ギガファイル便 危険。 ギガファイル便は安全性?運営会社ってどんなとこ?画質は?

大容量ストレージ転送サービス4社比較!暇だったのでベンチマークテストしてみました。

ギガファイル便 危険

「ラクスルBOX」はアップロードもダウンロードも遅い ネット印刷サービスを行う「ラクスル」が提供してる転送サービス。 こちらのサービスでは最大2GBまで扱うことができ、7日間保存されます。 パスワードロックも可能で、ウィルスチェックも完備しています。 肝心のアップロード速度とダウンロード速度ですが、 アップロード:27分30秒 ダウンロード:5分5秒 という結果に。 アップロードに30分弱かかるのはさすがに不便です。 「Bitsend」は容量無制限! 保存期間14日間で容量無制限という、なんとも頼もしい転送サービスの「Bitsend」。 こちらもパスワードロックが可能になっています。 気になる転送速度は、 アップロード:2分45秒 ダウンロード:1分45秒 先ほどの「ラクスルBOX」と比べるとかなり早いです。 1GBのアップロードに3分かからないのであれば、十分実用レベルと言えるのではないでしょうか。 アクセス履歴とダウンロード履歴を見ることが可能な「up300. net」 他のサービスにはない履歴閲覧機能を利用できるのが強みの「up300. net」ですが、扱えるのは1GBまでとやや小さいです。 「Bitsend」と同じく保存期間14日、パスワードロック可能。 転送速度は、 アップロード:3分30秒 ダウンロード:1分45秒 「Bitsend」より少し遅いアップロード時間。 使えなくもないと思います。 広告が少ないのも好印象です。 履歴管理をちゃんとしたい重要なデータは、これで送ると安心かもしれません。 広告が大きい「GIGAFILE便」速度は最速! 大きな広告が目立つ「GIGAFILE便」ですが、 アップロード:1分30秒 ダウンロード:1分20秒 と、他のサービスとは比べ物にならないアップロード速度でした。 1ファイル25GBまでで、回数は無制限。 よっぽどのことがない限り送れないデータはないでしょう。 問題点は、やはり広告の多さ。 あまりに多いので業務で使うには少し気が引けます。 以上の結果から、最速は「GIGAFILE便」ですが、急ぎでない場合は「Bitsend」をおすすめしたいと思います。 「ラクスルBOX」は楽できてないですね。 試しにスタッフの高木氏に使ってもらうと、あまりの遅さに「こっちのほうが転送早いやろ!」と何か差し出されました。 「フロッピー?明らかに容量足りてない…あれ?」 MOでした。 確かに容量640MBなのでそこそこ入りますが。 読み込むドライブを探すのに30分くらいかかりそうです。 3GBの容量を誇るソニーの『EDMG23C』が存在しています。 (価格は2000円ほど)侮れませんね。

次の

簡単無料大容量ファイル転送サービス「GigaFile(ギガファイル)便」

ギガファイル便 危険

ギガファイル便のシステムとしての安全性とは? ギガファイル便はSSL通信されているか? まず安心できるデータ通信とはデータの暗号化するSSL通信を使っているかどうかです。 暗号化通信していると第三者に情報を読まれることがないのです。 ではSSL通信をしているかどうかはホームページのURLがhttps~で始まっているか?なんです。 もしURLがhttp~で「s」なしだと暗号化されていないので、そういったファイル転送サービスは避けることが必須です。 ダウンロードURLは予測されるものではないか? ダウンロードURLが簡単に予想されてしまっては、誰かにデータを盗まれる可能性が出てしまいます。 でもギガファイル便では毎回発行されるダウンロードURL 短縮URLも含む にはランダムな英数字が書きだされるため第三者がURLを予測することが防げます。 ギガファイル便はウイルススキャン機能があるか? ファイル転送サービスではアップロードした瞬間にウイルススキャンをしてくれる機能がついたサービスもあります。 その機能はギガファイル便についています。 ギガファイル便で自身でできる追加機能の安全性は? ギガファイル便はバスワードが設定できるか? ギガファイル便はアップロード時に任意でパスワードを設定することができます。 パスワードを知っている人しかデータをダウンロードできません。 パスワードを別途メールでファイルの受信者に共有すれば安全性がたもたれます。 ギガファイル便で保存期間を限定できるか? 保存期間があれば、アップロードしたデータはその期限をすぎると自動的に消去されます。 ファイル転送サービスによってはデフォルトで決まっていて選べないところもありますが、ギガファイル便では「7日間、14日間、21日間、30日間、60日間」と5種類選ぶことできます。 データが流出しないためにはずっとギガファイル便のサーバー上にあるのを避けたいので短ければ短いほうがいいですが、受信者の都合もあるのでそれはTPOで使い分けて下さい。 ギガファイル便はアップロードしたデータを消去することができるか? データを受信者がダウンロードしたら送信者又は受信者が消去出来た第三者に漏れるリスクを減らせますよね。 ギガファイル便はダウンロードURLにアクセスするとデータの消去ボタンがついています。 ファイルアップロードの際に削除キーが発行されるのですが、そのキーを入力することでアップロードしたファイルを消去することができます。 もし、削除キーを忘れてしまった場合は、設定した保存期間まで消すことができません。 運営会社に連絡としても対応してくれません。 まとめ ギガファイル便の安全性はハード面やソフト面で様々なセキュリティで保たれています。 ファイル転送サービスの中でも大容というところに特化していて、特段安全性やセキュリティ面で独自の機能としてはウイルススキャンぐらいです。 ファイルに PDFやZIPファイル パスワードロックなどプラスアルファすることでより安全性が保たれますので、もし安心安全にファイルを送りたい場合はすべての機能を活用してみてはどうでしょうか。

次の

宅ふぁいる便の事件に学んでわかった! 「GigaFile便」が最強のファイル転送サービスである理由

ギガファイル便 危険

データ転送サービス「 宅ふぁいる便」が大変なことになっています! 2019年1月28日の「 宅ふぁいる便」のプレスリリースの通り、外部からの不正アクセス攻撃を受け、 約480万件のお客さま情報が漏洩された事が発表されました。 これまで宅ふぁいる便を利用してきたユーザーはどのように対応すればいいのでしょうか? 宅ふぁいる便の代わりとなるデータ転送サービスはあるのでしょうか? この記事でわかること• 宅ふぁいる便の情報漏えいに関する情報を掲載しています。 メールアドレス、パスワードの安全性を確認できます。 宅ふぁいる便に代わるデータ転送サービスを紹介しています。 オンプレミス型のデータ転送サービスを解説しています。 一度でも「宅ふぁいる便」を使ったことがある方は、登録に使っているメールアドレスに妙なメールが届いていないかを確認してください。 宅ふぁいる便を装うフィッシング等の偽装メールは届いてませんか?周りのユーザーにも教えてあげてください。 当記事では、 宅ふぁいる便の漏えい情報と 宅ふぁいる便に代わるデータ転送サービスを紹介します。 スポンサーリンク 2005年~2012年にユーザーが回答した情報• 居住地の郵便番号• 勤務先の都道府県名• 勤務先の郵便番号• 配偶者• とはいえ、今後、ユーザーに対してさまざまな影響が考えられます。 なりすましメール(偽装メール)に注意! 例えば、銀行やカード会社を名乗ったなりすましメールが届くかもしれません。 不審なメールが届いたら、 絶対にリンクをクリックしないようにしましょう。 また、宅ふぁいる便を退会済みであっても、登録したときの情報が漏えいしている可能性があります。 漏えいしたユーザーに対しては順次「宅ふぁいる便」の運営会社からメールが送られています。 念のため、メールが来てないユーザーも気をつけましょう。 復旧のめどはたっていません。 送り先にデータを受信されたか確認 また、1月13日~23日にかけて「宅ふぁいる便」を通じて送ったデータが相手に届いていない可能性があります。 同期間に「宅ふぁいる便」を利用した方は 必ず送り先に確認しましょう。 宅ふぁいるビジネスプラスは情報漏えい無し 「宅ふぁいるビジネスプラス」は宅ふぁいる便とは別システムになっている為、情報漏えいは確認されていません。 なお、宅ふぁいる便の退会はサービス停止中の為できません。 それではユーザーはどのように対応すればいいのでしょう!? メールアドレス・パスワードの漏えいの有無を確認できるサイト 宅ふぁいる便以外でも過去に情報漏えいした例は多々あります。 そこで、あなたのメールアドレス・パスワードの漏えいの有無を確認できるサイトがあります。 それが、ここで紹介する「」と「Have I been pwned? 」です。 メールアドレスは「Firefox Monitor」、パスワードは「Have I been pwned? 」を使います。 Firefox Monitorの使い方 「 Firefox Monitor」の使い方はとても簡単です。 あなたのメールアドレスを入力し、検索すればいいだけ。 結果はすぐに出ます。 情報が漏えいした場合はデータ侵害日や侵害されたサイト、漏えいした情報が表示されます。 3年前にDailymotionから私のメールアドレスが漏えいしたようですが、今日まで具体的な被害はありません。 それでも、念のためにDaily motionのアカウントを削除しました。 Gメールの方は問題なかったようです。 アカウントのメールアドレスをGメールに変更したいと思います。 Firefox Monitorの使い方 次に「 Have I been pwned? 」の使い方です。 をクリックします。 今後、漏えいが発覚したパスワードは使わないようにしましょう。 とりあえずは安心ですね。 「 Firefox Monitor」と「 Have I been pwned? 」は日本のサイトはカバーしていません。 あくまでも参考程度にとどめておくことがよさそうです。 宅ふぁいる便に代わるデータ転送サービスは? 宅ふぁいる便のような データ転送サービスは他にも多々あります。 ここでは、 宅ふぁいる便の代わりになるデータ転送サービスを紹介します。 ネット便 は宅ふぁいる便のような 個人情報の登録は必要ありません。 保存データの暗号化に対応している為、セキュリティ面も安心。 送信方法はドラッグ&ドロップか参照してデータを選ぶだけ。 一度に対応できる写真の枚数は10枚です。 また、 短縮URLも発行も可能。 最大2ギガまでファイルを送信できます。 データ便 はネット便と同じ会社が運営しています。 無料サービスと有料サービスを提供しているのが特徴。 有料サービスの料金はビジネスプランで 月500円です。 ビジネスプランだと、無制限で大量のデータを送受信することができます。 ギガファイル便 は 無料で個数無制限、100Gまでファイルを送受信できます。 保持期限7日と他のファイル転送サービスよりも 保存期間が長いことも特徴。 また、1度に10枚以上の写真がアップできるのも便利です。 ラクスル は印刷会社が提供しているデータ転送サービスです。 ラクスルは 会員登録が必要で、最大2ギガまで送信できます。 送信画面がシンプルなので、急いでデータを送りたい時に役立ちます。 おくりん坊 は、500メガまでのデータならすぐに送る事ができます。 送るというか、アップロードしたデータを送り先にダウンロードして貰います。 会員登録をすると 最大2ギガまでデータ転送ができます。 データ保存日数は7日です。 オンプレミス型の転送サービスの検討も! 宅ふぁいる便も含め上で紹介したデータ転送サービスは クラウド型です。 クラウド型だと、どうしても宅ふぁいる便のような セキリュティー面での不安が残ります。 また、運用も提供会社に一任するしかありません。 重要なファイルデータを転送したい場合は オンプレミス型のデータ転送サービスを検討するのも良いでしょう。 オンプレミス型の転送サービスだと、自社にデータ転送サーバーを設置することになります。 そのため、今回のような外部からの攻撃や情報漏えいのリスクが大きく減少します。 また、自社サーバーなので、コンプライアンスに合ったカスタマイズができるのも強みです。 オンプレミス型の転送サービスの代表例としては「」が挙げられます。 宅ふぁいる便への対応、その他の転送サービスに関するまとめ これまでの間、 宅ふぁいる便を使った事がある方はかなり多いはず。 最後に、宅ふぁいる便ならびにその他データ転送サービスに関する注意点をまとめておきます。 宅ふぁいる便にて個人情報が漏えいしたユーザーに対しては運営会社から告知メールが送られています。 2019年1月現在、宅ふぁいる便を退会することはできません。 宅ふぁいる便で登録したメールアドレス・パスワードを他サイトでも使っている場合は早急に変更しましょう。 宅ふぁいる便に代わるデータ転送サービスは多々あります。 重要なデータを送受信する場合はオンプレミス型のデータ転送サービスも検討しましょう。 以上、 宅ふぁいる便の漏えい情報と 宅ふぁいる便に代わるデータ転送サービスの紹介でした。

次の