七夕折り紙簡単。 「七夕の飾り」は折り紙で簡単にできる♡ 短冊の作り方からおしゃれな作品まで一挙紹介

七夕飾り「星の折り紙」の簡単な作り方!星型の切り方のポイント [工作・自由研究] All About

七夕折り紙簡単

七夕とは?意味・由来を解説 七夕とは7月7日のことですが、この日の 夕方という意味を持っています。 七夕行事の由来は、中国から織姫と彦星のストーリーが、奈良時代に日本に広まったことが起源です。 このストーリーと手芸や芸能の上達を祈願する中国の行事「乞巧奠 きっこうでん 」というものが合わさって、日本固有の行事となりました。 スポンサードリンク 何故、七夕というの? 日本の旧暦の7月には、織り布を先祖にささげたり、税として納める風習がありました。 この旧暦の7月はお盆や稲・麦の開花期にあたります。 そこでお盆に供えるものとして乙女たちが布を織っていたと言われています。 水の上に棚を作って織っていたことから「棚機 たなばた 」と呼び、織る乙女たちを「棚機つ女 たなばたつめ 」と呼んでいました。 やがてこの行事が乞巧奠と混じり合い現在のような形に変化し、 7月7日の夕方を表し七夕 たなばた と呼んでいたものが棚機にちなんで「七夕 たなばた 」という読み方に変わっていったと言われています。 織姫と彦星さん 七夕伝説のお話 七夕と言えば織姫と彦星のストーリーです。 子ども時代には馴染みのあった話かと思いますが、ここで改めてご紹介します。 機織りが上手な神様の娘「織姫」と働き者の牛飼いである「彦星」は、結婚して仲良く過ごしていました。 しかしあまりにも毎日が楽しく、仕事をせずに遊んでばかりいると神様は怒りました。 そんなに遊んでばっかりならば引き離す!そうして神様によって天の川を挟んで2人は引き離されてしまい、離れ離れになり心底悲しむ2人を見かねた神様は、年に1度だけ2人合わせることにしました。 この 許された2人が会える日が7月7日、というストーリーです。 スポンサードリンク 七夕の歌もあるよ 七夕には歌もあります。 子どもの頃歌った記憶はありませんか? スポンサードリンク 七夕で短冊に願い事をする 始まりは江戸時代から 七夕には、短冊に願い事を書いて笹の葉に吊るします。 これは江戸時代から続いている文化なのです。 竹は古くから厄除けの力を持つ植物とされており、この力によって願い事も叶うと信じられていました。 その文化が生まれたのが江戸時代だったのです。 五色の短冊にはどんな意味がある? 短冊には 黒 紫 ・赤・白・黄・青 緑 の5色が使われています。 実は 色ごとに叶う願い事の種類が分かれているのです。 黒 紫 :学業に対する願い「いい成績が取れますように」• 赤:先祖に対する感謝「元気でいてくれますように」• 白:規則を守る達成の願い「寝坊しませんように」• 黄:人間関係に関する願い「友達が沢山できますように」• 青 緑 :成長に関する願い「〜できるよになりますように」 スポンサードリンク 【簡単】手作りでおしゃれ!折り紙で作る七夕飾りまとめ15種類 では本題です。 簡単にできる折り紙の七夕飾りについて15種類をご紹介します。 写真で七夕飾り製作をまとめてチェック 七夕の折り紙飾りには、このようなものがあります。 これまでに作ったことのあるものはありましたか?それぞれ難易度や使う紙の枚数も異なるので、好みの飾りを作ってみてください。 スポンサードリンク 作るのに困ったらダイソーなど100均で! こんなに華やかな折り紙、作れそうにない!そんな時は100均を活用しましょう。 短冊の形にカットされたカラフルな紙や、テーブルサイズの可愛い笹も売っています。 七夕の季節になったら100均をチェックしましょう。 自分で作るのが苦手な方にもぴったりな便利アイテムが揃っています。 何故七夕にそうめんを食べるの? 引用:キューピー 七夕には天の川へや機織りの糸に見立てたそうめんを食べるようになったのですが、 このそうめんを食べると「おこり」という熱病にならないと伝えられていました。 この七夕にそうめんを食べる文化は、意外にも1,000年以上も前からある風習です。 現在では、写真のように可愛く飾った七夕そうめんを作る方がたくさんいます。 お子様も喜ぶメニューですね。 スポンサードリンク 日本の七夕祭りイベント 関東3大七夕まつり 日本で開かれる七夕の関東3大祭りについてご紹介します。 年に1度の季節イベントなので是非足を運んでみてください。 湘南ひらつか七夕まつり 湘南ひらつか七夕まつりは、神奈川県平塚市で毎年7月の第一金曜日から3日間行われれる七夕祭りです。 戦後商業振興策として始められたもので、活発な商業力に裏づけられた日本一といわれる七夕飾りの豪華さに特色があります。 中心街には500本の飾りが並び、豪華絢爛に装飾される「湘南スターモール」が見ものです。 茂原七夕まつり 茂原七夕祭りは、千葉県茂原氏で毎年7月下旬に行われています。 80万人が訪れる千葉県の夏の一大イベントで、活気溢れる阿波踊りや豪華な装飾で待ちを盛り上げています。 歌やダンスの台ものがあったり、手作りの七夕装飾品の出来を競うコンクールもあります。 コンクールでは、デザイン・アイディア・着想など様々な項目によって順位が付けられるので、毎年参加者の方々は意気込んで作っています。 スポンサードリンク 狭山入間川七夕まつり 狭山入間川七夕まつりは、埼玉県狭山市で毎年8月の第一土曜日・日曜日に開催されます。 商店街を中心に約1. 5kmの沿道に街の方々が出品した約130本の七夕飾りで埋め尽くされます。 2日間にわたり開催される狭山入間川七夕まつりですが、初日の夜には花火が上がるのが恒例となっています。 日中も夜もそれぞれ楽しむことのできるお祭りです。 まとめ 七夕の折り紙飾りや、文化の由来、イベントについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?子どもの頃は楽しんでいたけれど、大人になって気にしなくなった行事である方もいるかもしれません。 大人にとっても大きな季節行事ですので、七夕を存分に楽しんでみませんか?お子様がいる方は是非折り紙にもチャレンジして、自分だけの七夕飾りを作ってみてくださいね。 スポンサードリンク.

次の

七夕飾りを折り紙で♪かわいい簡単な作り方・折り方8選【立体・平面】

七夕折り紙簡単

動画出典:ライターparuparu 子供と一緒に七夕飾りの意味を学んで行事を楽しもう 夏の行事といえば、7月7日の 「七夕(たなばた)」がありますね。 七夕にはどんな由来があるかをご存知ですか?毎年なんとなく七夕行事を楽しんでいたという方も、七夕についてしっかりと知る事で、より行事への親しみも湧くと思います。 今回は、七夕の由来や、七夕飾りの意味、折り紙での作り方をご紹介します! 七夕ってどんな行事? 意外と知らない、七夕の由来や日本の七夕について、子供にもわかりやすくご紹介します。 七夕の由来 七夕は、毎年7月7日にあります。 七夕というと短冊に願い事を書いて笹に飾ると叶うとか、織姫と彦星が1年に1度会える日、という認識が多いのではないでしょうか。 この織姫と彦星が1年に1度会える日ということについては、中国最古の詩集にある内容がもとになっています。 中国の「七夕伝説」とは? 「織姫」は「天帝」という神の娘で、神々の着物を織る仕事を一生懸命していました。 恋人も作らずに働く姿を見た天帝はは、天の川の対岸に暮らす牛飼いの 「彦星」と引き合わせ、2人は結婚しました。 しかし、その後2人は働かなくなってしまいます。 その結果、る神々の着物はボロボロになり、彦星の牛も病気になってしまいます。 それに怒った天帝は、2人を天の川の対岸に引き離し、年に1度だけ会うことを許すようにしたそうです。 これが七夕伝説と言われ、1年に1度しか会えないという言い伝えのきっかけです。 日本の七夕 日本には奈良時代に伝わってきたと言われています。 中国では元々 「七夕 しちせき 」と呼ばれており、日本でも江戸時代頃までは 「七夕(しちせき)の節句」として親しまれていました。 現在は 「七夕(たなばた)」と呼ばれていますが、これは七夕行事に結び付く「棚機女 たなばたつめ 」という日本の伝承と関係があります。 これは 「棚機女」と呼ばれる女が水辺の 「機屋 はたや 」で着物を織って神に供え、豊作を祈るというものです。 七夕飾りの意味や作り方 七夕飾りにはたくさんの種類があるのを知っていますか?一つ一つの意味を知ることで七夕をもっと楽しむことができますよ。 ここではそれぞれの意味と折り紙を使った簡単な七夕飾りの作り方をご紹介します。 折り紙の五色短冊 七夕の短冊といえば、 「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」の5色ですね。 中国ではこの5色を短冊や吹き流しに使うことが、魔除けになると伝えられていました。 日本においては、江戸時代からこの短冊にお願い事を書くようになったそうです。 七夕はもともと物が欲しいという願いではなく、 健康や感謝、物事の上達を願う行事とされていました。 作り方 最も簡単なのは、折り紙を4等分くらいにカットして短冊に見立てます。 飾りやすいように、穴を開けて紐を通しておきましょう。 折り鶴(千羽鶴) 千羽鶴もよく知られている飾りの一つです。 一般的には病気をしている人のお見舞いや平和の象徴のして飾られることが多いですよね。 しかし、 七夕の場合には 「長生きを祈願」して飾られます。 作り方.

次の

「七夕の飾り」は折り紙で簡単にできる♡ 短冊の作り方からおしゃれな作品まで一挙紹介

七夕折り紙簡単

折り紙で星を作る方法は、折り紙1枚を折って作る、2枚星、1枚を星型に切る、立体星など作り方が色々。 簡単な星の折り方と七夕やクリスマスに使えるアレンジアイディアを紹介! 折り紙の星は、折り紙1枚を折って作る方法や切って作る方法、折り紙2枚で作る方法などあります。 七夕、クリスマスなどの季節イベントや誕生日など、様々な場面で大活躍! 幼児の子どもも作りやすい星の折り紙を、分かりやすい手順で動画付きで解説します。 【星の折り紙・目次】• 折った「折り紙星」に目をつけます。 目は、穴開けパンチを使って作ります。 丸く切った色画用紙に、[1]の星をテープで貼ります。 星の精の体部分は、コーヒーフィルターを使います。 コーヒーフィルターに水性ペンで模様を描き、その上に水を含ませた絵筆でにじませます。 [3]のコーヒーフィルターが乾いたら、[2]の星とテープで貼りあわせると完成です。 コーヒーフィルターを広げて立たせ置き人形にしたり、糸をつけて笹にぶら下げてもいいですね。 七夕飾り「折り紙星」の応用編!クリスマス装飾も簡単に手作りしよう 折った「折り紙星」を使って、クリスマス飾りを作ってみませんか。 いくつものかわいい星達が、クリスマスパーティを盛り上げてくれますよ。 「折り紙星2枚」を、小さな折り紙を使って折ります。 色画用紙や和紙を使って短冊を作ります。 短冊の下部に、クラフトパンチで穴開けをします。 「折り紙星2枚」と短冊をテープで貼りあわせます。 糸をつけると完成です。 大きな星の七夕飾り「折り紙星2枚」のレターラックを手作りしよう 大きな星がインパクトのレターラックはいかがでしょうか。 色画用紙を半分に折り袋状にし、真ん中に折った「折り紙星」を貼ります。 上部に穴を開け好きなリボンを通すと、星のレターラックの完成です。 天使や雪の飾りなどを貼り付けると、クリスマスムードが高まります。 好きな折り紙や色画用紙で作ってみてくださいね。

次の