車椅子 バスケ 日本 代表。 鳥海連志車椅子バスケの経歴や両親と兄弟について調査

車椅子バスケの日本代表世界ランキング!強さとメダルの可能性は?

車椅子 バスケ 日本 代表

「気づいてました? 私のパワーカラーなんですよ」 ピンクのネイルを褒めると柳本あまねは、ニコッと笑った。 そういえば、あまねの持ち物はピンクが多い。 「一番やる気が出る色なんです。 だからパワーカラー(笑)。 合宿とか、大会の前にはサロンに行って、濃いピンクにしてもらいます」 お姉さん揃いの車いすバスケ日本代表の中でも、あまねの女子力は高い。 「フフフ…ありがとうございます。 バスケから離れたら、女の子でいたいんです。 女子大生だし。 ガーリーなのは好きじゃないけど、カジュアルな感じが好き。 でも…マッチョすぎて、大きめサイズのあるところじゃないと買えないんです。 袖口がダボっとしたやつ(笑)」 京都にある同志社女子大に通うあまねは、まだ20歳。 日本代表女子では最年少だ。 「高校1年の2014年のアジパラ(アジアパラ競技大会)から日本代表に入りました。 でも2016年のリオパラリンピック直前で代表から外されて…すごい悔しい思いをしたんです。 あの時の実力では、選ばれなくても仕方がないと思って納得したけど、時間が経つにつれて、どんどん悔しくなってきたんです。 もともと負けず嫌いですし。 それから練習にも気合が入りました。 スイッチが入ったみたいな。 あと車の免許を取ったというのも大きかったですね。 高校時代は親の送迎で練習場所まで行ってたのが、自分で運転して行けますから」 あまねの両下肢機能障害は先天性ではなく、2歳4ヶ月の時に突然、歩けなくなったという。 「前の日まで、普通に走り回って、高いところからジャンプしたりしてたみたいです。 それで朝起きようとしたら、脚が動かなくなって。 原因は未だにわからないみたいです」 天真爛漫なあまねは、いつもニコニコと笑顔を絶やさない女の子だ。 「でも落ちてた時もあったんですよ。 子供の頃ですけどね。 嫌なこと言われたり、されたり腐るほどあります。 リレーの時に『あまねちゃんと同じチームだと負けるからイヤや』って同級生の男の子に面と向かって言われたし、鬼ごっこの時もずっと逃げられて捕まえられなかったし、後は学校でボーリング大会に行った時も一緒にいた女子全員がスタスタスタ先に行っちゃって、私ポツン、みたいな。 嫌な思いをする度に、めっちゃ落ち込んで泣いて学校休んでました」 そんなあまねは、小学校4年生の時にあるスポーツと出会う。 「姉と『ハイスクールミュージカル』っていう洋画を見ました。 主人公がバスケ部に所属してて、それで単純にカッコいいと思って。 もともと身体を動かすことは好きだったんです。 だから何かしたいな、というのは思ってて。 ある日、病院の先生に『私、バスケをやってみたい』って言ったら『車いすバスケっていうのがあるよ』って。 それで『カクテル』っていう女子チームを紹介してもらいました。 紹介からしばらくして神戸に車いすバスケの女子日本選手権を見に行ったんですよ。 その時はもう6年生になってましたね。 見た瞬間、『うわ』って衝撃が走りました。 同じような障がい抱えてる、もしくは私より重度な人がいるのに走り回ってバーンって派手に転んだりして、『あー待って、みんなめっちゃカッコいいやん』って思って。 もうそれから、やりたいモードに切り替わりました。 すぐに『カクテル』に登録して今に至るって感じです」 今や日本代表では欠かすことの出来ないピースになっているあまね。 女子では珍しいスリーも武器に得点力のあるローポインター(注:障がいの重度に応じた選手の持ち点が2点台以下の選手をローポインター、3点台以上をハイポインターと呼ぶ)だ。 目前に迫る東京2020パラリンピック出場に向けて、練習の日々を送っている。 「まずは絶対出場! 今度代表から外れたら…もう無理です。 有り得ないです。 なので考えてないです。 絶対出場して…目標は高く、金メダルですね!」 そういえば、あまねは金メダル以外にも夢があったはず。 「覚えてました? まだ月イチ、無理ならば2ヶ月に1回のペースで歩行訓練してます。 フフフ…カツカツカツって音を立ててヒールを履くのが、もうひとつの夢です。 2020が終わって金メダルの夢が叶ったら…とりあえず憧れてるファッションとか女性像に、健常者になれればなりたいなって思うんですよね。 今だったら色々と服も限られてくるわけじゃないですか。 そんなの全く気にせずにオシャレがしたいですね」 誰にでも優しくなれるようにと「あまねく」から名付けられた20歳の女の子。 胸いっぱいの夢を持ったあまねは、手に持ったパワーカラーのピンクのスマホを振りながらニコッと笑って練習に戻って行った。 5/ポジション:フォワード/所属チーム:カクテル 2歳で病気により下肢機能障害となり、小学校6年生から車いすバスケを始める。 所属のカクテルでは主力として活躍、現在、日本選手権を5連覇中。 2014年仁川アジアパラ大会で初めての日本代表入り。 その後もミドルシュートを武器に代表キャリアを重ねている。 3』(集英社)でも、柳本あまねさんの美しいビジュアルとインタビューを掲載。 そちらもあわせてチェックを! 【パラリンピックジャンプVOL. 3】 取材・文/市川光治 光スタジオ 取材・撮影/名古桂士 浅原満明 X1 協力/JWBF.

次の

HERO X

車椅子 バスケ 日本 代表

競技概要 車いすバスケットボールは、脊髄損傷や切断等下肢に主な障害のある選手を対象にした競技。 回転性や敏捷性の高い、専用の車いすに乗って行うバスケットボール。 ボールの大きさやコートのサイズ、ゴールの高さや出場人数など基本的なルールはオリンピックとほぼ同じ。 美しい放物線を描くシュートの正確性や車いすで走るスピード感、勢いあまって転倒もある選手同士の激しいぶつかり合いなど、多彩な魅力が人気の競技だ。 大きな特徴は「クラス分け」選手は障がいの程度や身体能力によって、重いほうから順に1. 0点から4. 5点まで0. 5点刻みで8クラスに分けられ、コート上の5選手の合計点を14. 0点以内で構成するというルールだ。 幅広い選手起用が必要で、緻密な戦略に基づいた役割分担によるチームワークも見どころとなる。 巧みな車いす操作(チェアスキル)も見逃せない。 車いすにはブレーキがなく、ダッシュ、ストップ、ターンなど選手はすべて自身の手で行うが、シュートには微妙なボールタッチが欠かせないため、ほとんどの選手は素手で車いすを操作する。 体幹や腰を使って体の一部のように車いすを操る選手もいて、その身体能力の高さにも驚かされる。 競技の魅力、見どころを紹介 ハイポインターの華麗なプレーのみならず、ローポインターのアウトサイドシュートや重要な守備的役割にも注目 車いすバスケットボールは、障がい者スポーツの中でも世界的に人気、普及度ともに高い競技の一つだ。 オリンピックのバスケットボールとの大きなルールの違いは、ダブルドリブルがない、トラベリングの代わりにボールを持って車いすを手で漕ぐこと(プッシュ)は連続2回まで、といったものに加えて、最大の特徴であり醍醐味が「クラス分け」だ。 それぞれ1. 0点から4. 5点までの持ち点を与えられた選手を14. 0点以内で組み合わせるというルールにより、障がいの重い選手(1. 0~2. 5点/ローポインター)から軽い選手(3. 0~4. 5点/ハイポインター)までバランスよく起用しなくてはならない。 ハイポインターは主に攻撃面での活躍が期待され、スピーディーな車いす操作でディフェンスの壁をすり抜け、シュートを決めていく。 一方、ローポインターは攻守の要。 相手の動きを予測したディフェンスでは、相手選手をブロックして味方ハイポインターを助けるなどのプレーに注目したい。 また、アウトサイドシュートがチームに勢いをつける。 車いすバスケットボールでよく見られるプレーの一つに、「スクリーンプレー」がある。 相手ディフェンスにスクリーン(壁)をかけてブロックし、味方のシュートを助けるというバスケットボールの基本戦術だが、競技用の車いすは幅が広く、スクリーン(壁)を回避するための方向転換にはスペースが必要になるため、とても効果的だ。 応用編の「ピック&ロール」もある。 相手にスクリーンをかけること(ピック)で生まれたスペースにすばやく移動(ロール)してパスを受け、シュートを決めるコンビネーションプレーだ。 また、バックコートで相手にスクリーンをかけて動きを封じ、守備への参加を遅らせる「バックピック」も多用される。 アウトナンバーでゴールに向かう味方のシュートチャンスをアシストする重要なプレーだ。 他にも、ローポインターが相手ハイポインターを止める動きなど、車いすバスケの独特な戦術にも注目だ。 勝利に直結するシュートの精度も重要だ。 競技用車いすに座ったまま、ジャンプや下半身の反動も使わずシュートする選手たちの武器は鍛え抜かれた腕力だ。 最近はスリーポイントシュートの決定率も上がっており、勝敗のカギを握る重要な要素の一つになっている。 東京2020大会に向けた展望 男女とも優勢な、欧米勢やオーストラリアに、待ったをかける国の登場はあるか? 車いすバスケットボールは第1回パラリンピックのローマ1960大会から正式競技として実施されている。 競技の魅力などから急速に世界に広まり、現在は100カ国以上で実施されている人気競技だ。 ドイツ、スペイン、イタリアなどのリーグには海外からプロ契約で参戦する選手も多く、アメリカには大学リーグが存在する。 世界のトッププレーヤーが集まり、切磋琢磨する場にもなっている。 世界情勢としては、バスケットボール人気とも相まって欧米勢が圧倒的な強さを見せる。 男子はほぼ近年、アメリカ、オーストラリア、カナダの3強がメダル争いを繰り広げてきた。 だが、リオデジャネイロ2016大会ではアメリカが金メダルを獲得するも、銀メダルはスペイン、銅メダルはイギリス、4位にはトルコが入るなど、勢力図に変化が見られる。 注目の選手は「世界ナンバー1」と評される、パトリック・アンダーソン(カナダ)だ。 カナダ代表として1998年から活躍、コートを縦横無尽に駆け回り、チームをけん引する。 パラリンピックではシドニー2000大会、アテネ2004大会、そしてロンドン2012大会での金メダル獲得に大きく貢献した。 ロンドン2012大会後に一度、代表を離れたが、2016年に復帰。 40代で迎えることになる東京2020大会で、王座奪還に挑む。 持ち前のダイナミックなプレーに熟練の技も兼ね備えた彼の雄姿が楽しみだ。 女子も欧米勢が優勢で、リオデジャネイロ2016大会ではアメリカが金メダル、ドイツが銀メダル、オランダが銅メダルを獲得した。 他に過去3連覇しているカナダや、リオデジャネイロ2016大会出場は逃したものの表彰台常連だったオーストラリア、それに待ったをかける中国にも注目だ。 <日本> 日本は男子がトロント1976大会から11回連続出場を果たしており、過去最高は7位。 東京2020大会ではメダル獲得を期し、スピーディーな攻守の切り替えを武器とする「トランジションバスケ(速攻)」を強化中。 リオ2016大会に17歳で出場した若きエース鳥海連志をはじめ、古澤拓也など、若手選手がチームに勢いをつける。 そこに経験豊富なベテラン選手がチームをけん引し、「全員バスケ」で東京2020大会に挑む。 女子は初出場のニューヨーク・エイルズベリー1984大会で銅メダル、シドニー2000大会でも再び銅メダルを獲得している。 俊敏性を活かした「トランジションバスケ」で北京2008大会以来の出場となる東京2020大会で巻き返しを狙う。

次の

藤本怜央のプロフィール!車椅子バスケは漫画「リアル」で知名度アップ!

車椅子 バスケ 日本 代表

悔しい4年間を経て日本代表に戻ってきた竹内厚志 [写真]=斎藤寿子 15、16日の2日間にわたって行われた国際親善試合「アジアドリームカップ2019」。 日本は予選リーグから4戦全勝で完全優勝を成し遂げた。 決勝後、「大きな収穫を得た大会となった」と語っていた及川HC。 その一つが、チーム内競争を激化させることが期待できる選手たちの出現だ。 所属するワールドBBCでは主力の一人として活躍し、国内トップクラスのプレーヤーの一人だ。 その竹内が初めて強化指定選手に選ばれたのは、2015年。 同年11月に行われた国際親善試合「北九州チャンピオンズカップ」では、初めて「JAPAN」のユニフォームに袖を通した。 だが、16、17年は選考から漏れてしまった。 昨年、3年ぶりに強化指定に返り咲いたものの、一度も代表入りを果たすことはできなかった。 そんな悔しい4年間を経ての2度目の代表選出となった今大会、竹内は「正直、とても緊張していた」。 そんな中、及川HCや京谷和幸ACから「お前の持ち味を出してこい」とげきを飛ばされという。 その言葉に背中を押されるようにして、決勝では第1クォーターの出だしで立て続けに得意のカットインプレーで得点を挙げ、チームを勢いに乗せた。 関大樹は今年初めて強化選手に指定され、今大会が代表デビュー戦となった [写真]=斎藤寿子 今大会で「危機感が出てきたのではないか」と指揮官が見ているのが、鳥海連志だ。 高校1年だった14年の夏に代表候補の合宿に初招集されて以降、鳥海の代表活動は順風満帆と言っていい。 翌15年に代表入りを果たし、16年にはリオパラリンピックにチーム最年少として出場。 リオ以降は、主力の一人として活躍してきた。 今大会、その鳥海にとって2度目のパラリンピックを1年後に控えた今、強力なライバルとなる可能性を秘めた存在として指揮官が挙げたのが、関大樹だ。 関は今年初めて強化指定に入り、今大会が代表デビュー。 だが、「まったく緊張感はなかった」と言い、初戦から自慢のシュート力を発揮してチームに貢献した。 躍動する関の姿に、及川HCも高く評価した。 「強化指定に入ったばかりの関にとって、代表でやろうとしているバスケがまだまだわからないことも多いはず。 それでも初めての国際大会できちんとプレーで見せてくれた。 関があれだけシュートを決めてくれたことによって、同じ持ち点(2. 5)の鳥海も意識をしたと思いますよ。 だから鳥海もまたシュートを落とさなかったですよね。 今大会では彼らの競争が見えて良かったなと」 昨年、高校3年で初めて強化指定に入り、10月のアジアパラ競技大会で代表入りを果たした赤石竜我も含め、これまで鳥海が唯一無二に近かった持ち点2. 5同士の競争が、ますます激しくなりそうだ。 「代表というのは選手たちにとって夢のような場所。 それが『いつでも入れる』という場であっては絶対にいけないし、それではチームは強くなっていかないですよね。 常にトップレベルでの競争があり、少しでも手を抜いたら落とされる。 そういう場であるためにも、今回のように新しく選手が台頭してくれるのは大きい。 みんなで切磋琢磨しながら東京(パラリンピック)に向かっていきたいなと」.

次の