ラブホ の フロント で バイト し てる 俺 から アドバイス。 「人と接したくないからラブホでバイト」女子大生が大人のための「絵本」を作成(前編)

ラブホバイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

ラブホ の フロント で バイト し てる 俺 から アドバイス

俺の名前は上杉風太郎。 高校を卒業後、大学進学に際して新しいバイト先を探している時に時給がいいバイトを見つけた。 ところが応募してみたらなんと・・・ ラブホテルだったのである。 初めは断って別のバイト先を探そうと思ったが結局ラブホでフロントのバイトをしている。 ラブホでバイトしてるなんて口が裂けても親父やらいはに言えない。 そしてこのバイト先にはちょっと困った先輩がいる。 中野一花という人物だ。 歳は俺よりも五つ上だ。 上杉風太郎ブラックリストに間違いなく厳重警戒対象人物と記載されている。 「やー少年今日も同じシフトだったね」 「その少年って言い方やめてくれませんか?」 「お姉さんよりも5つも下なんだから少年には変わりないよ?」 「もう、勝手にしてください」 「まあ今日は風太郎君って呼んであげようかな」 そう言いながら俺に見せた笑顔はとんでもない程の破壊力だった。 というか悟りを開けるレベルであったがなんとか心の邪念を取り払う。 「ところで風太郎君今日の入りの具合はどう?」 「今のところ202号室と207号室の2部屋だけですね」 「どっちもカップルだった?」 「202号室の方は上司と部下って感じでしたね」 「へーちょっとお姉さん気になってきちゃったなあールームサービスのオーダーしてくれないかなー」 「そういうときだけルームサービス届けに行こうとしますよね」 「だって気にならない?上司と部下が2人でラブホテルに来てるんだよ?絶対危ない関係だよ?お姉さん興味深々だなあー」 「なんでもかんでも詮索するのは失礼ですよ」 「そういって風太郎君も少しは興味あるんでしょう?なんなら風太郎君のフータロー君に訊いてみてもいいんだよ」 「いきなり下ネタぶっ込んでこないで下さい」 「そ、そんなゴミを見るような目でお姉さんをみないでほしいなあー」 フロントでそんな話をしていたら正面の入り口が開いた。 どうやら本日3組目のお客様のご来店のようだ。 一花さんの無言の圧力に屈し俺が対応する事になった。 「ご来店ありがとうございます」 男「あのー休憩で利用したいんですけど」 「休憩ですね、当店の利用は初めてですか?」 男「あ、初めてです」 「当店は休憩は最大3時間までのご利用となっております、延長30分ごとに600円かかりますよろしいですか?」 男「じゃ、じゃあそれでお願いします」 「お部屋は209号室です、ごゆっくりどうぞ」 ふう、それにしても凄い今の人緊張してたな。 隣の女性はずっと俯いてたし、まあ恥ずかしかったんだろう、どっかの誰かさんなら堂々と正面を向いてそうだけど。 先程のカップルが来店してから20分程だろうか女性の方だけが一階のフロントまで降りてきた。 直接クレームを言いに来るタイプの人間かと俺は身構えたところが女性は正面の出入り口から出て行ってしまった。 このままお金を払って出て行くのかと思いきやフロントのベンチに座り込んでしまった。 ここで泣かれてしまっても困るから退店をお願いしようと男の方に向かおうとすると肩を掴まれた。 一花さんが宝物でも発見したかのような目をしてきた。 「ここは、お姉さんに任せて風太郎君」 面倒事に巻き込まれるのは厄介なのでここは素直に頷いた。 あの上司と部下の部屋からのようだ。 一花さんには内緒でさっさとルームサービスを届けよう。 「前田くんこのボードを見たまえ、ステップ1手を繋ぐ、ステップ2サインを発信する、ステップ3ホテルへ誘導するこれさえすれば女の子をホテルに誘えるよ」 前「いきなり手を繋ぐって難易度高くないですか!?」 「ふっ、これを出来ないようじゃホテルどころか普通のお付き合いも出来ないよ」 前「な、なるほど」 「オススメはお店なんかから出た直後に行くよって行って手を繋げばいいかなー、まあ前田くんの場合はホテルまでは来れたからステップ1はいいかな」 前「じゃあいったいどうすれば、そこから先を出来るんですか!?」 「部屋に入ってから最初に何をしたかな?」 前「いきなりベッドに押し倒して、いい?って聞きました」 「ちょっとそういうDVD見過ぎかなー流石にそれは女の子も怖がっちゃうし怒っちゃうよ」 前「す、すみません」 「まずは、2人でベッドに腰掛けて君から手を繋ぐいい?」 前「はい」 「少ししたら握る手をほんの少しだけ強く握ってみる、それで女の子も手を握り返してくれたら・・・」 前「握り返してくれたら・・・?」 「先シャワー浴びてこいよ(イケボ)って言ったらもうそこから先は2人だけのハピネスだよ」 あっまだ一花さんやってるよ。 ルームサービスを上司と部下の部屋に届けに行ったら上司っぽい人が出てきたけど首輪が付いてた事は俺の心の中に閉まっておこう。 そう固く誓った上杉風太郎だった。 前「な、なんだか自信が湧いてきました!ありがとうございます一花さん!」 「ちなみに前田くん、いえ、前田様その際はココナッツアイランドをご利用下さいませ」 前「あ、はい、わかりました」 「では、私はこれで」 やり切ったような顔をして戻って来たけど一花さん普通の事しか言ってないんだよな。 「おお、どうしたんだい風太郎君?もしかして、風太郎君もお姉さんの絶対女の子をホテルに誘える3つのステップを伝授して欲しいのかなあ?」 「いや、結構です、あっ・・・一花さんさっきの人お金払いました?」 「あっ・・・・」 「何、やってんすか・・・」 数日後 今日のシフトも不運な事に一花さんと同じだった。 正面の出入り口の扉が開く。 いつの日かに一花さんに3つのステップを伝授された人だ。 「ご利用ありがとうございます」 前「休憩で利用したいんですけど」 「当店ご利用した事はございますか?」 前「は、はい」 「では、203号室でございます、ごゆっくりどうぞ」 「おっ、この間、お姉さんが伝授した子早速来たんだねえ」 「ああ、そうみたいですね、女性の方も同じ方でしたよ」 「風太郎君そんなに、女の子の顔をまじまじと見ていたのかい?ほおーやりますねえー」 「いきなり汚い事言わないでください」 「まあ、まあ、そう言わずに、お姉さんも傷ついちゃなあー」 もう一花さんは無視しよう。 あれ、また女性の方が降りて来たな、どうしたんだろう。 あっまた、出て行った。 あっあの、前田って言う人も涙目で降りてきた。 あれ、なんかデシャヴ? あっ、ベンチに座り込んじゃった。 また、ダメだったんだろうな。 あっなんかこっち来た。 なんだろう。 凄い涙目。 前「あのー、一花さんいますか?」 「おおー君はいつかの前田くんじゃないお姉さんに何かようかな?」 前「この間のアドバイス通りにしたんですけど、なんか、いきなり彼氏ヅラうざいって、あんたとカップルになった覚えはないって言われて、出て行っちゃいました、どうしたらいいんでしょう」 さあ、一花さんはどんなアドレスをするんだ? 「うーん・・・・まあ次があるっしょ!」 上、前「「はっ?」」 「だって、お姉さんベッドの上の事しか分からないですううううううう」 「と、言うわけで前田くん次はしっかり彼女さんを作ってから利用してね!」 「あっ、ルームサービスのオーダー入ってる行って来なきゃっ」 そう言うとそそくさと裏に入ってしまった。 フロントに取り残された俺はこの号泣している、前田をなんとか泣き止んでもらい、しっかりお金を支払ってもらい退店して頂いた。 それにしても一花さんも最後までアドバイスをすればいいのになと考えながらフロントに居ると一花さんが戻ってきた。 「ごめんね、風太郎君に対応してもらって」 「まあ、なんとか泣き止んで頂いたので大丈夫です」 「一花さんってホテルの誘い方はアドレス出来るのに恋愛はアドバイス出来ないんですね」 「ふっ、なんでだろうね?」 そう言って、一花さんは不敵な笑みを浮かべて、もしかしたら、この人今まで彼氏いた事ないんじゃないのか?・・・と考えてしまう。 今も彼氏いないって事だよな、これはと、小さくカウンターの下で無意識にガッツポーズをしてしまう上杉風太郎だった。 「あっ風太郎君、お客さん来たよ」 「あっ、俺が対応しますよ」 「おっ、今日は風太郎君なんだか、機嫌が良いね、お姉さん嬉しいなあ」 やっぱりめんどくさいかも。 まあ、それがこの人の良いところなのかもな。 「ご利用ありがとうございます」 上杉風太郎は今日も口が裂けても言えないラブホのバイトに勤しむ。 To Be Continued・・・?.

次の

「人と接したくないからラブホでバイト」女子大生が大人のための「絵本」を作成(前編)

ラブホ の フロント で バイト し てる 俺 から アドバイス

ラブホのフロントでバイトしてる俺からアドバイスするとだな、ラブホ行って部屋の玄関開けたらすぐにもう1枚扉あるから。 絶対あるから。 それ絶対閉めろ。 それ開いてると声丸聞こえで廊下に響きわたるよ。 それで清掃の外国人の店員がドアに耳近づけて聞いてて笑顔でワ〜オみたいなの言うから。 閉めろ。 — ルパン しゅん Americaikite 衝撃的な事実が明かされたのです! このツイートに「知らなかった」といった声が寄せられる一方、「ラブホ従業員にとっては常識」といったコメントも。 また、「もしかして私の声も…」と過去に利用した時のことを振り返り、「ゾッとした」という人もいました。 「ラブホなんて利用しないから」と油断をしている人もいるでしょう。 しかし、ラブホを利用する機会がいつ訪れるかは予測不能! もしもの時のために知っておくと恥をかかずに済むかも…しれませんよ! [文・構成/grape編集部].

次の

「う、ウソでしょ…」ラブホ従業員が明かした『秘密』に、過去を振り返り…ゾッとする

ラブホ の フロント で バイト し てる 俺 から アドバイス

ラブホバイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは? ラブホバイトはきついと聞いたことがあるかもしれません。 確かに素早さが求められたり、夜のシフトが多くて生活リズムに合わないことも。 でも、楽に稼げるという意見が増えているのも事実です。 おすすめなポイントもちょっときついかもしれないところも紹介するのでぜひ確認してみてください。 ラブホバイトのおすすめポイントは苦手分野を避けて稼げるところ! ラブホバイトはフロントと呼ばれる接客担当と人と出会うことも少ない清掃担当に分かれていることがほとんどです。 これは応募の時点から分かれている傾向にあります。 そのため、体力に自信がなかったり掃除が嫌いな人はフロントに応募すればいいですし、人と関わるのが苦手な人は清掃に応募すれば大丈夫なんです。 やっぱり働くとなると苦手なことは避けたいですよね。 でも、苦手なことを避けても、実はそのまま社員への道が開くこともあるのがラブホバイトのすごいところ。 まずは自分の性格や得意分野にあった応募を選んでみるといいでしょう。 いろんなお客さんがいるところはラブホバイトのきついところ フロントでも清掃でも、いろんなお客さんがいるなあという事態に陥ることがよくあるのがラブホバイトの面白いところでありきついところです。 例えばフロントまできて喧嘩をはじめるカップルの対応に苦労したり、清掃でしたら部屋にチョコレートや生クリームが散乱していて片づけが大変だったり。 ただ、クレームは他のバイトに比べると少ない方だと言われていますし、清掃についてもペア制でなく一人で回るのが基本なので急かされてプレッシャーを感じることも少ないです。 トラブルも楽しめるようなら、きついところはないと言う人もいるかもしれませんね。 ラブホバイトの楽なポイントは平日は割と暇なところ! お客さんが来ないとフロントも清掃もかなり楽なのがラブホバイト。 他のバイトよりものんびりできることも多いです。 そして流行っているホテルでも週末以外は空いているというところがかなりの割合であります。 なので、金曜日以外の平日に当たるように上手にシフトを組んで稼いでいる人も多いとか。 フロント業務は特に暇な時間は座っているだけでいいので本を読むなど片手間に何かすることが許されているところもあります。 ただし、これはホテルによって違いますし忙しいところももちろんあるのである程度働くホテルの雰囲気を探っておくといいでしょう。 人間観察がやりがいにつながる! 仕事自体はマイペースに行えたり、黙々とした作業が多いラブホバイトです。 もちろん仕事自体をひとつひとつきちんと完了させることもやりがいになりますが、普段見られない人間模様に出会えることがやりがいになるでしょう。 ラブホの中を隠されて気になる場所と思っている人も多いはず。 そこに来るお客さんは様々で、訳がありそうだったり、時には警察への通報対象かもと身構えることも。 お店には警察からの指導もあります。 ほかの所でアルバイトをしていたら絶対に出会わなかっただろうなという場面に出会うこともしばしば起こるので、シフトに入るのが毎回楽しみになるかもしれません。 ラブホバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説! ラブホバイトの詳しい仕事内容も見ておきましょう。 苦労するポイントもご紹介します。 働き始めるは最初は辛く感じるので、どのくらいで慣れるのか気になることもあると思います。 慣れるまでの時間も解説しますのでぜひ確認してみてくださいね。 主な仕事内容は接客か清掃! 前にも書いた通りバイトは主にフロントと清掃に分かれます。 フロントは自動のところでなければお客さんに鍵を渡したり、注文のあった道具やフードを運んだり、終了時間案内の電話をかけたりします。 監視カメラで怪しい人がいれば通報することもあります。 ベッドメイクや簡単な清掃を担当することもありますが、主な清掃は清掃の人に任せます。 清掃については、研修が終われば一人で部屋を順番に清掃していきます。 シーツを替えたり、ゴミを片付けたり、お風呂を洗ったりします。 しつこい汚れにはスチームなどで対応することもあり大掛かりな掃除もあります。 家の掃除よりも本格的な清掃が学べるでしょう。 清掃は苦労するかも…でも一週間もあればすぐ慣れるよ! フロントの簡単な掃除の時であったり清掃バイトについてはあまり見ない汚れに当たることもあって最初は気後れしてしまうかもしれません。 血のついたタオルやティッシュが落ちていることも多いですし、その他他人の性的なものをいざ目の当たりにすると気持ち悪くなってしまう人も。 ただ、絶対に無理という人以外は何度かシフトに入るうちにただの汚れとして受け入れられたり、割と当たり前になってきますので安心してください。 ただ、血などがいつまで経ってもどうしても無理という人はいますので、そういう人は触れる機会の少ないフロント業務を選んだ方がいいかもしれませんね。 ラブホバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円が相場! 地域にもよりますが都内では時給1000円前後が相場になっています。 フロントも清掃も同じのところが多いですね。 ただ、清掃は昼間だけというところがかなりあるので、夜間割り増しの恩恵は受けにくくなっています。 もし夜間も働きたい場合はシフトをよく確認しましょう。 フロントだと夜の時間を活用して働けて、その上夜間料金で給与が貰えるのでかなり稼ぐことも可能です。 また、ラブホでは24時間シフト制を取っているところも多いです。 仮眠を取りつつ24時間働く、という形なので、休みの日にがっつりシフトに入ってまとめて稼ぐという方法が取れるのもいいですね。 バイトを掛け持ちするよりも時間の無駄がなく稼ぎやすいです。 時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは誠実さ! ラブホバイトでは一人の業務が多いのでリーダーシップを発揮することもあまりなく、勤務内容も基本的に決まっているので何かで目立つということも難しいです。 そのため、時給を上げるのならどうしても長い期間誠実に勤め上げることが重要になってきます。 独りきりでの作業ではサボりたくなることもありますが、ひとつひとつの仕事を真面目にこなしていきましょう。 そしてその中に自分なりの工夫を取り入れましょう。 細かい気配りなどはきっと他の社員さんにも、そして雇い主にも少しずつ伝わっていくはずです。 焦らずポイントを積み重ねて時給アップに繋げていきましょう。 ラブホバイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ! ラブホバイトの面接は基本的に突破しやすい傾向にあるようです。 ただ、シフトに多く入れる人が優遇される傾向にはあります。 24時間体制のラブホではそのシフトで問題なく入れるかをよく聞かれますし、求めている曜日や時間帯がある場合はそちらの都合が合うかの確認をされがちです。 相手の条件と自分の条件が合うのかは気にしておきましょう。 髪色や髪型はある程度自由な場合も多いですが、清潔な恰好で面接には行く方が印象がよくなります。 また、清掃のバイト希望でも面接ではある程度はきはきした受け答えがないと不安に思われますので対人関係が苦手であっても頑張りましょう。

次の