ジブラルタ生命 面接。 採用情報|ジブラルタ生命保険MR採用情報

ジブラルタ生命保険の「入社理由と入社後ギャップ」 OpenWork(旧:Vorkers)

ジブラルタ生命 面接

ジブラルタ生命への転職を考えている人向けに、難易度と面接傾向を解説していきます! また、求人や企業の情報についても合わせて紹介しています! 目次 ジブラルタ生命の転職難易度 ジブラルタ生命の転職難易度ですが、 職種により難易度が変わります。 以下から、ジブラルタ生命の職種ごとの転職難易度を解説します。 ライフプラン・コンサルタント・MR ライフプラン・コンサルタント・MRの3つに関してはそれほど高くありません。 ライフプラン・コンサルタント・MRは必要とされている経験が営業実務経験1年以上程度で、保険業界の経験やBtoC、BtoB営業の経験を必須とはしていません。 提案力や企画力、交渉力といったスキルのほうが求められる傾向が強いです。 とはいえ、営業経験が豊富だったり、保険業界を経験している人のほうが優遇はされます。 例えばMRの代理店営業だと、既存の代理店コンサルだけなく、新規開拓も重要な業務になります。 そのときに、営業経験が1年ほどの人と2〜3年やっている人とでは、営業の成績に大きな差が生まれるためです。 営業管理職 ジブラルタ生命の営業管理職の転職難易度は特別高くはありません。 ただ正直、転職する本人次第といった感じです。 基本的に営業管理職は、営業管理職採用プロジェクトというものが開催されている期間に求人が出ます。 求人情報には業界・職種未経験歓迎と書かれていますが、歓迎する人材としては以下の3つがあります。 自分で組織を創り、動かし、拡大していくことに情熱を注げる人• 自分の可能性に挑戦したいという成長意欲のある人• 使命感と責任感を持って職務にあたっていける人 基本的に「成長意欲が高い人」をジブラルタ生命は求めているので、そういった気持ちで働けるのが、転職しやすい人の特徴になります。 ジブラルタ生命の営業管理職は、入社後9ヶ月におよぶ研修があり、それが終了した後に営業管理職として配属されます。 ただなんとなく、条件が良い程度の気持ちでは転職するのは難しいでしょう。 成長意欲が高く、仕事に対して真剣に取り組めるということをアピールできれば、採用される可能性はあります。 ジブラルタ生命の面接の傾向・対策 ジブラルタ生命の面接は「人柄」と「過去の経歴」について深く質問される経歴があります。 面接で良く聞かれる「なぜジブラルタ生命には入りたいのか?」という志望動機はあまり質問されません。 実際に、面接では以下のようなことを質問されます。 何をしてきたのか?• 何ができるのか?• 挫折や目標達成経験はあるのか? 面接対策としては「」と「キャリアの棚卸し」を中心におこないましょう。 これらを対策することで、面接官がしてくる質問に対して、適切な回答をしやすくなります。 自己分析に関しては、自分でよくわからない人は周りの人に自分がどう見えるのかを第三者目線で聞くのもありです。 キャリアの棚卸しについては少し特殊ですが、ジブラルタ生命は転職者であっても学生時代のことを質問されることもあるようです。 キャリアの棚卸しする際は、念の為学生時代に学んだこと、どういった勉強をしていたのかまで、準備しておくのが良いです。 個人での面接対策が不安ならプロに頼ろう 面接対策は自分1人でおこなうにはどうしても限界があったりと難しくなってしまいがちです。 そういう人は、 転職エージェントなどプロのキャリアアドバイザーに頼るのも良いでしょう。 転職エージェントなら、転職者が内定獲得するために面接対策を含めた転職支援を徹底的におこなってくれます。 もし転職エージェントに興味があるなら、以下の大手3社のどれかには登録しておくのがおすすめです。 それぞれの職種について、以下から解説していきます。 ライフプラン・コンサルタント ライフプラン・コンサルタントは、顧客との面談を通して最適な保障プランを提案する仕事です。 顧客と直に面談をし、その家族ごとの生活設定や将来の展望をヒアリングした後に、必要な資金学と保障額を算出する必要があるので、コミュニケーション能力は必須な仕事です。 ライフプラン・コンサルタントに転職するには、基本的に営業の経験は不問です。 ただ電話営業になるので、先ほども伝えたようにコミュニケーション能力は必須です。 また、自分から顧客に対して積極的に質問できるかも重要になります。 営業管理職 営業管理職は、全国に704ある営業拠点の一責任者として、人材採用や育成から組織運営を担当します。 営業管理職については先ほど詳しく紹介していますので、転職に必要な条件を簡単にまとめると「成長意欲の高さ」が最重要になります。 MR 代理店営業担当 MR 代理店営業担当 は、代理店に保険・金融業界全般の情報提供と経営のアドバイスをおこない、保険販売代理店との仲介役として重要な役割になっています。 また、既存の顧客以外にも新規顧客も開拓していく仕事です。 応募の条件としては、社会人経験が2年以上、営業歴が1年以上、大卒以上の学歴が必要です。 また、営業職ということで、普通自動車免許が必須になっています。 ジブラルタ生命の企業情報 ジブラルタ生命の企業情報について「事業内容」「年収」「社風」「福利厚生」の4つにわけて紹介していきます。 事業内容 ジブラルタ生命は、生命保険を売ることをメイン事業としている会社です。 従来の保険では、数種類のプランから自分にあったものを選択する必要があり、どうしても保証が足りなかったり、無駄があるなど完璧に自分に合うプランを選ぶことが難しかったです。 ジブラルタ生命の保険は「子供を大学まで進学させたい」「定年ギリギリまで会社の最前線で働いていたい」など、人それぞれに合わせて保険のプランを作成できる、オーダーメイド生命保証を提供しています。 年収 ジブラルタ生命の年収は、職種によってかなり差があります。 ライフプラン・コンサルタントの収入は公開されていないので、営業管理職とMR 代理店営業担当 の収入を以下から紹介していきます。 営業管理職 MR 代理店営業担当 約600〜700万円 約300〜400万円 求人票では、営業管理職の月収が50万円以上で、MR 代理店営業担当 の月収が26万円以上となっています。 上記の年収は、求人票に掲載されていた月収を12ヶ月で計算し、そこにボーナス額を予想して算出した数字です。 社風 ジブラルタ生命の社風は、行動指針にもあるように「勝つこと」や「信頼に値すること」を念頭に置いています。 そのため、お客様の信頼を勝ち取るべく、契約が取ることで収入が上がる成果主義となっています。 また、個人主義の側面が強く、業務を自分のペースで進めることができるため、営業戦略など自分自身で考えて行動することが可能です。 福利厚生 ジブラルタ生命の福利厚生について、主要どころのみ以下から紹介していきます。 退職金制度• 育児支援制度• 永年勤続表彰• 結婚・出産祝金• 弔慰金 他にも、定期健康診断などもあり、社員の生活と健康を考えた福利厚生が充実しています。 ジブラルタ生命への転職を成功させる方法 ジブラルタ生命に転職したいなら、 転職エージェントを利用するのがおすすめです。 ジブラルタ生命は、経験やスキルよりも自社とマッチした人柄なのかを重要視します。 経験やスキルをそこまで重要にしない分、自己分析やキャリアの棚卸しをしっかりとおこなう必要があります。 自分で1人でも面接対策は可能ですが、より内定の確率を上げたいなら、転職のプロである転職エージェントに相談するのがもっとも効率的な手段です。 第三者目線から、自分のどういった点がジブラルタ生命とマッチしているのかをアドバイスしてくれます。 また、面接対策以外にも履歴書の添削や年収交渉を代わりにおこなってくれ、転職のあるゆる部分をサポートしてくれるといったメリットがあります。 もし 転職エージェントを利用するなら、2〜3社を登録することをおすすめします。 転職エージェントの質は担当のキャリアアドバイザーにより大きく左右されます。 自分にとって相性の良いキャリアアドバイザーと効率良く出会うためにも、複数のキャリアアドバイザーと面談をしていくのが良いです。 大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント 大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。 さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。 幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

次の

ジブラルタ生命保険株式会社の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (3017)

ジブラルタ生命 面接

回答者 3. 4 強み: プルデンシャルグループという、とても大きな組織の一員である事から、資金が十分にあり、現場への還元をとても考えている。 また、離職率が高いこともあり会社としても研修を充実させようと工夫がみられ、その際には財源がある方がやはり強いと感じる。 また、他の生命保険会社にはない提携地盤があり、一定の成績を上げれば後々は担当させてもらう事ができるため、保険営業に多い、行き先が無くなる事は基本的にない。 行き先が枯渇している人は、その人自身に問題がある。 弱み: 組織が大きくなってきていることや、プルデンシャルとの兼ね合いもありなかなか新しい商品開発などが進まずスピード感が遅いと感じる。 事業展望: 世の中の流れにどれだけ付いていけるか、古い考えの人達が発想の転換をして柔軟に対応できるかが鍵になると感じる。 回答者 3. 5 変わる事なく死亡保障に特化したニードセールスに拘る文化は揺るぐ事なく続いている。 また、生命保険のあるべき姿、本質で勝負しており、保険は担当者で選ばれるという重要な事を経営陣が良く理解した上で経営していると感じる。 現場は結果によっては莫大な報酬を手に入れる事ができるが、仕事の問題や結果が出ない時の責任のほとんどを現場が取る仕組みとなっており、結果が良ければ高い報酬を伴うからという理由では納得のいかない事が多い。 本社や本部長以上の人間が責任を取る姿を入社してから見た事がない。 大企業としては当たり前なのかもしれないが、それぞれの立場で公平に責任を取る仕組みがあれば、発展する伸び代はとてもあると現場では感じる。

次の

ジブラルタ生命の年収給料・20~65歳の年収推移・役職別年収|平均年収.jp

ジブラルタ生命 面接

全国に営業展開しているジブラルタ生命保険。 2001年にプデンシャル・ファイナンシャルの一員として営業を開始しました。 また2012年にジブラルタ生命、AIGエジソン生命、エイアイジー・スター生命が合併し、新「ジブラルタ生命」が誕生しました。 外資系企業のため、オーダーメイド型の保険商品を主に販売しています。 そんなジブラルタ生命ですが、「全体的には国内企業のような古い体質がある」といった口コミが多く見られ外資系、日系の両側面を持ち合わせているようです。 評価などは外資系の側面があり、頑張れば頑張った分だけ給料に影響があります。 しかし、「簡単に首を切らない為、仕事ができない人が長く居座っている」などといった国内企業にありがちな雰囲気もあるようです。 仕事は個人事業主となるので、全て自己責任ではありますが、自由に活動できる面もあり、自律して働ける方が好まれるでしょう。 その他社員の口コミには、「お客様のどこに不安があるか汲み取る努力を重ねた結果喜んでいただけてやりがいを感じた」「ライフプランでお客様の人生設計のお手伝いができることは魅力の一つ」などというやりがいの声も多く見受けられました。 しかし保険業界ならではの「他業種の営業より人に嫌がられる」「売れなければ生活が厳しくなる」といった声もあるので、常に高いモチベーションを保ち、成績を維持する工夫ができる人材が求められるでしょう。 ジブラルタ生命は、生命保険の正しいあり方を追及するという信念のもと、顧客のために常にベストのサービスを提供し続ける会社を目指しています。 採用面接ではこうした社風にマッチした人材であるかが見極められるでしょう。 ジブラルタ生命の選考プロセスは、説明会(数回)、書類選考、面接(2回程)、適性検査となります。 職種によっては筆記試験も実施されます。 また面接がグループディスカッションだったという口コミもあります。 面接は現場社員、人事部社員、役員クラスなどが担当するようです。 質問が多く、面接時間が長かったと感じた経験者も多いようです。 集中力が途切れないよう、事前に様々な質問内容を想定し臨むようにしましょう。 当たり前ではありますが、履歴書も細部まで丁寧に書かれているか細かく確認されるようです。 写真もスピード写真などは避けるようにしましょう。 内定までの所要期間は、概ね2週間から1ヵ月程度です。 ジブラルタ生命では、「ライフプラン・コンサルタント」「営業管理職」「MR(代理店営業担当)」を募集しています。 コーポレートサイトでは各職種で募集要項が記されています。 また中途入社者のインタビューや応募者向けのメッセージなども記載されてますので、よく確認し、なぜその職種を希望するのか説明できるようにしましょう。 ジブラルタ生命での面接では、"過去"に関する質問が多く、「前職での失敗体験は?」「小、中学校の時、どんな子供でしたか」「過去にスランプになったことはありますか?」「今までの成績は?」「これまでに影響を受けた人は?」といった質問が多く見受けられます。 これまでの経験、生い立ちを整理しておくとともに、失敗したことやスランプになってしまったことについては、そこからどう回復し、その失敗によって何を得られたのかなどもエピソードとして準備しておくと良いでしょう。 面接がグループディスカッションだったという口コミもあります。 「自分の強みや代理店営業として大切なことについて論じ合った」という声もありますので、予め想定しておき、複数の応募者の中でも自分の魅力、強みをいくつかあげておき、しっかりアピールできるように準備しておきましょう。 また口コミの中には、「嘘は見抜かれてしまう」といった声が多くありました。 これまでの実績や前職時の成績など、誠実にありのままを伝えるようにしましょう。 自信がない場合は、自分の強みを活かし、今後どう活躍することを目標としているかも合わせて伝えるようにしましょう。 「将来像(Vision)と使命(Mission)」は、今後活躍する人材を採用する人事戦略に影響します。 しっかりと理解した上で自己分析に落とし込み、面接でこのビジョンに合致する人材であることをアピールしましょう。 ジブラルタ生命は外資系のため、オーダーメイド型の保険商品を販売しています。 そのため顧客の話しをよく聞き、不安や心配ごとを聞き出すことや、本人が気付いていないリスクや潜在ニーズに気付ける着眼点をもつことが重要となります。 その上で顧客のライフステージに合う商品を組み合わせ提案する力が必要となるでしょう。 前職の経験などから、相手に合わせた対応力や、本当に欲しているニーズを見極め、顧客の満足を得られたエピソードなどを紹介し、アピールに繋げると良いでしょう。 また、顧客の家庭事情、経済事情などプライベートなことにも関わることになるため、絶対的な信頼を得ることも大事になります。 顧客が安心して話せる環境を作り、その上で顧客の気持ちを汲み取り、寄せられた信頼に応えようと行動する中で、顧客も納得し喜んでもらえた経験などがあればエピソードとして紹介すると良いでしょう。 顧客の望むものや潜在しているニーズに気付けるスキルと顧客から絶対的な信頼を得られる対応力をもつ人材であることをアピールするようにしましょう。 ジブラルタ生命保険の面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜジブラルタ生命か」というものがあります。 面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面も見ています。 業界理解や職種理解の枠を超えて、ジブラルタ生命保険という企業についてしっかり理解する。 そのためには、競合となりやすい他社研究も忘れないようにしましょう。 具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。 そして面接の場では、「生命保険の正しいあり方を追及するという信念のもと、顧客のために常にベストのサービスを提供し続ける会社を目指す」という社風を意識して、「顧客の望むものや潜在しているニーズを気付けるスキルと顧客から絶対的な信頼を得られる対応力をもつ人材である」と印象づけられるよう、さまざまなエピソードを準備しておくと良いでしょう。 面接経験者が実際に聞かれた質問をご紹介します。 これらの質問をされたらどのように答えるか、しっかりと考えながら面接対策しておきましょう。 ジブラルタ生命の採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。 面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。 これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールできるよう心がけましょう。

次の