海外fx スプレッド 2019。 人気の海外FX業者【2020年】最新ランキング

人気の海外FX業者【2020年】最新ランキング

海外fx スプレッド 2019

Tradeviewの実質スプレッド一覧・リアルタイム・比較【海外FX】 海外FX会社Tradeview(トレードビュー)のスプレッドを紹介します。 Tradeviewのスプレッドの評判は以下のとおりです。 TradeView はスプレッド0. 朝一、スワップ付与時間のポンド円、スプレッドが荒ぶる荒ぶる。 困ったもんだ。 唯一、スプレッド2pipsに収まったのはtradeviewのc-trader口座のみだった。 手数料いる。 Axioryは見てない。 evolveはNDDSTPの間違いです。 — keith. w 《紐》 keithw0328r Tradeviewの特徴に関しては以下の投稿をご参照ください。 8 1. 2 1. 2 1. 7 1. 0 1. 0 1. 5 2. 1 1. 9 2. 3 4. 3 1. 5 2. 9 2. 8 2. 9 3. 0 3. 0 1. 0 2. 3 2. 3 1. 5 2. 4 1. 3 2. 1 2. 1 2. 9 2. 1 3. 4 2. 7 EURCZK 11. 0 — EURDKK 18. 3 12. 9 EURHKD 14. 4 — EURHUF 28. 1 16. 3 EURMXN 5. 9 — EURNOK 25. 5 35. 7 EURPLN 23. 5 33. 9 EURSEK 26. 9 31. 5 EURSGD 11. 5 10. 1 EURTRY 38. 6 44. 9 EURZAR 68. 0 79. 8 GBPDKK 10. 5 25. 5 GBPHKD 8. 7 — GBPNOK 21. 5 49. 4 GBPSEK 26. 5 36. 9 GBPSGD 12. 1 12. 0 GBPZAR 61. 8 — NOKJPY 10. 9 — NOKSEK 14. 1 — USDCNH 8. 8 — USDCZK 11. 5 — USDDKK 14. 1 8. 0 USDHKD 12. 7 7. 0 USDHUF 16. 6 8. 9 USDILS 24. 5 — USDMXN 62. 4 82. 2 USDNOK 30. 1 37. 4 USDPLN 15. 5 18. 0 USDRUB 30. 0 283. 5 USDSEK 36. 7 35. 9 USDSGD 11. 4 14. 7 USDTRY 31. 4 37. 4 USDZAR 62. 1 88. 0 シンボル 通貨名 シンボル 通貨名 シンボル 通貨名 AUD オーストラリアドル HKD 香港ドル RUB ロシアルーブル CAD カナダドル HUF ハンガリーフォリント SEK スウェーデンクローナ CHF スイスフラン ILS イスラエルシェケル SGD シンガポールドル CNH オフショア人民元 JPY 円 TRY トルコリラ CZK チェコ・コルナ MXN メキシコペソ USD アメリカドル DKK デンマーククローネ NOK ノルウェークローネ ZAR 南アフリカランド EUR ユーロ NZD ニュージーランドドル — — GBP ポンド PLN ポーランドズロチ — — Tradeviewは狭いスプレッドを提示 TradeviewのILC口座は多くの通貨ペア・銘柄で狭いスプレッドを提示していました。 ドル円、ユーロドルは取引コストが1pips以内という狭さです。 メジャー通貨ペアをピックアップすると• USDJPY(ドル円)は約0. 3pips• EURUSD(ユーロドル)は約0. 4pips• EURJPY(ユーロ円)は約0. 2pips• GBPUSD(ポンドドル)は約0. 1pips• GBPJPY(ポンド円)は約0. 9pips• AUDUSD(オージードル)は約0. 5pips• AUDJPY(オージー円)は約1. 2pips XMよりも狭いという結果でした。 Tradeviewの金属、エネルギーのスプレッドはやや狭い TradeviewのILC口座の金属、エネルギーのスプレッドを以下に示します。 8 3. 1 3. 0 — CRUDEOIL クルードオイル 5. 5 6. 0 UKOIL ブレント原油 6. 0 — NGAS 天然ガス 0. 7 4. 1 金属、エネルギー銘柄についてはXMよりもやや狭いスプレッドでした。 Tradeviewの仮想通貨のスプレッドはXMよりも明確に狭い Tradeviewでは仮想通貨もトレードできます。 仮想通貨のスプレッドは以下のとおりです。 11 130. 83 3. 50 1. 0016 0. 0504 Tradeviewの仮想通貨のスプレッドは、XMよりも明確に狭いという結果です。 土日取引不可• レバレッジ5倍~10倍• 株式指数もTradeviewは狭いスプレッドを提示 株式指数のスプレッドを以下に示します。 流動性が高いときのTradeviewのILC口座のスプレッド(株式指数) 左:TradeviewのILC口座、右:XMのXMzero口座 銘柄 内容 Tradeview XM ILC口座 XMzero口座 スプレッド スプレッド AUS200 オーストラリア200種株価指数 2. 34 5. 00 FCHI フランス40種株価指数 1. 7 1. 8 GDAXI ドイツ30種株価指数 1. 04 2. 00 HSI 香港株価指数 7. 5 14. 0 J225 日本株価指数 7. 0 12. 0 WS30 NYダウ平均株価指数 4. 0 3. 6 NDX ナスダック100種株価指数 0. 6 3. 2 0. 7 STOXX50E ユーロ・ストックス50指数 1. 2 2. 6 UK100 イギリス100種株価指数 0. 7 1. 5 株式指数に関しても、Tradeviewは狭いスプレッドを提示しています。 流動性が低いときのスプレッド 市場参加者が少ない時間帯(ニューヨーク市場の閉場から東京市場の開場までの時間)はスプレッドが広がる傾向にあります。 本項目では流動性が低い朝の時間帯のスプレッドを観察しました。 朝のTradeviewのILC口座のスプレッド 朝のTradeviewのILC口座のスプレッドを、XMのスプレッドと比較して観察しました。 リアルタイムスプレッドは以下のとおりです。 朝7時頃のスプレッドです。 8 1. 5 3. 6 7. 9 2. 1 3. 5 8. 5 7. 2 6. 6 9. 5 7. 5 9. 5 11. 5 13. 5 14. 5 16. 5 13. 7 5. 8 6. 8 5. 9 6. 0 6. 8 4. 8 6. 1 6. 9 5. 6 5. 7 6. 2 8. 1 5. 3 4. 7 提示されているスプレッド自体はTradeviewのほうが狭いものの、特にマイナー通貨ペアは10pips以上のスプレッドを提示することもありますので、早朝はトレードする通貨ペアとスプレッドをよくご確認ください。 Tradeviewの安定時のスプレッドと朝のスプレッドの比較 Tradeviewの安定時のスプレッドとのスプレッドを比較した表を以下に添付します。 観察した時間は• 朝7時• 朝7時30分• 朝8時 です。 安定時とのスプレッド差が0. 5pips以内の通貨ペアを塗りつぶしています。 8 1. 8 0. 8 0. 2 3. 5 1. 3 2. 2 8. 6 1. 6 2. 7 1. 9 1. 0 0. 0 3. 1 1. 5 1. 0 6. 5 1. 7 1. 5 10. 5 2. 2 2. 1 5. 2 1. 6 1. 9 8. 6 4. 5 1. 3 5. 5 2. 4 2. 3 10. 5 1. 5 1. 5 10. 5 2. 3 1. 9 10. 5 2. 8 3. 8 10. 5 2. 7 3. 9 10. 5 3. 8 2. 0 10. 5 3. 9 4. 0 4. 7 1. 3 1. 0 4. 8 1. 4 1. 3 5. 8 1. 3 1. 3 8. 9 2. 2 2. 5 8. 0 2. 0 2. 4 3. 8 1. 6 1. 3 4. 8 1. 7 1. 1 5. 1 1. 7 1. 1 2. 9 1. 0 1. 9 3. 6 1. 6 2. 1 2. 7 1. 3 1. 4 5. 2 2. 2 2. 8 6. 1 3. 3 3. 1 17. 3 3. 1 3. 1 1. 4 1. 1 1. 4 3. 1 1. 5 1. 7 7. 0 2. 1 1. 1 2. 2 1. 4 1. 2 3. 5 1. 8 1. 3 8. 0 2. 0 1. 2 7. 7 2. 9 3. 8 6. 1 2. 3 2. 1 9. 0 4. 7 1. 1 7. 0 4. 2 4. 4 9. 0 1. 6 1. 4 11. 9 3. 2 2. 8 13. 0 3. 7 4. 3 14. 8 3. 2 3. 1 16. 4 5. 0 3. 6 13. 0 5. 6 6. 5 5. 3 1. 5 1. 2 6. 6 2. 6 2. 2 5. 2 2. 2 2. 9 6. 2 2. 8 2. 8 6. 8 3. 3 3. 9 4. 6 2. 3 2. 5 6. 4 3. 1 2. 8 6. 8 3. 4 3. 2 5. 3 2. 1 2. 6 5. 3 3. 3 3. 5 6. 2 3. 7 3. 7 8. 0 3. 5 3. 3 5. 5 3. 8 3. 0 4. 7 3. 0 2. 9 朝8時の段階では、• 主要通貨を中心に安定時とのスプレッド差は0. 5pips以内となっていますが• マイナー通貨ペアは安定時よりも0. 5pips以上開いているものもあります。 安定時とのスプレッド差が0. 5pips以内となるまでの速度はXMと同等であり、 特別にスプレッドの安定化速度が速い、ということはありませんでした。 朝7時30分頃、ドル円・ユーロドルは1pips以下の取引コスト マイナー通貨ペアは、朝のスプレッドは大きく開く傾向にありますが 主要通貨ペアは朝7時30分の段階で安定しています。 8 1. 3 1. 6 2. 0 1. 5 1. 7 2. 2 2. 6 2. 5 4. 4 4. 5 1. 3 3. 8 3. 7 3. 8 5. 9 5. 3 1. 4 2. 3 2. 2 2. 0 3. 6 2. 7 3. 7 3. 0 2. 6 3. 3 3. 2 3. 3 3. 1 3. 0 ドル円、ユーロドルは、朝7時30分の段階でスプレッドが1pips以内となっています。 通貨ペアによっては、早朝でも狭いスプレッドでトレードできることはTradeviewの利点です。 Tradeviewの主要通貨ペアは、経済指標時でも狭いスプレッドを提示 相場が急変する経済指標発表時のスプレッドを観察しました。 TradeviewのILC口座の経済指標のスプレッド 経済指標時のTradeviewのILC口座のスプレッドの観察結果は以下のとおりです。 XMのXMzero口座と比較します。 0 1. 0 2. 6 3. 9 1. 8 2. 0 2. 6 4. 0 2. 1 6. 1 4. 2 2. 1 4. 5 3. 5 6. 5 15. 5 10. 7 2. 9 4. 6 4. 2 2. 2 4. 6 3. 7 3. 9 6. 0 2. 5 3. 8 5. 8 4. 8 3. 4 3. 8 1. 0 0. 2 2. 0 0. 2 2. 6 1. 7 0. 9 0. 0 1. 8 0. 0 2. 0 1. 5 3. 6 2. 1 2. 0 0. 9 6. 1 4. 3 3. 1 0. 3 2. 2 0. 5 4. 1 2. 9 10. 5 8. 8 5. 5 3. 9 10. 5 8. 0 10. 5 8. 0 1. 7 0. 0 2. 9 1. 3 3. 6 2. 3 2. 2 0. 5 3. 2 1. 4 2. 6 1. 3 1. 7 0. 1 4. 9 3. 1 1. 0 -0. 9 1. 5 0. 1 2. 8 1. 4 2. 8 1. 8 2. 8 0. 1 3. 4 0. 1 1. 3 0. 4 2. 2 0. 7 3. 1 1. 1 1. 3 0. 2 2. 1 0. 3 2. 3 1. 2 4. 3 2. 8 2. 7 0. 1 6. 3 4. 1 4. 9 0. 4 2. 2 0. 4 4. 9 2. 8 3. 9 1. 3 6. 0 3. 1 15. 9 12. 6 10. 5 6. 5 2. 2 0. 2 4. 3 2. 2 4. 5 2. 9 2. 8 0. 8 4. 5 1. 9 3. 3 1. 5 3. 0 0. 8 6. 6 3. 2 2. 1 -0. 6 3. 2 0. 5 5. 2 1. 7 4. 1 1. 3 3. 3 0. 0 3. 3 0. 2 0. 8 0. 4 1. 2 0. 8 0. 0 1. 1 2. 9 0. 2 4. 8 0. 9 0. 6 2. 6 1. 7 3. 6 12. 5 6. 7 0. 9 2. 3 2. 9 0. 7 1. 2 1. 4 0. 8 3. 1 -0. 6 0. 7 1. 4 1. 0 0. 3 0. 3 主要通貨ペアはスプレッドが狭い傾向 マイナー通貨ペアはスプレッドが8pips以上開いている通貨ペアもありますが、 主要通貨ペアは、安定時とのスプレッドの広がりは1pips以内に抑えられています。 安定時とのスプレッド差はXMと同等なので、 安定時のスプレッドが狭いTradeviewのほうが、総合的に狭いスプレッドを提示する傾向にあります。 やはり発表直後は、マイナー通貨ペアは大きくスプレッドが広がっています。 発表直後のマイナー通貨ペアは、いくらスプレッドが狭いTradeviewでも、トレードを控えたほうがいいです。 Tradeviewのスプレッドのまとめ Tradeviewのスプレッドを、• 安定時のスプレッドの狭さ• スプレッドの安定性• スプレッドの安定化速度 の観点から評価します。 主要通貨、マイナー通貨、金属、仮想通貨のスプレッドが狭い。 エキゾチック通貨ペアは、通貨ペアによって狭いもの・広いものがある。 スプレッドの広がり幅はXMと同程度。 Tradeviewは元々のスプレッドが狭いので、広がり幅が同じでも提示されるスプレッドは狭い。 主要通貨ペアはスプレッド広がり幅が狭い。 マイナー通貨ペアは広がる傾向。 朝7時30分頃に主要通貨ペアは比較的安定。 朝8時でも、マイナー通貨ペアは安定時よりもスプレッドがやや広い。 経済指標発表30秒後にはスプレッドはおおむね安定。 Tradeviewにおいて避けるべきトレード時間は? 確かに Tradeviewは安定時に狭いスプレッドを提示しますが、 朝と経済指標発表直後はマイナー通貨ペアのスプレッドが広がる傾向にあります。 主要通貨ペアは比較的安定したスプレッドを示すものの、やはり上記トレード時間はトレードを避けることが無難です。 東京、ロンドン、ニューヨーク株式市場がオープンしている時間帯のTradeviewは狭いスプレッドを提示しますので、トレード時間やタイミングを意識してトレードしてみてください。 Tradeviewの口座開設を行うならば Tradeviewでのトレードに興味がありましたら、口座開設を検討してみてください。 必要な提出書類は「身分証明書」と「現住所確認書類」です。 運転免許証• マイナンバーカード• 住民票(発行後、3ヵ月以内のもの。 公共料金の請求書 携帯電話以外• 銀行明細 など 口座開設申請時、住所は英語で記入する必要がありますが、を利用すると便利です。

次の

iFOREXのスプレッド一覧

海外fx スプレッド 2019

この記事では海外FX業者 BigBoss(ビッグボス)のスプレッドを徹底検証していきます。 ・ BigBossと他の海外FX業者との スプレッド比較 ・ 動画によるBigBossのスプレッド検証 (平常時、早朝) ・キャッシュバックのスプレッド圧縮効果 という感じでBigBossのスプレッドに関する情報は、全て網羅していますので参考にしてください。 BigBossの基本情報 金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン(SVG IBC)ライセンス登録 運営実績 運営開始は2013年~ ドル円スプレッド スタンダード口座:1. 5pips プロスプレッド口座:0. 3pips(手数料0. BigBossのスプレッド BigBossにはスタンダード口座とプロスプレッド口座がありますが、 両口座とも取引ボーナスや入金ボーナスの対象となるというのが大きな特徴です。 また、 両口座のスプレッドはそれほど大きな差がないということも特徴的です。 スタンダード口座とプロスプレッド口座の平均スプレッド BigBoss(ビッグボス)のスタンダード口座とプロスプレッド口座の 主要通貨ペアの平均スプレッドを表にまとめてみます。 スタンダード口座は取引手数料がスプレッドに上乗せされていますが、 プロスプレッド口座はスプレッド以外に0. 5pips 0. 3pips(1. 6pips 0. 5pips(1. 4pips 1. 1pips(2. 0pips 0. 6pips(1. 9pips 0. 9pips(1. 5pips 0. 6pips(1. 6pips 1. 0pips(1. 9pips) キャッシュバックで0. 4pipsのスプレッド圧縮 上のスプレッド表だけを見るとBigBossのスプレッドは広く感じますが、BigBossには取引ボーナスが常時適用されるため、 1Lotの取引ごとに4ドルのキャッシュバックがあります。 4ドルのキャッシュバック=0. 4pipsのスプレッド圧縮効果 を加味した、 実質スプレッドを見ると icon-arrow-down のようにかなり狭くなります。 1pips 0. 2pips 1. 0pips 1. 6pips 1. 5pips 1. 1pips 1. 2pips 1. 5pips スタンダード口座のスプレッド BigBossのスタンダード口座のスプレッドを検証してみましょう。 ・ XM、GEMFOREXとのスプレッド比較 ・ 平常時、早朝のスプレッドを動画で検証 スタンダード口座のスプレッドをXM、GEMFOREXと比較 BigBoss(ビッグボス)のスタンダード口座のスプレッドと、XM、GEMFOREXの平均スプレッドを比較してみます。 BigBossはキャッシュバックを加味した平均スプレッドを表記していますが、 XMやGEMFOREXと比較してスプレッドが非常に狭いということが分かります。 1pips 1. 6pips 1. 2pips 1. 8pips 1. 0pips 2. 5pips 1. 6pips 2. 2pips 1. 5pips 3. 6pips 1. 1pips 2. 0pips 1. 2pips 3. 4pips 1. 6pips スタンダード口座のスプレッドを動画で検証 BigBossは変動スプレッドを採用しているため ・早朝などのボラティリティが低い時 ・経済指標発表などのボラティリティが高い時 などはスプレッドが広がるので、その部分を動画で検証してみます。 スタンダード口座の平常時のスプレッド動画 スタンダード口座の経済指標が絡まない時間帯のスプレッドが icon-arrow-down です。 経済指標や早朝を避けてトレードをすれば、ほぼ icon-arrow-down のスプレッドで取引ができます。 ドル円はほぼ1. 5pips、ポンド円、ポンドドルは2. 0pips前後ですが、 キャッシュバックのスプレッド圧縮効果が0. 4pipsあるので、かなり優秀なスプレッドと言えるでしょう。 プロスプレッド口座のスプレッド BigBossのプロスプレッド口座のスプレッドを検証してみましょう。 ・ TitanFX、GEMFOREXとのスプレッド比較 ・ 平常時、早朝のスプレッドを動画で検証 プロスプレッド口座のスプレッドをTitanFX、XMと比較 BigBoss(ビッグボス)のプロスプレッド口座のスプレッドと、 TitanFXのブレード口座、XMのZERO口座の平均スプレッドを比較してみます。 TitanFX、XMともにスプレッド圧縮に特化した最狭スプレッド口座なので、入金ボーナスなどのボーナスは一切ありません。 BigBossは取引ボーナスを加味した平均スプレッドを表記していますが、 TitanFXや XMの最狭スプレッド口座よりもスプレッドが狭い ということが言えます。 8pips 1. 03pips 1. 0pips 0. 9pips 1. 6pips 1. 44pips 1. 1pips 1. 27pips 1. 4pips 2. 15pips 2. 1pips 1. 22pips 1. 5pips 1. 82pips 2. 0pips プロスプレッド口座のスプレッドを動画で検証 プロスプレッド口座のスプレッドを動画で検証します。 ・ボラティリティが落ち着いている平常時 ・早朝のボラティリティが低い時 プロスプレッド口座の平常時のスプレッド動画 プロスプレッド口座の経済指標が絡まない時間帯のスプレッドが icon-arrow-down です。 経済指標や早朝を避けてトレードをすれば、ほぼ icon-arrow-down のスプレッドで取引ができます。 ドル円は0. 2pips~0. 4pipsを推移し、ポンド円、ポンドドルは1. 0pips前後です。 まとめ 私は現在BigBossをメインブローカーの一つとしてかなりの頻度で使っていますが、 BigBossは約定力やストップレベルゼロなどのスペック面でもとても優秀です。 超大ロットのスキャルピングを真骨頂とした、プロトレーダー及川氏がBigBossを利用しているということからも、高額出金などに関しても安心感があるおすすめの海外FX業者です。 BigBossのまとめ ・ 取引ボーナスを加味するとユーロドルスプレッド0.

次の

XMのスプレッド 国内口座との比較

海外fx スプレッド 2019

1〜 0. 6銭 0. 1〜 0. 7銭 0. 1〜 1. 3銭 0. 1〜 0. 6pips - - 0. 1〜 0. 7銭 0. 2〜 0. 9銭 0. 3〜 1. 7銭 0. 1〜 0. 7pips 5. 2〜 5. 6銭 5. 4〜 8. 9銭 0. 1〜 0. 4銭 0. 3〜 0. 8銭 0. 2〜 1. 6銭 0. 1〜 0. 5pips - - 0. 3〜 1. 0銭 0. 1〜 0. 6銭 0. 1〜 1. 2銭 0. 0〜 0. 5pips 3. 2〜 3. 7銭 - 0. 0〜 0. 6銭 0. 2〜 1. 0銭 0. 6〜 2. 0銭 0. 0〜 0. 6pips 1. 0〜 1. 2銭 - 0. 2〜 0. 6銭 0. 1〜 0. 9銭 0. 5〜 2. 1銭 0. 0〜 0. 4pips - - -0. 1〜 1. 5銭 -0. 1〜 2. 0銭 -0. 1〜 2. 0銭 -0. 1〜 1. 3pips - - 0. 2〜 0. 5銭 0. 2〜 1. 0銭 0. 2〜 1. 0銭 0. 2〜 0. 6pips 10〜 20銭 11〜 50銭 1. 3〜 1. 8銭 1. 9〜 2. 5銭 2. 5〜 4. 2銭 1. 5〜 1. 8pips - - 固定 0. 3銭 固定 1. 0銭 固定 1. 3銭 固定 0. 3pips 固定 2. 7銭 - 固定 0. 8銭 固定 1. 1銭 固定 1. 5銭 固定 0. 7pips 1. 8〜 4. 8銭 -• XM:ZERO口座• AXIORY:ナノスプレッド口座• Tradeview:MT4 ILC口座• HotForex:ZERO口座• TitanFX:ブレード口座• FBS:ECN口座• Land-FX:ECN口座• IronFX:ABSOLUTE ZERO口座• FxPro:MT4 Market口座• GEMFOREX:ノースプレッド口座• is6com:プロ口座 こうして見てみると、上部のXM〜FBSまでは、どこも全般的に狭いスプレッドを提供できている業者として目立ちますね。 ただ、業者選びでは、 スプレッドと同じくらい取引手数料も意識して、トータルコストを重視しなければいけません。 いくらスプレッドが狭く安定していても、取引手数料が高ければ、トータルコストが割高になってしまうので注意してください。 1〜0. 6銭 123〜173円 6ドル 0. 1〜0. 7銭 78〜138円 5ドル 0. 1〜0. 3〜1. 0銭 98〜168円 7ドル 0. 0〜0. 6銭 79〜139円 6ドル 0. 2〜0. 6銭 88〜128円 7ドル -0. 1〜1. 5銭 69〜229円 無料 0. 2〜0. 5銭 20〜50円 無料 1. 3〜1. 8銭 130〜180円 無料 固定0. 3銭 30円 無料 固定0. このように、業者の取引条件や手数料体系は様々なので、 一概にスプレッドだけ見て取引コストを判断してはいけません。 また、 業者によって早朝・窓開け・重要指標発表時におけるスプレッドの開き方も異なるので注意してください。 この記事では、 この取引条件・手数料体系・スプレッドの広がるタイミングなども考慮して解説しているので、ぜひ業者選びの参考にしてみてください。 GEMFOREX・is6comは手数料無料でスプレッドが固定 早朝・重要指標発表時においても、平常時のスプレッドを維持できていたのは、との2社です。 GEMFOREXのノースプレッド口座とis6comのプロ口座は、 スプレッドがほぼ固定で取引手数料も無料なので、取引コストを抑えて安定したトレードができます。 ただ、名目上は「取引手数料無料のECN口座」なのですが、一般的な国内FX業者と同じ特徴を持っているため、 実際は相対取引をしている可能性が高いでしょう。 また、FxProも取引手数料無料ですが、他社とは取引形態が異なるSTP方式なので、平常時は他社のスタンダード口座レベルのスプレッドです。 GEMFOREX XM・HotForex・FBSはそもそも手数料が高い 、、の3社は、 スプレッドが比較的安定しており、早朝・窓空け・重要指標発表時を覗き、それほど大きく広がることはありません。 ただし、 取引手数料が高いので、結果的にトータルコストは高くついてしまいます。 取引コストの安い業者選びには、スプレッドだけでなく、取引手数料も考慮しなければならないという良い例です。 Land-FXはスプレッドが広がりやすくリスキー 平常時においても、常にスプレッドが拡大し不安定だったのが、です。 早朝・窓空け・重要指標発表時は他社とそれほど変わりませんでしたが、 平常時の動きは明らかに他社と異なります。 ただ、この1週間の中で、 唯一マイナススプレッドを配信していた業者です。 海外FX業者11社 実測スプレッド計測結果 では、各社の実際のスプレッドデータを、通貨ペアごとにもう少し詳しく見てみましょう。 スプレッドの計測・評価は、以下の条件で行なっています。 1〜0. 6 最大9. 0 最大7. 2 最大2. 1〜0. 7 最大16. 0 最大14. 0 最大9. 1〜1. 3 最大18. 0 最大18. 0 最大14. 1〜0. 6 最大7. 0 最大7. 0 最大3. 平常時は安定していますが、どの通貨ペアも 早朝・窓空け・重要指標発表時にはお決まりのようにスプレッドが拡大するので、トレーダーとしては 予測はしやすいとも言えるでしょう。 変動幅は、全11社の中では比較的狭いのですが毎回不規則です。 1〜0. 7 最大12. 8 最大8. 0 最大2. 2〜0. 9 最大20. 1 最大18. 2 最大4. 3〜1. 7 最大41. 0 最大54. 5 最大10. 1〜0. 7 最大12. 8 最大10. 2 最大2. 2〜5. 6 最大10. 9 最大9. 5 最大9. 4〜8. 9 最大26. 7 最大30. 0 最大20. 7 AXIORYも、基本的にはXMと同様に オーソドックスな動きをします。 1〜0. 4 最大12. 6 最大8. 0 最大1. 3〜0. 8 最大20. 4 最大18. 5 最大12. 2〜1. 6 最大56. 8 最大58. 8 最大10. 1〜0. 5 最大11. 7 最大10. 1 最大2. 3 最大8. 8 最大6. 4 固定0. 0 最大4. 1 最大14. 0 最大7. 3 最大23. 7 最大19. 5 最大10. 3 最大7. 3 最大7. 4 最大7. 7 固定2. 7 最大8. 0 最大6. 基本的に、 平常時はスプレッドが固定されており、早朝・窓空けはそれなりに広がりますが、重要指標発表の影響をほぼ受けません。 相対取引の国内FX業者と同じような、原則固定のスプレッドと考えて良いでしょう。 例外的な動きをすることもあるので、注意が必要です。 8 最大8. 8 最大6. 7 最大1. 1 最大4. 1 最大14. 0 最大6. 5 最大24. 2 最大27. 0 最大10. 7 最大7. 4 最大7. 4 最大7. 8〜4. 8 最大6. 6 最大8. 0 最大10. ただ、 GEMFOREXよりも重要指標発表の影響を受けてスプレッドが拡大します。 8pipsと落ち着いていますが、それ以外の時間帯は規則的に4. 5pipsまで拡大するので注意してください。 3〜1. 0 最大7. 7 最大5. 3 最大1. 1〜0. 6 最大8. 0 最大8. 0 最大4. 1〜1. 2 最大8. 0 最大8. 0 最大7. 0〜0. 5 最大4. 1 最大4. 5 最大1. 2〜3. 7 最大9. 4 最大7. 9 最大7. 0pipsを超えないように調整されているように見受けられます。 平常時も安定しているので、スプレッドに関しては比較的安心できますが、前述の通り 取引手数料がメジャー通貨ペア往復6ドル、その他通貨ペア往復8ドルと高めなため、トータルするとトントンといったところでしょうか。 0〜0. 6 最大12. 7 最大7. 8 最大2. 2〜1. 0 最大18. 1 最大18. 1 最大4. 6〜2. 0 最大30. 0 最大30. 0 最大9. 0〜0. 6 最大13. 9 最大10. 4 最大2. 0〜1. 2 最大6. 4 最大4. 8 最大4. 平常時の動きは一般的です。 2〜0. 6 最大10. 9 最大8. 2 最大1. 1〜0. 9 最大19. 9 最大14. 7 最大5. 5〜2. 1 最大19. 5 最大20. 0 最大12. 0〜0. 4 最大5. 7 最大5. 7 最大1. 平常時は安定していますが、どの通貨ペアも早朝・窓空け・重要指標発表時にはお決まりのようにスプレッドが拡大します。 変動幅は、全11社の中では比較的狭いのですが毎回不規則です。 1〜1. 5 最大10. 7 最大6. 0 最大3. 1〜2. 0 最大15. 4 最大13. 5 最大14. 1〜2. 0 最大24. 0 最大24. 5 最大13. 1〜1. 3 最大7. 2 最大5. 7 最大2. まず、Land-FXは、 平常時にマイナススプレッドが計測できた唯一の業者です。 しかし、 他社よりもその変動幅が非常に大きく、常に規則的に動きます。 また、毎回ではありませんが、他社が重要指標発表時に大きくスプレッドを拡大させても、 Land-FXは平常時のスプレッドを維持できているポイントがいくつかあるのも特徴です。 2〜0. 5 最大12. 8 最大7. 9 最大2. 2〜1. 0 最大19. 9 最大18. 0 最大5. 2〜1. 0 最大56. 0 最大56. 0 最大9. 2〜0. 6 最大14. 0 最大10. 20 最大3. 0〜20. 0 最大22. 0 最大24. 0 最大24. 0〜50. 0 最大70. 0 最大70. 0 最大70. 3〜1. 8 最大8. 3 最大6. 7 最大2. 9〜2. 5 最大13. 1 最大10. 8 最大6. 5〜4. 2 最大22. 5 最大31. 0 最大12. 5〜1. 8 最大8. 5 最大8. 5 最大3. ただし、 早朝・窓空け・重要指標発表時のスプレッドの開きは、他社のECN口座と同じような動きをします。 毎回、取引手数料を支払う必要はありませんが、スプレッドが広い分だけ、ポジションを持った際に損益がマイナスからプラスに転じるまでの値幅も広いのが特徴です。 そのため、取引回数の多い短期売買では、利幅を狭く設定すると取引手数料無料のメリットがあまりないのですが、利幅を広く設定していればコストの面で有利となります。 このように、業者によってさまざまな口座タイプがあるため、もしECNにこだわらない場合は、FXProのようなSTP方式の口座を選択するのも良いでしょう。 2 0. 2 0. 9 0. 1 なし なし AXIORY 平均 0. 4 0. 2 4. 5 0. 3 6. 4 7. 5 Tradeview 現在 0. 3 1. 3 非公開 0. 5 なし なし HotForex 最小 0〜 0〜 0〜 0〜 0〜 なし Titan FX 平均 0. 33 0. 74 1. 45 0. 2 0. 44 なし FBS 最小 -1〜 -1〜 -1〜 -1〜 なし なし Land-FX 現在 0. 2 0. 3 0. 6 0. 2 なし なし IronFX 不明 0. 2 0. 4 0. 2 0. 2 20 19 FxPro 不明 非公開 非公開 非公開 非公開 なし なし GEMFOREX 平均 0. 3 1. 0 1. 3 0. 3 2. 7 なし is6com 平均 0. 8 1. 1 1. 5 0. 7 1. 多くの業者の公式サイトでは、レート一覧と一緒にスプレッドも表示されています。 しかし、 この公表スプレッドの数値は、あまりアテになりません。 業者によって平均値、現在値、最小値、最大値のうち、何を公表しているかが違うからです。 また、非公開の通貨ペアもあります。 特に、 平均値にはトリックがあるので注意してください。 集計期間をちょっと変えるだけで、いくらでも狭く見せることが可能だからです。 例えば、AXIORYなどは、最大値・最小値・平均値・現在値を全て公表しているのですが、平均値は集計期間が長いためか他社よりもかなり広い数値となっています。 そのため、平均値も他社との比較には使えません。 現在値を同時に見ればいいのでは?と考えることもできますが、 更新のタイミングはバラバラです。 デモ口座もスプレッドは実際の本番口座とは違います。 そのため、今回のように実際に口座開設をして同じタイミングで計測しなければ、業者のスプレッドを正しく比較することはできないんですね。 ぜひ、今回の結果をもとにFX業者選びをしてみてください。

次の