簡単 白パン。 ふんわりやわらか♪白パンレシピ

フードプロセッサーで白パン作り。こねなくてOK。簡単!混ぜるだけ

簡単 白パン

今回は、そんなパンの中からパン作りがはじめての方でも作りやすい「ハイジの白パン」の作り方をご紹介します。 白パンのレシピはいっぱい インターネットで「ハイジの白パン」と検索すれば、本当にたくさんのレシピと作り方が出てきますね。 それを踏まえて! 「あの特徴的なお尻のような形に焼き上げるには!?」 「白く焼くには?」 「どうして白く焼けるの?」 そんな疑問や成形のポイントを含めて書いていきたいと思います。 白パンの作り方 材料 6個分• 強力粉 国産 …200g• 砂糖…12g• 塩…3g• スキムミルク…6g• インスタントドライイースト…2. 5g 小さじ1弱• 水…130g• ショートニング 無塩バター可 …12g おすすめのアイテム 作り方• 粉類をボウルに入れ、よく混ぜておく。 水を入れ、粉気がなくなるまで混ぜる。 台の上に生地を出し、こねる。 生地がつながってきたら、ショートニングまたは室温に戻した無塩バターを混ぜる。 約2倍になったら、一次発酵完了!• 6等分に分割する。 *1個、約60g程度になります。 生地の表面を張らせるように丸め、ベンチタイムを10分間取る。 *気温が低い季節は、オーブンの発酵機能を使ってください。 ベンチタイムが終わった生地を、再度軽く丸め直します。 めん棒に軽く粉を振り、生地の中央に強く押し込みます! *ここで力が弱いと、次のホイロ 二次発酵 で割れ目がなくなってしまいます。 天板に並べ、ホイロを取ります。 約2倍弱になるまで。 *発酵時間は季節と気温、生地温度などにより変わります。 ホイロが完了したら軽く霧吹きをして、茶こしで粉を振る。 *ホイロ完了の目安はお尻の割れ目の丸み。 画像のようにカーブがゆるくなってきていたらOK。 これ以上発酵させてしまうと、焼成でさらにパンは膨らむので、割れ目がなくなってしまいます。 白パンはどうして白いの? パンは普通、茶色いもの。 粉で生地を熱から守る。 ホイロ後に茶こしで粉を振ることで、粉が熱から生地を守る役割をしてくれます。 低温で焼く。 一般的な小型のソフト系パンと焼成時間に大きな違いはありませんが、ポイントは低温で焼くこと! パンの焼き色は、メイラード反応とカラメル化反応という反応によって色付きます。 カラメル化反応については、プリンに使われるカラメルソースが分かりやすいですね。 ご飯とお味噌汁のような、素朴で質素だけれどあたたかい。 不思議と、買ってきたパンや豪華さとは少し違う、まるでアニメに出てくるような「豊かさ」が加わって。

次の

ふんわりやわらか♪白パンレシピ

簡単 白パン

Contents• ハイジの白パン 今回のハイジの白パンはミックス粉を使いました。 使ったのは富澤商店さんのハイジの白パンミックス 普通ミックス粉は、バターとイーストと水を加えて作るのが多いと思いますが、 こちらの商品は原料にショートニングとマーガリンが含まれてるので、バターは不要です。 ハイジの白パンミックス…250g• ドライイースト…3g• 水…140g• 強力粉又は上新粉…適量 強力粉又は上新粉はまぶす用に使います。 作り方• ホームベーカリーにハイジの白パンミックスとドライイースト、水を入れて生地コースでスタートします。 この時にイースト投入口がある場合はイーストをそこに入れてください。 生地が出来上がったら、6等分して丸めて生地の上からぬれ布巾を被せて乾燥しないようにベンチタイムを20分間とります。 ベンチタイムが終了しましたら、生地を丸め直して、強力粉または上新粉をまぶして、生地の真ん中に菜箸を押し当てて、菜箸を転がして溝を作る。 生地の両端を軽く閉じてクッキングシートをひいた鉄板に並べる• 発酵終了後強力粉又は上新粉を茶漉し等で生地に振りかける。 今回はホームベーカリーでの作り方を紹介しましたが私はキッチンエイドを使いましたので、キッチンエイドでの作り方も紹介したいと思います。 使用のキッチンエイドはKSM5です。 生地作成のみでベンチタイム以降はホームベーカリーでの作り方と同じです• キッチエイドのボールに粉類を入れてホイッパー等で粉類を混ぜる。 キッチンエイドにボールをセットしてドゥーフックをセットして、速さは1でスタートする。 ボールの横から少しづつ水を入れる、水が全て入って生地がひとかたまりになったら速度を2に上げて、捏ねる、全ての工程で10分〜13分くらい• 捏ねが終了したら、生地を取り出して丸め直してんボールに移して、発酵をする。 後は上のホームベーカリーの作り方2以降と同じです。 このパンの感想 焼成前に粉を振って、低温で焼成する為焼き色が付かずに白パンになるんですね。 焼き上がりはふわふわで、鉄板から移すのに焼きあがったパンを持っら、 へこむくらいふわふわです。 翌日もふわふわで、そのままでも美味しかったです。 パンの味は主張しないから、何に合わせてもよいと思います。 6分割なので大きめですので、中にベーコンやスクランブルエッグ挟んでも美味しいと思います。 またパスタやシチューにも合うと思います。 まとめ 私はたまにミックス粉使います。 忙しい時、時間が無い時に時短になります。 思い立った時すぐに作れます。 パン作りたいけど、材料が足りないとか、材料計るの面倒って時にこのミックス粉が あれば便利ですよね。 私は、ミックス粉取り入れておうちパン生活楽しんでます。 このミックス粉は常備したい粉です。

次の

初心者でも簡単!ふわふわ白パン

簡単 白パン

強力粉…250g• 薄力粉…30g• スキムミルク…20g• 砂糖…20g• 塩…5g• 無塩バター…20g• はちみつ…大さじ1. 水(または牛乳or豆乳)…190㏄• ドライイースト…6g How to cook 1)フードプロセッサーのセッティング フードプロセッサーにドゥブレード(パン生地やうどん、ピザ生地などをこねる刃)をセットします。 無塩バターは室温に戻しておきます。 2)粉類を入れてパルス 強力粉250g計測してフードプロセッサーに投入します。 続いて薄力粉を30g投入します。 スキムミルク30gを入れます。 スティックになっているものが便利です。 砂糖20g、塩5gを加えます。 フードプロセッサーにドゥープレードをセットし、ここまでの材料(強力粉・薄力粉・スキムミルク・砂糖・塩)を入れ、4~5回パルス操作します。 無塩バターとはちみつ大さじ1. 5入れ、さらに4~5回パルス操作します。 4)牛乳を温める 牛乳は37度くらいに温めておきます。 5)ドライイーストと牛乳を加える ドライイースト6gを用意します。 ドライイーストを投入します。 温めた牛乳を加えます。 撹拌しながら様子をみて数回に分けて牛乳を入れます。 一度にたくさん入れると溢れる可能性があるので注意しましょう。 このやり方でも出来具合に変わりはなかったので、私はずっとこの方法で作っています。 6)1分半捏ねる そのまま1分30秒、撹拌します。 かなりモーター音がして、本体が動くこともあるので、手で押さえておくといいでしょう。 時にはフードプロセッサーが歩く?というくらいガタガタと音を立て動き出すときもあります。 あっという間に塊になってきます。 7)余熱で一次発酵 モーターの余熱で約30~50分くらい発酵させます。 発酵時間は季節や室温などによっても変わるので様子をみて調整しましょう。 しばらく時間をおくと生地が2倍くらいに膨らみました。 しっかり一次発酵が進んでいます。 ふたを開けるとこんなに膨らんでいます。 8)生地を形成 生地を取り出します。 パンを切るときはお菓子作りのときにつかうドレッジが便利です。 生地を適当な大きさに切り分けて楕円に丸めます。 中心に菜箸などでしっかり押さえ筋をつけます。 9)オーブンで二次発酵 オーブンで二次発酵させます。 温度は30度で予熱なし。 約30~40分程度発酵させると、大きさが1. 5倍~2倍くらいに膨らみます。 予熱している間に、パンの上に茶こしを使って強力粉をふりかけます。 トントンとたたくような感じで振りかけていきます。 170度に温めたオーブンで約10分焼きます。 焼け具合をみながら時間は調整しましょう。 できあがり あまり色をつけず、ふんわり白く焼くのがコツです。 白パンができあがりました。 フードプロセッサーで簡単にパンができました。 この過程を見てお気づきでしょうが、手で捏ねたり粉まみれになったりしていません。 簡単にパン作りができるフードプロセッサーは賢い調理家電!重宝しています。 スマホ・iPhoneで見やすいように再度レシピを箇条書きにします。 スクロールしながら手順を確認し、作ってみてください。 フードプロセッサーにドゥブレードをセットします。 強力粉250g、薄力粉30g、スキムミルク30g、砂糖20g、塩5gを入れ、4~5回パルス操作します。 室温に戻しておいた無塩バター20gとはちみつ大さじ1. 5入れ、さらに4~5回パルス操作します。 牛乳を37度くらいに温めます。 ドライイースト6gと4の牛乳を様子をみながら数回にわけて加えます。 フタをしてスイッチを入れ、1分30秒程度撹拌します。 そのままモーターの余熱で30~50分くらい発酵させます。 生地が2倍くらいに膨らんだらフードプロセッサーから取り出し、ドレッジで適当な大きさに切り分けて楕円に丸めます。 トレイにクッキングシートを敷き、丸めたパンを重ならないように並べて、パンの中心に菜箸などでしっかり押さえ筋をつけます。 オーブンで二次発酵させます。 予熱なしの30度で30~40分程度発酵させると大きさが1. 5倍~2倍くらいに膨らみます。 二次発酵が終わったらオーブンから取り出し、オーブンを170度に温めます。 予熱している間に、パンの上に茶こしを使って強力粉をふりかけます。 予熱ができたら約10分ほど焼きます。 焼きすぎにならないようにオーブンの中を確認しながら様子をみましょう。 10分より短くなる場合もあります。

次の