバノ王子サマ

ハクバノ 王子 サマ ネタバレ

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/• またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

漫画版ハクバノ王子サマを無料で読む方法と4巻ネタバレ

ハクバノ 王子 サマ ネタバレ

ストーリー [ ] ビジネスマンから転職し、私立小田原女子高等学校に赴任してきた新任教師・小津晃太朗。 元来年下に興味がなく婚約者もいる彼は、着任早々の生徒への挨拶で年下に興味が無いことを宣言する。 そして副担任となったクラスの7歳年上の担任教師・原多香子に惹かれて行く。 本作はこの2人を中心とした、揺れ動く男女の心模様を描く。 登場人物 [ ] 小津 晃太朗(おづ こうたろう) 本作の主人公。 脱サラして小田原女子高校に赴任してきた新任の社会科教師。 作中では日本史を教えている。 25歳。 女子高という華やかな環境に身を置いても、年下の女性には興味がなく、赴任早々、年下に興味が無い事を宣言をする。 東山カオリという留学中の同い年の婚約者がいるが、同僚の多香子のことが気になっている。 原 多香子(はら たかこ) 本作のヒロイン。 小田原女子高校に勤務する英語科教師。 32歳。 小田原女子高校OGでの一歩手前の状態にある。 生徒からはその融通が利かずやや近寄りがたい雰囲気から「タカコサマ」と揶揄されつつも憧れの存在となっている。 過去に黒沢と不倫関係にあった。 叶わぬ恋と知りつつも7歳年下の晃太朗に惹かれていく。 ビールが大好き。 市川 琴実(いちかわ ことみ) 小田原女子高校2年に在学する女子高生。 17歳。 晃太朗の実妹だが、父の浮気が元で両親が離婚し、母親に引き取られたため別姓を名乗っている。 父の浮気による一家離散がトラウマになっており、兄の浮気には非常に厳しい。 黒沢 明夫(くろさわ あきお) 小田原女子高校に勤務する社会科教師。 42歳。 5歳年下の教え子と結婚し、2児をもうける。 過去に多香子と不倫関係にあったが、現在は多香子から携帯電話を着信拒否にされている。 東山 カオリ(ひがしやま かおり) 晃太朗の婚約者であり、イギリスへ留学している。 大学時代は姓が成瀬だったが、晃太朗と同じく両親が離婚したため、母方の姓である東山を名乗っている。 病気で入院している祖母の容態が悪化したため、留学先のイギリスから一時帰国した。 今村 高志(いまむら たかし) 晃太朗の大学時代の同級生であり、教師になる前の会社の元同僚。 酔うと話し言葉が名古屋弁になり、下ネタを連発する。 すでに2児の父であり、奥さんは3人目を妊娠している。 原 春子(はら はるこ) 多香子の妹。 年齢不明。 諸外国を放浪し、翻訳家として活動している。 書誌情報 [ ]• 『ハクバノ王子サマ』 〈〉、全10巻• 2005年 08月30日発売、• 2005年11月30日発売、• 2006年 02月28日発売、• 2006年 06月30日発売、• 2006年 09月29日発売、• 2006年12月26日発売、• 2007年 05月30日発売、• 2007年11月30日発売、• 2008年 02月29日発売、• 2008年 06月30日発売、 テレビドラマ [ ] ハクバノ王子サマ 純愛適齢期 原作 『ハクバノ王子サマ』 脚本 演出 樹木まさひこ 出演者 エンディング 「恋の矢」 製作 製作総指揮 (チーフプロデューサー) プロデューサー 西川義嗣 福田浩之 菅原康洋 平体雄二 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - (金) 放送時間 木曜日23:59 - 翌0:54 放送枠 木曜ドラマ 読売テレビ 回数 13 特記事項: 第5話(2013年11月1日放送分)は85分繰り下げ(1:24 - 2:19)。 第11話(2013年12月13日放送分)は10分繰り下げ( 0:09 - 1:04)。 第12話(2013年12月20日放送分)は10分繰り下げ(0:09 - 1:04)。 最終話(2013年12月27日放送分)は30分繰り下げ(0:29 - 1:24)。 2013年10月3日から12月27日まで、の制作により、にて、『』枠において、『 ハクバノ王子サマ 純愛適齢期(ハクバノおうじサマ じゅんあいてきれいき)』のタイトルで放送された。 主人公は原作の小津晃太郎から原多香子に変更されており、多香子を演じる主演女優を第1話放送まで明かさないという異例の手法が採られた。 これは本作のテーマが「誰もがヒロイン」であり、主人公の顔を隠し、イメージを固定させないことで、さまざまな世代の女性たちに感情移入しながら視聴してもらおうという狙いがあった。 主演女優については、ビデオリサーチ調べで9割以上が認知している「国民的女優」であることが明かされていたが、第1話の冒頭でであることが分かった。 また、共演者については放送前の段階からキャスティングが明かされており、晃太郎役を、明夫役をがそれぞれ演じる。 またCM前後のでは番組のサイトの「 ハクバの王子さま」が掲載されている。 キャスト [ ] 詳細な人物説明は原作部分を参照。 主要人物 [ ] 原 多香子〈32〉 演 - 小田原女子高校2年A組担任、国語科古文担当。 小田原女子高校の卒業生で、生徒からは「タカコサマ」と呼ばれる。 小津 晃太郎〈25〉 演 - 小田原女子高校2年A組副担任、生物科担当。 一般企業に就職するも3年で退職、その後教員採用試験に受かり、新任として小田原女子高校に赴任してくる。 カオリと婚約中。 黒沢 明夫〈42〉 演 - 小田原女子高校生物科担当。 過去に元教え子である多香子と不倫関係にあった。 妻も元生徒。 江川 伸生〈30〉 演 - 晃太郎の学生時代のアルバイト仲間で、商社勤務。 小田原女子高校 [ ] 教職員 [ ] 森 秀美〈35〉 演 - 英語科担当。 多香子の女子会仲間。 高峰 邦広〈34〉 演 - 社会科担当。 秋山 佳子〈40〉 演 - 家庭科担当。 菅原 里奈〈25〉 演 - 音楽科担当。 佐野 英二郎〈52〉 演 - 校長。 2年A組生徒 [ ] 市川 琴美〈16〉 演 - 晃太郎の妹。 杉谷 ハル 演 - 中村 沙織 演 - 北 凉子 演 - 原家 [ ] 原 敏夫〈60〉 演 - 原 久恵〈57〉 演 - 上記2名は多香子・尚美の両親。 尚美 演 - 敏夫・久恵の娘。 多香子の妹。 みお 演 - 敏夫・久恵の孫。 尚美の娘。 その他 [ ] 有馬 ユウコ〈32〉 演 - 多香子の親友で女子会仲間。 今村 高志〈25〉 演 - 晃太郎の学生時代のアルバイト仲間。 既婚者。 東山 カオリ〈24〉 演 - 晃太郎の婚約者。 ロンドンに留学中。 坂本 猛 演 - 琴美の家庭教師。 城誠大学生。 市川 満子〈48〉 演 - 晃太郎・琴美の母。 看護師。 小津 忠夫〈54〉 演 - 晃太郎・琴美の父。 不倫が原因で家庭が壊れ、妻と離婚する。 東山 道代〈76〉 演 - カオリの祖母。 余命わずかで病院から自宅に戻り療養している。 東山 武〈55〉 演 - 東山 恵子〈49〉 演 - 上記2名はカオリの両親。 黒沢 令子〈36〉 演 - 黒沢の妻。 かつて夫と多香子が不倫関係にあったことに気付いている。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 、、、樹木まさひこ• 主題歌 - 「恋の矢」()• ナレーション - 、• 助監督 - 玉澤恭平、冨田洋平、大黒友也• タイトルデザイン - 大垣ガク• チーフプロデューサー - 木谷俊樹• プロデューサー - 西川義嗣、福田浩之、菅原康洋、平体雄二、• 協力プロデューサー - 西麻美• ラインプロデューサー - 宮田幸太郎• AP - 田渕草人• 企画協力 -• 制作協力 -• 制作著作 - 放送日程 [ ] 放送回 放送日 サブタイトル 演出 第1話 10月 03日 略奪愛に不倫…主演女優を発表 熊坂出 第2話 10月10日 教師の恋不倫する女は嫌いですか? 第3話 10月17日 緊急事態彼の婚約者を見て…涙ついに切ない愛を告白 本田隆一 第4話 10月24日 恋の事件彼と突然のベッドイン惨めな恋に終止符か!? 第5話 11月 01日(金) 母の罠で見合い結婚? 不倫相手が逆襲のプロポーズを 樹木まさひこ 第6話 11月 07日 触りたい合コンで募る想い爆発 母と親友に不倫を告白 第7話 11月14日 禁断キス 教師の愛暴走…しかし彼の婚約者が(秘)行動を 本田隆一 第8話 11月21日 熱いキス婚約者が突然の帰国! 関係バレて教師クビ!? 樹木まさひこ 第9話 11月28日 不倫相手の妻が乱入! 全て暴露アノ男に抱かれて号泣 本田隆一 第10話 12月 05日 涙の聖夜婚約者と対決し悲劇…見たくなかった花嫁姿 樹木まさひこ 第11話 12月13日(金) 結婚直前最後の告白! 誰を選ぶ33歳誕生日が決断の時 熊坂出 第12話 12月20日(金) 禁断の旅家族も親友も全て捨て二人がついに結ばれる 守屋健太郎 最終話 12月27日(金) 愛の罰信じられない結末に…ビンタや糾弾…二人は 本田隆一 備考 [ ]• 第11話(2013年12月13日放送分)・第12話(2013年12月20日放送分)は『』がの特集放送により延長したため、10分繰り下げ(両日とも0:09 - 1:04に放送)。 最終話(2013年12月27日放送分)は『』放送のため、30分繰り下げ(0:29 - 1:24に放送)。 関連商品 [ ]• ハクバノ王子サマ 純愛適齢期 DVD-BOX(2014年3月19日、販売元:) 制作・ 前番組 番組名 次番組• 特記事項にあるとおり、最終回は金曜になってから放送された。 テレビドガッチ 2013年9月19日. 2013年10月4日閲覧。 ORICON STYLE 2013年10月4日. 2013年10月4日閲覧。 まんたんウェブ 2013年8月27日. 2013年8月27日閲覧。 マイナビニュース 2013年8月27日. 2013年8月27日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の