カイジ ファイナル ゲーム 感想。 カイジファイナルゲームが面白い|ラスト結末とネタバレ感想も

カイジ ファイナルゲームのレビュー・感想・評価

カイジ ファイナル ゲーム 感想

ささやかながら『カイジ ファイナルゲーム』の結末に触れています。 実写映画『カイジ』を成立させていたのは、藤原竜也の「悪魔的」演技の過剰さにほかならない。 たしかに、それは一種の戯画であるのだが、まさに戯画であるからこそ本作は「カイジ」であったのだ。 シリーズの過去作品で主人公カイジを苦しめた 巨大企業「帝愛グループ」の存在も、恐ろしいほどに現実社会のカリカチュアであったし、そこに登場する会長の 兵藤や、幹部の 利根川といった悪党たちも、やはり笑ってしまうほど過剰なのである。 しかし、本作『カイジ ファイナルゲーム』に兵藤や利根川の姿は見られない。 それどころか、あれほどまでにカイジの敵として立ちはだかった帝愛グループの存在自体が、限りなく影をひそめているのだ。 もちろん、そこにどんな裏事情があったのかは知らない。 たしかに兵藤を演じた 佐藤慶はこの世を去ったのだし、利根川を演じた 香川照之もオファーを断る事情があったのかもしれない。 だが、何にせよ本作に帝愛グループが登場する余地はなかっただろう。 というのも、 そこで描かれるのは日本全土がすでに地下帝国(帝愛の労働施設)と化した未来であるからだ。 東京オリンピック後の不況によって、いたる場所に失業者があふれている日本。 黒崎(吉田鋼太郎)という男が経営する派遣会社は給料をピンハネし、廃れた街では 「バベルの塔」なる倫理を欠いたゲームが行われている。 前作から9年を隔てた『カイジ ファイナルゲーム』の世界で、もはや帝愛は主人公の敵として不適格なのである。 「ファイナルゲームの規則」を成立させているのは何か? こうして帝愛グループという過剰な悪が後景化した一方で、新たに登場したのが首相秘書官の 高倉だ。 そう、彼こそがカイジの新たな敵であり、いわば第二の利根川である。 しかし、実のところ高倉と利根川のあいだには大きな径庭が存在する。 しかも、その径庭は物語の致命的な弱点として、あわや『カイジ ファイナルゲーム』を瓦解させてしまいかねないのである。 それはいったいどういうことだろうか? 忘れてはならないのは、この『カイジ』という作品が徹頭徹尾「ゲーム」を主題としている点にある。 これまで、それは 「限定ジャンケン」であり 「Eカード」であり、巨大パチンコ 「沼」であったはずだ。 言うまでもなく、あらゆるゲームには規則が存在する。 これまで、ルールを無視してカイジが戦ったことなど一度もない。 そう、カイジはいつも規則に従ってきた。 従順なまでにルールに則り、しかしルールの隙間をつくようにして相手と戦ってきたのだ。 その相手はどうだろうか? シリーズ第一作『カイジ 人生逆転ゲーム』の 利根川(香川照之)はなるほど「Eカード」で卑劣なイカサマを用いていたし、第二作『カイジ 人生奪回ゲーム』の 一条(伊勢谷友介)は巨大パチンコ「沼」で不正を働いていた。 つまりカイジの宿敵である帝愛グループは、企業コンプライアンスを否定しているだけでなく、こうしたゲームの規則すらも否定しているのである。 だが、ここでひとつの疑問が浮かび上がる。 なぜゲームの規則を否定する利根川や一条は、カイジに暴力を振るわないのか。 彼らが法であるというのなら、敗北した腹いせになぜ手を上げようとしないのか。 すでにシリーズを観ている者なら分かるように、その理由は帝愛の会長である兵藤がいるからにほかならない。 利根川や一条にとっては兵藤こそが絶対的な法であり、彼らがゲームを行う上での見えない裁定者なのである。 つまり、悪の権化であるはずの兵藤がこれまでカイジをゲームの正式な勝者として認めてきたのだ。 いわば逆説的な存在として、彼は『カイジ』という映画を成立させてきたのである。 誰が裁定者となるべきなのだろうか? ここまでくれば、話の筋は見えてくるかもしれない。 つまるところ『カイジ ファイナルゲーム』という物語には、もはや裁定者が存在しないのである。 カイジの敵、高倉は首相秘書官として日本を牛耳っている。 そして見る限りでは、この法治国家は機能不全に陥っているのだ。 最高権力者・高倉より高位には誰も立つことができない。 ゲームの規則は成立しないのだ。 彼の行う 「ゴールドジャンケン」が空虚に見えるのはそのためである。 「なぜこの期に及んでゲームで決着をつけようとするのか?」と思わざるを得ない。 これまでは帝愛グループという冗談のような舞台装置が正当化していたが、その装置は本作に登場しない。 もはや物語の枠組み自体が崩れかけているといっても過言ではないのである。 とはいえ、ただひとつの救いとなったのは倫理の問題である。 そもそもゲームの規則が成立しない以上、この物語は倫理を裁定者の代わりとするよりほかにないのだ。 事実として、黒崎(吉田鋼太郎)の行ったゲーム「人間秤」では、家族や友人といった絆が重要視されていた。 あの秤は、金塊ではなく、彼らのモラルを乗せていると言い換えることもできるだろう。 映画のラストで高倉が日本という国の行く末を案じたのも、彼がモラルに従う人間だったことの表現である。 それはカイジの倫理とは相いれなかったものの、彼が 「ゴールドジャンケン」なるゲームを行ったことの正当性を取り繕うには役立った。 そういった意味では、たしかに本作は「ファイナルゲーム」であったのだし、シリーズ完結編に相応しいといえる。 そもそも第一作『人生逆転ゲーム』において、カイジは友人の借金を肩代わりする形で、帝愛の主宰するギャンブルの世界へ足を踏み入れたのだった。 モラルは金へと変わり、しかし仲間との友情を糧にカイジは勝利し続け、最後にまたモラルへと戻ってくるのである。 問題は、この転向を観客がどう受け入れるかということに帰着する。 「カイジの魅力は知的な策を弄してギャンブルに勝利することにあったはずなのに、それが安っぽいメロドラマに堕ちてしまった」と嘆く者がいたとしても不思議ではない。 それが 佐藤東弥という監督の流儀なのだ、と言われればそれまでなのかもしれない。 いずれにせよ、これで『カイジ』シリーズの歴史に終止符が打たれたのである。

次の

『カイジ ファイナルゲーム』あらすじと感想(ネタバレ)!カイジらしくない映画でガッカリ

カイジ ファイナル ゲーム 感想

今回は原作もスピンオフが作られrほど大人気な作品 『カイジ3 ファイナルゲーム』の感想記事になります! 8年ぶりくらいになる作品じゃな カエルくん(以下カエル) 「むしろ実写映画が公開された2010年頃から考えると、カイジ人気は高まる一方でギャンブル漫画の代表格みたいになったけれど、実写映画は久々なんだね」 亀爺(以下亀) 「豪華役者陣の事情もあるのかもしれんの。 みんな売れっ子なのに加えて、一部キャストは当時と立場が大きく異なるから、作品作りができんかった事情もあったりなかったりするのかもしれんな」 カエル「ちなみに、今回は原作未読、映画は1、2を観た上での感想になります! 予めご了承ください」 亀「ということで、記事を始めさせてもらおうかの」• 作品紹介・あらすじ 福本伸行が原作を務め、ギャンブル漫画の代表的存在となった『カイジ』シリーズの3作目にして最終作となる実写邦画作品。 福本は今作で脚本にクレジットされているほか、演技も披露する。 監督は過去2作と同じく佐藤東弥が務める。 キャストでは主人公カイジを熱演したきた藤原竜也が再び熱演を披露するほか、福士蒼汰、関水渚、新田真剣佑、吉田鋼太郎が脇を固める。 そのほか、過去作からも天海祐希、松尾スズキ、生瀬勝久らが再登場する。 2020年、東京オリンピック後に急激に景気を悪化させた日本では経済格差が進行していた。 カイジは派遣業者の元で働いていたが、あまりにも少ない給料に憤慨する日々を送っていた。 そこに現れたのはかつて地下で共に働いていた大槻と再会し、大金が動くイベント『バベルの塔』の存在を知る。 有利となる情報を得たカイジはゲームに参加するのだが、その裏では国家を巻き込んだ大きな野望が渦巻いていた…… 感想 それでは、Twitterの短評からスタートです…… ふむふむ…これだけ魅力ある設定とキャラクターを用意しながら出来たのがこれですか…と絶望感を覚える作品 予定調和で賭けにでない物語、徹頭徹尾説明する台詞などが残念な点が多数 褒めるポイントは…藤原竜也の熱さくらいかなぁ 最後だからこそ賭けて欲しかった — 物語るカメ 井中カエル monogatarukame 残念、と言わざるを得ない作品じゃな カエル「う〜ん……ちょっと悪い評価にならざるを得ないとうか……藤原竜也などのファンが観るにはいいと思うけれど…… 元々映画好きのための作品ではないとはいえ、ちょっと辛い評価にならざるを得ないよなぁ」 亀「ワシはカイジという作品に大きな期待をしておった。 というのは……• 金が目的という万人にわかりやすい目的• ギャンブルという手に汗を握る物語• 貧民と富豪という経済格差をテーマとして扱える社会性 の3点だけで考えても、語りようは大いにありうる。 しかし、この作品は下手に現実を描こうとしてしまったことにより、 全てが嘘になってしまった。 しかし、映画というのはどれもこれもが斬新である必要はない。 中にはなんの知識もなく、フラッと入って楽しんでおしまい、という娯楽映画だって必要じゃろう」 カエル「全部が重い社会映画だったりしたら、ちょっと肩肘凝っちゃうところはあるよね……」 亀「好きなあの子とデートだったり、ある程度は成長した子供とファミリーで鑑賞したり、友人たちと楽しんだり、時間潰しであったり……そんな映画も必要じゃ。 その中ではカイジ1というのは、まさしくその手のエンタメ映画としてよく出来ておると評価する。 テレビで放送していたら適当に楽しめるような、そんな映画じゃな」 カエル「すごく適当なようですが、これって本当に褒めてますよ。 その中でも以下のような工夫もあったよね」• 強烈なキャラクター演技によるコメディのようなエンタメ性• 地下=貧民、上層階=富豪という高さを用いた演出• 心理の読み合いというギャンブル性がパチンコの導入によって薄れてしまったことも問題じゃし、大きな物語にしようとして大雑把になってしまった印象もある。 しかし、パチンコの玉を用いた1メッセージで突き抜けた娯楽作品としては、決して貶すようなものではなかったと思う。 これも映画館でなくテレビで観たからかもしれんが……いい作品と褒め称えることはしないが、そこまで悪い作品とは思わなかったの」 役者について 今作の役者についてはどうだった? ……残念ながら、藤原竜也以外はそこまで褒められん カエル「 ハイテンション演技故に毀誉褒貶の激しい演者という印象もある藤原竜也だけれど、あの手の演技をさせるとさすがだよねぇ。 この手のギャンブル映画では 『賭ケグルイ』が顕著じゃな。 しかし、藤原竜也は格が違うと言えるじゃろう。 彼と対面し、その手の演技で対抗できる役者は……残念ながらこの映画では吉田鋼太郎だけじゃった」 多くの若手俳優が出てきたけれど……いい味は出しても、藤原竜也の前に破れていったという印象かなぁ 亀「残念だったのが、ワシは今作が初めましてなのじゃが関水渚じゃな。 また、新田真剣佑も上手い役者じゃとは思うが、キャラクター演技としてはいまいち印象に残らず……」 カエル「それでも、福士蒼汰はさすがだったと言えるんじゃないかな?」 亀「 藤原竜也と対峙することができているのじゃが……ここも役と演出の問題もあるかの。 それを発揮できるのもすごいんじゃが。 金田明夫などは、もう何回も観たような役柄じゃし、伊武雅刀も存在感はあったものの…… 物語の根本がおかしいように感じてしまい、彼の立ち位置がフワフワしてしまった。 前者の2人はカイジシリーズに欠かせない人物だと思うけれど、やっぱり無理だったのかなぁ」 亀「 今作では魅力的な敵に当たるのが吉田鋼太郎であり、彼の存在感は見事じゃったが…… 残念ながら、彼は VSカイジのキャラクターではない。 この映画の根本からのミスじゃと思うのが、東郷VS黒崎となってしまっており、カイジは若干、勝負の外側におる。 メインとなるのがカイジでなければならないのに、そんなことになっていないのが尺の大半を使っておる」 カエル「……カイジを主人公にして、大いなる敵と戦わなければいけないんだけれどね。 急に出てきたキャラクターの過去がどうのとか言われても、そんなに興味がないというか……」 亀「それでいうとVSカイジは福士蒼汰演じる高倉ということになるんじゃろうが、そこもカイジと対立するには理由がないようにも感じたからの。 元々カイジも社会正義に篤いタイプではないじゃろう。 また、ギャンブルも天秤ゲームなどはギャンブルという運を争うものとは思えなかったのも問題かの」 あとは……カイジの味方の存在感がなぁ 結局、藤原竜也と共闘できる役者は限られるんじゃよ カエル「彼女が悪いというよりは、物語の問題なんだけれど関水渚なんて絶対にいてもいなくても変わらない存在だったよね……」 亀「カイジ1ではカイジの隣に立つのは情けないが善人を光石研が流石の演技を披露しておったし、カイジ2では生瀬勝久が同じようなコメディ役……ある種のワトソン役と言えるのかの? それを演じておった。 しかし、わからないならばわからないなりの見せ方をしたり、それなりの物語を作るのが仕事じゃとワシは思うがの」 カエル「全部説明するわりには、ゲームも色々とゴチャゴチャというたびに、余計にこんがらがる気がするんだけれど…… 『このゲームのルールはこうです。 でも裏はこうです、これも裏です。 それがあったことで、却ってこの映画が語ることが嘘っぽくなったよ……」 亀「確かにカイジ1が流行した背景には 『勝ち組、負け組』という経済などの格差がより話題を集めた背景がある。 また、カイジ1の頃にアラサーということは、今は40代前後であり……就職が大変だった時代じゃな。 ちょうど10年前はリーマンショック以後でもあり、日本のみならず世界の社会情勢は今よりも悪かった。 その不安にギャンブルとキャラクター性などが合致して人気を博したのが今作じゃな」 カエル「だからこの映画がオリンピック後の起こるかもしれない経済低迷だとか、あるいは加速したと言われる貧富の格差、派遣業の闇などをテーマにするのは当然だとも思ったけれど…… 国の不正をカイジが防ぐ、とかまでは求めてないかな…… 単純にクズがギャンブルをして一発逆転! ってだけで良かったけれど……なんか劇場版だし最後だから、精一杯大きな物語にして失敗している感があるね」 亀「その辺りも邦画の特徴かもしれんの。 あのラストの問答も描き方を工夫すればもっともっと面白くなったのじゃが、あらかじめわかりきっている 無難な一般論をカイジが言うことにより、何も物語としての面白さを発揮することができなくなってしまっておる。 そこはギャンブルで主張が偏っても納得できるようなものにしなければ……賭けなければ面白くないと思うんじゃがなぁ……」 monogatarukam.

次の

『カイジファイナルゲーム』は面白い?評判はいいのか感想口コミレビューまとめ

カイジ ファイナル ゲーム 感想

スッタフ・キャスト 原作・脚本 — 福本伸行 監督 — 佐藤東弥 脚本 — 徳永友一 伊藤開司 — 藤原竜也 高倉浩介 — 福士蒼汰 桐野加奈子 — 関水渚 廣瀬湊 — 新田真剣佑 黒崎義裕 — 吉田鋼太郎 大槻太郎 — 松尾スズキ 坂崎孝太郎 — 生瀬勝久 遠藤凛子 — 天海祐希 西野佳志 — 山崎育三郎 菅原太一 — 瀬戸利樹 高瀬強士 — 前田公輝 『最後の審判』挑戦者 — 篠田麻里子 酒向芳 渋沢総一郎 — 金田明夫 東郷滋 — 伊武雅刀 登場人物紹介 伊藤開司 — 藤原竜也 定職につかず、怠惰な生活を送り、挙句の果てには友人の借金の保証人に。 その肩代わりをしたことで『カイジ 人生逆転ゲーム』の帝愛グループが主催する死のゲームに参加。 生還して人生の逆転を果たしたと思いきや……。 典型的なダメ人間だが、極限状態に追い込まれると抜群の勝負強さを発揮する。 高倉浩介 — 福士蒼汰 政府が目論むプロジェクトの中心にいる人物。 ゴールドジャンケンを得意とする。 桐野加奈子 — 関水渚 「第二回若者救済イベント」勝者であり、東郷(伊武雅刀)からカイジと共に行動するよう依頼される。 廣瀬湊 — 新田真剣佑 「若者救済イベント」主催者である東郷(伊武雅刀)の秘書として3年間働き、プライベートのことまで熟知している。 黒崎義裕 — 吉田鋼太郎 カイジが所属する派遣会社の社長。 スポンサードサーチ 「カイジ ファイナルゲーム」あらすじ 2020年、国を挙げて盛大に開かれた東京オリンピックの終了を機に、この国の景気は恐ろしい速さで失速していった。 自堕落な生活を送っていたカイジは、派遣会社からクズと罵られ、薄っぺらい給料袋を手渡される。 憤りを感じながらも一缶千円に値上がりしたビールを買うかどうか迷っていた。 「久しぶりだね、カイジくん」 「ハンチョウ?」 声をかけてきたのはスーツに身を包んだ大槻だった。 帝愛グループ企業のひとつを任される社長に出世したという。 「カイジくん。 君もこんなところでくすぶっているタマじゃないだろ?」 「何が言いたいんだ?」 「実はワシと組まないかと思ってね」 大槻が見せたのは一枚のチラシだった。 【第5回若者救済イベント開催!バベルの塔】金を持て余した大金持ちの老人が主催するイベントで、一攫千金のチャンスだ。 「こんなもの無理だ!運否天賦のゲームで作戦の立てようもない」 「その通りだよ。 だが裏を返せば、カラクリがわかっていれば勝てる可能性があるわけだ……」 ざわ…ざわ…ざわ…ざわ… 運命の歯車は動き出した。 ウキウキで鑑賞してきたわけですが・・・・ シリーズ最低と言ってもいいデキだった。 カイジファイナルゲーム見てきた。 ずっと楽しみにしてて前作を何度も見返して挑んだ公開日。 茶番すぎてガッカリだった😂 ストーリーが薄すぎるし状況説明が多すぎてシラける。 藤原竜也と吉田鋼太郎のやり取りくらいしか見どころはなかった。 カイジ2は1にはだいぶ劣るが、伊勢谷友介と吉高由里子の存在感もありそこそこ楽しい娯楽映画として仕上がっていた。 香川さんとの友情も見応えがあって割と好き。 9年ぶりのカイジはそんな前作を遥かに下回る出来だった。 1番キツかったのが状況説明のオンパレードだったこと。 行動の意味をいちいち藤原竜也の口から説明されるスタイルがクッソしんどかった。 特にドリームジャンプのシーンでの解説は内容もバカバカしくて唖然。 加奈子は初めから「キュー」のポーズをすればよかったのでは?と思ってしまった。 裏をかかれた感は全くもってゼロでしたねw 次にゲスト俳優さんたちについても思うところがあった。 そんで陰気な真剣佑。 演技が上手いとか下手とかいう問題じゃなくてこの役は真剣佑に合わない気がした。 線が細い儚げな俳優がやるべき役だったと思う。 そんでさ、真剣佑。 ちょっと太った? 肩幅に合ったスーツを着て欲しかったw しかし福士蒼汰だけは見直した。 今まで彼のことは棒読み俳優だと思っていた。 それが今回の高倉役でその認識は改めさせてもらうことになった。 終盤での藤原竜也との顔芸対決・・・頑張ってる感があって応援したくなりました😌 芸歴が長くて演技力抜群の藤原竜也さんと比べたらそりゃあ劣るけど、全然棒じゃなかったしセリフも自然だった。 これは・・・ハマり役では? 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」「ラプラスの魔女」「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」「4分間のマリーゴールド」などワタシが見てきた福士蒼汰くんっていっつもボソボソ話す陰気な役だったんですよねぇ。 今回も陽気な役ってわけではないですけど割と大声で喋ってくれていたのでセリフも聞き取りやすくてよかったw これからはテンション高めな性格悪い役をどんどんやってほしい。 書いててふと思ったんですけど今までの傾向でいえば、マッケンと福士蒼汰の役柄は逆でもよかった訳ですね🤔 それはそれでしっくりきそうw あ、吉田鋼太郎さんは言うまでもなく素晴らしかったです。 舞台上がりの2人が睨み合って対峙するシーンは圧巻だった。 セットも舞台ぽかったしねw 結局、今後の日本はどうなるのか? ギャンブルのゲーム内容や状況説明のオンパレードに不満しかないカイジ3でしたが、内容についても書いておきます。 クズや老害を切り捨てて日本が生き残る未来を作ろうとしていた福士蒼汰。 しかしそれは自分たちだけ助かればいいという私利私欲にまみれたもので、貧困層や弱者を救済したい優しいカイジは福士蒼汰の計画を阻止! お互い国を思う者同士カイジと福士蒼汰がやりあってぶつかり合う最後のシーンは、この映画で1番グッときた。 そんで低所得者・カイジVSエリート官僚・福士蒼汰の勝負はカイジが勝利! でもでも・・・結局これからの日本ってどうなるんですかね? 最終的にそこらへんが宙ぶらりんに終わってしまったのが残念。 悲しいことに福士蒼汰が訴えていたことも全てが間違っているわけじゃないんだよなぁ。 トップのオッサン達に美味しい思いをさせることになってしまったけど、福士蒼汰はきちんと日本の未来を考えていたようだしね。 そんな福士蒼汰をやっつけたのはいいとして、その後が宙ぶらりんだと最後の最後までスッキリできない。

次の