プレミアム ハナハナ ベル 確率。 【グレートキングハナハナ】良く当たるボーナス、悪いベル出現率、そんなハナハナの設定は?

ハナハナ鳳凰 設定判別ツール ベル確率やパネルフラッシュにも対応!

プレミアム ハナハナ ベル 確率

今回の記事は ハナハナ についてです。 最近では増台する店も増えて来ており 沖縄や愛知を始めとする メイン機種としても名を馳せて来ました。 私は遠目で初BIGを引いている台 をチェックしています。 前日6っぽい台がパネフラを したらだということを 祈りましょう。 リール配列 クイーンハナハナから同じ出目ですね。 (スイカ溢し仕様) BIG後のパラッシュ REG後のパラッシュ REG中の左右フラッシュ 色が付いただけで歴代を追っても そこそこ変わらない確率ですね。 ベル 設定1 1/7. 61 設定2 1/7. 53 設定3 1/7. 48 設定4 1/7. 44 設定5 1/7. 40 設定6 1/7. 32 BIG中スイカ確率 設定1 1/52 設定2 1/45 設定3 1/41 設定4 1/36 設定5 1/33 設定6 1/31 チェリーREG 設定1 1/12000 設定2 1/10840 設定3 1/10240 設定4 1/9600 設定5 1/9020 設定6 1/8240 BIG中のハズレ (確率についてはハナラーの中では あるのないだの予測されているものですが 実在すると思います。 ) 設定1 1/65536 設定2 1/32768 設定3 1/21845 設定4 1/16384 設定5 1/13107 設定6 1/10923 こちらはパ開発の クイーンオアシス、サンサンオアシス を参考にしています。 拝めたら写メ級ですが それチェリーの溢しやんけと言われるオチ の可能性があります。 ベルは非常に荒れるイメージです。 00を下ブレるものもあれば 7. 00を上ブレるもあります。 総じて言えるのは どちらかにブレなければ 2000ゲーム以上 回さないと参考程度にしかならない ということですね。 BIG中のスイカは歴代ハナハナシリーズを追っても ある程度想定内の数字となります。 チェリーREG、いわゆるチェレグも キングハナハナ以来そこまで 分母が変わることは なさそうです。 引くとがGOD引けてたやんと思うのは 私だけでしょうか? なんにせよ ホールさんに設定4以上を 毎日使うところがあれば 朝から行ってもいいかもしれませんね。 朝から多くの客が並んでいるホールは 要チェックです! ぜひデータロボや他アプリにて データをしっかりと収集しましょう。 ここから下はをツモる方法です。 確率論とacco論 (結果としてacco論のが収支・時給が良い) の2論で狙っていくといいと思います。 読者の中で咀嚼して 実践に挑んで見て下さい。 完全確率論者の狙い方 1 REG確率 2 ボーナス確率 3 ベル確率などその他確率 上記は王道ですね。 さて 過去にREG確率だけを意識して立ち回ったことが ありますが、最終的にREGが確率の壁を越え BIGの回数を抜き、結果として 負けてしまうことが多くありました。 (もちろんBIGが勝ち抜いたという反例も ありますがそちらの方がマイナーでした。 ) 例として このような台です。 7982回転 BIG 21回 1/380 REG 26回 1/307(設定6以上!!) 完全確率だから仕方ないと仰る方が 世の中の大半だと思いますが sloaccoは反対で「成る可くしてなった結果」 として捉えます。 では勝ち続けたaccoはどのような狙い方をするのか? accoの狙い方(特に朝外してからの狙い方) 1 BIG確率 2 当たり方(最大ハマりなど)、連チャン率 3 波の形成 です。 後日波分析について 個人的見解を述べますので そちらもご確認ください。 理由としては 出玉が伴った上、勝てなければ意味がない 時給を意識したい からです。 そもそも、前者のが時給が高いのではと 思った方はこのブログを読み続けて下さいね。 さて後者の1のBIG確率についてですが 常に1/200〜220を彷徨く台を選びます。 また、連チャン率は50以上を目安に 台選びをしています。 最後に後者の3ですが 「右肩上がり」を100%意識しています。 例として このような結果となりやすいです。 9200回転 BB 42回 1/218(6以上!!) REG 39回 1/234(6以上!!) 最初の4000回転までは REG確率は 1/450でした。 最後にREGはついてくるものという認識 をしています。 この1〜3に重きを置いて立ち回るといいと思います。 あとは付随して店内状況を意識しなければ いけませんが、そちらについても後のブログで 公開していきますのでお願いいたします。 sloacco.

次の

ハナハナ鳳凰 設定判別ツール ベル確率やパネルフラッシュにも対応!

プレミアム ハナハナ ベル 確率

[Bisty(ビスティ)] 2020年7月6日(月)導入開始• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)]• [WORLD(ワールド)] 2020年5月18日(月)導入開始• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)]• [Carmina(カルミナ)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [Sammy(サミー)] 2020年3月2日(月)導入開始• [BELLCO(ベルコ)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [Daiichi(大一商会)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NISHIJIN(西陣)].

次の

10/8(前編) プレミアムハナハナ ベル確率がよかった1/5.89

プレミアム ハナハナ ベル 確率

目次 []• 実戦のお話 11月某日。 3連休最終日のこの日は、5のつく日です。 5のつく日と言えば、マイホームの強い日です。 しかし、今回実践したお店は5のつく日のジャグラーシリーズがめちゃめちゃ強いお店、A店です。 何故そんな選択をしたのか? それは、A店の5のつく日はジャグラーシリーズがめちゃめちゃ強いだけではなく、ハナハナシリーズにも高設定らしき台があるからです。 しかも、朝一のほぼすべてのお客さんはジャグラーシリーズに流れていき、ハナハナシリーズの台確保が容易だからです。 高設定があって台取りが楽チンならば行かない手はありません。 そんな状況の中、前日にいつものようにサイトセブンでデータを取りつつ、狙い台を絞って翌日を迎えます。 実践当日 自宅から高速を飛ばして1時間ほどかかるA店。 遅刻だけは避けたいと少し早めに自宅を出ました。 お店に到着したのは開店40分前のことでした。 早すぎる到着でしたが、なんとお店に着いたと同時に整理券の抽選が行われるというではありませんか! これはナイスということで、抽選を受けた結果は34番でした。 おそらく200人以上並んでいる中で34番はラッキーでした。 開店までコンビニで時間をつぶしてようやく入場が始まります。 前のお客さんがみんなジャグラーに走る中、自分はゆうゆうとハナハナのシマへ。 一通りガックンチェックを済ませた後、狙い台のガックン台のハナハナ鳳凰をキープして実践スタートです。 76 引用元:パチマガスロマガ攻略 ハナハナ鳳凰の実践 さっきまで閑古鳥が鳴いていたハナハナのシマも、打ち出すころには満席になっていました。 そんな中でペシペシ打っていた投資2,000円の58G目。 この日も幸先よくハイビスカスが点滅してくれました! このボーナスはREGでサイドランプは左黄色。 次にハイビスカスが点滅したのはREG終了後の15G目でした。 この上下パネフラ出現で設定変更濃厚となりました。 気分上々でペシペシ打っていくと、小気味よく当たるボーナス! 持ちコインは1000枚を超え、まずはまとまったコインを確保できて一安心。 現金投資することなく設定推測を行える状況はとてもありがたいです!感謝 ペシペシ打っていくと、REG先行ながらポコポコ当たるボーナス。 設定推測要素はベル確率以外は軒並み様子見と言ったところです。 これで通常時のベル確率がもう少し上がってきたらタコ粘りだな…なんて思いながら打ち続けていきますが…。 いっこうに上がらないベル確率 はいこれヤメるレベルです! と、コインを持って席を立った瞬間に、ヤメるのを待っていたハイエナ小僧にソッコー台をキープされました。 残念だけど、その台はもう出ませんよ…。 なんてことを心の中で思いつつ、ジェットカウンターにコインを流してこの日の実践を終了するのでした。 25) 収支 7,000円 スロマガ設定判別 設定1 15. 1日トータルでは設定3濃厚となりましたが、個人的な数値だけをスロマガツールにかけてみると、設定5の数値が23. 最終的な結果として、差玉がマイナス域に行っていたのでおそらく高設定ではないと思っています。 逆に、もしこの台が高設定だったとしても、何の悔いもありませんでしたが。 本日の実践の振り返り 本日の振り返りです。 まずはお店選びから。 この日訪れたA店のハナハナコーナーには高設定と思われる台がありませんでした。 高設定のないお店へ高設定を狙いに行っても高設定に座れるわけはなく、完全なチョイスミスでした。 次に台の見切りについてです。 低投資で当たってくれて、持ちコインで試行回数を増やすことができました。 打っていた台をヤメる際にスロマガツールにかけたところ、設定5・6の可能性が高かったのにもかかわらず、ヤメる決断ができたのは良かったと思います。 結果的にもこの台は終日打ち切られていたにもかかわらず、差玉はマイナス域に達していましたし、これはファインプレーだったのではないでしょうか。 この結果から見るに、ハナハナシリーズはやはりボーナス出現率+通常時のベル確率の両方が揃ってこそだと改めて思いました。 この通常時の設定推測要素にプラスして、BIG中のスイカやパネフラ、REG中のサイドランプなどを付け足していくことがうまく設定を見切るポイントかなと。 とは言え、まずは高設定のあるお店に行かなければ意味はありません。 もう一度お店調査をしっかりして、設定6を掴める立ち回りをしなくてはなと。 そんなことを思う今日この頃です。

次の