川村 虹 花 ジム。 川村虹花

川村虹花のジム&事務所はどこ?ツイッター凍結した理由は?【仮面女子】

川村 虹 花 ジム

2020年2月24日(月・祝)東京・浜松町のニューピアホールにて開催された女子総合格闘技『』。 その第4試合で坂本美香(Fight HOLIC)と対戦し、1R2分56秒、TKO勝ちを収めた川村虹花(仮面女子)が試合を振り返った。 川村はアイドルグループ「仮面女子」の現役メンバー。 ファイターとしての2019年は、DEEP JEWELSで3月の後楽園ホール大会は怪我で欠場、6月の復帰戦ではMAOに判定で敗れ、9月大会は首の怪我で再び欠場。 10月の後楽園ホール大会では永尾音波に敗れ、白星無しという厳しい年に。 通算戦績は2勝5敗となり、2018年大晦日のあい戦から3連敗となっていた。 「去年は悔しい1年だったので、今年一発目は必ず1Rで仕留めると自分で目標を決めていたので、こうして1RでのKOで決めることが出来て本当に嬉しいです。 ここから這い上がって、まだまだ連勝していきたいと思います」と、連敗脱出に安堵感を見せた川村。 右ストレートと得意の右ミドルで追い詰めるも、テイクダウンを奪われてパウンドを浴びる危ない場面もあったが、「あの時は自分でもヒヤッとしましたけれども、冷静に打たれてでも立って打撃で勝負しようと思って突き放して立ちに行くことができました。 課題でもあるんですけれど、これから寝技もまだまだ磨いていかないとなって思いましたね」と、冷静に対処することができたという。 立ち上がってからは怒涛の打撃ラッシュで一方的に攻め込み、勝負を決めた。 「最初の方もけっこうパンチとかヒザが入って効いているなというのがあったんですけれど、テイクダウンされてしまったのでフィニッシュにもっていかないといけない、というのがありました」と、テイクダウンの失点を取り戻すために倒しに行ったと明かす。 連敗脱出以外にも、練習のベースとしているリバーサルジム新宿Me,Weの仲間たちへの想いも原動力となった。 「ジムの選手の方々が、先週3人試合があってみんな1R、2Rで一本勝ちで決めていたので、その流れを崩したらダメだと思って。 来週はDEEPもあるし、次の選手に必ずバトンタッチしたいなと思っていたのでそれができて嬉しいです」と、チームの一員としての自覚はまさに格闘技選手そのもの。

次の

RIZIN惨敗の仮面女子・川村虹花 生誕祭ライブを延期→格闘技舐めすぎ

川村 虹 花 ジム

女性が気軽に利用できるスポーツジムが増え、トレーニング関連の書籍がベストセラー入りするなど、世の中はいま空前の筋トレブーム。 とはいえ、普段はほとんど体を動かさず「腕立て伏せが1回も出来ない!」という方も多いのではないでしょうか。 アドバイスをしてくれるのは川村虹花さん。 自身もかつては腕立て伏せが1回も出来なかったという川村さん。 運動経験ゼロから初めて、美しい体を作るコツをきっとご存知のはず!さっそくお話を伺っていきましょう。 川村虹花さん(以下、川村):ダイエット目的でジムに通い始めたのがきっかけです。 周りもアイドルの子たちなのでダイエットしているメンバーが結構いて、その子が痩せてくると「やばい!自分もちゃんとしなきゃ!」って焦っていましたね。 あと、筋トレを始める前は自分の体にコンプレックスも結構あって…メンバーの中でその部位がきれいな子がいたら、つい自分の体と比べてしまったりしていましたね(笑)。 以前はネガティブになりやすくて、体型を隠すような服を選びがちでしたが、筋トレで体が締まってボディーラインがきれいになってくると自分に自信が持てるようになりました。 自信を持つとステージの上でも振り付けが大きくなったり、笑顔になるので、パフォーマンスにもいい影響がありました。 まぁ今はダイエットではなく、格闘家として筋肉をつけるような鍛え方をしているので目的が違うんですけどね(笑)。 腕まわりがかなり筋肉質になったので、ステージ上で仮面を被ってパフォーマンスをしていてもお客さんに私だって分かってもらえるのはメリットですかね(笑)。

次の

最強地下アイドル川村虹花MMAデビュー直前! 仮面の下の独白!12・3新宿DEEP JEWELS18

川村 虹 花 ジム

2020年2月24日(月・祝)東京・浜松町のニューピアホールにて開催された女子総合格闘技『』。 その第4試合で坂本美香(Fight HOLIC)と対戦し、1R2分56秒、TKO勝ちを収めた川村虹花(仮面女子)が試合を振り返った。 川村はアイドルグループ「仮面女子」の現役メンバー。 ファイターとしての2019年は、DEEP JEWELSで3月の後楽園ホール大会は怪我で欠場、6月の復帰戦ではMAOに判定で敗れ、9月大会は首の怪我で再び欠場。 10月の後楽園ホール大会では永尾音波に敗れ、白星無しという厳しい年に。 通算戦績は2勝5敗となり、2018年大晦日のあい戦から3連敗となっていた。 「去年は悔しい1年だったので、今年一発目は必ず1Rで仕留めると自分で目標を決めていたので、こうして1RでのKOで決めることが出来て本当に嬉しいです。 ここから這い上がって、まだまだ連勝していきたいと思います」と、連敗脱出に安堵感を見せた川村。 右ストレートと得意の右ミドルで追い詰めるも、テイクダウンを奪われてパウンドを浴びる危ない場面もあったが、「あの時は自分でもヒヤッとしましたけれども、冷静に打たれてでも立って打撃で勝負しようと思って突き放して立ちに行くことができました。 課題でもあるんですけれど、これから寝技もまだまだ磨いていかないとなって思いましたね」と、冷静に対処することができたという。 立ち上がってからは怒涛の打撃ラッシュで一方的に攻め込み、勝負を決めた。 「最初の方もけっこうパンチとかヒザが入って効いているなというのがあったんですけれど、テイクダウンされてしまったのでフィニッシュにもっていかないといけない、というのがありました」と、テイクダウンの失点を取り戻すために倒しに行ったと明かす。 連敗脱出以外にも、練習のベースとしているリバーサルジム新宿Me,Weの仲間たちへの想いも原動力となった。 「ジムの選手の方々が、先週3人試合があってみんな1R、2Rで一本勝ちで決めていたので、その流れを崩したらダメだと思って。 来週はDEEPもあるし、次の選手に必ずバトンタッチしたいなと思っていたのでそれができて嬉しいです」と、チームの一員としての自覚はまさに格闘技選手そのもの。

次の