盗聴器発見器。 盗聴器発見器はこれがいい!プロが選んだ発見器3選と探し方のコツ|生活110番ニュース

盗聴器発見業者おすすめ

盗聴器発見器

ちょっと待った!自作の発見器で盗聴器を探すのは難しい 盗聴器は名前の通り誰かの声や発した音などを盗み聴く機械のことをいい、浮気調査などでおおいに役立ってくれます。 最近では盗聴と同時に 録音機能が付いているものもあり、特定の誰かにバレずに調査するためには欠かせないアイテムです。 よい使い方をすれば心強いアイテムの盗聴器ですが、逆をいえば、誰かを脅したり、不幸にしたりするなどの目的にも使われるのも盗聴器です。 近年、この盗聴器を使った犯罪が多くなっています。 実際に自分が盗聴の被害に遭っているかも、と思うと気が気ではありません。 もし被害に遭っているのならば早めに盗聴器を見つけてなんとかしたいものです。 盗聴器は自分で探すのは難しい なにかがきっかけで「盗聴器が家に仕掛けられていないか調査したい」そんな人もなかにはいらっしゃいます。 盗聴器の捜索方法のなかには自分でできるものがあるようですが、最近の盗聴器は高性能なため、自分で探す方法は見つけにくいとされています。 しかし、たとえ探すのが難しく、見つかりにくいとしても、自分で一度探してみれば精神的な気休めにはなるかもしれません。 そこで、 自分で探す方法をいくつかご紹介していきます。 【発見方法1】FMラジオを使う 盗聴器の電波の周波数はFMラジオの周波数と同じもの、または似ているものを使っています。 その仕様を逆に利用し周波数をキャッチする方法です。 【1】盗聴器を探したい部屋のテレビをつける、または音楽をかける 【2】FMラジオを電波がキャッチできる状態にする 【3】周波数を低い方から徐々に高くしていく 【4】部屋で付けているテレビや音楽の音が聞こえたら盗聴器が仕掛けられている可能性があるので、FMラジオを持って調査をする 【5】盗聴器にFMラジオを近づけるとハウリングなどを起こしたりする。 そうすれば盗聴器を素早く取り除く 【発見方法2】目視 FMラジオなどがない場合は、目視で盗聴器を見つけるほかありません。 盗聴器の多くは壁コンセントの中に仕掛けられていたり、コンセントタップそのものが盗聴器であったりしますので、疑わしい場所をくまなく調査します。 しかし、最近の盗聴器は巧妙に作られているうえ、必ずしもコンセントなどの比較的わかりやすい場所に設置されているとも限りません。 やはり、 業者を雇って探した方が早く安全に盗聴器が撤去できることでしょう。 【発見方法3】動作中のアプリを確認する 盗聴するのに盗聴器が必要不可欠ですが、もしかしたら自身の持っているスマートフォンやタブレットが盗聴器になってしまっていることもあります。 ウイルスなどによって知らない内に 盗聴アプリをダウンロードされていたというケースがあるようです。 盗聴だけでなく、個人情報などが盗まれている場合もあります。 他にも、自動応答機能のあるスマートフォンを部屋に潜ませておいて、そのスマートフォンに電話して盗聴するという方法や、レコーダー機能で何か音がした時だけ反応し録音され、それを後から聴くといった方法もあるようです。 盗聴器を調べる前にも、 対ウイルスソフトの導入や怪しげなサイトにはアクセスしないようにするなど、日ごろから気を付けることが必要でしょう。 【発見方法4】盗聴器発見器を使う 最近では大手通販サイトなどで盗聴器発見器が売られています。 簡易な発見器であれば手軽に購入することができます。 また、盗聴器発見器の種類は3章「」でご紹介します。 盗聴器を発見した場合は…… 盗聴器を発見した際は、本当に盗聴器なのかを確認する必要があります。 もし盗聴器を発見した際は、プロの業者に依頼をして設置場所などを確認してもらいましょう。 盗聴器が本物かどうかを確認後、 はやめに警察へ被害届を提出することが必要です。 この際、 住居侵入罪などの犯罪行為で被害届を提出することができます。 盗聴器を発見した後は、盗聴器が発見されてしまったと犯人に気づかれてしまう可能性があります。 自宅内で盗聴器を発見し、今後盗聴器による被害にあわないためには、 ・引っ越しを考える ・自宅の鍵を変更する ・一人暮らしの場合は誰かの家に避難する ・なるべく一人で行動をしない などの行動がとても大切です。 ひとりで抱え込まず、家族や友人など周りに相談をしながら対策をおこないましょう。 盗聴器を仕掛けられているかも。 そう思ってしまう根拠とは 「盗聴器が仕掛けれているかもしれない……」そんな疑心暗鬼に陥るのも、なにか理由があるはずです。 盗聴器が仕掛けられているかもしれないという根拠をひとつずつ探してみましょう。 〇家族や友達しか知らない会話を知っている たとえば家族との何気ない会話や、友達との会話など、他人が知りえない情報のはずなのに知っていた場合は盗聴器を仕掛けられているかもしれません。 もちろん、会話をしていた状況にもよります。 しかし、「絶対に他人が聞けない状況でした会話」なのに他人がその情報を知っている場合は、盗聴器を仕掛けられていると考えてしまうのも仕方がないことでしょう。 〇部屋につけた覚えのないコンセントタップなどがある 盗聴器のなかにはコンセントタップ型の簡易な盗聴器などがあり、比較的簡単に購入できます。 コンセントタップ型の盗聴器は設置すれば盗聴が可能になるうえに、家に侵入して短時間で設置できることからよく家に仕掛けられるタイプとなります。 また、壁コンセントの中に仕掛けるタイプの盗聴器などがあります。 見覚えのないコンセントタップが増えているなどの異変があれば一度調べてみるとよいでしょう。 〇知らない誰か、他人が自分の行動を把握している 知らない誰かが自分の行動を把握している。 外に誰かの気配を感じる場合は、盗聴器が仕掛けられている可能性が低くありません。 知らない誰かが教えてもいない自分の行動を把握している場合は注意してくださいね。 見つかりにくい盗聴器について 自分で探す方法で見つかるのは探知しやすい周波数を放つアナログ式の盗聴器であることが前提です。 ・デジタル式 ・スクランブル式 ・リモコン式 ・盗聴アプリ このような盗聴器は特別な仕様となっているため、自分で探す方法では見つかりにくいことがあるので留意しておきましょう。 盗聴器が仕掛けられやすい場所 盗聴器はどこにでも仕掛けられているというわけではありません。 盗聴器には仕掛けられやすい場所があります。 自宅や企業のオフィス内では、電源コンセントや電話機が設置してある周辺に盗聴器が設置している可能性があります。 最近では 電源タップ・延長コードや電源ソケットなど、従来しようしているものを気づかれずに盗聴器型にかわっていたケースが多くあります。 室内ではそのほかにも 時計の裏やエアコンの中、パソコン機器の内部に盗聴器を仕掛けられてしまっている場合があります。 自宅や会議室など戸締りをしっかりとおこなっていない際に犯人が侵入して盗聴器を設置していくことが多くなっています。 日ごろから使用しているものなどで、何か不審な点がひとつでもある場合は、盗聴器を疑って調べることが必要です。 また、屋外にも盗聴器は設置される可能性があります。 屋外の場合だと、 玄関回りや電気メータ・ガスメーター付近に設置される可能性があります。 この場合、ガス業者や電気業者に偽って盗聴器を設置するケースが多発しているようです。 盗聴器は 電源が近くにあるところに設置されていることが多いです。 そのため、屋外で電源タップがある場合は、不審なものがついていないかを注意して盗聴器を調べることが必要です。 盗聴器発見のプロに聞いたおすすめ発見器 盗聴器を発見する機械は実は、通販サイトなどで販売されており、比較的簡単に入手することができます。 入手できる発見器の数は多く、どの発見器を選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。 この章では盗聴器の発見におすすめな機械についてご紹介していきます。 バグスポッター バグスポッターは電波や信号などをキャッチすると識別音を鳴らし、発信源へと識別信号を送信します。 発信源から帰ってきた信号によって盗聴器かを判断するものになります。 盗聴器からの電波であれば識別音は警告音に変わり、盗聴器の存在を知らせてくれます。 盗聴器以外の電波の場合は識別音のみ鳴り、警告音は鳴らないものになります。 キャニング周波数が広範囲になり、VHFとUHFの盗聴発信機の発見に特化しています。 また、盗聴の電波をスキャンして発見するだけでなく、ラジオモードとアラームLED機能により盗聴器の仕掛けられている場所を追い込むことができます。 発見器の種類について 盗聴発見器の種類はおもに 2つあります。 ひとつ目は ハンディタイプと呼ばれる小型の発見器です。 トランシーバーの形をしたものが多く、盗聴器から発信されている電波をキャッチして、特定の場所に盗聴器があるかどうか調べます。 一般的に売られている盗聴器発見器はこのタイプであり、先ほど紹介した発見器はすべてこのハンディタイプとなります。 ふたつ目はおおきめなサイズが特徴な デスクトップタイプです。 ハンディタイプと同じく、盗聴器の電波をキャッチしてくれます。 電界度やスキャンの性能が高いため、ハンディタイプより高度な盗聴調査を可能とします。 高性能ながら高価なため、使うことができるのは ごく限られた業者のみとなります。 発見器を購入するときの注意すべきポイント 「盗聴器が仕掛けられているかどうか心配だし、これを機に発見器を購入したい」と思われる人もいらっしゃるでしょうが、少しだけお待ちください。 発見器を購入するのはいいですが、購入するときは注意するべきポイントがあります。 こちらに目を通してから購入を検討するのもよいでしょう。 【注意1】発見器は「万能」ではない まず、注意するべきポイントのひとつ目は、盗聴発見器は万能ではないという点です。 盗聴器の発見器は盗聴器が出す電波をキャッチして、盗聴器がある場所を大まかに特定することができます。 しかし、詳細な盗聴器が仕掛けられている場所は自分で探さなくてはいけません。 詳細な場所を探すための根気強さが必要になってきます。 盗聴器発見器の相場は 約2~5万円といわれています。 それに対し、業者の盗聴器発見の依頼費用は 約2万円~といわれています。 一見、発見器の相場と変わらないかもと思われるかもしれません。 しかし、高性能な発見器を使って盗聴器を探してくれるほか、追加で依頼すれば盗撮被害の調査も請け負ってくれる場合があるのです。 レンタルサービスは業者にもよりますが、2日間で2,000円ほど貸し出してくれるところもあります。 必ずしも、発見器を購入して盗聴器を見つけるという手段が正解というわけではありません。 自分に合わせた方法で盗聴器を見つけましょう。 盗聴器じゃなくて、盗撮用の送信機が発見されるケースも 盗聴器の発見器を使っていると、盗撮用の送信機が発見されるケースもあるようです。 盗撮器の送信機は盗聴器と同じ原理で動いているため、盗聴器発見器で見つかることがあります。 しかし、盗聴器と同じ原理で動いているといっても、盗撮器用の送信機と盗聴器の電波には大きな違いがあるので、一般的に入手しやすい発見器では見つけられるケースは少ないのです。 こういった点を考えると、盗聴器調査をする場合は プロに依頼したほうが得られるメリットは多いといえます。 発見器を使った盗聴器の発見の仕方 発見器を使った盗聴器の発見の仕方がわからないと思われる人もいらっしゃるでしょう。 そこでハンディタイプの発見器の使い方についてご紹介します。 【1】電波を受信するアンテナを盗聴器がありそうな場所へ向ける。 【2】音がしたり、ハウリングがしたりする方向を探す。 【3】音が近くなったら音を鳴らしてどこに盗聴器があるか探す。 盗聴器が発見できないときの対処法 盗聴器が発見できないときの対処法としては、やはり 盗聴器をみつけるプロに頼んで見つけてもらうほかがありません。 自分で発見器などを使って見つける方法は電源が付けられている盗聴器に限ります。 デジタル派を出しているものや、遠隔操作で盗聴器の電源を操作できるもの、また、自動で電源が切り替わる盗聴器などは、素人が見つけるのは至難の業です。 また、盗聴器は見つからなくても、動画として残しておける盗撮器が家のなかに仕掛けられている可能性がないとはいいきれません。 こういったものを見つけるためにも盗聴器を見つけるプロに頼んで見つけてもらった方がいいでしょう。 盗聴器を仕掛けること自体は犯罪にならない場合もあります 日本では盗聴行為自体を規制する法律が整備されていません。 ではなぜ、盗聴器を設置した犯人を捕まえることができるのでしょうか。 実は、盗聴器は 仕掛ける過程や その情報をもとになにかをすることで法律に引っかかってしまうことがあります。 例えば、盗聴器を他人の家に仕掛ける場合、家の中に侵入して仕掛けなければいけません。 勝手に他人の家に侵入することは 住居侵入罪に当たります。 盗聴した情報を元に脅したりすれば 脅迫罪などに該当しますし、盗聴器を仕掛けるために家のものを改造すれば 器物損壊罪などに関係します。 また、他人の家の電話線を切断したり、改造して盗聴器を仕込めば、 有線電気通信法違反にも該当してしまうのです。 この他にも盗聴、盗撮したデータを販売してしまえば、 プライバシーの侵害、個人情報保護法にも違反してしまうことでしょう。 盗聴器の仕掛け方や、盗聴したデータの扱い方によっては犯罪を犯してしまうケースがあるのです。 仕掛け方によっては盗聴器を仕掛けることが犯罪ではないといっても、盗聴器の悪用は今挙げてきた法律などに抵触してしまいます。 悪用目的で盗聴器を仕掛けるのは自分自身を貶める行為です。 興味本位で人に迷惑をかけることがないようにしましょう。 盗聴器を仕掛けられないためには 盗聴器を仕掛けられないために事前に対策をすることで、盗聴被害を防ぐことができるかもしれません。 自分でもできる事前対策をご紹介いたします。 自宅やオフィスの不法侵入を対策する 盗聴器を自宅やオフィス内へ設置されないために一番重要なのは、不法侵入を防ぐことです。 そのため、日ごろから戸締りや入退室管理をしっかりとおこなうことがとても大切です。 電源タップに不審なものが刺さっていないか確認する 電源付近にいつもは刺さっていなかったものが、いつの間にか刺さっていた場合は盗聴器の可能性があります。 使用していない電源タップと使用している電源タップを管理することで盗聴器の設置を防ぐことができます。 また、使用していない電源コードがある場合はそのまま放置せずに片づけることで盗聴器設置を防ぐことができます。 引っ越し時の出入りに注意をする 引っ越し作業をおこなっているときは、車から部屋に荷物を移動するため自宅は簡単に侵入しやすい状況になっています。 引っ越し時には注意をして作業をおこなうことが必要です。 引っ越し前に盗聴器が設置されている可能性もあります。 事前に盗聴器を調べることで安心して生活をすることができます。 まとめ 盗聴器は便利なアイテムである反面、使い方次第では危ないものです。 盗聴器を仕掛けること自体は犯罪ではないものの、その情報をもとに脅したり、他人を陥れたり、仕掛けるために侵入したりすると犯罪者の仲間入りをしてしまうことでしょう。 盗聴器の悪用は絶対にやめてください。 もし、仕掛けられた盗聴器を発見したい場合はプロに盗聴器の発見を依頼してみてください。 もしかしたら、盗聴器と合わせて盗撮器も発見できるかもしれません。 盗聴器が仕掛けられていると思ったら、ひとりで抱え込まず信頼できる家族や、盗聴器発見のプロに相談してみてくださいね。 (この記事は2020年7月16日に加筆・修正しています).

次の

盗聴器の調査・発見が追加料金無し|盗聴器発見110番

盗聴器発見器

自分で盗聴器を見つけたいんだけど 盗聴器発見器って値段も高いしを数時間から数日単位でレンタルってあるのかな? レンタルするときに使い方を聞けばいいし、調査方法はネットで調べれば何とかなるだろう。 盗聴器の調査を業者さんに頼むのは金額的に無理そうだし、自分で探そうとしたときの金銭的なネックは盗聴器発見器ですよね。 それを2~3日レンタルできればお金をあまりかけずに盗聴器を発見できるかもしれませんね。 当ブログでは、盗聴器ってレンタルできるのか、値段はどれくらいなのかを調査してみした。 しかしあなたが探し回って見つけた情報とほとんど同じかもしれません。 ですが、今回の調査で盗聴器のレンタルの情報を探すよりもっと簡単に確実に盗聴器を見つける方法を知りました。 私の考えをこの記事の最後のほうに載せております。 ぜひ最後までご覧ください。 盗聴発見器のレンタルの以外に気づかない長所・短所とは? 盗聴器発見器はネット上で販売されていますが値段は数千円から10万円以上まで様々です。 いざ買おうとなると一体どれがいいのか分かりませんよね。 数千円のものと10万円のものでは性能もまるで違いますし。 そんな時はレンタルという手があります。 自分で探すつもりであればレンタルもいとつの手段でしょう。 では盗聴器発見器レンタルの長所短所は知っておきましょう。 盗聴器発見器レンタルの長所• 高級な機材も安くで使用できる• 適切な盗聴器発見器を教えてくれる業者もある• 機材の使い方を説明をしてくれる業者もある• 購入を考えていた場合、前もって使い勝手などの確認が出来る• 一般の人はそう何度も調査するものでもないのでトータルでみて購入より安くすむ場合が多い。 盗聴器発見器レンタルの短所• 自分で調査をしなければいけないので使用方法をしっかりわかっていないとかなり難しい• 複数の機材がレンタルされているのでどれがよいかわからない• 万が一機材が故障した場合、弁償しなければいけない• 最初に保証金が必要な場合がある• レンタル は機材が手元に残らない。 盗聴器発見器どこでレンタルできるの? 盗聴器発見器のレンタルしてくれるところは、通販で盗聴器を販売しているショップや探偵事務所です。 盗聴器発見器のレンタル料はどれくらいなの? レンタルしてくれる場所や機種、日数によってかなり幅があります。 一台一日2000円程度や一泊2日8000円程度など買うよりはかなり安いです。 盗聴器発見器のレンタルで発見できるのか? これが一番の問題ですね。 レンタルできたとしても 盗聴器を必ず見つけられるとは限りません。 借りるときに丁寧に使い方を教えてくれるはずですが、盗聴器発見器を使いこなせるか、どこに盗聴器が仕掛けられてそうなのか、盗聴についての知識がないと、いくら高性能な盗聴器発見器をレンタルしても盗聴器の発見は難しいでしょう。 この様に、立派な機材をレンタルできても盗聴の知識や盗聴器を見つけるノウハウが無いと盗聴器を見つけることはできません。 しかし、一般の人にはこのような知識を持ている人はほとんどいないのではないでしょうか? 本やインターネットで探してみてもしっかり実践できる情報はないでしょう。 したがっていつまでたっても盗聴の恐怖から逃れることはできないのです。 だから、 確実に実践できる確かな情報とそれでいて最小限の出費で盗聴器を発見できる方法を見つけ出し実践することが あなたにとって今の苦痛から抜け出す一番の近道になるのではないでしょうか? 最小限の出費で自分で盗聴器を見つける方法とは?• 今現在盗聴の知識が「0」でもOK• 飲み込みが悪くても盗聴器を見つけることができます• 早ければ1~2時間ほどで実践できます。 お役立ち情報 盗聴器発見器の種類 盗聴器発見器にはどのような種類があるのでしょうか?値段や性能、特徴などを知って自分に合う発見器を見つけましょう。 電波を感知するタイプ 広い範囲の周波数のさまざまな電波を感知できるタイプです。 安価なので、はじめて盗聴器発見機を購入するという方におすすめです。 しかし、盗聴器以外の電波も感知してしまうので、あらかじめ盗聴器がどこにあるのか目星をつけておく必要があるのが難点です。 盗聴器が発信する周波数のみを感知する タイプ 特定の周波数帯の電波のみを感知するタイプです。 盗聴に使われることが多い周波数をあらかじめ設定しておき、その周波数のみに反応します。 受信周波数帯があまり広くないのが特徴です。 盗聴器以外の電波には反応しないので、より確実に盗聴器を探せます。 音声を受信するタイプ 実際に盗聴器で盗聴されている音声を傍受することで盗聴器を探すタイプです。 盗聴器に使用されている周波数をあらかじめ設定しているモデルもあります。 ある程度の経験が必要ですが、使いこなせれば盗聴器をかなり高い確率で発見できます。 コラム 最近面白い刑事ドラマが少ないと思います。 やっぱり「相棒」でしょうか?たまにこじつけっぽいときもありますが、一番面白いと感じます。 映画でもテレビでも伏線が張られてて見る側も推理しできるのが楽しみです。 電車の時刻表のトリックなどはちょっと興味がありません。 ほんの小さなきっかけ(ほころび)が事件を解くカギになるところは最高ですね。 ショッキングな最終回や、ただ人が死んでゆくだけではなく、小説にしろ、テレビ映画にしろ、巧妙に仕組まれたトリックを崩すその快感が刑事もの、探偵ものの醍醐味です。

次の

盗聴器発見器ランキング|盗聴器発見機は何で比較するのが基本?

盗聴器発見器

---------------------------------------- 【お知らせ】スマートフォンの方は上のCATEGORY(カテゴリー)から気になる価格帯の盗聴器発見器比較記事をご覧ください。 PCでご覧の方は左側Menuから価格帯別の比較一覧表をご覧いただけます。 ---------------------------------------- 盗聴器発見器と一口に言っても安いものから高いものまでいろいろあるのは皆さんご存知のとおりです。 価格が高いほど性能が良い傾向にあるのは事実ですが、その分取扱いに専門的な知識を要する傾向にありますので、高額な機器を買えばよいというものでもありません。 用途や目的、さらには機械操作に強いか弱いかなどをしっかりと把握したうえで盗聴器発見器を選びましょう。 当サイトでは、価格帯ごとに盗聴器発見器の比較を行っています。 1,000円の発見器と10万円の発見器の性能を比較することは馬鹿げていますから・・・。 評価については、AからEの5段階評価となりますが、これは【盗聴発見器比較人】の使用感や元発見調査員としての経験による独自評価です。 予めご了承ください。 そして、これは【盗聴発見器比較人】からの勝手なお願いではありますが、 このサイトが「ためになった」、「役に立った」と思われましたら、左側サイドバーにあるランキングサイトのバナーをどれでもけっこうですので、ポチッとクリックしていただけましたらたいへんうれしく思います! では、盗聴器発見器を比較・購入する際に、明確にしておいたほうが良いポイントをおさえておきましょう!! 1.予算 盗聴器発見器には1,000円程度で買えるものもあれば数万円するものもあります。 どれ位までだったら購入できるのか?ある程度予算を決めておくとよいでしょう。 予算を大きくとれるのであれば、専門の盗聴器発見業者に調査をしてもらうことも選択肢の一つになりえます。 2.機械に弱いか強いか? 高額な発見器はプロが使用する調査機材に近づくため、機械の操作は難しいものが多くなります。 安い発見器は用途を絞っているため、誰でも簡単に使えるようになっています。 見栄を張って高額なものを買っても自分が使えないのであれば意味がありません。 3.どのような用途で使用するか? その名の通り「盗聴器を発見するのが盗聴器発見器」ですが、あなたはなぜ購入を検討しているのでしょうか?「一人暮らしをするので部屋に盗聴器がないか調べるため念のために購入したい」、「自宅に盗聴器がすでに仕掛けられているはずで、その盗聴器を発見したい」、「会議前に会議室に盗聴器が設置されていないか調べたい」思いつくだけでもその理由はたくさんあります。 会議前に素早く盗聴器の有無を調べなければならないのであれば、発見精度とともにスピードも求められます。 対して自宅の盗聴器をどうしても自分で発見したい場合であれば、スピードよりも精度を優先するほうがいいでしょう。 盗聴器発見器の価格は様々で、発見の精度もスピードも違います。 以上の3点を明確にすることで、あなたに適した盗聴器発見器をみつけることができるでしょう。 <盗聴器発見器に関する注意点> 盗聴器発見器と言われるものは基本的に無線式盗聴器を検知対象にしています。 そのため、有線式の盗聴器については検知ができないものがほとんどです。 デジタル式盗聴器の対応についても検知できないまたは検知しても本当に盗聴器がそこにあるかどうか判別できないものが多いため注意が必要です。 また、家電製品は多少に関わらず電磁波・電波を放出しているため、正規の家電製品に誤反応してしまうこともあります。 よって、盗聴器発見器を使用される場合には、「反応が出たから盗聴器がある」、「反応が出ないから盗聴器はない」と言い切れるものではないことを事前に理解しておかなければなりません。 盗聴器の発見に機能を絞った製品で操作が簡単。 価格は安めに抑えられた物が多い。 ただし、音声による確認ができないため、反応があった場合に本物の盗聴器なのかどうかが分かりづらい弱点がある。 ) 簡易発見器のタイプは、基本的に検知範囲にある周波数の電波の強弱によって盗聴器の有無を判別します。 そして、音や光によって電波発信源を知らせてくれます。 例えば、時計の中に盗聴器が組み込まれていて、発見器が反応したとします。 そして、時計に近づくと音が激しく鳴ったり、光が緑から赤に変わるといった形で電波発信源が近くにあることをお知らせしてくれるのです。 このお知らせ方法は発見器により異なります。 音が鳴る間隔が短くなるものや針の振れが強くなるものなどいろいろありますので、分かりやすい表示または告知方法を採用している発見器を選ぶといいでしょう。 ただし、簡易発見器には最大の弱点があり、簡易発見器が反応を示したものが本当に盗聴器であるかどうかの判断ができません。 よくある誤検知は、電話、テレビなどの正規家電製品に対して簡易発見器が反応してしまうケースです。 その家電製品の中に本当に盗聴器が入っている場合もありますが、一般の方には見分けはつきません。 分解して中を調べても電子機器の知識がない方であれば、どれが盗聴器の基盤やマイクなのか分かりません。 かといって捨てるわけにもいかず、結局、盗聴器発見業者に調査を依頼することになるケースが少なからずあることも知っておいた方がいいでしょう。 2.受信機タイプ 盗聴器の氾濫による発見ニーズの高まりにより「盗聴器発見機能」を搭載した製品が数多く製造されるようになった。 盗聴器かどうかを音声で確認ができるのが最大のメリット。 また、受信機本来の多機能性も魅力だが、扱いには少々慣れが必要な機種が多い。 受信機タイプの盗聴器発見器は、レシーバーとか広帯域受信機などと呼ばれ、世に飛び交う音声交信電波を広く受信するために作られています。 そのため、盗聴器だけでなくタクシー無線やコードレス電話などの電波を受信し、その会話を聞くことができます。 受信機を盗聴器の発見に使用するには、機械を操作して一定の周波数帯をくまなく受信し盗聴器が拾っている音または声などが受信機から聞こえてくるかを耳で聞いて判別しなければなりません。 そのため、結構な時間が掛かる作業になるのですが、盗聴器発見機能が付いた受信機が販売されるようになり、機械操作に弱い方でも簡単に操作できるようになりました。 しかし、ボタン一つの簡易発見器よりは、扱いは若干難しいと言えるでしょう。 受信機タイプの盗聴器発見器の最大の特徴は、本当に盗聴器なのかそうではないのか?が自分の耳で確認できるため、誤検知が極めて少ないことです。 本当に盗聴器がある場合は、盗聴器が拾っているその場の音声を受信機で聞くことができます。 ) 自分の目的・用途を明確にすることで盗聴器発見器の比較もしやすくなります。 やみくもに数多くある盗聴器発見器を比較しようとしても混乱してしまうだけですので、価格帯を絞る・音声確認が必要かどうか?などを考えてから探すと対象が絞れて比較がしやすくなります。 ただし、簡易発見器タイプも受信機タイプもそうですが、有線式の盗聴器やデジタル式の盗聴器には対応していませんので、発見器を使用して得られた結果が盗聴器の有無を100%保証するものではないことをきちんと認識したうえで使用するようにしましょう。 盗聴器発見器の比較とは直接関係のない内容ではありますが、せっかくたくさんの盗聴器発見器の中から比較して買ったものでも、正しく使いこなせなければ意味がないため、正しい使い方を知っておくことは重要です。 それぞれの発見器の細かな操作方法については、マニュアルが付いているものはそれにしたがっていただくとして、このページでは基本的なイロハのイをお教えします。 でも、イロハのイと言っても知らない人が案外多いので、盗聴器発見器を購入して使ってみようと考えている方は、ぜひ読んでおいてください。 また、もうすでに盗聴器発見器を持っている方も間違った使い方をしていたら意味がありませんので、一度チェックしてみることをお勧めします。 1.盗聴器発見器の向き まず、勘違いをしていることが多いのが盗聴器の向きです。 アンテナを指示棒のようにして盗聴器があると思われる方向にアンテナの先を向ける方が意外と多いのですが、これは間違いです。 電波の受信感度が悪くなってしまいます。 2.周波数とアンテナの長さ これも勘違いしている方が多いのですが、アンテナは長ければ長いほど受信感度が良くなるというわけではありません。 実は、周波数によって受信効率のよいアンテナの長さがあるのです。 計算式がありますので、380MHzで計算してみましょう。 3947m(メートル) 380MHzの場合、アンテナの長さは約39cmということになります。 しかし、これだと80MHzを受信するときは、約188cmもアンテナの長さがいるということになります。 これだと80MHzで約94cm、380MHzで約20cmとなります。 盗聴器発見器ももちろんこのアンテナの長さが関係してきます。 盗聴器で使用される周波数は400MHz位までが多いため、伸び縮みするアンテナが付いていると重宝します。 (注) アンテナ長が合わなくてもその周波数の電波を全く受信しないわけではありません。 3.ハウリングによる盗聴器探知方法 次に受信機(レシーバー)タイプの盗聴器発見器(簡易発見器タイプでもスピーカーで音声確認ができるものを含む)で、ハウリングによって盗聴器の設置箇所を探す場合の使い方です。 カラオケ屋さんで皆さんも体験したことがあるかもしれませんが、スピーカーにマイクを向けると嫌な音がしますよね?それと同じように、ハウリングで盗聴器を発見する場合は、盗聴器があると思われる場所にスピーカーを向けなければいけません。 感度の良い発見器だと自分の方向にスピーカーが向いていても、ある程度の距離に近づくとハウリング音がしますが、正しい方向に向けていた方が正確に盗聴器の設置場所を探知できることは言うまでもありません。 ハウリング音がする範囲が広く設置場所を絞り込めない場合、発見器にアッテネーターの機能が付いていればそれを使用し、あえて受信感度を下げることでハウリング音がする範囲を狭めていくことができます。 さて、盗聴器発見器をすでにお持ちの方は、自分の今までの使い方と比較していかがだったでしょうか?間違った使い方をしていると発見器の性能をきちんと出し切れませんので、正しい使い方をするようにしてください。

次の