アドセンス 他の広告。 アドセンスとアフィリエイト(ASP)の違い|併用の注意点と広告の貼り方

アドセンス広告の貼り方に悩むあなたへ|合格してからの全手順まとめ|ひよこは旅をする

アドセンス 他の広告

AdSense と他の広告ネットワークを併用する Google 以外の広告を Google の広告と一緒に表示する方法については、いくつかのガイドラインが設けられています。 アフィリエイト リンクや制限付きのテキスト リンクは一緒にご利用いただけます。 お客様のページに既に広告ネットワークによって Google の広告が表示されている場合も、AdSense プログラムに参加して広告を掲載することができます。 ただし、AdSense の広告の配置に関するポリシー(「価値の高い広告枠」)にあるとおり、コンテンツを超える数の広告をページに配置することはできません。 ただし、Google の広告を直接掲載することによって、お客様の広告ネットワークとの間に生じる可能性のある契約上の問題については、お客様の責任で解決していただくことになるのでご注意ください。 オリジナル性のないコンテンツ オリジナル性のないコンテンツにならないように気をつけてください。 これはアフィリエイト広告だけで収益化してた人が、 アドセンス広告を掲載する場合に当てはまることが多いです。 アフィリエイト広告を掲載するときには、 自然とブログ記事内に商品やサービスの情報が増えます。 でも商品やサービスの情報って、 「販売元サイト」「大手ECサイト」「他のブログ」にも掲載されてます。 そうなるとオリジナル性のあるコンテンツとは言いにくいんです。 なので、商品やサービス以外の情報も充実させましょう! ・体験談 ・独自の見解 ・口コミ…etc。 こんな風に他のサイトにはない情報を盛り込めば、オリジナル性のあるコンテンツになります。 掲載する広告数 最後4つ目は、 ブログ記事内に掲載する広告数です。 「アドセンス広告」と「アフィリエイト広告」を掲載すると、 どうしても全体の広告数が増えがちになります。 でも、コンテンツ量より広告数のほうが多くなるとポリシー違反です。 なので増えすぎないように気をつけましょう。

次の

Googleアドセンス広告の種類は7つ!おすすめの配置はこれ!|Enazeal Engineer BLOG

アドセンス 他の広告

Googleアドセンス広告の種類を知りたい• 広告別の収益効果を知りたい• Googleアドセンスの最適な広告配置場所を知りたい• 一番稼げる広告タイプを知りたい こんな悩みを解決できる記事を用意しました。 なぜなら実際に 上記の内容 を実践したことで、このwebサイト(ブログカレッジ)はアドセンス広告のみで月15万以上を稼げるようになったからです。 ブログ初心者でも下記の内容を実践すれば今まで以上にGoogleアドセンスで稼げるようになるので、じっくり読み込んでください。 Google広告の流れ• ブロガー 上記の流れを頭の中に入れておきましょうね。 Googleアドセンス広告の報酬タイプは2つ! アドセンスの報酬タイプは クリックで報酬になる広告(クリック報酬単価)と 閲覧されれば報酬になる広告(インプレッション単価)の2タイプがあります。 ほとんどの収入源はクリック報酬単価と呼ばれるクリックで報酬になる広告ですが、 一部の広告には閲覧されれば報酬になるインプレッション単価も含まれているのです。 たまに、クリックが発生していないのに「1円」だけ入っていることありませんか? インプレッション単価は1日1円〜3円ほど発生することがあるのです。 その他、「アクティブビューのインプレッション単価」や「エンゲージメント単価」がありますが、雀の涙ほどの金額なので特にきにする必要はないでしょう。 気になる方はググってみてください。 【Googleアドセンス広告の種類】基本用語2つを覚えよう! ここからは Googleアドセンスの広告種類7つを解説していきます。 まず、前提として広告業界でよく使われる用語の 「レスポンシブ広告」と「ネイティブ広告」 から覚えます! この2種類は具体的な広告フォーマットではなく掲載方法の概念です。 アドセンスの広告フォーマットの中にこの2種類の概念が多く使われるので、最初に覚えておきた方が良いでしょう。 Googleアドセンス広告の種類1:レスポンシブ広告 レスポンシブ広告とは、 ユーザーのデバイスに合わせてサイズや見せ方を自動的にカスタマイしてくれる表示タイプで、Googleアドセンスでも取り入れています。 モバイル画面の時でも、「縦向き」と「横向き」ぞれぞれの場合で広告サイズを自動的に変えてくれ流のです。 Googleアドセンス広告の種類2:ネイティブ広告 ネイティブ広告とは、広告掲載面に広告を自然に溶け込ませることで、 ユーザーにコンテンツの一部として見てもらうことを目的とした表示タイプです。 レスポンシブ広告の共有事項として、「広告」というラベルが表示されます。 Googleアドセンス広告の「広告タイプ」は大きく2つ アドセンスの広告タイプは主に「広告ユニット」と「自動広告」の2タイプがあります。 Googleアドセンスの広告タイプ1:自動広告 自動広告とは2018年2月から開始された新しい広告。 サイト内に自動で設置してくれる広告で、記事下やサイドに手動でコードを貼り付ける手間を無くしてくれる、初心者の方におすすめです! バナー広告や全画面広告といったレスポンシブ広告対応された広告を簡単に設定できます。 ディスプレイ広告 モバイル全画面広告 自動広告についてもっと詳しく知りたい方は『』をご覧ください。 Googleアドセンスの広告タイプ2:広告ユニット 広告ユニットはGoogleアドセンスに用いられる広告のこと。 「サイトの好きな場所に好きな広告」を設置することが可能です。 配置場所や広告タイプを工夫するだけで収益がグンっと伸びる、アドセンス運営にて欠かせない重要な広告でしょう。 あとで紹介しますが広告ユニットを細かく分けると 4つの広告タイプが存在します。 Googleアドセンスの広告ユニットは4種類! 広告タイプを説明する前に、基本的な広告ユニットの設定手順を解説します。 テキスト広告とディスプレイ広告の違いは? テキスト広告:タイトル、テキスト、URLからなる文字ベースの広告 ディスプレイ広告:画像や動画が連動した画像ベースの広告 以下がディスプレイ広告のサンプルです。 テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信しよう テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信することをおすすめします。 なぜなら、 Google公式が推奨しているためです。 ディスプレイ広告は、テキスト広告とともに広告スペースの同じオークションにかけられます。 そのため、テキスト広告とディスプレイ広告を両方表示するよう設定すると、サイトに掲載される広告の競合率が高まり、収益の増加につながります。 これは、Google の技術により最も高い収益の見込まれる広告がページごとに判断され、掲載されるためです。 引用元: 主に「記事上」「サイド」「記事下」に設置するときに使用 テキスト広告とディスプレイ広告の使用例として、「記事上」「サイド」「記事下」に広告を設置したいときに活用されますよ。 また、 を表示させたいときもテキスト広告とディスプレイ広告が活躍します! 広告サイズで「長方形」の「レクタングル(大)」を選択するだけ。 あとは記事下にアドセンスコードを仕込むだけです。 ちなみに設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> リンク広告も活用しよう! リンク広告はぜひ活用すべきです!設置してから アドセンス収益が1. 2倍ほど上がりました。 リンク広告とは 2クリックで報酬が発生する広告タイプです。 よく見るあの広告です! リンク広告の特徴は、以下2点です! リンク広告の特徴は2つ!• 2クリック目で報酬が発生する。 誤クリックが減るためCPCが高い。 1クリックではなく2クリック目で報酬が発生する点がデメリットですが、 その分ユーザーの誤ったクリックが減るということなのでCPCが上がる傾向にあるのです。 実際にリンク広告を設置したら、CPCが他の広告よりも高くなっていることが分かりました! 広告リンクの設置方法 広告サイズで「リンク広告」の「レスポンシブリンク」を選択。 サイトカラーに合わせてオリジナルのリンク広告を作成してみましょう。 リンク広告の設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> Googleアドセンス広告の種類4:関連コンテンツ 関連コンテンツは 記事下の関連記事(RECOMMEND)内に溶け込むように表示されるネイティブ広告です。 以下の画像が具体例です。 クリック率が比較的高く、ぜひ取り入れておきたい広告タイプの1つ。 モバイル最適化が可能なレスポンシブサイズを推奨します。 注意点として、関連コンテンツは100記事近く 書き上げると自動的に広告ユニット内に表示され可能性が高まります。 詳しい内容は『 』に目を通しましょう。 カスタマイズを成功させれば上手に周囲に溶け込ませることができクリック率が上がる広告タイプです。 Googleアドセンス広告の種類6:記事内広告 記事内広告は 記事内の段落の間に自然に溶け込ませることができるネイティブ広告です。 アクティブビュー視認可能率が高い箇所や目次上に配置する際に便利です。 記事タイトル下は位置的にもっともユーザーの目に入りやすい位置なので、表示回数とクリック数が高いのが特徴。 この配置でおすすめな広告タイプなのが レスポンシブのリンク広告 です。 なぜならCPCが比較的高く、デザイン的にもタイトル下に馴染みやすいからです。 ただ読者が最後まで読んでもらうよう、 離脱率の要因となる大量の広告を貼らないこと をおすすめします。 稼ぎやすい広告の配置場所2:目次上 目次上も記事タイトル下と同様、読者の目に留まりやすいため、表示回数、クリック数ともに高い傾向にあります。 目次上は見せ方的にバナーを設置しても違和感がないため レスポンシブの記事内広告や 固定のダブルレクタングルが最適です。 稼ぎやすい広告の配置場所3:記事下 記事下はクリック率がかなり高くなる配置場所です。 なぜなら読者が記事を読み終えたら、次の行動を起こそうとするからです。 おすすめの広告は 固定のダブルレクタングルや 関連コンテンツ。 特に関連コンテンツは、 他のおすすめ記事に自然に溶け込んでくれるので、クリックされやすいのが特徴です。 CPCが高い!Googleアドセンス広告は大きいサイズのバナー! CPCが最も高い広告はバナー広告!サイズが大きくなればなるほど単価も上がる傾向にあります。 理由は、広告サイズが大きいほどクリック率いため、広告主側が支払う費用が高くなり、その分CPCも多く支払われるためです。 実際にブログカレッジにおいても、一番CPCが高い広告がダブルレクタングルになっています。 他は50円前後なのですが、ダブルレクタングルのみ平均100円を超えているのです! 一番稼げるGoogleアドセンス広告は「目次上の記事内広告」 3つの手順• 記事内広告を選んでコードを取得します。 functions. phpにウィジェット内の「目次上」を表示させるコードを記述。 詳しい設定手順は以下を参考にしてみてください。 実際に僕がアドバイザーとして運営しているブログには広告にラベル表示させてないのですが、Googleからは何も言われていません。

次の

AdSense と他の広告ネットワークを併用する

アドセンス 他の広告

アドセンス広告と他のアフィリエイト広告は 併用することってできるの? 私はこのブログで アドセンスを利用して稼ぐ という事を解説している。 だけどあなたは このブログを読んでいて こんな疑問を抱いたことはないだろうか? 「アドセンスの広告を貼ってるブログに 他のアフィリエイト広告を貼っても問題ないの? 」 アフィリエイトといえば基本的に 広告会社 以下 ASP から配信される 商品の広告をブログに貼って その広告から商品を購入されたら報酬が支払われる という仕組みになってる。 そんなアフィリエイトの広告を アドセンスの広告と貼っていいのか? ということに関しては 貼っていい広告とダメな広告がある と言っておく。 つまり、 アドセンスに広告を貼っていいかは ケースバイケースなのだ。 とは言っても 「どんな広告だと貼っていいの分からない」 と思ってるだろうから まずは アドセンスのブログに貼っていい広告から 解説をしておく。 例えば私は ・楽天アフィリエイト ・A8net ・バリューコマース といった物販を扱ってるサイトの広告を 自分のブログに貼っているけど、 特に警告を受けたり、 アカウントを停止させられた 等は今まで起きていない。 前に といったことがあるけど、 リンクを貼ってはいけないのは あくまで審査の期間中であり、 審査に通ったら後なら リンクだけでなく、 楽天などのアフィリエイト広告も 問題なく貼ることができる。 だから ・楽天アフィリエイト ・A8net ・バリューコマース といった物販を扱ってるASPの広告は アドセンスのブログに貼っても大丈夫だけど、 他の広告をアドセンスを貼ってるブログに貼るときに 注意するべきことは存在する。 それは アドセンスの広告と見分けが付くようにする。 楽天などの他のASPの広告を貼るときは、 アドセンスの広告と見分けが付くようにしないとダメ。 なぜなら、 似たような広告がブログに貼ってあると 大変紛らわしいからだ。 例えば もしアドセンスの広告の横に 同じサイズの楽天等の広告が貼ってあったら どうなってしまうだろうか? 当然、 他の広告がクリックされてしまい、 アドセンスの広告がクリックされる確率が減る。 そうなってしまうと アドセンスとしても好ましくないのだ。 最悪、 アドセンスのアカウントを 停止される可能性も出てくる。 なので、 ・楽天アフィリエイト ・A8net ・バリューコマース などの広告を アドセンスのブログに貼る事があれば アドセンスの広告と区別がつくように ・アドセンスの広告と距離を離して貼る ・画像と一緒にテキスト 文字 も入れる 等のことをするようにしよう。 逆に アドセンス広告を貼ってるブログに 貼ってはいけない種類の広告は 記事をお読みいただきありがとうございます 最後まで記事をお読みいただき まことにありがとうございます。 当ブログを応援してくださると 今後の励みになります。

次の