きゅうり の キュー ちゃん 漬け レシピ 簡単。 きゅうりのレシピ簡単人気15選!【たたききゅうり・漬物・中華風など】

【暑い今がチャンス】天日干しで作る「きゅうりのぱりぱり漬け」が絶品!【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

きゅうり の キュー ちゃん 漬け レシピ 簡単

毎日、暑い日が続きますね~。 こんな記録的な暑さだと、人と会うたびに「暑いね」「熱中症怖いね」があいさつ代わり。 でもじつはこの暑さ、料理に活用することもできるんですよ。 こちらは 【きゅうりのぱりぱり漬け】。 よーく見ると、きゅうりの皮や切り口にしわが寄っているのが分かるでしょうか? これは、いったん 「天日干し」して水分を抜いてから漬けている証拠。 このひと手間で、お店で買った漬けもののような、パリパリ、ぽりぽりと絶妙な歯ごたえになるんです! 干すときは、切ったきゅうりをざるに広げ、風通しのよい場所に置いて。 レシピでは「6時間~1日干す」と幅を持たせていますが、カラッとした猛暑日ならもっと時短できそう! 切り口が完全に乾いて、しわが寄ってきたら干し終わりの目安です。 水分ばかりであまり栄養のなさそうなきゅうりですが、じつは、きゅうりに含まれる【カリウム】にはむくみ防止の効果アリ。 余分な塩分を体の外に出してくれます。 また、ぱりぱり漬けは甘酸っぱい味なので、漬け汁に酢が入ります。 これも、夏バテした体の疲労回復をサポート。 ざるに広げ、風通しのよい場所で天日で6時間~1日干す。 2 鍋に漬け汁の材料を入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせてさます。 保存容器に 1 のきゅうりと、しょうが、赤唐辛子を入れ、漬け汁を注ぐ。 ふたをし、冷蔵庫で3時間~一晩漬ける。 冷蔵で4~5日保存可能。 料理/大庭英子 撮影/福尾美雪 スタイリング/しのざきたかこ 文/編集部・藤井 より.

次の

きゅうりのキューちゃん&煮汁のおいしい活用法レシピ!|kemcy〈けむしー〉こころおどる日々とエンターテインメント

きゅうり の キュー ちゃん 漬け レシピ 簡単

何か、表示されてないようでしたので、コピーを 貼り付けますね。 ハマる!キューちゃん漬け by りりしょあのレシピです。 きゅうりを入れたまま煮立ててはダメ。 いちょう切りの大根でも美味しいです。 材料: きゅうり 750g 醤油 250cc 砂糖 75g 酢 100cc 鷹の爪 1〜2本 生姜 ひとかけ 顆粒だし 少々 このレシピの生い立ち 友人に教わったレシピ。 覚え書きです 1. 鷹の爪はそのままか小口切り、生姜は千切りにする 2. きゅうり以外の材料を大きめの鍋に入れ、一煮立ち させる 3. 鍋を火から下ろしてきゅうりを投入、そのまま冷め るまで置く 4. ザルでこしてきゅうりと漬け汁にわけ、 漬け汁は再び鍋に入れて一煮立ちさせる 5. 4を3回ほど繰り返し、出来上がり 他のレシピは知らないのですが 私の知る方法は、まず強い塩漬けでしわしわの古漬けキュウリになるまで漬けます。 この間、常温でなく冷蔵で。 ここできゅうりの水分が抜かれてカリポリになるわけです。 しわしわのキュウリになったら、食べやすく切って今度は味気なくなるまで塩抜き。 次に水気を抜くんですが、実家の田舎ではざるに広げて干してました。 その後に調味料液に漬け込みますが、冷たい液でこれまた冷蔵庫へ。 (田舎では涼しい蔵みたいなところに置いていた) と、まあ時間がかかってしまうのですが、 もっと簡単に、塩抜きや雑巾絞りの必要ない干して漬けるだけの方法もありますよ。 クックでも「干す キューちゃん」でさがすと3件みつかります。 試してみてもいいと思いますよ。

次の

きゅうりのキューちゃんレシピ!きゅうりの漬物の作り方 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

きゅうり の キュー ちゃん 漬け レシピ 簡単

何か、表示されてないようでしたので、コピーを 貼り付けますね。 ハマる!キューちゃん漬け by りりしょあのレシピです。 きゅうりを入れたまま煮立ててはダメ。 いちょう切りの大根でも美味しいです。 材料: きゅうり 750g 醤油 250cc 砂糖 75g 酢 100cc 鷹の爪 1〜2本 生姜 ひとかけ 顆粒だし 少々 このレシピの生い立ち 友人に教わったレシピ。 覚え書きです 1. 鷹の爪はそのままか小口切り、生姜は千切りにする 2. きゅうり以外の材料を大きめの鍋に入れ、一煮立ち させる 3. 鍋を火から下ろしてきゅうりを投入、そのまま冷め るまで置く 4. ザルでこしてきゅうりと漬け汁にわけ、 漬け汁は再び鍋に入れて一煮立ちさせる 5. 4を3回ほど繰り返し、出来上がり 他のレシピは知らないのですが 私の知る方法は、まず強い塩漬けでしわしわの古漬けキュウリになるまで漬けます。 この間、常温でなく冷蔵で。 ここできゅうりの水分が抜かれてカリポリになるわけです。 しわしわのキュウリになったら、食べやすく切って今度は味気なくなるまで塩抜き。 次に水気を抜くんですが、実家の田舎ではざるに広げて干してました。 その後に調味料液に漬け込みますが、冷たい液でこれまた冷蔵庫へ。 (田舎では涼しい蔵みたいなところに置いていた) と、まあ時間がかかってしまうのですが、 もっと簡単に、塩抜きや雑巾絞りの必要ない干して漬けるだけの方法もありますよ。 クックでも「干す キューちゃん」でさがすと3件みつかります。 試してみてもいいと思いますよ。

次の