トール エクスプレス ジャパン 追跡。 【労評トール労組】トールエクスプレスジャパン残業代裁判 高裁判決は延期!!

3/20 トールエクスプレスジャパン裁判いよいよ判決! 運輸業界の「いくら残業しても稼げない仕組み」に司法の判断が下る!

トール エクスプレス ジャパン 追跡

トールエクスプレスジャパンの追跡状況を調べるにあたっては会員専用の「お客様専用サイト」が用意してありますので、そちらにてユーザーIDとパスワードを入力することで追跡番号を入れずとも簡単に調べることが可能になっています。 公式ホームページの向かって右側の上方に「お客様専用サイト」の項目が存在するため、そちらをクリックすることで専用サイトにてお荷物の追跡状況を知ることができるようになっています。 トールエクスプレスジャパンの「お客様専用サイト」のほうでは、パスワードも初期設定がユーザーIDと同じになっていますので、ユーザーIDをそのままパスワード欄に入力することで初期設定の状態では簡単にアクセスすることが可能になっています。 tollexpressjapan. do となっています。 トールエクスプレスジャパンではお荷物の発送時に追跡番号が発行されます なお、お荷物の配送の依頼を行ううえでは、出荷時にお客様出荷番号が発行されるため、そのお客様出荷番号(伝票番号)を控えておくようにしておきましょう。 お客様出荷番号がそのまま追跡番号としても使えるため、現在の荷物の発送状況をそちらの番号にてリアルタイムで確認することもできるようになっているのです。 スポンサー リンク もちろん発送したのに追跡番号がわからなくなってしまった、忘れてしまったり紛失してしまったという場合には最寄りのにお電話などでお問い合わせすることで知ることもできるようになっています。 トールエクスプレスジャパンではお問い合わせ番号とお荷物の追跡番号は一緒の扱い(呼び方)として位置付けられています。 トールエクスプレスジャパンのお問い合わせ番号の入力方法 トールエクスプレスジャパンでは、出荷した荷物の現在の状況を把握したい場合には、お問い合わせ番号でアクセスを行うことで可能となっています。 公式サイトの右上方に「貨物照会」の項目が存在するため、それをクリックすることで一般貨物照会ページに遷移します。 一般貨物照会ページではお問い合わせ番号を入力することができるため、そこに入力を行い下の方に存在する検索ボタンを押下で現在の荷物の状態を知ることもできます。 一度に10件までのお荷物(貨物)の状態をまとめて調べることができるため忙しい時にもこちらのページをブックマークなどしておけばいつでも便利に使うことができます。 入力方法は番号をハイフンなしのまま、そのままの状態で行うだけですので操作も簡単なものとなっています。 他にお荷物の状態を調べる方法としては、さきほど紹介したも存在していますが、そちらにてユーザーIDを初期のパスワードとして利用して入力することでアクセスを行い簡易的に調べることも可能になっています。 ユーザーIDはハイフンの前に1を入力し、これは固定となりその後にお問い合わせ番号、パスワードもそのまま入力します。 ちなみに桁数は8~9桁で表現されることも多く、それで荷物の追跡から運賃の照会まで行うことが可能です。 専用サイトの詳しいご利用方法に関してはこちらを参考にしていただけます。 営業所は別の呼び方としてカスタマーセンターとも呼ばれていますが、支店名、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号が記載されていますし、営業所へのアクセスも拡大地図のGoogleMapにて表示できるようになっていますので必要に応じて活用していくようにしていきましょう。 もちろん追跡番号が分からなくなったり、再配達の依頼時にお電話などでお願いしたり、ユーザー情報の変更時などにも必要に応じて営業所のオペレーターにたずねてみるような使い方をしていくのもいいでしょう。

次の

会社情報[会社概要]

トール エクスプレス ジャパン 追跡

トールエクスプレスジャパン株式会社 Toll Express Japan Co. , Ltd. 略称 TXJ 本社所在地 〒541-0053 本町3-4-8 東京建物本町ビル7F 本店所在地 〒567-0051 大阪府宿久庄2-10-2 設立 (平成14年)(新法人として) 事業内容 貨物自動車運送事業 貨物利用運送事業 倉庫業 他 代表者 代表取締役 山本龍太郎 資本金 1000万円 売上高 544億5200万円(2019年03月31日時点) 営業利益 22億5200万円(2019年03月31日時点) 経常利益 23億4600万円(2019年03月31日時点) 純利益 21億6300万円(2019年03月31日時点) 総資産 331億6400万円(2019年03月31日時点) 従業員数 単体3889名 2019年3月31日現在 主要株主 外部リンク トールエクスプレスジャパン株式会社(: Toll Express Japan Co. , Ltd. )は、に本社を置く、グループの会社である。 旧社名 フットワークエクスプレス株式会社。 トールエクスプレスジャパンの車輌の例(UDトラックス・クオン) 創業。 に姫路・大阪 - 東京間に日本初の定期路線便を運行させるなど、長距離路線業界(現事業)の草分け的存在。 旧社名 日本運送(Nippon Unso)時代に黄金期を築き、と並び業界に君臨した。 に フットワークエクスプレスに社名変更、キャッチフレーズも「手から手へ、愛のメッセンジャー。 」とし、事業多角化と国際化を進める。 に倒産、民事再生法申請。 に会社更生法に切り替え、に更生計画認可決定。 が74%出資する子会社オー・エス・エルに主要事業を譲渡して、同社を新「フットワークエクスプレス」に社名変更、オリックス主導の下で再建を図っていたが 、に豪物流大手の完全子会社となり、に トールエクスプレスジャパンに社名変更した。 に、親会社のトール・ホールディングスがに買収されたことにより、グループ入りした。 沿革 [ ] フットワークエクスプレス時代の塗装(いすゞ・エルフ)• 10月 - 東播運輸株式会社として設立。 9月 - 社名を日本運送株式会社に変更。 - 全日本流通株式会社を設立し、事業を開始。 - 社名をフットワークエクスプレス株式会社に変更。 - 貨物運送事業の一部を分割し地域子会社を設立。 - 経営破綻に伴いを申請。 - の子会社として株式会社オー・エス・エル設立。 - 株式会社オー・エス・エルに営業譲渡し同社名をフットワークエクスプレス株式会社(2代目)に変更。 営業の一部は旧社に残され、フットワーク物流株式会社に社名変更。 - をグループ化。 - 地域運送グループ会社7社を統合。 上海フットワークサプライチェーン有限公司 営業開始。 - 物流最大手のの完全子会社となる。 3月 - 社名をトールエクスプレスジャパン株式会社に変更。 4月 - 九州産交運輸から特別積み合せ貨物運送事業を譲受。 5月 - 九州産交運輸の全株式をへ譲渡。 5月 - トール・ホールディングスがに買収されたことにより、同社のグループ会社となる。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 『LOGISTICS TODAY』2015年5月26日付。 『LOGI-BIZ』2004年4月号• 『LOGI-BIZ』2004年4月号• LNEWS. 2004年11月28日. ロイター. 2009年10月13日. LNEWS. 2012年4月4日. LNEWS. 2014年1月15日. 九州産交運輸株式会社. 2014年5月13日閲覧。 LNEWS. 2014年3月19日. LNEWS. 2014年5月1日. LNEWS. 2015年2月18日. LNEWS. 2015年5月29日. 日刊工業新聞. 2015年5月29日. 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

トールエクスプレスジャパン追跡番号、お問い合わせ、営業所一覧!

トール エクスプレス ジャパン 追跡

質問者へ。 質問者は、運輸業界で働いている方なのでしょうか? 福山通運・トールエクスプレスジャパンは、同じ「特別積合せ自動車運送事業者(一般的に略して特積み事業者)」であり、福山通運グループとしては特積み事業以外にも、一般貨物の輸送・倉庫運営・航空輸送などの総合物流事業者であります。 トールエクスプレスジャパンは、旧フットワークエクスプレスであり、現在はオーストラリアに本社があり、世界各地に拠点をもつトールグループの日本企業として、特積み事業などを中心にした総合物流事業者です。 質問者が、そもそも質問として聞きたい部分というのが質問内容では察するのが微妙でありますが、売上規模で言えば、トールグループは世界に拠点をある物流総合企業なので、福山通運グループよりも売上としても規模が上ですが、トールエクスプレスジャパンとしてならば、吸収を拠点にしているグループ会社の九州産交運輸と合わせても、福山通運グループの連結決算よりも半分以下です。 いずれにしても、質問者の質問内容に乏しさがあり、回答する側としてどのような意見をすれば、質問者側の理解を得るのかが非常に難しいので、補足があればそれに意見を出来るようにはします。 対応が遅くなりまして申し訳ないですが、質問者の働いている会社で取引しているのが、福山通運とトールエクスプレスジャパンということですね。 福山通運は、グループ会社も含めて全国展開ということもあり、また基本的にパレット出しの荷物は受けるのは事業所によっては受けたがらないですね。 また、福山通運の方針として、小口のロット物を中心に、運賃もできる限り運賃を高めに取るようにとされています。 トールエクスプレスジャパンも、以前のフットワークエクスプレス時代よりかは運賃に関して、路線運賃に対しての燃料サーチャージをもらうようにしていたり、容積に対しての運賃収受を適正になど、いろいろうるさくはなっていますが、福山通運ほどの細かさはありません。 それは、トールエクスプレスジャパンの場合は、関東~九州がメインであり、北海道・東北・甲信越・北陸・山陰・四国の一部などは提携の特積み系運輸会社との連絡中継なので、福山通運のような全国展開をしていないなどのネットワークの弱みと、そこまでの営業の強さはありません。 あと、質問者が働いている会社が、福山通運とトールエクスプレスジャパンとのどのような路線運賃の契約をしているのかは解りませんが、いずれにしても路線運賃の契約の内容と、今までの出荷担当者などがいたら、その方などに今までの出荷体制を聞いたりする必要があります。 その辺は、当方が意見をしようがないところですので、会社の方に相談する必要があります。 そもそも、質問者のようによくわからない状態で、会社側の方にもよくわかっていない人によく投げるなと思います。 わかっているはずと思っているのでしょうけど、よくわかっていないのですから、その辺はきちんと聞く必要があり、また、質問者もその辺をよく理解する必要があります。 誰だって、最初はわからないことがあるのが当たり前であり、自分でその辺はよく特積み系運輸会社の運賃体系や、取引している運輸会社の実態や、取引している支店の路線の運行体制・集配担当地区くらいなど把握しておいてもいいと思います。 いずれにしても、当方が意見できるのはこのあたりまでですので、あとは質問者次第です。

次の