アメーバブログ 介護。 アルツハイマー病 人気ブログランキングとブログ検索

人気ブログランキング

アメーバブログ 介護

こんばんは。 🍀🍀🍀 「楽天スーパーセール」に初参加して、給付金で「ルンバ」や「ブラーバジェット」を買いましたが、もうひとつ、お掃除グッズを買っていました。 currentScript c. scripts[c. scri… 今年の梅雨は長くて雨も多いですね。 僕の自由時間がとれる火曜日もここのところ雨のことが多かったですし。 今日は洗濯も買い物もしなくていいですし、病院へ行く予定もありません。 久し振りに天覧山で一人での岩トレをしに行くこととしました。 今朝のさっちゃんはまずはトイレで息むことから始まりました。 前回から13日目なんです。 便秘の薬も飲んでますし、1週間ほど前から毎日気にはなっていました。 7時15分~7時半と7時35分~7時37分の2回トイレに入り、さっちゃんは自分から息んだりお腹をさすったりしました。 でも結局、今朝は空振り。 こんなことがあって、朝食作りは遅れたのですが、さっちゃんの気分も低調で何も食べてくれませんでした、飲んでもくれませんでした。 僕の出発も遅れて、予定していた電車の1本後になってしまいました。 東飯能駅からも今... 4ヶ月ぶりの天覧山でしたが、岩が濡れていて何もせずに帰って来ました 毎日、本当にご苦労様です。 介護・看護って、待った無し。 色々な立場からトラックバックしてください。 看護師(かんごし)とは、医療、保健、福祉などの場において以下の事柄を行う医療従事者の呼称である。 医師等が患者を診療する際の補助 病気や障害を持つ人々の日常生活における援助 疾病の予防や健康の維持増進を目的とした教育 現代では、看護師の業務を行うためには、多くの国でその国が定めた看護専門学校や看護大学等の看護師養成課程における基礎看護教育を受けた上で国家試験等の資格試験に合格し、看護師免許を有している必要がある。 日本国においては、2002年3月まで法律上、女性を看護婦(かんごふ)、男性を看護士(かんごし)として区別していた。 詳細は、名称変更を参照。 女性の看護師が「看護婦」と呼ばれていた時代には、ナースキャップ[注釈 1]、衣裳、靴、ストッキング タイツ のすべてが白色[注釈 2]だったことから「白衣の天使」という別名があった。

次の

アメーバブログ日記 その他日記ブログ・テーマ

アメーバブログ 介護

久しぶりの更新です。 まだうっとうしい梅雨前線が日本覆っています。 早く、梅雨明けしないかしら。 太陽が欲しいですね。 人は15分陽を浴びた方が免疫も上がります。 ここにきて更新をしたくていたのですがいけないわけがありました。 些細なことですが気を付けなくてはと思います。 主人が夜モコがワン、ワン泣くので少し散歩に行こうと思い玄関戸をあけたら、モコからすごい勢いで引っ張られ1メートル下の道路へ一回転をし落下し臀部を強打してしまいました。 ビックリしたモコは夜の暗闇に走り去りどうしたの、立てる、痛み強い?大丈夫、骨折れてないモコよ、どこ行ったのかしらあれ、いるわよ家の中に、冒険心のないモコです。 久しぶりの転倒、骨折しなくて本当によかったわ杖を使い、どうにか歩ける。 全て私に主人の介助と重労働がまわってきたのだ。 どちらかと言うとあな... 久しぶりの転倒 6月第2週は早々にN医師による、健康保険による診察のある日だ。 そこで、私は妻の運転するTankの助手席に乗り、N医院に出掛けた。 健康保険のリハビリは、ほぼ4週間毎にやっているが、日記にするのは久しぶりだ。 確か前回は3月上旬だった。 hatenablog. その間のエポックは? それは、前回N医師からコルセットを外して良い・・と言う許可が出た事である。 まあ、もっとも、 「一度に外さずに、徐… さて、2020年6月のリハビリを、まとめて記そう。 先ずは、Sh士による3ヶ月毎の検査は、先に「リハビリ533」として記した。 hatenablog. 何れにしても、以前の様に、2回・3回と連続した事はなかった。 hatenablog. そうして、彼らの施術を9ヶ月以上受け続けて… 「病気ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

人気ブログランキング

アメーバブログ 介護

2020年1月以降に介護福祉士国家試験をご受験予定の方へ 多くの方に実務者研修をご受講いただけるように、 教室・日程を増やしました。 経験者へのインタビューを行いました!! こんなことを書いて大丈夫か??と心配になりますが、 今回は赤裸々に書きます! これから就職・転職活動をする方、ぜひ参考にしてみて下さい。 まず最初に、一つだけ言っておきます! この日本には、素晴らしい介護事業所はたくさんあります! 職員さんや利用者様のことを本当によく考えていらっしゃる施設長さんばかりです! ただ、そんな素晴らしい事業所に入職したとしても、 「こんなはずでは・・・」と感じてしまうことが起こるんです。 それはなぜか・・・ 「知っておくべき情報を知らない状態」 「勘違いした状態」 で入職するからです。 だから、ギャップにやられるんです。 入職前に、求人情報をしっかりと把握しておくことが、 「こんなはずでは・・・」と感じないことの第一歩です。 でも、どうやって注意すればよいのか・・・ そんな皆様へアドバイスをすべく、 現在、福岡の事務局メンバーである「Sさん」にインタビューしました。 「Sさん」は、過去に介護職として10年ほど働いた経験があります。 失敗談や楽しかったことなどを語っていただきました。 求人票だけの情報では見えない部分があるので、 ホームページを見て調べたり、実際に足を運んでみたりすることが重要です。 一番良いのは、面接の際に、採用担当の方としっかりとお話をすることです。 介護の仕事は辛いこともあります。 しかし、利用者様やそのご家族の方々から、直接感謝される瞬間は、 何物にも代えがたい喜びとなります。 今でもこの日本には、あなたの手を必要としている方々がいらっしゃいます。 あなたが活躍できる場所が、必ずどこかにあります。 Sさん、色々教えていただいて、ありがとうございます。 ぜひ参考にしてみて下さい。 経験者の方からのご意見もお待ちしております。 twitterやfacebookもやっているので、メッセージ下さい。 そういう方には、「エージェント」の利用をお勧めします。 採用の前に、条件の最終確認も行ってくれます。 効率的に活動を進めていくために、取り入れてみるのもいかがでしょうか。 三幸福祉カレッジでも、「就職支援部」があり、 お手伝いさせていただくことができます。 よかったらご相談ください。 twitterやfacebookもやっているので、メッセージ下さい。 twitter: facebook: 三幸福祉カレッジ九州事務局 就職支援部 TEL:0120-240-350(通話料無料) 三幸福祉カレッジ九州事務局です。 前回の続きです。 特別養護老人ホーム「縄文の郷」様にお邪魔いたしました。 そこでは、障害をもつ方々によるギャラリーがあり、 アート作品が注目を浴びているそうです。 そして、後方真ん中の眼鏡をかけた方が、施設長の義山さんです。 施設の皆様。 貴重なお時間をありがとうございました。 現地にお伺いしないとわからないことばかりで、 まだまだ私たちは勉強不足だなと感じます。

次の