葬儀 お布施 金額。 お布施の相場とは?葬式・法事の相場や宗派別の違いを解説

お布施に使う袋はどれを選ぶ?お布施の書き方や入れ方を解説!

葬儀 お布施 金額

この金額は一日分ではなく、お通夜〜葬儀告別式までのすべての読経料を含みます。 但し、普段のお寺との付き合い(菩提寺として毎年寄付をしている等など、事情により金額が変わります)や、地域により金額が異なります。 また、上限はありませんので、故人がお世話になったりお寺との親交が深かったりなどの理由で多くお渡しすることもあります。 一般的なお布施の金額の目安ですが、心配な場合には予約をする際にお寺に料金を確認してください。 ・ 最近は戒名料も含めた形でお布施を支払うこともあります。 お寺にお渡しする際に「おかげさまで無事に葬儀が済みました。 ありがとうございました。 これはお礼でございます。 戒名料も含みます」と申し添えるとわかりやすいと思います。 戒名料を加えてお渡しする場合には、下記のようになります。 戒名料は、名前のランクにより異なります。 また逆に、最近は費用の透明化がすすんだおかげで以前と比較すると格安で受けるところも増えてきました。 戒名も宗派によって異なります。 日蓮宗では女性には妙の字、男性には日や法の字が使われます。 また、浄土真宗では女性には釈尼、男性には釈の文字が使われ、戒名ではなく法名と呼びます。 お布施の金額は5万円程度からです。 一般的なお布施の金額の目安ですが、心配な場合には法要の予約をする際にお寺に料金を確認してください。 自宅その他の会場で法要を行う場合「お車代」の金額はどのくらい? ・車やバイクなど、僧侶自身の運転でおこしいただいた場合、5,000円〜10,000円くらいをお車代として包みます。 送迎タクシーを施主が手配し、タクシー会社へ実費を支払うこともあります。 御膳料の金額はどのくらいを包む?(御膳料の金額の相場は) ・地方によって、また、法要の会場によっても異なりますが御膳料としては5,000円〜20,000円くらいです。 この場合、お布施の封筒は、二重になっているものは使わないようにします。 (「不幸ごとが重なる」といわれます。 二重封筒は避けた方が良いでしょう。 ) 郵便番号の欄の無いものを選んでください。 ・ 表書きは「御布施」「お布施」「御経料」などです。 ・薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。 ・本来は半紙の中包みに入れて、奉書紙で包むのが最も正式な形です。 のし袋は用いません。

次の

お布施】相場・金額・お布施とは・封筒・葬式・49日・法要・法事・渡し方

葬儀 お布施 金額

一般的な葬儀・葬式に必要なお金として、葬儀一式の費用や、飲食・接待にかかる費用がありますが、もう一つ必要なものとして、 お寺(僧侶・お坊さん)に渡すお布施も忘れてはいけません。 特に、 では必ず出ていくお金といえます。 菩提寺をお持ちであれば、そのお寺の住職に読経をお願いすることになりますし、菩提寺がない方であっても、葬儀社などで を使い、お寺(僧侶・お坊さん)を紹介してもらって通夜・葬儀での読経を依頼する場合が多いかと思われます。 そんな時、来てもらった 僧侶にどれだけの金額を包めば良いのか分からない……という悩みを持つ方も多いようです。 僧侶(お坊さん)によっては、直接訊ねることで妥当な金額を教えてくれる方もいますが、そこはなかなか聞きづらいもの。 また、お布施はよく「お気持ちで」とも言われますが、必ず相場というものは存在しており、 関東と関西といった地域差はあれどそれぞれ相場があるものです。 相場を知ることは、葬儀・葬式の不安を取り除くことにもなります。 ここでは、通常いくらぐらいのお布施を包むものなのか、一般的な相場について紹介します。 地域差がある?関東と関西で異なるお布施の平均額 葬儀・葬式を行う上では、多くの場合、お寺の僧侶(お坊さん)にお布施を包んでお渡しする必要が出てきます。 一般的な葬儀のお布施であれば、15万円から50万円の範囲でお布施を包むことになる場合が多いですが、地域性やお寺との関係性によってお布施の金額は変わってきます。 関東と関西といった地方別で見たときにも、お布施の相場には違いがあります。 例えば、一人のお坊さんに通夜、葬儀・告別式という形で2日間の読経を依頼する場合、関東圏内なら20万円から35万円が相場と言われていますが、関西圏内の場合、20万円前後のお布施を包むことが多いです。 いくら渡せば良いのか困った……という場合は、 その地域の葬儀に精通した葬儀社や、「」など専門のサービスを行っているところに相談するのがおすすめです。 お布施の金額、僧侶(お坊さん)に直接聞いても大丈夫!? お布施を渡す相手である僧侶(お坊さん)に対して、 お布施をいくら包めば良いのか訊ねるのは失礼に値すると思われがちですが、実際そんなことはありません。 一般的な相場を知っていても、お布施の金額は地域性やお寺との関係性、宗旨・宗派などによっても変わってくるものですし、読経をしてもらった感謝の気持ちをお布施に上乗せして渡したいときなど、直接お坊さんに訊ねたほうが良い場合もあります。 しかし、僧侶(お坊さん)にお布施の金額を訊ねたときに、「お布施は気持ちで構わない」と言われることもまだまだ多いのが現状です。 そういうときは、過去に葬儀の読経を頼んだことのある親族などに、いくら包んだのかお布施の目安を聞いてみましょう。 それでおおよその金額は把握できるはずです。 知っておいて損はない!お布施の正しい渡し方 葬儀費用は葬儀社に支払いますが、読経のお布施は、直接、来ていただいた僧侶(お坊さん)に渡します。 お布施を渡すタイミングとしては、基本的に、 葬儀・葬式の始まる前に挨拶するときか、あるいは 葬儀後にお礼の挨拶をするときのどちらかで渡します。 このとき気を付けておきたいこととして、「お布施は直接、手で渡すことはしない」というものがあります。 渡し方としては「小さな盆の上にお布施を乗せてから渡す」方法と、「 の上にお布施を置いてから、僧侶(お坊さん)に渡す」という2つの方法があります。 葬儀・葬式の前に挨拶する際に「本日はよろしくお願いします」と一言添えたり、葬儀後のお礼の際に「本日、故人の葬儀のために供養していただきまして、ありがとうございます」などと一言添えた上でお渡しするのが自然で良いとされています。 葬儀前と葬儀後では添える一言に違いがあるので、そこは注意しましょう。 【関連記事】• 日本最大級の葬儀ポータルサイト「 」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。 お電話での問い合わせも 24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。 また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

お布施はいくら包む?葬儀や法事で僧侶に渡すお布施の金額相場

葬儀 お布施 金額

お布施に定価はない お布施とは、仏式の葬儀や法事で読経などの供養をしてくれる僧侶に渡すお金のことで、葬儀社への支払いとは別にかかるものです。 仏教で「布施」とは施しを与えることを意味しており、ご本尊へ供えるという宗教的な性格を持っています。 ですから本来はできる範囲での志を包むものであり、定価は存在しません。 目安額を確認 できる範囲でと言われても、目安になる額は知りたいものです。 菩提寺へのお布施なら、檀家総代の方に聞くのも一つの方法ですが、あまり付き合いがなくて聞きづらければ、寺に直接問い合わせても問題はありません。 とはいえ「お気持ちで」と言われることも多いでしょう。 その場合は「初めてのことで全く分かりませんので、失礼かと存じますが他の方がどれくらい包まれているのか教えていただけると大変助かります」と、聞いてみるとよいでしょう。 どちらの場合も、通夜・葬儀での読経や供養だけなのか、戒名(浄土真宗では法名)まで含まれるのかは確認しておいたほうがいいでしょう。 通夜・葬儀は15万円〜50万円の心づもりで お布施は葬儀、法事・法要のほかに納骨式(3万円前後)やお盆(5000円〜1万円前後)に僧侶に来ていただく時にも渡します。 お布施を渡すタイミングや渡し方は下記の通りです。 タイミング 通夜・葬儀の場合 葬儀社ではなく、僧侶に直接渡します。 通夜が始まる前、葬儀が始まる前に僧侶に挨拶する時がよいでしょう。 もしくは終わった後の挨拶時でも構いません。 法事・法要の場合 事前にお寺に持参するのが最も丁寧ですが、今は当日渡すことがほとんどです。 法事・法要が始まる前の挨拶の時か、終わった後に渡します。 渡し方 手渡ししたり、直接床に置いたりせず、小さなお盆(切手盆、祝儀盆などの黒いお盆か、ない場合は普通のお盆)にのせて渡します。 お盆は葬儀社で借りられることもありますが、なければ袱紗に包み、渡す時に取り出して袱紗の上にのせて渡します。 表書き 薄墨でなく、黒墨で「御布施」「お布施」とし、下に施主の名前を書きます。 お札は半紙の中包みに入れ、奉書紙で包むのが正式ですが、封筒でも大丈夫です。 封筒なら、白無地で一重のものを用意します。 キリスト教式、神式にも「お布施」がある キリスト教式や神式にも「お布施」にあたるものはあります。 キリスト教式の場合は、葬儀を執り行う教会に確認することをおすすめします。 目安としては前夜式・葬儀の2日間でトータル10〜20万円程度と考えておけばよいでしょう。 神式の場合も、神職に確認することをおすすめしますが、斎主(神職)一人ではなく、副斎主、楽員など複数での葬儀になる場合もあるので、その際は、斎主に10万円前後、斎主以外に3〜5万円前後を用意します。 表書き キリスト教式 教会へは「献金」、神父や牧師には「謝礼」または「御礼」。 オルガン奏者には「謝礼」または「御礼」。 神式 御祈祷料」「御祭祀料」など。 どちらも白い封筒に入れます。 渡し方 キリスト教式 特に決まりはありませんが、前夜式や葬儀が始まる前、もしくは終わってから挨拶をする時に、渡します。 神式 通夜式や葬場祭が始まる前、もしくは終わってから挨拶をする時に、渡します。

次の