もつ 煮 レシピ 圧力 鍋。 圧力鍋でつくる居酒屋風のモツ煮込みレシピ

こっくりモツ煮込み by藤井恵さんの料理レシピ

もつ 煮 レシピ 圧力 鍋

電気圧力鍋で作るとろっとろ牛すじ煮込み 材料:2人分 牛すじ 200g ・長ネギ 1本分 ・しょうが 1片 大根 100g にんじん 1/3本(50g) こんにゃく 小1枚(約130g) しょうが 1片 【A】 ・水 100ml ・しょうゆ 大さじ1と1/2 ・砂糖 大さじ1/2 ・酒 大さじ2 ・味噌 大さじ1 長ねぎ(小口切り) 適量 作り方 1.内がまに牛すじ、長ネギの青い部分、生姜の薄切り、かぶるくらいの水を入れ、本体にセットしタイマーを30分かける。 2.浮き圧力弁が下がったら牛すじをザルに上げて水洗いし、一口大に切る。 内がまも綺麗に洗う。 リアルな写真の方が分かりやすいかと思いまして。 加熱後は、これくらいアクが出ます。 2.大根、にんじんは7~8㎜厚さのいちょう切り又は半月切り、こんにゃくは一口大に手でちぎり、さっと茹でておく。 しょうがは薄切りにする。 4.内がまに3、2を入れて合わせたAを入れてよく混ぜ、8分加圧する。 浮き圧力弁が下がったらさらに30分以上保温しておく。 使用している電気圧力鍋は、アルファックスコイズミのリブセトラ1.2Lの電気圧力鍋です。

次の

もつ煮込み◇圧力鍋で柔らか◇ レシピ・作り方 by mamichin555|楽天レシピ

もつ 煮 レシピ 圧力 鍋

豚の角煮を圧力鍋で作るこつ 豚の角煮を本格的に作るとなると何時間もかかります。 例えば代表的な作り方は、ざっくり書くと以下のような工程に。 焼き目をつけた肉をたっぷりのお湯で下茹で。 1-2時間。 味付けした煮汁に茹で上がった肉を入れ、落し蓋をしてさらに1時間~2時間煮る。 これだけですでに3時間以上ですよね。 ことこと火がついたままの鍋につきあわなくてはいけないと考えると・・・・ちょっとそこまで見張っていられないというのが現実ではないでしょうか。 でも、圧力鍋を正しく使えば、やわらかく美味しい豚の角煮ができてしまうんです。 圧力鍋は使いこなせばとても便利で、我が家ではカレーを煮込むときに(ルーを入れるまでの全工程)を圧力鍋で行います。 肉もにんじんも、30分でまるで何時間もぐつぐつして煮ておいたかのようなやわらかさになります。 ところが、豚の角煮の場合、同じ結果を期待するとなんだか固いパサパサのものが出来上がってしまう。 これには非常にがっかりしますよね。 固くなってしまう主な原因は、実は意外なものにあるかも知れません。 スポンサードリンク 豚の角煮を圧力鍋で作ったら固くなってしまう原因とは 意外な失敗の原因は、塩や醤油などの塩分を最初から入れてしまうことです。 調味料を入れて放置するだけでお肉がやわらかくなると思っていると、なんだかぼそぼそした美味しくない煮物ができあがってしまいます。 また、圧力鍋でも大量のお肉を20分でやわらかくするのは無理なときがあります。 調理時間が短すぎた、というのも肉が固い原因のひとつですので、塩や醤油が原因でない場合は、調理時間をいつもより長くしてみましょう。 豚の角煮が圧力鍋でも簡単に美味しく作れる茹で方と調味料 圧力鍋でも手を抜けない工程があります。 ひとつ目は味の封じ込め。 豚ばら肉かたまりを買ってきたら、まず一口大(大きめ)に切って小麦粉か片栗粉をまんべんなくまぶし、たっぷりの油をフライパンに熱して6面すべてを焼いて旨みを封じ込めます。 ここからが圧力鍋の出番です。 たっぷり目の水に長ネギやしょうがの薄切りを入れ、その中に豚肉を投入して、圧力をかける。 水のかわりにお米のとぎ汁にするとなおよいです。 豚肉の量にもよるけれど30-40分ほど見ておくとよいですね。 自然に冷めるまで放置しておく。 この時点ですでに肉は柔らかくなっているはずで、あとは味付けをして煮詰めていきます。 手を抜けない工程のふたつめは、煮詰める作業です。 別の鍋に調味料を用意し、荒熱のとれた豚肉をいれ煮詰めていきます。 このとき決して強火では調理しません。 落し蓋(アルミに穴を開けたもの)を必ず使って、弱火でコトコトと煮詰めていく。 味付けは煮詰めるほど味が濃くなりますので、最初は薄めスタートにしておくのがこつ。 最後とんでもなくしょっぱくなってしまうというミスを筆者は経験しています。

次の

トロトロ濃厚な「もつ煮込み」を家で作ってみよう! モツの下処理の時短ワザも必見【おつまみレシピ】

もつ 煮 レシピ 圧力 鍋

モツは、塩少々を入れたたっぷりの熱湯で5〜6分ゆで、湯をきって水で洗う。 煮汁のねぎの青い部分はぶつ切りに、にんにくはたたいてつぶし、ほかの材料とともに鍋に入れ、モツを加えて火にかける。 煮立ったらを除いてにし、約1時間煮る。 モツは、味つけする前に、香味野菜と一緒にじっくり煮ると臭みが消え、やわらかくなる。 ごぼうは1〜1. 5cm厚さのにする。 にんじんは1〜1. 5cm厚さのにする。 こんにゃくは1. 5cm角に切り、熱湯でさっとゆでる。 2の鍋に3と、足りなければかぶるくらいの水を加え、野菜がやわらかくなるまで約30分煮る。 合わせ調味料の半量を加えて15分、残りを加えてさらに10分煮る。 みそなどの調味料は2回に分けて加えるとしっかり味がしみて、風味もよくなる。 また黒砂糖で甘みをつけると、グッとコクが増す。 器に盛ってねぎをのせる。 好みで七味とうがらしをふって。 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。 切り方 細切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 乱切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 ささがき(1) 縦に長い切り込みを、5mmくらいの間隔で外側全周に入れます。 ささがき(2) まな板の上でごぼうを回しながら、皮むき器で削っていきます。 薄くすんなりとした笹 ささ の葉の形に仕上げるのが理想的です。 斜め薄切り 斜めに包丁を入れて1〜2mm厚さに薄く切ります。 斜めの角度は、仕上げたい形によって調節して。 たたきごぼう 鍋に合わせた長さに切って、3〜10分、ごぼうの太さや、かたさの好みなどで加減してゆで、やわらかくしてからすりこ木などでたたきます。 こうすると繊維が切れて食べやすくなると同時に、味がしみこみやすくなります。 切ったら水につける アクが強く、空気に触れると変色しやすいので、切ったそばから水につけてアクを抜きます。 長くつけすぎると逆にアクが戻ったり、香りが抜けるので、5分ほどつけたらざるに上げます。 切り方 輪切り 横にして小口から厚さをそろえて切れば、輪切りに。 厚さは、料理に合わせて調節を。 いちょう切り(1) 作りたい分量の長さに切り、縦四つ割りにします。 いちょう切り(2) 四つ割りにしたうちの2本を、切り口を下にして置き、端から薄切りにします。 厚さを揃えて切ると、火の通りが均一に。 せん切り(1) 皮をむき、斜め薄切りにします。 せん切り(2) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 せん切り(3) 縦薄切りにしてからせん切りにしても。 この場合、4〜5cm長さに切ったら、縦に薄切りにします。 このとき、端を1枚切ったら、その切った面を下にして置くと、安定して切りやすくなります。 せん切り(4) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 短冊切り(1) 4〜5cm長さに切ったら、縦に1cm厚さに切ります。 短冊切り(2) 端から薄切りにします。 あられ切り(1) さいの目切り(約1cm角)よりさらに細かく、約5mm角に切る角切り。 4〜5cm長さに切ったら、5mm厚さの薄切りにします。 あられ切り(2) これを5mm角の細切りにしたら、端から5mm幅に切って、立方体にします。 ねじ梅 野菜を花の形に切る「花形切り」の一つで、立体感のある梅の花の形にしたもの。 煮ものなどに。 ねじ梅(1) にんじんは皮をむいてから7〜8mm厚さの輪切りにし、花形の抜き型を使って、抜きます。 ねじ梅(2) 花びらの境目5カ所全部から中心に向かって、包丁の刃元を使って2〜3mm深さの切り込みを入れます。 ねじ梅(3) 花びらの中心から、左側の境目の切れ込みに向かって、包丁の刃元を斜め下向きに進め、薄くそぎ落とします。 これを花びらごとに繰り返します。

次の