お気 を つけ て お過ごし ください。 「お気をつけて」はビジネスや上司に使える?英語も紹介!

「体に気をつけて」に関連した中国語例文の一覧

お気 を つけ て お過ごし ください

「くれぐれも気を付けて」「くれぐれもご自愛ください」「くれぐれもよろしくお願いします」など「くれぐれも」を使った言葉を人からかけられたことはありますか。 この「くれぐれも」という言葉、よく耳にするとは思うのですが、みなさんは正しい意味や使い方を知っているでしょうか。 「くれぐれも」とは、「何度も心を込めて依頼・懇願したり、忠告したりするさま」「何度考えても、返す返す」を意味する副詞です。 「くれぐれも」は漢字では「呉呉も」や「呉々も」と表記することもできます。 心を込めて相手に懇願したり、念を押して忠告したりする意味で使われることが多いです。 他にも同じような意味で「どうか」や「どうぞ」という言い方もありますが、「くれぐれも」はそれらとはニュアンスがやや異なり、「くれぐれも」には、心配をするという意味が込められます。 今回は「くれぐれも」について詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 「くれぐれも」はどういう時に使うの? 「くれぐれも」は、相手の体調を気遣ったり、心配して注意を促したい時、念を押してお願いをしたい時などに使うフォーマルな言葉です。 敬語ではありませんが、目上の人や上司に使っても問題はありません。 「くれぐれも気を付けてください」のように、念を押して相手にお願いしたい時や注意したい時に使うのが一般的です。 体調を気遣う 例文をご紹介します。 ・まだまだ寒い日が続きますので、くれぐれも風邪など引かれませぬようお気を付けください。 ・顔色が悪いですよ。 くれぐれも無理をしないでください。 ・季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますので、くれぐれもご自愛下さい。 注意を促す 例文をご紹介します。 ・来週の月曜は大事な会議があるので、くれぐれも忘れないように。 ・約束の時間は明日の15時です。 くれぐれも遅れないようにいらしてください。 ・外は風が大変強いので、くれぐれも気を付けて帰ってください。 念を押してお願いする 例文をご紹介します。 ・お父さまにはいつもお世話になっております。 くれぐれもよろしくお伝えください。 ・こちらは大変熱くなっておりますので、くれぐれもお手を触れないようお願いいたします。 ・こちらは企業秘密となっておりますので、くれぐれも他言しないようお願いいたします。 「くれぐれもご自愛ください」は、メールや手紙の最後で、相手の健康を気遣うために使われる締めの言葉です。 この「ご自愛ください」は、老若男女、目上・目下問わず使うことができます。 ただし、「健康に気を付けて病気をしないように気を付けてください」という意味なので、すでに体調を崩している人やけがをしている人には使えませんので注意しましょう。 また、「お身体をご自愛ください」は、意味が重複しているので使い方としては誤りです。 例文をご紹介します。 ・だいぶ寒くなってまいりましたので、風邪など引かれませぬようくれぐれもご自愛ください。 ・暑さはこれからも続きます。 くれぐれもご自愛ください。 ・この度は退院おめでとうございます。 まだ体調は万全ではないと存じますので、くれぐれもご自愛ください。 お大事に 「くれぐれもお大事に」は、体調を崩している人に対して使う言葉です。 病院でこの言葉をかけられたことのある人も多いのではないでしょうか。 「お大事に」だけでも問題はないのですが、「くれぐれも」を付けると、より丁寧で相手の体調を案じていることが強調される意味になります。 また会社の上司や取引先の相手などに使う場合は、「くれぐれもお大事になさってください」のような言い回しが敬語として一般的です。 「お大事に」だけでは物足りないと感じた場合に、「くれぐれもお大事になさってください」と表現することで、より丁寧になります。 例文をご紹介します。 ・まだ少し熱があるようなので、くれぐれもお大事に。 ・朝晩はまだまだ冷え込みますので、くれぐれもお大事にお過ごしください。 ・具合が悪いのですか?くれぐれもお大事になさってください。 よろしく 「くれぐれもよろしくお伝えください」は、その場にいない人に自分の気持ちや様子をうまい具合に伝えてほしい時に使います。 これは親しい間柄からビジネスシーンまで幅広く使うことができます。 ただし、目上の人に「くれぐれもよろしくお伝えください」というのは一般的には失礼にあたります。 それは、「伝え方はあなたに任せますので、うまく伝えてください」という、まるで相手に丸投げするような捉え方になるためです。 相手との関係にもよりますが、使用する際には注意が必要です。 例文をご紹介します。 ・〇〇さんにはいつもお世話になっております。 くれぐれもよろしくお伝えください。 ・来週ご自宅に伺わせていただきますので、ご家族にはくれぐれもよろしくお伝えください。 ・くれぐれも娘をよろしくお願いいたします。 お体 「くれぐれもお体に気をつけて」は、相手の健康やご自愛を願っていますという意味です。 「お体」は頭から足の先までの全身のことを表し、肉体的な健康を願う意味合いが強くなってきます。 ただし、「くれぐれもお体に気をつけて」という表現を目上の人に対して使うのは注意が必要です。 そのまま使うと命令口調と捉えられてしまう可能性があります。 上司や目上の人に使いたい場合は、「くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください」のように、より丁寧な表現を使うと良いでしょう。 例文をご紹介します。 ・まだまだ暑い日が続きますので、くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。 ・熱が下がったとはいえ油断は禁物です。 くれぐれもお体にお気をつけて。 ・風邪は治り始めが肝心です。 くれぐれもお体にお気をつけてください。 お身体 願わくは 「願わくは」は、「願うところは」「望むことは」など、そうなることを強く望むという意味で、後ろに願望や希望を表す表現を付けて使います。 例文をご紹介します。 ・願わくは、今年も家族全員が健康で暮らせますように。 ・願わくは君に幸あらんことを。 ・願わくは、このふざけた話が夢でありますように。 どうぞ 「どうぞ」は、丁寧に頼んだり、心から願ったりする気持ちや、相手に物事を勧めたり、承諾・許可を与えたりする気持ち、ある状態や行動を実現させたいという気持ちなどを表します。 例文をご紹介します。 ・どうぞお気を付けください。 ・どうぞお召し上がりください。 ・どうぞ元気な赤子が生まれますように。 どうか 「どうか」は、心から丁寧に頼み込む気持ちを表します。 「どうぞ」とほぼ同じ使い方をされますが、「どうか」は無理を承知で頼むという意味が強いのに対し、「どうぞ」はどちらかというと勧誘の気持ちが強く、それをするかどうかは相手次第です。 例文をご紹介します。 ・どうかご了承ください。 ・どうかよろしくお願いします。 ・どうかこの事は内密にお願いします。 ぜひ 「ぜひ」は、心を込めて強く願う気持ちや、ある行動を強く勧める気もちを表します。 「どうしても」、「必ず」、「是が非でも」とも言い表します。 例文をご紹介します。 ・ぜひこの報告書をご覧になってください。 ・ぜひ一度ご来店ください。 ・ぜひ自分の目で確かめてみてください。 何卒 「何卒」は、相手に対して強く望む気持ちを表し、「どうぞ」や「どうか」と同じ意味ですが、より改まった場面で使う言葉です。 例文をご紹介します。 ・何卒ご容赦くだいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ・朝晩すっかり冷え込んできました。 何卒ご自愛ください。 「くれぐれも」の目上の人への使い方 「くれぐれも」は敬語ではありませんが、丁寧に希望を伝えることができる言葉なので、目上の人に対して使うことに何も問題はありません。 ただし、ただ「くれぐれも」を付ければいいというわけではありません。 使い方に注意すべき点もあります。 では、どういった場面で、どのような使い方をすればいいのでしょうか。 いくつか例文とともに紹介していきます。 相手の体調を気遣う「くれぐれも」 まだまだ寒い日がつづきますので、くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。 体調に気を付けてほしいときの言い回しの一例です。 相手が目上の人でなければ「くれぐれもお体にお気をつけて」だけの表現の仕方もありますが、目上の人に対してこのような言い方をすると命令しているように受け取られてしまう可能性があります。 目上の人に対して体調を気遣いたい時は、「お気をつけてください」や「お気をつけてお過ごしください」などの言葉を付けることで、より丁寧な表現になります。 注意を促したい時の「くれぐれも」 外は雨で滑りやすくなっておりますので、くれぐれもお足元お気を付けください。 何かに対して気を付けてほしいときの言い回しの例です。 「くれぐれも足元に気を付けて」を丁寧に言い換えた表現で、「足元」を「お足元」としたり、語尾に「~ください」と付け加えることで、失礼のないように相手に注意を促すことができます。 念を押してお願いしたい時の「くれぐれも」 くれぐれもご検討のほどお願いいたします。 何かを提案するときの、文章の締めとして用いられる言い回しです。 目上の人に対して「ご検討ください」という言い方は、相手を敬っているとは言えません。 語尾に「お願いいたします」を付けることで、相手に対して失礼のないようにお願いをすることができます。 状況にあわせた「くれぐれも」の使い方を 今回は「くれぐれも」の意味や使い方を、パターン別に例文と共にたくさん紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 普段何気なく使っている言葉ですが、みなさんは正しい使い方ができていましたか。 「くれぐれも」は、「相手の体調を気遣う時」「十分に注意してほしいということを伝えたい時」「念を押してお願いしたい時」などに、自分の思いを強く込めて使う言葉です。 「ぜひ」や「どうか」など類語もいくつかありますが、「くれぐれも」は「呉呉も」と表記するように繰り返しの意味があります。 ですが、「どうしても」という自分の思いを伝える点では同じなので、基本的にはどれを使っても意味に差はありません。 普段はもちろん、目上の人にも使える言葉なので、念を押して何かを伝えたい時にぜひ「くれぐれも」を使ってみてはいかがですか。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「お体に気をつけて」の敬語は?体調を気遣う年賀状やメールも

お気 を つけ て お過ごし ください

気になる項目をクリック• 1.「お体に気をつけて」の意味と使い方 「お体に気をつけて」は「健康に注意して、健やかにお過ごしください」という意味を込めて、相手の体や健康を気遣うための言葉です。 日本語として正しい表現ですが、念のため「お体に気をつけて」を分解してみますと、 接頭語「お」+名詞「体」+助詞「に」+動詞「気をつける」+助詞の「て」 という構造になっています。 「気をつける」の意味は、注意する、する、用心する、などが挙げられます。 直訳すると「お体に注意して」「お体に用心して」となってしまうため、 日本語として違和感を感じてしまう人もいるようですが、正しい日本語ですのでご安心ください。 1-1.「お体に気をつけて」の使い方 口頭であれば別れ際や送別会などの挨拶として、文章(メール、手紙、年賀状、お見舞い状など)であれば文末の結びの挨拶として使われています。 家族や友人との別れ際に「元気でね」という言葉をかけられる方は多いと思います。 そのビジネス版が、「お体に気をつけて」だと考えていただけるといいでしょう。• 1-2.「お体」と「お身体」どちらを使う? 結論から言いまして、どちらを使っても間違いではありません。 ただし、心身ともに健康でいてほしいという思いから、文章で書くときには「お身体」を使う人が多いようです。 理由は、「体」は頭から足の先までの体のことを表し、「身体」は体に加えて心を表すとされているからです。 特に、改まった場であるビジネスシーンでは「お身体」が使われることが多いです。 1-3. 「お体に気をつけて」と「ご体調に気をつけて」の使い分け 「ご体調に気をつけて」と「お体に気をつけて」は、同じ意味で使うことができます。 「体調」とは、体の調子やコンディションという意味ですので、「お体」と「体調」という言葉に大きな違いはありません。 ただし、「体調」を丁寧に言う場合、「ご体調」となり、「ご体調に気をつけて」は発音しにくいことから、耳にすることは少ないかもしれません。• どの言葉も相手の健康を気遣う言葉です。 ただし、 使う場面によっては言い換え表現の方がより適していることもありますので、覚えておくと良いでしょう。 4-1.「ご自愛ください」 「あなたご自身のこと(心・体・体調すべて)を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。 「自愛」は、自分を大切にするという意味です。 「ご自愛くださいませ」と 最後に「〜ませ」をつけるとより丁寧な印象になります。 また、手紙やメールなどの最後、結びの言葉としてよく使われます。 あわせて使いこなせるようになりますととても便利です。 4-2.「お体を大切になさってください」 文字の通り、「あなたの体を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。 4-3.「お大事になさってください」 「病気や怪我が早く治るように、あなたの体を大切してください」「病気や怪我が早く治るように、回復をお祈りしています」という2つの意味を持ち、体調を崩している相手の健康を気遣う敬語表現です。 上記の類似表現と似ていますが、 使う相手が「病気もしくは怪我をされている方」に限られますので注意が必要です。 4-4.「お体に気をつけて」と言われた時の答え方 「ありがとうございます」と答えるのが一般的です。 「お体に気をつけて」は、相手の健康を気遣うための言葉です。 そのため、もし声が出ないなど「なさってください」と言われるような状況であれば会釈だけでも良いとされています。 大切なのは気遣ってくれた相手に対する感謝の気持ちを示すことです。 まとめ 日本語を正しく使うことは難しい、と思われたかもしれません。 しかし、 難しいからこそきちんと使いこなすことで、社内外の方からの信頼を積み重ねることができます。 特に、相手を気遣う言葉がとっさに出てくるということは、一流のビジネスパーソンであればのスキルです。 学びは実践してこそ力になります。 お身体に気をつけて、今日も元気に頑張りましょう!•

次の

台風がくるので気をつけて過ごしてくださいって英語でなんて言うの?

お気 を つけ て お過ごし ください

基本的に「お体に気をつけて」は手紙やメールで使われることが多いでしょう。 手紙やメールでは、文章の形式というものが重視されます。 最後の文末には締めの挨拶をすることになり、そのときの定番として「お体に気をつけて」が使われるのです。 慣用的な表現となっているため、文末をどうするか迷ったときには「お体に気をつけて」を使っておけば便利でしょう。 「お体に気をつけて」を文末に書くだけで、その手紙やメールがきちんと形式にのっとったものとなるのです。 一般的な手紙だけではなく年賀状に使われることも多いです。 年賀状の最後に相手の体調を気遣う文章を載せると印象が良いです。 年賀状の書き方に悩んでいる人は積極的に「お体に気をつけて」を使いましょう。 「お体に気をつけて」はこれだけで単独で使われることもあるのですが、手紙やメールでは前後にいろいろな言葉を付け加えて使うのが一般的です。 そこで、どういう言葉をつけるのかによって、たくさんのバリエーションがあります。 たとえば、季節によって言葉を変えることができ、「お体に気をつけて」を用いた表現は1年を通してずっと使い続けることができるのです。 年賀状と夏場の手紙では、「お体に気をつけて」の文の書き方は変わってくるでしょう。 前後の文章を工夫すると、毎回違った表現にすることができます。 毎回、同じ表現ばかり使っていると手抜きの印象を与えてしまうかもしれません。 それは失礼になってしまうため注意しましょう。 例文 ・「お体に気をつけて良い年をお過ごしください」 ・「風邪など召されませんよう、お体に気を付けてお過ごしください」 年賀状は新年の挨拶をするものであり、新しい1年ずっと健康で暮らしていけるようにという気持ちを込めた手紙を作成しましょう。 年賀状の文末の締めとして「お体に気をつけて」は定番な表現といえるでしょう。 また、年賀状を出すシーズンというのは冬場で風邪を引きやすい時期のため、このことに言及するのも良いでしょう。 年賀状は決まりきったフレーズばかり使われることが多いため、表現を工夫しましょう。 「お体に気をつけて」の文章にもいろいろなパターンがあるため、年賀状で使うときにはオリジナリティを出すと良いでしょう。 そうすれば印象に残る年賀状を作れます。 心をこめた年賀状にしましょう。

次の