マレーシア コロナ 旅行。 マレーシア政府観光局、コロナ後の新基準旅行スタイルを提案。ランカウイ、ペナン、デサルコーストなどリゾートに注目(Impress Watch)

マレーシアの新型コロナに対する補償対応は?|マレーシア移住者が現地からご紹介

マレーシア コロナ 旅行

ここがポイント!• 従事することによって感染するリスクのある特定の職業は、雇用傷害制度の対象となる• 体に障害が起きたり、死亡した患者へも年金制度を通じて補償を受けることができる 日本でも、通勤や業務によって発症したものと認められる場合には、労災保険給付の対象となりますよね。 マレーシアでも同様の措置です。 2、雇用主は給与補助金を申請することが可能 社会保険機構(SOCSO)への申請が必要です。 4つの特徴• 条件を満たせば、月給4,000リンギ(約100,000円)以下の従業員に対し、賃金の一部が補助される• 従業員数に応じて支払われる額が異なる• 外資系企業でも補助を受けられる• 雇用保険(EIS)に拠出を行っていること• 2020年1月からの売り上げがそれ以前より50%以上減少していること• 申請が受理されてから3カ月以内に従業員の無給休暇の取得がないこと 補償される金額 従業員の人数によって、金額が異なります。 75人以下の場合は月1,200リンギ/人• 76~200人の場合は月800リンギ/一人• 200人以上の場合は月600リンギ/人 75人以下の企業は、前述の条件である売り上げの減少は適用されません。 減少率にかかわらず受給できるということになります。 日本でいう、中小企業への雇用調整助成金制度と似ていますね。 3、検査費用の負担をしてくれる マレーシア政府は企業に対し、以下のようにするよう要請しています。 有給の病欠とすること• 隔離対象期間の給料は全額支給すること• 隔離対象でない場合、出勤を禁止できない。 しかし有給の病欠が可能• 有給休暇を使うことは不可。 無休の病欠とすることも不可 マレーシアも日本と同じで、企業側がどうするか権利を握っているとしています。 5、電気料金の補助政策もある! 経済刺激策の一貫として、4月1日から6か月間、 Tenaga Nasional Bhd(TNB)の電気料金の割引を打ち出しています。 Tenaga Nasional Bhd (TNB)とは・・・ マレーシアの政府系の 東南アジア最大の電力会社です マレーシアのほとんどの世帯をテナガナショナルがカバーしています。 どれぐらい補助されるのか? 電気の使用量に基づいて、15%から50%の間で段階的に割引されます。 上限は、1か月あたり600キロワット時(kWh)です。 在宅勤務となると、常夏マレーシアでは常にエアコンを稼働させる必要が出てきます。 毎日となるとかなりの出費となるため、非常にありがたい政策ですね。 6、無料インターネットの提供! こちらも経済刺激パッケージの一貫として、1日あたり1GBのデータを無料で提供されます。 対応している通信会社はこちら!• Celcom• Digi• Maxis• RedOne• Tune Talk• U-mobile• Unifi• Yes• Yoodo 電気と同様に、自宅待機中や在宅勤務ではインターネット通信は大事なライフラインなので、配慮してくれる点は助かりますよね。 さいごに 新型コロナCOVID-19の感染拡大は、マレーシア経済だけでなく、世界中の多くの国々にも打撃を与えています。 旅行、レジャー、サービス業、飲食業、航空会社、小売などの業界は顕著です。 この困難な時期を乗り切るために、マレーシア政府は様々な策を迅速に打ち出してきました。 それによって、一時期は日本と同程度だった感染者数が、5月20日現在は日本よりも感染者が抑えられており1万人程の感染者数の差が出ています。 ここで気を緩めずにいきたいですね。 ・行政の手続き失敗したくないな。。 ・知り合いがほしい、美味しいお店も知りたい。。 ・住まいのトラブルどうすればいいのかな。。

次の

【新型コロナ】RMCO期間中の入国に関するフローチャート(6 月19日付)

マレーシア コロナ 旅行

その期間は2020年5月13日から6月9日までの4週間で、あと1週間で終了予定となっています。 3月18日から始まり、2週間ごとの延長を経て現在にいたります。 緩和される前までは、外出は買い物か通院などのみ。 また買い物ができるのは家族の代表者1名のみ、車はドライバーのみ、など厳しい期間もありました。 2020年5月20日現在、マレーシア国内における新型コロナウイルスの死亡者数は8日間連続で0となっています。 マレーシアへの入国について 現在はできることが多くなったとはいえロックダウンには変わりなく、海外渡航や入国には厳しい制限があります。 承認された場合は入国可能で、航空機の搭乗の際にも必要となります。 この約定書には入国後14日間の自主隔離(検疫)費用の支払い同意となります。 ただし日本の外務省はマレーシアに対して継続して「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」としています。 マレーシアへ入国される予定がある場合は、 などで最新情報を確認してくださいね。 詳細は クアラルンプールの現在 アフターコロナの社会は新しい基準(New Normal)に従い行動することになるといわれることが多いようですが、マレーシアもそのようになりつつあります。 検温、追跡を可能にする個人情報の入力、手の消毒、人数制限など。 このような手順により私たちの日常生活は戻りつつあるのが現状です。 今のところレストランでは4人席でも2人までしか同じテーブルにつけず、斜めに座るように指示されます。 またスーパーなどでも床に貼ってあるソーシャルディスタンスのマーカーに沿って淡々と並んでいます。 ショップなどでは一度に入れる人数が決まっているため、床面積が小さい場合は10人までとなっています。 もちろんまだ解除されたわけではないからですが、週末などでも全体的に以前と比べると客足は6割以下といった印象です。 そして残念ながら閉店をしてしまったと思われるショップやレストランなどもありました。 経済や社会生活の再開に向け、6月9日にロックダウンが全面解除されるのかはわかりませんが、少しずつであれ以前の生活に近い形になってほしいと願っています。 (写真撮影by逗子マリナ)• 特派員プロフィール• クアラルンプール特派員 逗子 マリナ 広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。 雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。 今まで訪れた国は約30カ国。 アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。 現在はクアラルンプール在住。 旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 マレーシアの今• マレーシアを旅する• マレーシアの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の

マレーシア政府観光局、コロナ後の新基準旅行スタイルを提案。ランカウイ、ペナン、デサルコーストなどリゾートに注目(Impress Watch)

マレーシア コロナ 旅行

全1610文字 マレーシアのムヒディン首相が16日夜に演説し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月18日から31日にかけてマレーシア全土で移動制限を実施すると発表した。 事実上の封鎖措置で、現地紙ザ・スターによればスーパーマーケットや市場、薬局など生活必需品を販売する店舗や、水や電気、通信など生活インフラを提供する事業者の施設、刑務所や防衛関連など最低限の政府関連施設を除き、全ての政府と民間の事業所が閉鎖される。 教育機関も同様だ。 マレーシア人の出国と、海外からの外国人の入国、イスラム教の関連行事を含む大規模集会は禁止される。 マレーシア国民はメールなどを通じて禁止事項などが伝えられている。 これによるとレストランは配達サービスのみ営業可能で、国民は近場への移動は可能だが、高速道路を利用して遠方に出かけることは禁止されている。 マレーシア政府は18日から全土を封鎖すると発表した。 パニックのような買い占めは起きていないようだが、一部の小売店では品不足が顕在化している(写真:ロイター/アフロ) マレーシア保健省によれば、新型ウイルスの感染者数は現地時間16日午後5時の段階で553人と、イタリアやドイツ、韓国、イランなど数千人から2万人を超える感染者を抱える国と比較すれば多くはない。 ただ3月14日まで197人だった感染者数が、16日には553人に急増したことで、危機感を強めた政府が封鎖に踏み切った。 ザ・スターによれば、ムヒディン首相は「一部の国では短期間で感染者が数千人に拡大した。 同じような事態が起こることを避けたい」と話している。 首都クアラルンプールに住むマレーシア市民や日本人の在住者によれば、17日の段階ではパニックは起きていないという。 「人々は平静を保ち、18日からの事業所閉鎖を前に通常通り出勤している。 ただ人通りは少なく、いつもの半分程度の感覚だ」と日本人在住者は話す。 既にスーパーマーケットでは食品や日用品を買いだめする動きが出ており、商品は不足気味になっているものの、「住民がパニックになって買い占めに走っている様子はない」と日本人在住者は話す。

次の