足 の 裏 指 の 付け根 痛い。 足の親指の付け根が痛い原因は何?

足の親指の付け根が痛い、これは痛風か外反母趾か、見分け方と対処方法

足 の 裏 指 の 付け根 痛い

足の付け根にある股関節は、立つ・座る・歩くなど日常の動作で頻繁に動く部位であることから、体の中でも特に負担がかかりやすく、痛みが出ることが多くあります。 最近、歩く時や座って足を組むときなどに足の付け根に痛みを感じるようになった• 急に足の付け根が痛くなった…気にせず過ごしていたら痛みが強くなってきた• 朝起きた時だけ足の付け根がこわばる感じがあったり痛みがでる このような場合に考えられる原因には、どのようなものがあるでしょうか。 足の付け根が痛い場合に考えられる病気 足の付け根に強い痛みが生じている、痛みが長く続いている、歩くのが難しい場合には、何らかの病気が原因となっていることがあります。 骨や関節・筋肉などの病気 足の付け根に痛みが現れる病気の多くが骨や関節、筋肉に関連しています。 変形性股関節症 とは、股関節の軟骨がすり減って関節が変形する病気のことをいいます。 初期には足の付け根やお尻、膝の上部にこわばりや重い感じを自覚し、主に立ち上がりや歩き始めといった動作で痛みを感じるようになります。 進行すると痛みが強くなることが多く、昼夜を問わず常に痛みが続くことも少なくありません。 日本では大部分は、小さい頃に先天性股関節(亜)があった方が、その影響で成人してからを発症するといわれています。 特発性大腿骨頭壊死症 特発性症とは、大腿骨頭の血流が悪くなり骨が壊死(骨組織が死んだ状態)してする病気です。 足の付け根に急に痛みが現れるのが一般的ですが、腰や膝、お尻の痛みから始まる場合もあります。 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症 腰椎 ようつい とは背骨の腰の部分を構成している5つの骨のことで、骨と骨の間に 椎間板 ついかんばん というクッションの役割を果たす軟骨があります。 この椎間板が何らかの原因によって正常の位置から外れて、後方の 脊髄 せきずい や神経根(脊髄からでる神経線維)を圧迫する病気のことをといいます。 になると、多くの場合、腰痛のほかにおしりから足にかけて痛みやしびれが現れます。 まれに尿が出にくくなる、便が出にくくなるが起こることもあります。 ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう とは、背骨の中にある脊髄が通る空間が狭くなる病気のことです。 腰痛や足の痛み・しびれなどが症状として現れますが、足の痛みやしびれは安静時にはまあまり感じず、立ったり歩いたりしたときに痛みが生じ、座って休むと症状が軽快する傾向にあります。 どちらの場合も、腰の神経が刺激されて足の付け根に痛みが出ることもよくあります。 この場合、足をねじったりあぐらをかいたりしても痛みは変化しません。 鼠径リンパ節炎 鼠径とは、ウイルスや細菌などによって足の付け根のリンパ節に炎症が起きる病気です。 足の付け根にズキズキとした痛みや腫れ、しこりが現れるのが一般的で、炎症が強いと熱を持つこともあります。 受診の目安とポイント 痛みが強い場合、軽い痛みでも続いている場合、歩行が難しい場合には、股関節や大腿骨の病気が疑われます。 このような症状があれば一度、整形外科への受診を考えましょう。 受診の際には、どのような時に痛むのか(歩く時に痛い・何もしなくても痛いなど)、いつ痛むことが多いか(朝・夜など)、股関節が動かしにくくなっているか、他にどのような症状があるかなど、分かる範囲で詳しく伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 足の付け根に痛みが現れるのは、病気が原因になっているだけでなく、や運動不足、血行不良といった生活習慣が関係していることもよくあります。 肥満 股関節は、体重を支えるために重要な役割を果たしており、歩行時に体重の約3倍、起立時に体重の約6〜7倍かかるといわれています。 体重が重くなると股関節への負荷が大きくなることから、体重が重いほど痛みが現れやすくなります。 正しいダイエットをするには 痩せるためには、食事の制限と運動の実施が基本となります。 極端な食事制限や偏った食事などで無理に体重を減らすと健康に害を及ぼす可能性がありますので、ダイエットがうまく行かない人は一度医師に相談してみるとよいでしょう。 運動不足 股関節の周囲には、腸骨筋や大腰筋、長内転筋といった筋肉があります。 運動不足などによって股関節周囲の筋力が低下すると股関節への負担が大きくなり、関節軟骨がすり減って摩擦が起きやすくなります。 そして、その摩擦が炎症を引き起こし痛みとして現れます。 運動不足を解消するには 痛みがあると運動をさらに控えてしまいがちですが、運動不足が原因であれば、運動して股関節周囲の筋力を鍛えることが重要となります。 ウォーキングやストレッチ、体操など、軽い運動から始めるのがよいでしょう。 ただし、痛みがあるときに運動すると、かえって痛みが強くなってしまう可能性があります。 痛みのないときに無理のない程度で行うようにしましょう。 冷え・血行不良 体が冷えると血管が収縮するなどして筋肉に老廃物が溜まり、筋肉が硬くなります。 硬くなった筋肉は血管を圧迫して血行不良になり、血行不良からますます筋肉が硬くなります。 股関節の周囲にはさまざまな筋肉がありますが、血行不良からその筋肉が硬くなって動きが鈍くなり、いつも以上に関節に負担がかかることで、関節に痛みが生じるとされています。 冷えや血行不良を防ぐには 日常生活で体を冷やさないようにする、体を温めるようにすることが大切です。 具体的な対策としては、冷房を控える、体が冷えやすい服装を控える、体を温める食べ物を摂取する、軽い運動を取り入れる、入浴するなどです。 冷えが原因だと感じる場合には、これらの対策を実施してみましょう。 良くならない時には 上で挙げた対処法を試してもよくならない場合、思わぬ原因が潜んでいる可能性もあります。 一度整形外科で相談してみましょう。

次の

足の付け根が痛い、原因不明でロキソプロフェンNaを処方

足 の 裏 指 の 付け根 痛い

菊池恭太(きくち・きょうた)さん。 下北沢病院医師(整形外科)=東京都世田谷区 Q どんな病気ですか。 A 足の中指と薬指の付け根部分の神経が刺激され、神経がこぶ状に膨らみ、歩くと周囲にひりひりとした感覚やしびれなどが生じます。 特に痛みを感じるのは足を踏み出すときで、女性に多く見られます。 Q 原因は。 A 普段の生活で足に繰り返し生じる負担が原因です。 例えば、ハイヒールなど足の前側への負担が大きい靴や、先細りの靴などをはいていると、足が圧迫されて神経が刺激されます。 中腰の作業やつま先立ちの姿勢が長く続く人もなりやすいです。 中高年の方が多いですが、20代や30代の患者もいます。 Q 治療法は。 A まずは保存療法が基本です。 医療機関で診断を受けて、自分に合ったインソールを作り、足にかかる負担を減らします。 炎症を抑えるためにステロイド注射もします。 量によりますが、1、2カ月に1回の注射を2、3回して様子を見て下さい。 保存療法によって半年以内に多くの人は改善が見られます。 Q 他には。 A 患部の負荷を減らすことが大切です。 ハイヒールは避け、かかとが低い靴や足底の衝撃吸収性が高いスニーカーなどを選ぶのがいいでしょう。 アキレス腱(けん)のストレッチもしてみて下さい。 Q 改善しない場合は。 A 手術する方法もあります。 痛みのある神経の近くの靱帯(じんたい)を切り、神経にかかる圧力を減らすものです。 また、神経にできたこぶが大きい場合は、取り除くという方法もあります。 もわっとした感覚が1、2年続きますが、取ってしまえば再発のおそれはありません。 回答は紙面に限ります。 【メール】 【郵便】 〒104・8011 朝日新聞科学医療部 【ファクス】 (東京)03・3542・3217 (大阪)06・6201・0249 <アピタル:どうしました・その他>.

次の

足の裏が痛い原因

足 の 裏 指 の 付け根 痛い

先日から、足の裏が痛い。 「この痛みはなんだろう」とネットで調べると「足底筋膜炎」という症状に近いことがわかった。 ただ、どんな症状なのかの説明が少なく、自分の足の裏の痛みが足底筋膜炎なのか確信を持つことが出来ない。 それでは、あなたの不安は消えないままですよね。 足底筋膜炎の症状は一言で言ってしまえば「足の裏が痛くなる症状」です。 しかし、自分と全く同じ足底筋膜炎の症状の方はいません。 一人一人痛みの起きる箇所や痛みが起きる動作が違うのです。 そのため、大まかな症状しかインターネットに載せることが出来ないのが現状です。 しかし、私たちは多くの足底筋膜炎の患者さんを見てくる中で一人一人痛みのポイントは違っても共通する7つのパターンがあることが分かりました。 今回は、足底筋膜炎の患者さんの90%以上が当てはまる足底筋膜炎の代表的な7つの症状を紹介します。 ぜひ、参考にして、その不安な気持ちを解消してください。 1.足底筋膜炎の代表的な7つの症状 これから紹介していく7つのパターンは、全て当てはまる方もいれば、1つしか当てはまらない方もいます。 ただ、1つでも当てはまれば足底筋膜炎の可能性があります。 もちろん当てはまる数が多いほど可能性は高くなります。 一つ一つ、確認していきましょう。 1.動きはじめの一歩目が痛い 足底筋膜炎の方に多く見られる症状の一つで「動きはじめの一歩目を踏み出した時」に足の裏に痛みが走ります。 朝起きて、布団から起き上がろうと一歩踏み込んだ瞬間に痛い• 立ち仕事だったり、バスや電車を待っているなど 立ちっぱなしで動いていなかった状態からの一歩目が痛い• デスクワークなどで座りっぱなしの状態から立ち上がった時、またはそこから踏み出した一歩目が痛い など、とにかく動き始めの一歩目にズキッと電気が走るような痛みがします。 痛いのでどんどん足を付くのが怖くなってきます。 そのため、足の裏にずっと意識を向けているので精神的にも疲れて来たり、イライラすることもあります。 2.歩く・走ると足の裏やかかとが痛くなってくる 普通にしている時はそこまで痛くないけど歩く、走るなど足の裏に衝撃がかかると痛みが出てくるのも足底筋膜炎の特徴の一つです。 また、痛い時と痛くない時の差が不規則でいつも歩くと痛いのに、今日は痛くない。 だけど、そも次の日は痛くなるなど、足の裏の痛みが出てきたり、なくなったりもします。 長時間歩くと痛みが起きたり、歩き終わったあとに痛みが起きる方もいます。 さらには、靴も関係してきます。 例えば、平らな靴をはくと痛みが起きる方や、ハイヒールなど硬い靴をはくと痛みが増す方も多いです。 そのため、柔らかい靴を履いてしまいがちですが、柔らかい靴はあまり良くないです。 3.足が地面に着く瞬間または、離れる瞬間が痛い 普通に歩いても痛くないが、階段から降りるときだけ痛い。 または、足が地面から離れるときだけが痛いという方もいます。 これの動きで痛みが出る場合は「足の指」が関係しているかも知れません。 痛みの確認の為に足の指を写真のようにそったり、伸ばしたりして見て下さい。 この動作で足の裏に痛みが出るのも足底筋膜炎の症状です。 4.ずっと立ちっぱなしでいると痛くなってくる 立ちっぱなしが一番痛い方もいます。 特にコンクリートのような固いところに長時間立つことが一番痛くてたまらないので、靴に中敷きを入れたり、靴下を厚くしたり、家の中でも柔らかいスリッパを履きたくなります。 どうしても痛くない方の足に体重をのせてしまう為、体が歪んでいる感じがしたり、痛くなかった方の足が痛みはじめたりすることもあります。 5.足の裏がしびれてくる感じがする 足を地面につけていなくても痛い方もいます。 例えば、寝ててもジンジンと痛かったり、足の裏が熱を持っているような感じがあるため氷などで冷したくなるのも足底筋膜炎の症状です。 6.常に足の裏や指の付け根に違和感を感じる 立っているとデコボコの砂利にずっと立っているような感じがしたり、裸足の状態でも靴の中に石がはいった時のように何かふみ続けているような感覚がある足底筋膜炎の方もいます。 7.足の裏を押すと痛い場所がある 指で足の裏を押して行くと痛みが強くなる場所があるのも足底筋膜炎の症状です。 また、床のコードを不意にふんでしまったときには激痛がはしるなど何かを踏んだ時に痛みが起きる人もいます。 7つの症状のまとめ• 動きはじめの一歩目が痛い• 歩く・走ると足の裏やかかとが痛くなってくる• 足が地面に着く瞬間または、離れる瞬間が痛い• ずっと立ちっぱなしでいると痛くなってくる• 足の裏がしびれてくる感じがする• 常に足の裏や指の付け根に違和感を感じる• 足の裏を押すと痛い場所がある 2. 足底筋膜炎でおもに痛くなる箇所 下の図は、足底筋膜炎の方が痛くなることが多い3つの箇所です。 出典: 痛みが起きるのは、主にこの3箇所ですがこの3箇所にかぎらず、足の裏が痛いとほとんどが足底筋膜炎と診断されます。 また、足底筋膜炎は、ある医師が足底筋膜炎と診断にもかかわらず、別の医師は足底筋膜炎と診断をしないこともあります。 医師によって診断が違うことで不安になる方もいます。 ただ、診断名があってもなくても「足の裏が痛い」という事実は変わりません。 その足の裏の痛みを治すために大切なのは、診断名ではなく痛みが起きている原因を知ることです。 では、なぜ、あなたの足の裏に痛みが起きたのでしょうか? 3.なぜ、足の裏が痛くなってしまったのか? 足底筋膜炎とは、読んで字のとおり「足の底の筋膜が炎症を起こしている」症状です。 足の裏には、さまざまな筋肉があって、その筋肉を包むように「足底筋膜」という膜に包まれています。 この図ですと緑の矢印が指しているところが足底筋膜です。 出典: その膜が炎症を起こしているので痛いのですが、「炎症」といってもお医者さんは実際に炎症が起こっているのを確認したわけではありません。 また、炎症であるならば少し休んでシップを貼っておけば治るはずです。 しかし、休んでいるのになかなか治らないのが現状です。 炎症というよりも、 「足の裏の筋肉の膜」が硬くなっている。 という方が正確かもしれません。 歩くとき、走るとき、足を地面に着けるときに、足裏の筋肉や筋膜がギューッと引きのばされます。 通常なら痛みませんが、足底筋膜炎の人は、硬くなって柔軟さを失った筋肉や筋膜が、強く引きのばされるので痛いのです。 痛みをなくすためには、足底の柔らかさを取り戻すことです。 さらに原因について詳しく知りたい方は、「 」をご覧ください。 足底筋膜炎を治すために原因を知っておくことは非常に有効です。 4.足底筋膜炎に最適な治療法 足底筋膜炎は、治らない症状では、ありません。 しかし、我慢を続けるのも治りづらくなってしまうので出来るだけ早く治療をおこなうことをおすすめします。 下記の記事で足底筋膜炎を完治させるための5ステップを紹介しています。 足底筋膜炎にどんな治療をすれば良いのかわからない方は参考にしてください。 「 」 5.足底筋膜炎以外の足の裏の痛み 自分の足の裏の痛みは、ここまで紹介してきた症状とは少し違うと感じる方は、足底筋膜炎以外の足の裏の痛みかも知れません。 例えばこれらも足の裏が痛む症状です。 モートン病 参考:『』• 痛風 参考:『』• 糖尿病による足の裏の痛み 参考:『』 もし、不安であれば一度病院で医師の診察を受けることをオススメします。 足底筋膜炎は、根本的な原因を改善することが出来る治療方法で治療を行えば早期に回復します。 この記事であなたの足底筋膜炎の改善に少しでも役立ち、痛みのない生活を取り戻していることを心より願っています。 ご予約の前に せっかく来院したのに「思っていたのとは違った」となってしまっては、お互いにとって良くありませんので「」にしっかりと目を通してから来院されることをオススメします。 予約方法 下の「近くのFMT整体を探す」をクリックして、最寄りの通いやすい院を選び、「ホームページを見たんですけど、予約をお願いします」と電話をしてください。 治療の予約を希望される方には、早めのご連絡をおすすめしています。 遠方で来院できない方へ 遠方で通えない方や仕事の都合などで頻繁に通えない方は「FMT整体の痛み回復理論に基づいて作られた足底筋膜炎セルフケアDVD」を使って、自分で足底筋膜炎のケアをすることもオススメしています。 詳しくは以下のボタンをクリックしてください。 命は生きている限りは必ず回復しようとします。 そんな不思議でかけがえのない命を生きていることに、周囲の人たちに支えられて生きていることに感謝してみてください。 きっと早くよくなります。 お大事にしてくださいね。

次の