キャンピングカー リチウムイオンバッテリー。 【サブバッテリー】車中泊でも便利!おすすめ人気12選|選び方や充電方法も解説|2020年最新情報

キャンピングカー 期待のバッテリー「リチウムイオン」って?

キャンピングカー リチウムイオンバッテリー

12V仕様であれば、定格3. 2V x 4セル=12. 8Vとなり、4セル1パック(4直列)となります。 24V仕様であれば、定格3. 2V x 8セル=25. 6Vとなり、4セル2パック(8直列)となります。 1パック最大7セルまでパック可能です。 10セル以上直列のバッテリーパックには、BMSを使用することをお勧めします。 16セル以下用: 179,000円 32セル以下用: 226,000円 48セル以下用: 273,000円 64セル以下用: 315,000円 80セル以下用: 356,000円 16セル以下用: 179,000円 32セル以下用: 226,000円 48セル以下用: 273,000円 64セル以下用: 315,000円 80セル以下用: 356,000円 アクティブセルバランサー BMSのセルバランス機能のみを持つデバイスです。 高価なBMSを使用することなく、22セル以上の直列バッテリーパックにおいて各セル電圧のバランスを常時 (充電間・放電間・静置間)維持し、セルの過充電・過放電を防いで耐久性を向上しより長期間の使用が可能になります。 4セル用と8セル用の2タイプがあり、8セル以上は複数のセルバランサーを接続することにより連携してバランスを維持します。 充電機 CANでBMSと連動して安全に充電できます。 8kw~の出力を持ち、単相100V/200V両方の入力に対応します。 12V・24V用充電機の入力は家庭用の100V電源です。 8kw充電器: 70,000円 3kw充電器: 142,000円 12V・24V充電器: 走行充電機 リン酸鉄型リチウムイオン電池の電圧特性に適合した昇圧型走行充電機です。 車両に搭載された メインバッテリーから、また同時に太陽電池パネルからも最大20Aで安全に充電が可能です。 4Vまで昇圧充電 12V/24Vに対応 MPPT方式太陽光発電 36,000円 14. 4Vまで昇圧充電 12V/24Vに対応 MPPT方式太陽光発電 36,000円 を見る 所有しているキャンピングカーの装備入れ替えに伴い、リチウムイオン電池WB-LYP400AHAと、4セルバランサー、充電器CH-1250ARを購入した。 これまでは一般家電用サブ1バッテリー以外に、夏場に積載するエアコン用としてサブ2バッテリー(345Ahシールドバッテリー)を積載していたが、重量、性能ともに課題があった。 今回サブ2用として購入したリチウムイオン電池は、中国製ながら安定性が高く、重量、容量、価格ともにとても満足のいく製品である。 定年退職し車中泊を楽しむ為、200Wソーラーパネルと12V200Aリチウムイオン電池を載せ、容量が大きいので2KWインバータ使用し、湯沸かしカップ麺や味噌汁やコーヒー、電子レンジで弁当を温めてます。 今はスキーを楽しんでます。 アクティブセルバランサー4セル用も取り付けております。 当方北海道在住で現在極寒期ですが、特に機能低下も無いようです。 3年前より、自宅の太陽光パネルで発電した電力の蓄電のためにリチウムイオン電池を活用しています。 WB-LYP160AHAを15台直列にし、BMSを使用しながら48Vで運用しております。 毎日4〜6Kwhの充電・放電を繰り返しておりますが、3年経った現在も、特に充電性能の低下は感じません。 以前は鉛バッテリーを使用しておりましたが、充電容量、重さ、メンテナンス含め、期待した性能は実現できませんでした。 リチウムイオン電池は、それとは比較にならないほど、性能が高く、大変満足しております。 この度みちのくトレードより12V140Ahタイプのリチユムイオンバッテリーを購入しDIYで独立型のソーラ発電を作ってみました。 構成は次の通りソーラパネル 100W 2枚 140W 1枚 並列接続で12Vシステムとしました。 パネルは屋根上に金具を介して固定チャージコントローラはMPPT 20Aを使用 晴れた日は、日中の充電で夜の食事で使うポットでお湯沸かし電子レンジで暖め物と冷蔵庫の電源に、ことの他節電をしながら楽しんでいます。 リチユムイオンバッテリーについては2年前から12V90Ahタイプを軽キャンピングのサブバッテリーとして使用して居ります車中でのお湯沸かし電子レンジ問題なく使用できます今も活躍中です、その性能は実験済みですので迷わず、今回もみちのくトレードより購入しました。 もう鉛バッテリーは使えません価格はまだ高いがその価値は十分にあると思います。 この度みちのくトレードより12V140Ahタイプのリチユムイオンバッテリーを購入しDIYで独立型のソーラ発電を作ってみました。 構成は次の通りソーラパネル 100W 2枚 140W 1枚 並列接続で12Vシステムとしました。 パネルは屋根上に金具を介して固定チャージコントローラはMPPT 20Aを使用 晴れた日は、日中の充電で夜の食事で使うポットでお湯沸かし電子レンジで暖め物と冷蔵庫の電源に、ことの他節電をしながら楽しんでいます。 リチユムイオンバッテリーについては2年前から12V90Ahタイプを軽キャンピングのサブバッテリーとして使用して居ります車中でのお湯沸かし電子レンジ問題なく使用できます今も活躍中です、その性能は実験済みですので迷わず、今回もみちのくトレードより購入しました。 もう鉛バッテリーは使えません価格はまだ高いがその価値は十分にあると思います。 キャンピングカーでの電子レンジ専用バッテリーとしてLP12V90AHを購入。 すでに車には400Ahのサブバッテリーが載っているのですが、電子レンジなど消費電力の大きい機器を使う時はエンジンを掛けて使わないとキビシイ時が。 それがエンジンを掛けずに電子レンジ、湯沸し、トースターなど何時でも使える!家庭用エアコン使用中であっても気にせず使えるようになった事で、特に免許を持たない妻がとても喜んでおります。 走行充電は走行用バッテリーからインバーターを介して100v充電器CH-1240GHで充電するシステム、充電電流40A設定なら、1回の調理で使った分(1000W 15分ほど)なら30分もアイドリングすれば、満タンになります。 中国・ウィンストンバッテリー社製リチウムイオンバッテリーを輸入販売致します。 ウィンストンバッテリー社(旧サンダースカイ社)は1998年に設立され、世界中で高い評価を得ているリチウムイオンバッテリーのメーカーです。 安全なバッテリーとして米国運輸省の承認を得ており、電気自動車から潜水艦まで、各種動力源として幅広く使用されています。 弊社みちのくトレード合同会社は、ウィンストンバッテリー社製リチウムイオンバッテリーの正規輸入業者です。 正極にリン酸鉄(LiFeYPO 4)を採用しているため、発熱が少なく安全性の高いバッテリーです。 強制的にショートさせたり銃弾で打ち抜いても発火したり爆発したりすることはありません。 また充電制御が正常に機能せず、過充電状態になった場合でも、発火・爆発あるいは揮発性ガスの発生はなく、バッテリーセルの変形と劣化だけで済みます。 ボーイング787のリチウムイオンバッテリー発火事故に代表されるように、高性能のリチウムイオンバッテリーの品質管理は難しく、日本の大手メーカーですら未だに完全とは言えません。 ではリン酸鉄型のリチウムイオンバッテリーがなぜ安全といえるのかというと、一言で言うと「バッテリーとしての性能が低いため」です。 バッテリーの充放電現象は電池内部での化学反応であり、 小型で大容量の高性能バッテリーには小さな容積の中に多くのエネルギーが蓄えられていることになります。 この高密度のエネルギーを安全に活用する為に極めて高度な品質管理が必要となるのです。 リン酸鉄型リチウムイオンバッテリーは内部にそれほど多くのエネルギーを蓄えることができない為、中国レベルの品質管理でも十分に安全であり、また過充電・過放電等の異常の際にも発火したり爆発したりしないのです。 各バッテリーセルの最大/最低電圧等をBMS(バッテリー制御システム)で監視し、充電器その他の機器を制御するため、過充電・過放電等の誤動作を防ぐことが可能です。 BMSは小型のコンピュータで、各バッテリーセルの電圧、電流及び温度を監視し、ディスプレイに表示すると共に、各バッテリーセルの電圧を一定に保ち、また設定したパラメーターの最大値・最低値を超えると警報を発し、CAN通信により各種機器を制御するシステムです。 アクティブセルバランサーはBMSのセルバランス機能のみを持つデバイスで、高価なBMSを使用することなく、2セル以上の直列高電圧バッテリーパックの各セル電圧のバランスを維持します。 4セル用と8セル用の2タイプがあり、8セル以上は複数のセルバランサーを接続することにより連携してバランスを維持します。 バッテリーパック全体の上限電圧・下限電圧は、バッテリーパックに接続する充放電機器により制御します。 日本製の電気自動車用リチウムイオンバッテリーは入手が困難であり、かつ値段も非常に高いのが現状です。 韓国メーカーの製品も高い。 ウィンストン社製バッテリーは韓国製の約1/2、日本製の約1/4の値段です。 (当社比) 電気自動車以外にも、電動ゴルフカートその他の電動車両等、太陽光発電の蓄電その他の用途にご利用頂けます。 お客様それぞれのご要望にあったシステム構成でオーダーできます。 中国製バッテリーだけど大丈夫?というお問い合せをお客様から頂きます。 ご安心下さい。 過去3年間、300以上のセルを扱ってまいりましたが、バッテリーセルに関するクレームや返品はございません。 タフで信頼性があり、かつ リーズナブルな価格であり、バッテリーセルに関しては自信をもってお勧めできる商品です。 「バッテリーセルに関しては・・・」とお断りしましたのは、やはり「中国製ならでは」の欠点もいくつか見受けられます。 具体的には、梱包が乱雑だったり、マニュアルが不親切だったり、内容物にミスがあったり、出荷時のトラブル などです。 こうした点は「価格なり」ですが、トラブルやクレームに関しては、弊社が責任をもってメーカーと交渉にあたります。 またご使用に関してご不明な点は、お気軽にお問い合せ下さい。 上記商品価格の他、航空/海上貨物運賃・消費税・手数料・国内送料等が必要となります。 御見積依頼はメールまたはFax等によりお問い合わせください。 弊社より運賃等を含めたお見積もりを送付致します。 取扱説明書は英語による記載となります。 納期は約1. 5ヵ月~2ヶ月です。 お支払いは全額前払いでのみご注文を承っております。 バッテリーセルの保証期間はご購入後6ヶ月ですが、以下の場合は保証できませんのでご注意ください。 1.誤配線・接続不良・ショートによるトラブル 2.電圧管理の不備によるトラブル 3.外部接続機器に起因するトラブル 4.ジグ/ストラップを未装着時のトラブル 5.落下・衝撃によるトラブル 6.改造によるトラブル 7.その他取扱説明書に記載した使用方法から逸脱した使用によるトラブル リチウムイオンバッテリーは取扱いに注意が必要で、誤った配線や使用(過充電や過放電)により劣化するため、商品の保証は商品の受領・開封から使用開始までとなります。 またマニュアルの使用方法を逸した誤使用・誤配線によるバッテリー本体、その他の関連機器、人体への被害・損傷に対しては責任を負いかねますのでご了承ください。 バッテリーは複数のセルをまとめて1パックとしてジグ/ストラップで固定して出荷します。 何個ずつパックするかご希望のある方はオーダーの際にご指定下さい。 1パックにつき最大7セルまでパック可能です。 ジグ:バッテリーセルを両側からはさんでいるアルミ製のプレート ストラップ:両側のジグを固定してバッテリーセルを1パックにまとめるステンレス製の細い帯 ジグ/ストラップでバッテリーパックとせずにセル単体のまま長期間使用すると、セルの筐体が膨らみ劣化や筐体の亀裂などのトラブルの原因となります。 必ずジグ/ストラップでセル同士を固定し、バッテリーパックとしてご使用ください。 動作電圧2. 8~4. 0Vは充/放電の上限・下限であり、実用上の動作電圧は3. 0~3. 4v程度です。 メーカー製の専用充電器は、充電が終了すると自動的に運転を終了します。 充電器の充電カーブは下図をご参照下さい。 他社の製品(充電器、残量計その他計測器等)との共用によるバッテリー本体、その他の関連機器、人体への被害・損傷に対しては責任を負いかねますのでご了承下さい。 ご注文・ご入金後の仕様変更及びキャンセルには応じられません。 ご不明・疑問な点は必ずご注文前にお問い合わせ下さい。 バッテリーセルを10セル以上直列してご使用になる場合は、BMSまたはセルバランサーのご使用を推奨しています。 LYPモデルは通常複数のセルを直列し、所要の電圧のバッテリーパックとして使用しますが、通常の使用においてはセル間の電圧のバラツキはごくわずかで、 ほとんど無視できるものです。 しかしながら直列接続するセル数が多くなればなるほど電圧のバラツキは出やすくなり、特に電気自動車やインバーター等の大電流出力(100A以上)を長期間繰り返すと、バラツキはさらに大きくなります。 このため、最低でもセルバランサーを、できれば充/放電間 に全セルの状況を常時把握できるBMSのご使用を推奨致します。 BMS/セルバランサーとバッテリー本体は2つそろって初めて機能するものであり、BMS/セルバランサーがないままバッテリーを使用すると、バッテリー本来の性能を発揮できないだけでなく、劣化させてしまうおそれがあります。 本バッテリーは熱に強いのが特徴ですが、それでもやはり熱は劣化を早め、バッテリーの寿命を短くする原因となります。 このためバッテリーセルは密閉容器には入れずに、十分な換気が確保できるところに、容器に入れる際は換気用ファンをつけて設置して下さい。 本バッテリーは直列接続はできますが、並列接続はできません。

次の

リチウムイオンバッテリー搭載キャブコン レム レポーズ|キャンピングカースタイル

キャンピングカー リチウムイオンバッテリー

オンリースタイルリチウムイオンバッテリーへの充電は当社のマルチチャージャーやマルチインバーターなどを推奨しており ます。 他社製品を使用する場合、過充電防止機能付きであること、充電電圧は14. 2V~14. 7Vでご使用ください。 充電電圧や充電電流によってはSimple BMSが働き続け、充電が終了しないことがございますので正しい充電電圧・電流の出 力できる充電器をお使いください。 SimpleBMSは充電器や太陽光充電コントローラーの故障や暴走による過充電を抑制するものではありません。 また状態の異なるバッテリー(古いバッテリーと新しいバッテリー)を並列接続する事はできません。 万が一特定のセルのみ電圧が3. 7V以上に上昇した場合、適正な電圧(3. 7V未満)まで電圧を降下させセル間の電圧のバラつきを防ぎます。 電圧のバラつきは誤差の範囲内 オンリースタイルリチウムイオンバッテリーはセルの徹底した品質管理を行う事で並列や直列をしない4セル単独利用であれば極端な電圧のバラつきは生じないものを考え、SimpleBMS無しのモデルで販売をしておりました。 しかしながら 並列接続で容量を増やす事ができないという不便さもありました。 並列でダブルやトリプルで接続した場合はセルの数が増え電圧のバラつきが生じる可能性もありましたがSimpleBMSを搭載する事によ り万が一の過度な電圧のバラつきを抑制し並列接続を可能としました。 Simple BMSは充電時セル間に過度な偏りが起きた場合にのみ働き 通常使用時には働かない仕様となっております。 SimpleBMSを搭載した事によりバッテリーの並列接続化が可能になりました。 並列化によってご希望の蓄電量を設定する事が可能です。 鉛バッテリーの容量表記に時間率という表記があります。 一般的な鉛型ディープサイクルバッテリーは20時間率で表示されるものが多いです。 この時間率とは 100AHのバッテリーに溜めた電気を5Aの電流で20時間掛けてゆっくり電気を取り出すと 100AHの電気が取り出せますという表示です。 鉛型ディープサイクルバッテリーで大きな容量を電気を取り出そうとすると 実際に出力できる電気の量は 減ってしまう事になります。 この現象の事を容量低減と言います。 短時間に大きな電力を使っても蓄電量が減る事は無いのです。 溜めた分の電力をしっかり使いきる事ができるので リチウムイオンバッテリーの方が長く使えるイメージになります。 必要な時に必要な電力を送り出せる! それがオンリースタイルリチウムバッテリーのパワーの秘密です。 リチウムイオンバッテリーは4つのセルを組み合わせてひとつのバッテリーを構成しています。 この4つのセルの品質や性能にバラつき があるとリチウムイオンバッテリー本来の性能が発揮されません。 オンリースタイルではリチウムイオンバッテリー本来の性能が発揮 できるよう、アッセンブルの前にセルの全品検査を行ない、品質や状態に問題の無いセルだけを使用し、状態の近いセルを組み合わせ る事により、バラつきを抑制し、リチウムイオンバッテリー本来の性能が発揮できているモノだけを出荷しています。 オンリースタイルリチウムイオンバッテリーはリン酸鉄型リチウムイオンバッテリーです。 リン酸鉄型リチウムイオンバッテリーは他のリチウムイオンバッテリーに比べエネルギー 密度が低い為、その分小型はできませんが安全マージンがしっかりとられています。 非常に安定した結晶構造を持つため、熱暴走による発熱・発火の恐れが少ないのが特徴です。 また、オンリースタイルリチウムイオンバッテリーは数多くの安全認証を 取得しております。 世界トップレベルの製品安全試験機関でその安全性が証明された安心のリチウムイオンバッテリーです。 オンリースタイルリチウムイオンバッテリーは、キャンピングカー用途だけでなく 様々な用途で日々繰り返し使用されている多くの実績があります。 何よりもこれこそが高い安全性と信頼の証とされ、発売以来多くのお客様やキャンピングカービルダー様に選ばれております。 大規模なマラソン大会の監視カメラやテレビ局の屋外収録、イベントや法定停電の電源、 テーマパークのイルミネーションなど幅広く使われている実績があります。 太陽光発電からも問題なく充電可能です! 走行充電器シェアNo,1の自動車用電装品専門メーカーである 株式会社ニューエラー協力の下、走行充電での動作検証を実施しました。 5Vギリギリまで使わずにこまめに充電する。 過充電、過放電しないこと。 保管する際は、充電してから保管する。 過放電を防ぐために少なくても月に一度はバッテリーを充電しましょう。 定期的に電圧を測り、状態を把握しましょう。 万が一本体からの液体漏れ、本体の膨らみや亀裂、充放電ができない、既定値外の電圧などの現象が見られた場合には、速やかに使用を中止してください。 商品名 リチウムイオンバッテリー 1200Wh(100Ah) リチウムイオンバッテリー 2500Wh LOW version(200Ah) リチウムイオンバッテリー 2500Wh(200Ah) リチウムイオンバッテリー 5100Wh(400Ah) 型番 WB-LYP100AHA12SB WB-LYP200AHA12SB -LOW SP-LFP200AHA12SB WB-LYP400AHA12SB サイズ 重量 約23kg 約40. 5C,200A 放電 33A 66A 66A 0. 5C,200A 定格電圧 13. 2V 動作電圧 充電 14. 7V 放電 10. ご了承下さい。 誤った使い方をすると著しい性能の低下や、危険を伴う可能性がありますので 取扱注意事項を必ず守りご使用ください。 絶対にショートさせないでください。 条件、形式にかかわらず直接放電は一切しないでください。 ご使用になる際は必ず電圧を測り、必要に応じて充電した上でご使用ください。 バッテリー 蓄電池 の電圧は必ず10. 5V以上に保ってください。 本製品は単セルを4つ直列に連結させ、DC12Vのバッテリー 蓄電池 としております。 過充電をしないでください。 電圧の上限は単セルが3. 7V、4セル全体で14. 8Vを超えないようにしてください。 使用範囲は10. 5V~14. 8Vです。 必ず範囲内で充放電してください。 絶対に分解、改造などを行わないでください。 発熱源から2メートル以上離れてご使用ください。 水濡れ、火気厳禁。 直射日光に長く当てる、水や雨に濡れる、激しい衝撃を与えることは避けてください。 乾燥、清潔、風通しの良いところに保管してください。 積み重ね、加圧などは禁止です。 リチウムイオンバッテリー 蓄電池 の中には微量な液体が含まれておりますが、MFタイプなので液体の補充などの必要はありません。 バッテリーターミナル(赤・黒ノブ)が横向きになるように設置してください。 通常の使用環境では水素ガスなどの発生はありません。 リチウムイオンバッテリー 蓄電池 を直列に連結し、電圧を上げることはできません。 リチウムイオンバッテリー 蓄電池 は、鉛バッテリー同様に使用環境や使用方法によって、性能や寿命が大きく変わりますので、納品時の破損などを除き、性能低下などによる製品保証はありません。 予めご了承ください。 カテゴリー: 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション.

次の

12V大型リチウムイオンバッテリー140Ah|蓄電用・業務用に最適!

キャンピングカー リチウムイオンバッテリー

CONTENTS• 家庭用エアコンを搭載するには電源供給が必要 ところが、キャンピングカーへの家庭用エアコン搭載を実現するには、電源の供給が必要です。 多くの事例では、昼間で2時間・夜で3時間程度しか利用できません。 そのため外部電源、もしくは、発電機に頼ることになります。 リチウムイオンバッテリーが活躍 もう一つは、リチウムイオンバッテリーによる長時間の使用を実現するシステムです。 当社は、このリチウムイオンバッテリーシステムと、それを急速に充電することができる発電機との連携を実現可能にして実績を積み上げてきました。 昼間にリチウムイオンバッテリーを充電しつつ目的地まで到達し、夜は家に居るときと同じように家電製品を使っても大丈夫という理想のシステムです。 発電機を夜に使用するのはタブー 発電機を夜に使用するのはタブーです。 そして、外部電源の取れないところも多くあります。 当社のシステムは、そんな状況を打破しました。 夜の間も静かに冷蔵庫もエアコンもヘアドライヤーも電子レンジさえも時間を気にせず使用可能です。 ソーラーシステム(太陽光発電)という選択も 加えて、ソーラーシステムはバッテリーの劣化を防ぐ役割で使用すれば最高の組み合わせです。 発電機を動かす燃料は車のガソリンタンクからの供給で賄えます。 車内からスイッチ操作だけで簡単に安全に快適なキャンピングカーライフが送れるようシステム化できました。 アクリル二重窓との併用でさらに快適 アクリル製の二重窓とエアコンを併用することで、さらに車内の快適性があがります。 アクリル窓については、下の関連記事をご覧ください。 キャンピングカーに家庭用エアコン・まとめ• キャンピングカーに家庭用エアコンを搭載すると、家に居るような生活ができる• 家庭用エアコン搭載には、電源供給が必須• リチウムイオンバッテリーがおすすめ• 夜は発電機の使用を控える• ソーラーシステムでバッテリー劣化を防ぐことも可能• アクリル二重窓との併用でさらに快適性があがる キャンパーアシストでは、家庭用エアコンの室外機を車体の下部へ搭載し、居住スペースを圧迫しないための工夫をしています。 家庭用エアコン搭載のキャンピングカーをお探しなら、お気軽にお問い合わせください。 投稿者:• 関連記事一覧.

次の