ナイアシン。 ナイアシン(ビタミンB3)の働きと、野菜、果物に含まれるナイアシンの量<旬の食材百科

ナイアシンの効果と効能 糖質代謝の促進,脂質代謝の促進,皮膚・粘膜の保護作用,アルコール分解の促進 | サプリメントラボ

ナイアシン

肝機能障害 ナイアシン徐放剤を1日2000mg以上で肝障害の可能性があります。 体の中に摂取したナイアシンは肝臓で分解される仕組みになっています。 一度に大量のナイアシンを摂取すると肝臓が多くのナイアシンを分解するため過剰に働きます。 このため、肝臓に大きな負担が掛かり、これが原因で肝臓機能が低下して何らかの症状が出る可能性があります。 ナイシンフラッシュ ナイアシンフラッシュは、ナイアシンを、サプリメントで大量摂取することで起こる副作用です。 ナイアシンを1日100mg以上の摂取で起こるとされています。 ナイアシンフラッシュが起こると、皮膚が赤くなったり、発熱、かゆみ、ヒリヒリするなどの刺激症状が出ます。 ナイアシンフラッシュは、ナイアシンを摂取することでプロスタグランディンD2、E2、セロトニンと呼ばれる物質が産生されることで起きます。 これにより、急激に血液循環が促され、顔や耳が赤くなる、全身や手足の末端が温かく感じる、かゆみを感じるなどの炎症やアレルギーと同様の反応が出ます。 独特の感覚を引き起こすため、故意に摂取する方がいるようですが、医療行為以外での過剰摂取は控える必要があります。 頭痛 ナイアシンには、血管拡張の作用があります。 このため、ナイアシンを過剰摂取すると血管拡張作用によって頭痛が発生してしまう可能性があります。 血管拡張作用が強くでてしまうことで脳の血管が拡張されて周辺のある神経を刺激し、この刺激が原因で片頭痛などの症状がおこる可能性があります。 消化不良、下痢、便秘 医療行為においてナイアシンを1日に3~6g使用した場合、消化器系において、消化不良、下痢、便秘を起こす例が報告されています。 神経過敏 ナイアシンは脳の活性化や様々なホルモンの合成に関わっています。 このため、ナイアシンの過剰摂取によって必要以上に脳やホルモンが活性化され、神経過敏の症状が出る可能性があります。 糖尿病 ナイアシンの過剰摂取は血糖値を上昇させる可能性があり、糖尿病では注意が必要です。 ナイアシンを過剰に摂取すると、血液中の血糖値を下げるインスリンの働きを、妨害してしまうという報告があります。 インスリンは、糖尿病患者の血糖値を下げる治療薬として、体内でただ1つ血糖値を下げるホルモンです。 ナイアシン(ニコチン酸)には血糖値を上げる働きがあると言われています。 このため、にナイアシンを過剰摂取すると糖尿病のリスクが上がるという報告があります。 このため、糖尿病の人がナイアシンを積極的に摂り入れると糖尿病の症状を重症化させる可能性があります。 痛風 ナイアシンの過剰摂取は尿酸値を上昇させる可能性があり痛風では注意が必要です。 ナイアシンを過剰摂取した場合、血液中の尿酸値が上昇します。 尿酸値が上昇すると痛風になる可能性があります。 その他 医療行為として、血液中の高いコレステロールと中性脂肪(脂質)の値を下げるために、高用量のニコチン酸が処方されることがあります。 ニコチン酸の過剰摂取により、ほてり、かゆみ、痛風、肝障害(まれ)、血糖値の上昇が生じることがあります。 このため、上記に挙げた病気に心当たりがある場合、必ず医師に相談することをおすすめします。 ナイアシンの不足・欠乏については以下を確認してください。 ナイアシンの効果・効能については以下を確認してください。

次の

ナイアシン製剤の解説|日経メディカル処方薬事典

ナイアシン

ナイアシンの効果について ナイアシンは、体内で酸化還元補酵素として働き、 食べ物などから摂取した糖質やタンパク質・脂質をエネルギーに変える作用があります。 また、 ナイアシンには、作用があるので、皮膚の細胞まで栄養が運ばれやすくなり、お肌の新陳代謝も活性化されます。 そのため、ナイアシンには、紫外線からの日焼け、加齢などからによる シミやソバカス、毛穴の黒ずみ などへの改善の効果があるといわれています。 さらにナイアシンには、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解する働きもあります。 アルコールを摂取すると、体内にアセトアルデヒドという物質が作り出されます。 アセトアルデヒドは、悪酔いや頭痛、吐気などの気分が悪くなる症状の原因になりますが、 ナイアシンはアセトアルデヒドを分解し二日酔いを予防したり解消する効果があります。 ナイアシンの効果的な摂取量や1日の目安まとめ ナイアシンの1日の摂取量の目安は、• 成人男性・・・17mg• 成人女性・・・13mg• 妊婦・・・15mg• 授乳婦・・・17mg ぐらいで、 ナイアシンの摂取量の上限は、 30mgになります。 ナイアシンは、必須アミノ酸であるトリプトファンを原料に体内でも合成されます。 また、ナイアシンは、色々な食品にまんべんなく含まれていて、 毎日 普通に生活して、毎食キチンと食事をしている場合は、ナイアシン欠乏症はほとんどみられません。 しかし、毎日 不規則な生活をしている方や毎晩 飲酒している方は、ナイアシンが不足気味になりがちなので、ナイアシンを意識して摂取した方が良いでしょう。 ナイアシンが多く含まれる食品とは?• たらこ半分(約 35g)で、ナイアシンが、約 17mg• カツオの刺身 5切れ(約 80g)で、ナイアシンが、約 15mg• マグロの刺身 6切れ(約 80g)で、ナイアシンが、約 11mg.

次の

ナイアシンフラッシュの効果が嬉しすぎる。サプリ初心者にナイアシンを勧める訳とは

ナイアシン

ナイアシンを多く含む食べもの ナイアシンは次のような食品に多く含まれています。 カツオ 1人前 80g:15. 2mg• サバ 1人前 100g :10. 4mg• 豚レバー 1人前80g:11. 2mg• 鶏ささみ 1人前2本:9. 4mg• まいたけ 半パック:4. 5mg• そば 乾燥 1人前80g:2. 5mg• ピーナッツ 15粒:0. 2mg ナイアシンは体内にも多く存在し、通常の食事で不足することはありません。 しかし、慢性的に偏食の方やアルコールの常用者は欠乏することがあります。 サプリメントを活用するときは、一日の用量守り、活用してください。 ナイアシンの生理作用・メカニズム ナイアシン活性を有する化合物は主にニコチン酸とニコチンアミドの二種類です。 生細胞中のナイアシンはビリジンヌクレオチドとして存在しています。 食品中のビリジンヌクレオチドは、動物性食品ではニコチンアミド、植物性食品ではニコチン酸に分解され、小腸から吸収されます。 ニコチン酸は細胞内でニコチンアミドに変換されて、両化合物は同様のビタミン作用を有します。 ニコチン酸とニコチンアミドは酵素反応を受けて、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD),ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADP)となり、酸化還元反応の補酵素として働きます。 ナイアシンは体内で必須アミノ酸のトリプトファンからも合成されています。 脂質代謝の促進• 皮膚・粘膜の保護作用• の防止• 血行促進 ナイアシンが不足すると生じる症状 ナイアシンが不足すると、• 皮膚炎• 吐き気• うつ状態 などの症状があらわれます。 潜在性欠乏症・欠乏症とは? 潜在性欠乏症とは、慢性的にミネラルが欠乏している状態です。 「なんとなく体調が悪い」という症状が続き、この状態が長く続くと、生活習慣病にかかるリスクが高くなります。 欠乏症とは体内の分が欠乏している状態です。 よくおこる症状としては、欠乏による甲状腺腫や、欠乏による貧血、不足による骨粗鬆症,不足による味覚障害,不足による循環器疾患です。 効果・吸収率をアップさせる摂り方 ナイアシンは熱に強く、調理の過程で壊れにくいため、加熱調理に向いています。 しかし、水に溶けやすく、煮込み調理では煮汁に漏出します。 煮汁ごと食べられる、スープやあんかけなどの調理法がおすすめです。 ナイアシンとあわせて摂りたいビタミン・ミネラル ナイアシンは三大栄養素(糖質,脂質,タンパク質)の代謝に関与しています。 同様の働きがあるビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB6はあわせて摂りたい栄養素です。 ビタミンB1:糖質代謝の補酵素として働く• ビタミンB2:三大栄養素の補酵素として働く• ビタミンB6:タンパク質の代謝の補酵素として働く ナイアシンの作用を邪魔するビタミン・ミネラル 特にありません。 摂取期間の目安 ビタミンは相乗的に働いています。 他のビタミン群が欠けると、ナイアシンの合成も低下するので、継続的に摂っていくことが必要です。 ナイアシン摂取の注意点 ナイアシン摂取の際は次の点にご注意ください。 ナイアシンの副作用 通常の食事では、過剰摂取による健康障害は報告されていません。 ニコチン酸の摂取により皮膚が赤くなることがありますが、一過性のもので、健康には有害ではありません。 ナイアシンを摂ってはいけない人・注意を要する人 1型糖尿病に対してニコチンアミド、脂質異常症に対してニコチン酸を多量投与すると消化器系や肝臓に障害が生じる例が報告されています。 一緒に摂ってはいけない成分・食品・薬など ナイアシンは高脂血症薬の「メバロチン」の副作用を増強する可能性があります。 症状として、脱力感,筋肉痛,横紋筋融解症が挙げられています。 長期間にわたっての併用はご注意ください。 ナイアシンは狭義ではニコチン酸を示し、広義ではニコチン酸とニコチンアミドの総称を示します。 日本では一般にニコチン酸とニコチンアミドの総称をナイアシンと呼んでいます。 アメリカでは狭義が多く使用されています。 栄養学の分野ではニコチン酸とニコチンアミドのビタミン作用は似ているため、総称してナイアシンと呼ぶことが一般的です。 しかし、生化学的作用や薬理作用は異なるため、専門分野では明確に区別する必要がでています。 ニコチン酸:一般名 二コチンアミド:一般名 ナイアシンアミド:一般名。 アメリカで使われる名称。 ニコチン酸アミド:医学関係で使われる名称。 ビタミンB3:ニコチン酸とニコチンアミドの総称。 日本では使われず、アメリカでは使われている名称。 ナイアシンのまとめ ナイアシンはビタミンB群の一つです。 糖質代謝,脂質代謝,アルコール代謝など酸化還元反応の補酵素として働きます。 ATP産生,抗酸化系,脂肪酸の合成,ステロイドホルモンの生合成などの反応に関与しています。 カツオ,サバ,ブリなどの魚、豚レバー,鶏肉などの動物性食品に多く含まれています。 現代の日本人の食事ではナイアシンは不足することはありませんが、慢性的な偏食やアルコールの常用により欠乏して、ペラグラの症状を引き起こします。 ビタミンは相乗的に働くため、他のビタミンとバランスよく摂取することで、ナイアシンの効能が高まります。 食事の栄養バランスを整え、偏食が続く時や食事が十分に摂れない時は、サプリメントを活用して体調管理に役立ててください。

次の