第五人格 36 意味。 【第五人格】36とか右下って何?覚えておこう!サバイバーの内在人格!【初心者必見】

第五人格(2018年网易游戏出品的手机游戏)_百度百科

第五人格 36 意味

第五人格のハンターのストーリーの原点 さて、上記写真は第五人格のハンターのストーリーの原点となる温かいホームでの食事シーンが写されています。 この写真の場所はかつての荘園の建物内ですが、 中央で大柄な姿で明るく笑顔で乾杯をしている人物が第五人格の中心的な登場人物であり、現在のハンターである「復習者」レオ・バイカーであります。 レオ・ベイカーは、荘園のルールに対しての違反によって罰則を受けたことになっていますが、それが原因で恐怖のハンターへと変貌してしまったのだろうか。 「えっ!?まじかよ!」と思う方も多いだろうが、第五人格のハンターの2人が上記写真に映っています。 中央が先述しました「復習者」レオ・ベイカーであり、写真左端の細長い帽子を被った人物が、現ハンターのリッパーです。 かつてはハンターとなる前の温かく食卓を囲んでいたメンバーたちでありましたが、 そのストーリーは切なく悲しい壮絶な展開となっています。 ここで、上記初期ハンターの復習者とリッパーの外見写真を見てみると、中央の男がレオ・ベイカーであり左側の男がリッパーであることがわかります。 それでは、第五人格のハンターにまつわるストーリーの原点を少しお話していきます。 第五人格のハンターのストーリーの原点は親子にまつわる話 第五人格のハンターのストーリーの原点は、やはり復習者レオ・ベイカーとその娘の話しとなります。 実は、 復習者のレオ・ベイカーには娘がいてその娘が庭師ことエマ・ウッズです。 第五人格の世界では、いまや父親と娘はハンターとサバイバーという切ない関係性です。 最初の温かい食卓を囲んでいる写真では、ハンター復習者レオ・ベイカーの右隣にサバイバーの弁護士フレディ・ライリーがいます。 しかし、第五人格の弁護士フレディ・ライリーは、復習者レオ・ベイカーの財産と嫁を奪い取られるという事件が発生してしまいます。 そのことが原因となって、軍需工場の工場長をしていた復習者レオ・ベイカーは自らの体を全焼させて命を絶ちました。 ハンターとなる前の復習者レオ・ベイカーは心身ともにボロボロになってしまったわけでありますが、自ら全焼してもその魂が現世に残り怨念が魂となってこの世に蘇りハンターとなりました。 弁護士フレディ・ライリーは、ハンターとなる前のレオ・ベイカーに多額の借金を背負わせてたわけでありますが、 弁護士フレディ・ライリーと復習者レオ・ベイカーの妻は不倫関係でありました。 弁護士フレディ・ライリーと復習者レオ・ベイカーの妻が一緒になるために、レオ・ベイカーはハメられてしまったとところがハンター誕生のストーリーの原点です。 復習者レオ・ベイカーのその娘である庭師ことエマ・ウッズは父親のためにこの鬼ごっこゲームを自らアテンドしたという内容になっています。 今現在は、第五人格のハンターのストーリなどもキャラクター別に少しずつ明らかになっている途中という段階です。 第五人格のハンターのストーリの原点は、弁護士と復習者レオ・ベイカーの妻による裏切り行為が発端となっていました。 第五人格では、ハンターがものすごく怖いイメージがあって意味不明な思考停止の化け物みたいなものと思われがちですが、実際にはハンター側こそがサバイバー側の被害者でもあるという一面があり、第五人格のストーリーの深さが徐々にわかってきましたね。 今後も、第五人格のストーリの進展を楽しみにしていきたいものです。

次の

第五人格のハンターのストーリーが壮絶な展開となっていた!

第五人格 36 意味

あ行 アドレナリン サバイバーの内在人格「中治り」のこと。 Dead by Daylight デッドバイデイライト 内で登場したパーク「Adrenaline アドレナリン 」が由来。 威嚇値 サバイバーに与える攻撃ダメージのこと。 内在人格「災厄の一撃」などで見られる「威嚇値が2倍になる」というのは、 1回の攻撃で2回分の攻撃ダメージを与えるという意味。 サバイバーに2回分の攻撃ダメージを与えられるため、そのままダウンさせることができる。 協力狩りでは1撃必殺ではなくなる! 災厄の一撃や恐怖の一撃は、「威嚇値が2倍になる」という効果を持つ内在人格だ。 そのため、 サバイバーのHPが3である「協力狩り」においては、健康状態のサバイバーを1撃でダウンさせることはできない。 最低でも2回は攻撃を当てないといけないため、注意しておこう。 行って!私は地下に行く! サバイバー用ショートメッセージの一つ。 拘束されたサバイバーが「自分を見捨てて逃げて!」という意味で使うことが多い。 それ以外にも、以下のような使われ方をすることがある。 「私は地下室 ハッチ から脱出する!」 地下室 ハッチ から脱出を考えているプレイヤーが使うこともある。 暗号機を5つ解読した後にこのメッセージを使ったプレイヤーがいれば、なるべく早めに脱出してあげよう。 「はやく脱出して逃げて!」 暗号機5つの解読が終わった後にハンターとチェイスしているプレイヤーが使いやすい。 そのプレイヤー以外の3人が脱出確定なのであれば、そのまま脱出した方が良い。 2人のみの脱出となる場合は、状況によって立ち回り方を考えた方が良いだろう。 野人はイノシシである相棒を使ったチェイスが強力で、ほとんどのハンターより早く移動できる。 そのため、「野人」をイノシシと呼ぶ人もいる。 動かないで!手伝うよ! サバイバー用ショートメッセージの一つ。 治療のため、負傷者に止まって欲しい際に使われることが多い。 また、拘束されたプレイヤーを救助しに行くサバイバーが「私が救助に行くから他の鯖は解読を進めておいて!」といった意味で使われることもある。 宇宙人 機械技師が持っているアイテム「コントロール 操縦機 」で操作できるもう1人のキャラクターのこと。 全身白色なため、こう呼ばれることがある。 犬 ランクマッチで上げることができる、サバイバーの段位のこと。 犬は2段。 か行 解読に集中して! サバイバー用ショートメッセージの一つ。 現在自分が解読している暗号機の場所を知らせる際に使われることが多い。 また、「私が仲間を救助するから解読してて!」という意味で使われることもある。 暗号機残り1台を解読しきってほしい時にも 暗号機が残り1台のときにチェイスしている仲間が、「今暗号機をやりきって!」という意味で使うこともある。 ハンターから十分に距離を離せた時や、ハンターが別の場所へと移動し始めた時に使われることが多い。 解読が得意なキャラクターとしては「機械技師」「心眼」などが挙げられる。 カラーコード ゲーム内でのチャットで、文字の色を変える際に使用する命令文のこと。 「 R」や「 B」を文章の前に書いておくと、それ以降の文字が「 赤色」や「 青色」になる。 キラー ハンターのこと。 ゲーム「Dead by Daylight デットバイデイライト 」ではハンターのことを「キラー」と呼んでいたため、第五人格でもそう呼ばれることがある。 サバイバーをロケットチェアに縛ったあと、椅子から離れないのが特徴。 第五人格においてキャンプは戦略として存在するが、サバイバーに嫌われやすいため注意。 救助狩り ハンターが取る作戦の一つ。 救助へやってきたサバイバーをダウンさせること。 恐怖の一撃などで救助を失敗させることで、サバイバー陣営の作戦や立ち回りを崩しやすくなる。 強ポジ サバイバーが、ハンターから逃げる際に使う強力な逃げポジションのこと。 ハンターは、何も考えずに追跡しているとなかなか攻撃できずに時間を稼がれてしまうことになる。 強ポジループ 強ポジのうち、同じ場所をぐるぐる周るだけでハンターから逃げ続けることができる場所のこと。 ハンター側は内在人格「閉鎖空間」などで対策しない限り、崩すのは難しい。 協力狩り ハンター2人、サバイバー8人の合計10人でプレイする2vs8「ダブルハンターモード」のこと。 サバイバーのHPが2から3に増えていたり、拘束後すぐには救助できなかったりなど基本的なルールが少し異なる。 見た目からそう呼ばれる。 結魂者の読み方は「けっこんしゃ」だが、それよりも「クモ」と言った方が伝わりやすい。 黒無常 ハンター「白黒無常」の范無咎 黒形態 のこと。 移動速度が遅く攻撃範囲が狭いかわりに、攻撃速度が速く攻撃後の硬直時間が短い。 瞬間的にサバイバーのアクションを封じることもできる。 グリフォン ランクマッチで上げることができる、サバイバーの段位のこと。 グリフォンは5段。 ケバブ ロケットチェアに拘束したサバイバーを、ハンターが意味もなく攻撃すること。 攻撃成功のモーションが入るが、ポイントは入手できないため、全く意味のない行為。 芸者の言い換え表現からこのように言われることがある。 中国版でリリースされた当初は、こう呼ばれていた。 狂眼よりも呼びやすいため、日本版「狂眼」実装後でも建築士 建築家 と呼ぶ人もいる。 公園 マップ「月の河公園」のこと。 「月の河公園」だと長過ぎるため、公園と略されることが多い。 さ行 先に行くよ! サバイバー用ショートメッセージの一つ。 拘束されたプレイヤーが脱落を悟った時や、脱出ゲート解除中にどちらのゲートを解除しているかを伝える時に使われることが多い。 また、他のプレイヤーを残して脱出する際の挨拶として使われることもある。 サバイバーの最初の2文字を引っ張ってきた結果、「鯖 サバ 」と呼ばれるようになった。 サバイバーだと5文字なのに対して、鯖だと1文字で済むため、字数制限のあるチャットなどで重宝される。 サーベルタイガーは4段。 左右 内在人格構成のこと。 取得している内在人格が左と右の2方向に伸びている場合に使われる表現。 サバイバーであれば「割れ窓理論」と「中治り」を取得した形のことを指す。 そのため、36は「中治り」と「危機一髪」、39は「中治り」と「割れ窓理論」を取得していることを指す。 鹿 ハンター「断罪狩人」のこと。 見た目からそう呼ばれることがある。 ただし、サバイバー段位としての「鹿」という使い方もあるため、どちらの意味で使っているから文脈から読み取るしかない。 サバイバー段位としての鹿の場合は、3段のこと。 司祭 サバイバー「祭司」のこと。 祭司と同じ意味を持つ、言い換え表現のひとつ。 祭司は英語で「プリースト Priest 」なので、極々稀にプリーストと呼ぶ人もいる。 かっこいい。 磁石 サバイバー「探鉱者」が持っているアイテムのこと。 ハンターやサバイバーに投げて吸着させることが可能で、弾いたり引き寄せたりできる。 磁石を使えるのは「探鉱者」のみなので、キャラそのものを指す場合にも使われることがある。 邪竜 ランクマッチで上げることができる、ハンターの段位のこと。 邪竜は6段。 上下 内在人格構成のこと。 取得している内在人格が上と下の2方向に伸びている場合に使われる表現。 サバイバーであれば「傍観者」と「危機一髪」を取得した形のことを指す。 白無常 ハンター「白黒無常」の謝必安 白形態 のこと。 攻撃速度が遅く攻撃後の硬直時間が長いかわりに、移動速度が速く攻撃範囲が広い。 サバイバーが行えるアクションを一定時間封じることもできる。 スキル ハンター特有の能力のこと。 サバイバーを攻撃して存在感を貯めることで、スキルが強化されていく。 また、ハンターの補助特質のことをスキルと呼ぶこともある。 スキルチェック 暗号機の解読中に発生する調整のこと。 ゲーム「Dead by Daylight デッドバイデイライト 」内で使用されていた用語の一つ。 デッドバイデイライトでは発電機を修理するわけだが、その際に発生する調整の正式名称が「スキルチェック」であったため、第五人格でもそのように表現する人は多い。 た行 タコ ハンター「黄衣の王」のこと。 彼自身や試合中に出現する触手に吸盤がついていることからそう呼ばれるようになった。 また、タコの方が名前も短いということもあり、大半の人がタコと言っている。 中には名前「ハスター」と呼ぶ人もいる。 DD 「ダブルダウン」の略称で、言葉通り2人がダウンすること。 救助後に、救助者と救助された側の2人がダウンすることを指す場合が多い。 炭鉱者 サバイバー「探鉱者」のこと。 「炭鉱」の方が変換でも出てきやすいため、そちらで表現する人が多い。 また、探鉱者が持っているアイテムが「隕石の磁石」なので、磁石と呼ぶ人もいる。 談合 ランクマッチやランダムマッチで、ハンターと一部のサバイバーが手を組んでいる状態のこと。 対戦ゲームのバランスが壊れてしまう行為なので、通報される可能性がある。 チェイス ハンターが、サバイバーを追いかけること。 もともとはハンターが「チェイスする」、サバイバーが「チェイスされる」のように使われていた。 最近では、その状況自体をチェイスということも多くなり、サバイバーが「チェイス中に板が無くて... 」のように使うことがある。 チェイスが得意なキャラクターとしては「泥棒」「傭兵」「オフェンス」「調香師」などが挙げられる。 地下室 ハッチのこと。 最後の1人のサバイバーとなった時に使用できる、もう一つの脱出手段。 暗号機を2台以上解読すると、フィールド上の特定の場所に出現する。 ロケットチェアが密集している「地下ロケットチェア」と混同されがちだが、ゲーム内ではハッチのことを「地下室」と呼ぶようだ。 通電 脱出ゲートが解除可能となった状態のこと。 要するに、暗号機を5台解読し終わった状態。 「通電させる」とは、「 5台目の暗号機の 解読を終わらせる」ということ。 ゲーム「Dead by Daylight デットバイデイライト 」で使われていた表現のうちの一つ。 サバイバーでチームを組んで戦う際、ゲーム内でのテキストチャットよりも速く正確に情報を交換できるためよく使われている。 第五人格の元となるゲームであり、DbD開発陣は第五人格の製作にも関わっている。 そのため、第五人格内では「本家」と呼ばれることもある。 手を貸して、早く! サバイバー用ショートメッセージの一つ。 他のサバイバーに治療や救助をしてもらいたい時に使われることが多い。 また、自分が解読している暗号機を手伝って欲しい時に使われることもある。 トンネル ハンターの戦略の一つ。 サバイバーを確実に脱落させるため、一度狙ったサバイバーばかり狙うことを指す。 一度でも拘束されたことのあるサバイバーはほぼ間違いなくトンネルされるので、救助者は盾になるなどして守ってあげよう。 な行 ナスコ ナースコール ハンターの内在人格「掃除屋」のこと。 Dead by Daylight デッドバイデイライト 内で登場したパーク「A Nurse's Calling ナースコーリング 」が由来。 なめプ 相手のことを「なめているプレイ」のこと。 陣営勝利が確定しているにも関わらず、わざと無駄な行動を取る人のことを指す場合が多い。 また、「優鬼」はなめプに入ると考える人とそうでない人とで分かれることがある。 肉入り キャラクターを操作しているのがプレイヤーだということ。 Botではなく、中身の入った人間(肉)が操作しているということでこのように呼ばれる。 ハンターは攻撃成功のモーションが入るため、負傷者が逃げるまでの時間を稼ぐことができる。 人形 機械技師が持っているアイテム「コントロール 操縦機 」で操作できるもう1人のキャラクターのこと。 正式名称は「パペット」。 パペットはどんな攻撃でも1撃でダウンしてしまうため、操作時は注意が必要だ。 野良 マッチングしたプレイヤーのうち、フレンドやチームメンバーではないプレイヤーのことを指す。 基本的には初対面の人なので、最低限のモラル・マナーを守って遊ぶようにしよう。 ノーワン ハンターの内在人格「引き留める」のこと。 暗号機が5つ解読されてから120秒間、サバイバーを1撃でダウンさせることができる。 Dead by Daylight デッドバイデイライト 内で登場したパーク「No One Escapes Death ノーワンエスケープデス 」が由来。 暗号機の解読が得意なキャラクターをメインに構成されたパーティのこと。 「機械技師」や「心眼」をメインに構成し、5台の暗号機を効率よく解読することが目的となる。 ハスター ハンター「黄衣の王」の名前。 「黄衣の王」というより「ハスター」の方が言いやすく、打つ文字量も少ないためこちらで呼ばれる事が多い。 彼の見た目から「タコ」と呼ぶ人もいる。 蜂 ハチ ランクマッチで上げることができる、サバイバーの段位のこと。 ハチは1段。 ハッチ 最後の1人のサバイバーとなった時に使用できる、もう一つの脱出手段。 暗号機を2台以上解読すると、フィールド上の特定の場所に出現する。 発電機 暗号機のこと。 第五人格のもととなったゲーム「Dead by Daylight デッドバイデイライト 」では暗号機ではなく発電機の修理が脱出ゲート解除の条件であったため、発電機と呼ぶ人も多い。 「発電機を回す」は解読するという意味! 発電機を回すというのは、第五人格で言えば「暗号機の解読を進める」という意味だ。 こちらもDbDから来た表現であるため、知っておくと役立つ時が来るかもしれない。 パーク キャラクターの能力をアップできる装備スキルのこと。 IdentityVでは内在人格のことだが、外在特質をパークということもある。 パペット 機械技師がよく使う人形であったり、復讐者が位置交換などを行うことができる人形のこと。 早く逃げて! サバイバー用ショートメッセージの一つ。 拘束されたサバイバーが使うことが多く、「自分のことを見捨てて早く脱出して!」と言った意味で使われやすい。 また、脱出ハッチ付近にいるサバイバーがハッチ脱出するため、他のサバイバーに脱出を促す際に使われることもある。 脱出ゲートの場所を教える際にも使う 現在解除中の脱出ゲートの場所を教える際に使われることもある。 また、初心者の人は脱出ゲートの場所を覚えていないこともあるため、その人が逃げられるように使う人もいる。 バルク ハンター「狂眼」のこと。 狂眼の本名が「バルク」で、名前の方が呼びやすいためこう呼ぶ人が多い。 ハンターが近くにいる! サバイバー用ショートメッセージの一つ。 ハンターが近くにいる場合や、ハンターに見つかってチェイスしている際に使われることが多い。 また、ハンターがキャンパーかどうかを伝えるために使用されることもある。 ピエロ ハンター「道化師」のこと。 見た目からそう呼ばれるようになった。 また、「道化師」よりも打つ文字量が少ないのも良い点。 左下 内在人格構成のこと。 取得している内在人格が左と下の2方向に伸びている場合に使われる表現。 サバイバーであれば「割れ窓理論」と「危機一髪」を取得した形のことを指す。 PT パーティの略称。 英単語「Party」のPとTだけを取り出し、パーティを表す単語となった。 パーティだと文字量が多くなるため、読みやすい文にするためであったり、単純に文字を打つのが面倒な時に使われることが多い。 試合中、画面の左上にて確認できる。 この値が低ければ低いほどキャラの操作がスムーズになり、快適なプレイが可能となる。 理想のPing値は100ms以下。 Ping値が200msを超えるようなら、あまりプレイしない方が良いだろう。 4人のうち必ず誰か1人がファーストチェイスを担うことになるため、最初にハンターとチェイスしている人を指すこともある。 第五人格では、フレンド申請時の一言メッセージ機能などを使って行われる。 ファンメを送られたプレイヤーはメッセージに返信して対抗するのではなく、無視するか、通報・ブロックリスト機能などを使うようにしよう。 オンライン対戦ゲームではよくあること 対戦系のオンラインゲームではよく見かけるものなので、わざと悪質なプレイをしているわけではないのであればあまり気にし過ぎないようにしよう。 フィオナ サバイバー「祭司」のこと。 祭司の本名が「フィオナ・ジルマン」なので、名前で呼ぶ人もいる。 使用すると数秒間、ハンターの攻撃を1度だけ防いでくれる。 占い師が強いと言われる理由そのものなので、占い師のことをフクロウと呼ぶ人も多い。 フライングライオンは5段。 ヘレナ サバイバー「心眼」のこと。 心眼の本名が「ヘレナ・アダムス」なので、こう呼ぶ人もいる。 ポップ:p「出現する 生まれる 」という意味の言葉で、第五では試合開始時のスタート地点のことを指す。 ボロタイ サバイバーの内在人格「危機一髪」のこと。 1試合中1回、救助した人と救助された人が20秒間無敵になれる。 効果中にダメージを受けると、20秒後に反映される。 Dead by Daylight デッドバイデイライト 内で登場したパーク「Borrowed Time ボロードタイム 」が由来。 ま行 舞妓 ハンター「芸者」のこと。 芸者の言い換え表現からこのように言われることがある。 少々細かいが、舞妓とは芸者の世界に入ったばかりの新人さんのことを指すため、 芸者を舞妓と呼ぶのは少し失礼ではある。 マネキン 機械技師が持っているアイテム「コントロール 操縦機 」で操作できるもう1人のキャラクターのこと。 全身白色なため、こう呼ばれることがある。 マンモス ランクマッチで上げることができる、サバイバーの段位のこと。 マンモスは4段。 右下 内在人格構成のこと。 取得している内在人格が右と下の2方向に伸びている場合に使われる表現。 サバイバーであれば「中治り」と「危機一髪」を取得した形のことを指す。 美智子 こちらもハンター「芸者」のことを指す。 美智子とは芸者の本名のこと。 日本人的な名前で呼びやすいため、美智子と呼称する人も多い。 無理救助 ロケットチェアに拘束されたプレイヤーを、ハンターが近くにいるにも関わらず、無事に逃がすプランがない状態で救助すること。 信号銃を使ったりハンターの攻撃をかばってあげるなど、救助後の行動も考えておくと良い。 盲女 サバイバー「心眼」のこと。 先行配信されていた中国版のアイデンティティ5にて「盲女」と記載されているため、こう呼ぶ人もいる。 ちなみに読み方は「もうじょ」であっている。 ハンター側の勝利が確定 サバイバー3名脱落 した場合などで、時々見かけることがある。 捉え方は人それぞれで、優鬼されて嬉しいと思う人もいれば、早く試合を終わらせたいからダウンさせて欲しいと思う人もいる。 なめプと捉える人もいるため、一概に優鬼が最高のハンターとは限らない。 遊園地 「月の河公園」のこと。 ジェットコースターやメリーゴーランドがあり、遊園地の様な見た目をしているため。 また「月の河公園」実装時に公式Twitterにて「第五遊園地」という名前でイメージ画像が公開されていたので、遊園地でも間違いではない。 勇士 ランクマッチで上げることができる、サバイバーの段位のこと。 勇士は6段。 試合中、画面左上にある「Ping」の値が150ms以上だと操作が安定しにくくなり、200ms以上になるとまともな操作ができなくなる。 回線の良い場所でプレイしよう Ping値を良くするには、Wi-Fi接続で通信速度を安定させやすい場所でプレイしよう。 特に光回線であればPing値が平均100ms程度になり、快適にプレイできる状況を作りやすい。 ランタン.

次の

第五人格 メッセージの使い方と意味とは?解読に集中して!! identityV

第五人格 36 意味

第五人格のハンターのストーリーの原点 さて、上記写真は第五人格のハンターのストーリーの原点となる温かいホームでの食事シーンが写されています。 この写真の場所はかつての荘園の建物内ですが、 中央で大柄な姿で明るく笑顔で乾杯をしている人物が第五人格の中心的な登場人物であり、現在のハンターである「復習者」レオ・バイカーであります。 レオ・ベイカーは、荘園のルールに対しての違反によって罰則を受けたことになっていますが、それが原因で恐怖のハンターへと変貌してしまったのだろうか。 「えっ!?まじかよ!」と思う方も多いだろうが、第五人格のハンターの2人が上記写真に映っています。 中央が先述しました「復習者」レオ・ベイカーであり、写真左端の細長い帽子を被った人物が、現ハンターのリッパーです。 かつてはハンターとなる前の温かく食卓を囲んでいたメンバーたちでありましたが、 そのストーリーは切なく悲しい壮絶な展開となっています。 ここで、上記初期ハンターの復習者とリッパーの外見写真を見てみると、中央の男がレオ・ベイカーであり左側の男がリッパーであることがわかります。 それでは、第五人格のハンターにまつわるストーリーの原点を少しお話していきます。 第五人格のハンターのストーリーの原点は親子にまつわる話 第五人格のハンターのストーリーの原点は、やはり復習者レオ・ベイカーとその娘の話しとなります。 実は、 復習者のレオ・ベイカーには娘がいてその娘が庭師ことエマ・ウッズです。 第五人格の世界では、いまや父親と娘はハンターとサバイバーという切ない関係性です。 最初の温かい食卓を囲んでいる写真では、ハンター復習者レオ・ベイカーの右隣にサバイバーの弁護士フレディ・ライリーがいます。 しかし、第五人格の弁護士フレディ・ライリーは、復習者レオ・ベイカーの財産と嫁を奪い取られるという事件が発生してしまいます。 そのことが原因となって、軍需工場の工場長をしていた復習者レオ・ベイカーは自らの体を全焼させて命を絶ちました。 ハンターとなる前の復習者レオ・ベイカーは心身ともにボロボロになってしまったわけでありますが、自ら全焼してもその魂が現世に残り怨念が魂となってこの世に蘇りハンターとなりました。 弁護士フレディ・ライリーは、ハンターとなる前のレオ・ベイカーに多額の借金を背負わせてたわけでありますが、 弁護士フレディ・ライリーと復習者レオ・ベイカーの妻は不倫関係でありました。 弁護士フレディ・ライリーと復習者レオ・ベイカーの妻が一緒になるために、レオ・ベイカーはハメられてしまったとところがハンター誕生のストーリーの原点です。 復習者レオ・ベイカーのその娘である庭師ことエマ・ウッズは父親のためにこの鬼ごっこゲームを自らアテンドしたという内容になっています。 今現在は、第五人格のハンターのストーリなどもキャラクター別に少しずつ明らかになっている途中という段階です。 第五人格のハンターのストーリの原点は、弁護士と復習者レオ・ベイカーの妻による裏切り行為が発端となっていました。 第五人格では、ハンターがものすごく怖いイメージがあって意味不明な思考停止の化け物みたいなものと思われがちですが、実際にはハンター側こそがサバイバー側の被害者でもあるという一面があり、第五人格のストーリーの深さが徐々にわかってきましたね。 今後も、第五人格のストーリの進展を楽しみにしていきたいものです。

次の