三味線 楽譜。 三味線の基礎知識 初心者 独学 調弦 三味線のある生活/ 三萃園(さんすいえん)

三味線の楽譜の表示と印刷(無料の文化譜)

三味線 楽譜

合奏する場合など、曲のキーが決まっている場合に、どのように調弦するかは幾つかの選択肢があると思います。 曲のキーに対して、二の糸が主音、5度の音などになるようにします。 たとえば、Fのキーであれば、ニの糸をFに、CのキーであればGの音にする、などということを行います。 本調子で一の糸をCにした場合 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 b 10 11 12 13 1 14 15 三の糸 C C D D E F F G G A Bb B C C D D E F F ニの糸 F F G G A Bb B C C D D E F F G G A A B 一の糸 C C D D E F F G G A Bb B C C D D E F F 上の表より、ハ長調(CのKey)の曲を演奏する場合、0、2、#、6、8、bの勘所と、4、5の勘所の一部を使用することが分かる。 ト長調(GのKey)の曲を演奏する場合、2、#、5、6、8、bの勘所と0、1の勘所の一部をを使用することが分かる。 ヘ長調(FのKey)の曲を演奏する場合、0、2、#、4、6、8、の勘所と9、Fの勘所の一部を使用することが分かる。 ニ上がりで一の糸をCにした場合 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 b 10 11 12 13 1 14 15 三の糸 C C D D E F F G G A A B C C D D E F F ニの糸 G G A A B C C D D E F F G G A A B C C 一の糸 C C D D E F F G G A A B C C D D E F F 上の表より、ハ長調(CのKey)の曲を演奏する場合、0、2、#、4、6、8の勘所と、9、bの勘所の一部を使用することが分かる。 ト長調(GのKey)の曲を演奏する場合、0、2、#、6、8、bの勘所と、4、5の勘所の一部を使用することが分かる。 ヘ長調(FのKey)の曲を演奏する場合、0、2、4、6、8、9の勘所と、3、#の勘所の一部を使用することが分かる。 小節ごとに垂直線で区切られています。 3つの水平線は、3本の弦を示しています。 上から三の糸、ニの糸、一の糸です。 数字は、抑える位置を示していますが、数字が単に順に並んでいるわけではなく、「0,1,2,3,#,4,5,6,7,8,9,b」の12種類となっています。 (大正琴などの楽譜は数字が順にならんでいるだけなので、それに慣れているとややこしいです。 )10以降の数字はオクターブ上ということになります。 #のオクターブ上は1#、bのオクターブ上は1bと表記します。 音の長さは下線で示します。 下に線がないのは4分音符です。 下線が1つあるのは8分音符です。 下線が2つあるのは16分音符です。 下線が3つあるのは32分音符です。 カタカナなど、数字以外の記号が書かれている場合があります。 「ス」はスクイと言って、撥で糸をすくいあげるようにして弾く奏法です。 「ハ」はハジキと言って、左手の指で糸をはじくようにして弾く奏法です。 「ウ」は打ち指と言って、左手の指先で糸を打つようにして弾く奏法です。 「スリ」はスリと言って、糸を押さえた指を糸の上をスライドさせ音程を変化させる奏法です。 「打」は3本の弦を同時に打つ奏法です。

次の

三味線弾きシシド

三味線 楽譜

- 目次 -• 数字で表記された三味線の楽譜 三味線には、現在主流の 「ドレミファソラシ」の7音階で五線譜に記されている楽譜は使いません。 五線譜は西洋音楽を元につくられた楽譜だからです。 五線譜の楽譜が付録としてついている三味線の楽譜もありますが、あまり一般的ではありません。 三味線の楽譜にはいくつかの種類があります。 そのどれにも共通していることは「0123456789」の算用数字(またはアラビア数字)が用いられているということです。 数字の使われ方は勘所(かんどころ=糸をおさえるところ)や階名であったりと楽譜の種類によって違います。 三味線の楽譜で主流なのが文化譜と言われるものですが、文化譜では勘所に数字が使われています。 次によく使われているものが研精会譜ですが、これは五線譜における音符が数字に置き換えられて記されています。 他にも、弥之助譜や地唄譜など数字やその他のマークの組み合わせが違うものなどいくつかの種類があります。 また、五線譜のように横書きではなく、縦書きのものもあります。 三味線楽譜の大御所「文化譜」 文化譜は明治23年生まれの四世(4代目)杵家彌七が考案しました。 長唄普及のため三味線女塾を創設し、もともと個人稽古が主流だったものを文化譜を利用したグループレッスンに切り替えたことで、多くの師範を排出しました。 三味線には三本の糸がはられていますが、文化譜にはその糸を見立てた3本の線が書かれています。 楽譜は横書きで、下から「一の糸」、「二の糸」、「三の糸」となります。 「0」の開放弦(糸をおさえない)から「20」までの勘所で書かれています。 例えば、3本の線の同じ位置に「0」が書かれている場合は、どこもおさえないで3本全ての糸を弾くということになります。 その他に三味線の「手」をあらわす記号があります。 「手」とは左手の動きや撥の動きでつくりだす奏法のことです。 例えば、「ス」と書かれている場合は撥で糸をすくいます。 「ハ」は指で糸をはじくことで、「スリ」は高音から低音または低音から高音へ移動することです。 そのほかに、撥で糸を叩く奏法や音を消す時の表記、繰り返し記号などもあります。 昔、楽譜がない時代には口三味線で演奏法が伝承されましたが、現在もそれと併用されていたりします。 ドレミに慣れているとわかりやすい「研精会譜」 研精会譜は吉住小十郎によって考案されたため、小十郎譜とも呼ばれます。 縦書きの楽譜です。 五線譜で使われている「ドレミファソラシ」が「1234567」の算用数字に置き換えられて書いてあります。 1オクターブ上の音には数字の右に「・」を一つつけます。 その更に上の音には数字の右に「・・」と点が二つつきます。 上記の「・7」は1オクターブ下の「7」の音ということです。 また、必要に応じて「一の糸」、「二の糸」、「三の糸」をローマ数字で「I、II、III」とあらわします。 使われている記号は違いますが、文化譜と同じ仕組みで、奏法をあらわす記号もあります。 三味線楽譜における拍子 三味線の楽譜は基本的に四分の二拍子(1小節に2拍)です。 一拍の場合は無表記ですが、半拍に一本線、1/4拍に二本線が入ります。 文化譜は横書きですから数字の下に、縦書きの研精会譜は数字の左横に線が入ります。 文化譜の場合、休符は黒丸です。 研精会譜では休符に「0」が使われます。 現在、学校の音楽の授業では五線譜が使われていますから、三味線の楽譜に慣れるまでには時間がかかることがあります。 口三味線も参考にして、曲をよく覚えることが演奏の上達につながると言われています。

次の

三味線の楽譜からわかる日本文化

三味線 楽譜

- 目次 -• 数字で表記された三味線の楽譜 三味線には、現在主流の 「ドレミファソラシ」の7音階で五線譜に記されている楽譜は使いません。 五線譜は西洋音楽を元につくられた楽譜だからです。 五線譜の楽譜が付録としてついている三味線の楽譜もありますが、あまり一般的ではありません。 三味線の楽譜にはいくつかの種類があります。 そのどれにも共通していることは「0123456789」の算用数字(またはアラビア数字)が用いられているということです。 数字の使われ方は勘所(かんどころ=糸をおさえるところ)や階名であったりと楽譜の種類によって違います。 三味線の楽譜で主流なのが文化譜と言われるものですが、文化譜では勘所に数字が使われています。 次によく使われているものが研精会譜ですが、これは五線譜における音符が数字に置き換えられて記されています。 他にも、弥之助譜や地唄譜など数字やその他のマークの組み合わせが違うものなどいくつかの種類があります。 また、五線譜のように横書きではなく、縦書きのものもあります。 三味線楽譜の大御所「文化譜」 文化譜は明治23年生まれの四世(4代目)杵家彌七が考案しました。 長唄普及のため三味線女塾を創設し、もともと個人稽古が主流だったものを文化譜を利用したグループレッスンに切り替えたことで、多くの師範を排出しました。 三味線には三本の糸がはられていますが、文化譜にはその糸を見立てた3本の線が書かれています。 楽譜は横書きで、下から「一の糸」、「二の糸」、「三の糸」となります。 「0」の開放弦(糸をおさえない)から「20」までの勘所で書かれています。 例えば、3本の線の同じ位置に「0」が書かれている場合は、どこもおさえないで3本全ての糸を弾くということになります。 その他に三味線の「手」をあらわす記号があります。 「手」とは左手の動きや撥の動きでつくりだす奏法のことです。 例えば、「ス」と書かれている場合は撥で糸をすくいます。 「ハ」は指で糸をはじくことで、「スリ」は高音から低音または低音から高音へ移動することです。 そのほかに、撥で糸を叩く奏法や音を消す時の表記、繰り返し記号などもあります。 昔、楽譜がない時代には口三味線で演奏法が伝承されましたが、現在もそれと併用されていたりします。 ドレミに慣れているとわかりやすい「研精会譜」 研精会譜は吉住小十郎によって考案されたため、小十郎譜とも呼ばれます。 縦書きの楽譜です。 五線譜で使われている「ドレミファソラシ」が「1234567」の算用数字に置き換えられて書いてあります。 1オクターブ上の音には数字の右に「・」を一つつけます。 その更に上の音には数字の右に「・・」と点が二つつきます。 上記の「・7」は1オクターブ下の「7」の音ということです。 また、必要に応じて「一の糸」、「二の糸」、「三の糸」をローマ数字で「I、II、III」とあらわします。 使われている記号は違いますが、文化譜と同じ仕組みで、奏法をあらわす記号もあります。 三味線楽譜における拍子 三味線の楽譜は基本的に四分の二拍子(1小節に2拍)です。 一拍の場合は無表記ですが、半拍に一本線、1/4拍に二本線が入ります。 文化譜は横書きですから数字の下に、縦書きの研精会譜は数字の左横に線が入ります。 文化譜の場合、休符は黒丸です。 研精会譜では休符に「0」が使われます。 現在、学校の音楽の授業では五線譜が使われていますから、三味線の楽譜に慣れるまでには時間がかかることがあります。 口三味線も参考にして、曲をよく覚えることが演奏の上達につながると言われています。

次の