和歌山 市 天気 雨雲 レーダー。 和歌山県田辺市の警報・注意報

和歌山県橋本市の天気|マピオン天気予報

和歌山 市 天気 雨雲 レーダー

肝属川 ライブカメラ(大手町)と雨雲レーダーについて 鹿児島県鹿屋市大手町の肝属川 大手町が見られるライブカメラと雨雲レーダーです。 ライブカメラは、国土交通省 九州地方整備局 大隅河川国道事務所により運営されており、見取橋近くに設置されています。 肝属川の河口から18. 9km地点の鹿児島県鹿屋市大手町 左岸 の肝属川の河川の様子(水位・河川の流れ)、安住寺橋や道路の様子(交通状況・渋滞・積雪・冠水)、周辺の天気などがライブ映像で確認できます。 台風や大雨、河川の氾濫、道路の冠水、地震などの自然災害が発生した際は、被害の状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして活用できます。 では、見取橋を中心とした鹿児島県周辺の雨雲の様子をリアルタイムに確認することができます。 お出かけ前に雨雲の動きをみて、天気予報に役立てることができます。 九州南部は、雨で非常に激しく降っている所があります。 奄美地方は、概ね曇りで雨の降っている所があります。 九州南部は、30日は梅雨前線の影響を受けるでしょう。 7月1日は高気圧に覆われますが、梅雨前線の影響を受ける所がある見込みです。 奄美地方は、30日は湿った空気の影響を受けるでしょう。 7月1日は梅雨前線や湿った空気の影響を受ける見込みです。 九州南部では、30日は概ね雨で雷を伴い非常に激しく降る所があるでしょう。 7月1日は概ね晴れますが、雨で雷を伴い激しく降る所がある見込みです。 奄美地方では、30日は曇りで次第に雨となり雷を伴い激しく降る所があるでしょう。 7月1日は概ね雨となり雷を伴い激しく降る所がある見込みです。 奄美地方では、30日は高温が予想されるため、熱中症など健康管理に注意してください。 海上では、30日しける所があるでしょう。 7月1日は波が高い所がある見込みです。 桜島上空およそ1500メートルの風 30日09時 南西の風27メートル 30日21時の予想 西の風17メートル 屋久島町では、30日は雨で夜のはじめ頃にかけて雷を伴い非常に激しく降るでしょう。 7月1日は雨で朝まで雷を伴い激しく降り夕方から曇りとなる見込みです。 30日夜のはじめ頃から土砂災害に警戒してください。 また、7月1日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

次の

和歌山県橋本市の天気|マピオン天気予報

和歌山 市 天気 雨雲 レーダー

和歌山市(わかやまし)は、近畿地方の南西部、和歌山県の北部に位置する市で、和歌山県の県庁所在地。 江戸時代には御三家のひとつである紀州徳川家が治める紀州藩の城下町として栄え、「若山」とも表記された。 中核市に指定されている。 地理 紀の川の河口に位置し、中心市街地は左岸に形成されている。 丁は「ちょう」と読んでかつての武家町を、町は「まち」と読み同じく町人町を表す(一部「町」でも「ちょう」と読む例あり)。 他に「丁」と「町」が混在する旧城下町には、仙台市がある。 隣接する自治体 海南市、紀の川市、岩出市 大阪府阪南市、泉南郡岬町 兵庫県洲本市(紀淡海峡を挟んで) 人口 平成22年国勢調査 速報値 より前回調査からの人口増減をみると、1. 65%減の369,400人であり、増減率は県内30市町村中4位。 和歌山県和歌山市に関するYouTube動画 和歌山県和歌山市に関するYouTube動画を表示します。 雨雲レーダーの見方・使い方 地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。 雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。 雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。 拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。 降水量の見方 雨雲は色によって降水量を表示しています。 0~1• 1~2• 2~4• 4~8• 8~12• 12~16• 16~24• 24~32• 32~40• 40~48• 48~56• 56~64• 64~80• 80~• 地図(雨雲レーダー) 検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。 Yahoo! 地図では雨雲レーダーも見ることができます。 住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー).

次の

【一番当たる】和歌山県和歌山市の天気予報

和歌山 市 天気 雨雲 レーダー

雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 活動度4は、「激しい雷」で、落雷が多数発生していることを意味します。 活動度3は、「やや激しい雷」で、落雷があることを意味します。 活動度2は、「雷あり」で、電光が見えたり雷鳴が聞こえる。 または、現在は、発雷していないが、間もなく落雷する可能性が高くなっていることを意味します。 活動度1は、「雷可能性あり」で、1時間以内に落雷の可能性があることを意味します。 活動度2~4が予測された場合は、落雷の危険が高くなっていますので、建物の中など安全な場所へ速やかに避難して下さい。 また、避難に時間がかかる場合は、雷注意報や活動度1が予測された段階から早めの対応をとることが必要です。 なお、雷注意報や活動度1~4が発表されていない地域でも雷雲が急発達して落雷が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。 竜巻発生確度ナウキャストについて 発生確度2となった地域で、竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%程度です。 発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。 このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~7%程度と低くなります。 竜巻などの激しい突風は、人の一生のうちほとんど経験しない極めて希な現象です。 従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。

次の