強み 自己pr。 【協調性】自己PRの作り方!評価されやすい書き方を例文付きで解説

人のために動ける強みの自己PR法【これでES通過率UP!】

強み 自己pr

自己PRで使える24個の強み・長所の一覧表 まず初めに、基本的な自己PRの書き方を学びましょう。 自己PRの書き方は、で紹介しています。 自己PRを書くうえでの基本的なルールを知ることで、良い自己PRを書くことができます。 それでは、自己PRに使える代表的な24個の強み・長所を紹介していきます。 24個の強み・長所を紹介すると同時に、どのような人に合った強み・長所であるかを解説します。 自分がどの強み・長所に当てはまるかを考えながら、読み進めていきましょう。 決断力 おすすめの強み・長所の1つ目は、「決断力」です。 決断力の意味は、「素早く、潔く意思決定を行う力」です。 大胆な行動力や積極性をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 曖昧力 おすすめの強み・長所の2つ目は、「曖昧力」です。 曖昧力の意味は、「あやふやな状況をそのまま受け入れる力」です。 状況に応じて柔軟に行動できる力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 瞬発力 おすすめの強み・長所の3つ目は、「瞬発力」です。 瞬発力の意味は、「短期間で集中的にパワーを発揮する力」です。 素早く行動することで成果を出すタイプの方におすすめの強み・長所です。 冒険力 おすすめの強み・長所の4つ目は、「冒険力」です。 冒険力の意味は、「危険を恐れず、難易度の高いことにも挑戦する力」です。 バイタリティが高く、新しいことにも挑戦していくタイプの方におすすめの強み・長所です。 忍耐力 おすすめの強み・長所の5つ目は、「忍耐力」です。 忍耐力の意味は、「苦しみや辛さ、怒りなどに耐える力」です。 ストレス耐性が高く、粘り強く行動できる力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 規律力 おすすめの強み・長所の6つ目は、「規律力」です。 規律力の意味は、「秩序やルールにのっとり、整然と事を進める力」です。 真面目に、コツコツと物事に取り組む力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 持続力 おすすめの強み・長所の7つ目は、「持続力」です。 持続力の意味は、「ひとつのことを長期間、中断せずに継続する力」です。 1つの物事をコツコツと、粘り強く取り組める力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 慎重力 おすすめの強み・長所の8つ目は、「慎重力」です。 慎重力の意味は、「注意深く落ち着いて行動する力」です。 深く考察することで、戦略的に行動できる力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 主張力 おすすめの強み・長所の9つ目は、「主張力」です。 主張力の意味は、「周囲に対して、オープンに自分の意見を発信する力」です。 自分の芯を持ち、相手に伝える力に長けていることをアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 否定力 おすすめの強み・長所の10つ目は、「否定力」です。 否定力の意味は、「相手の意見や行動に対して、真摯に指摘や否定をする力」です。 正義感が強く、間違っていることを指摘できるタイプの方におすすめの強み・長所です。 説得力 おすすめの強み・長所の11つ目は、「説得力」です。 説得力の意味は、「相手によく話しを聞かせて、納得・態度を変容させる力」です。 自分の意見を相手に伝える力に長けている方に、おすすめの強み・長所です。 統率力 おすすめの強み・長所の12つ目は、「統率力」です。 統率力の意味は、「集団において面々に指示して仕事させる力」です。 リーダーシップがあり、周囲を引っ張る力に長けている方におすすめの強み・長所です。 傾聴力 おすすめの強み・長所の13つ目は、「傾聴力」です。 傾聴力の意味は、「相手の立場に立ち、真剣に耳を傾ける力」です。 相手の話をよく聞き、本音を引き出すことがうまい方におすすめの強み・長所です。 受容力 おすすめの強み・長所の14つ目は、「受容力」です。 受容力の意味は、「相手に共感しながら話や要求を聞き入れる力」です。 相手を受け止め、信頼関係を築く力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 支援力 おすすめの強み・長所の15つ目は、「支援力」です。 支援力の意味は、「相手に配慮したり、サポートを行い援助する力」です。 気遣いができ、チームを縁の下で支える力に長けている方におすすめの強み・長所です。 協調力 おすすめの強み・長所の16つ目は、「協調力」です。 協調力の意味は、「集団で力を合わせて事を成す力」です。 チームで協力しながら、物事を成し遂げることが得意な方におすすめの強み・長所です。 試行力 おすすめの強み・長所の17つ目は、「試行力」です。 試行力の意味は、「判断材料が少なくても、試行錯誤をする力」です。 ひたすら考え抜き、それを行動に移す力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 変革力 おすすめの強み・長所の18つ目は、「変革力」です。 変革力の意味は、「既成概念に囚われず、物事を新しく変える力」です。 新しい視点で、物事に挑戦することが得意な方におすすめの強み・長所です。 機動力 おすすめの強み・長所の19つ目は、「機動力」です。 機動力の意味は、「状況に応じてすばやく活動に移す力」です。 柔軟性があり、臨機応変に行動する力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 発想力 おすすめの強み・長所の20つ目は、「発想力」です。 発想力の意味は、「新しいアイデアを思いついたり、企画する力」です。 人とは異なる視点を持ち、新しい価値を生み出す力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 計画力 おすすめの強み・長所の21つ目は、「計画力」です。 計画力の意味は、「ゴールに向けた綿密な計画を立案する力」です。 目標から逆算して、計画的に行動する力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 推進力 おすすめの強み・長所の22つ目は、「推進力」です。 推進力の意味は、「物事を目的に向かって前に進める力」です。 ゴールを意識して、それに向かって行動していくことが得意な方におすすめの強み・長所です。 確動力 おすすめの強み・長所の23つ目は、「確動力」です。 確動力の意味は、「やるべきことを確実かつ正確に実行する力」です。 真面目な性格で、的確に物事をこなす力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 分析力 おすすめの強み・長所の24つ目は、「分析力」です。 分析力の意味は、「物事の原因や本質を深く掘り下げて考える力」です。 物事の本質を捉え、的確に行動する力をアピールしたい方におすすめの強み・長所です。 改めて、これらが就活におすすめの強み・長所24個です。 自分の強み・長所を知る方法 ここまで、自己PRに 使える代表的な24個の強み・長所を紹介しました。 それでは、自分がアピールすべき強み・長所は、どのように選べば良いのでしょう。 その答えは、簡単です。 適性検査ツールを利用することで、自分の強み・長所を理解すれば良いのです。 適性検査ツールでは、自分の特徴、価値観、強み・弱みを知ることに役立ちます。 私は就活生のとき、適性検査を受験したことで、自分に合った強み・長所を発見することができました。 適性検査ツールを無料で利用できるキミスカでは、このように適性検査の診断結果を見ることができます。 適性検査の結果を参考にすることで、自分がアピールすべき強み・長所を知ることができます。 キミスカの適性検査ツールでは、150の質問に答えることで、特に精度の高い診断結果を見ることができます。 キミスカのマイページで、右下の「適性検査で戦闘力を測る」というボタンをクリックすると、適性検査を受験することができます。 まだ適性検査を受験していない就活生は、自分の強み・長所を理解するために利用してみましょう。 就活での自己PRの作り方 自己PRの作り方として、主に2つの方法があります。 こちらを参考に、自己PRを作ってみることをおすすめします。 エピソードから強みを考える方法 学生時代に頑張ったことのエピソードから、自分の強みを発見して、自己PRをする方法です。 自分が活躍した場面、得意だったことを思い返し、他の人に負けない自信がある強みを見つけましょう。 強みを見つけることができたら、社会人となってもその強みを活かせることをアピールしましょう。 強みからエピソードを考える方法 自己分析により発見した自分の強みを用いて、自己PRをする方法です。 キミスカの適性検査ツールで発見した強みを、そのまま活かしましょう。 自分の強みをアピールできるエピソードを探し、それを面接官にアピールすることで、印象が高まります。 どちらの方法でも、代表的な24個の強みを知ることで、良い自己PRが作れます。 一般的な自己PRの作り方は、「エピソードから自分の強みを発見する方法」です。 過去の様々なエピソードを振り返り、そこに共通する自分の強みを発見しましょう。 こちらのブログでは、このような記事が人気です。 この記事に飽きてきた方は、ぜひこれらの記事を見てから帰ってください。 全国転勤なしの大手企業まとめ 就活生が知らない隠れ優良企業まとめ スポンサードサーチ 面接官の印象が分かれる強み・長所 自己PRにおいて、面接官に印象の良い強み・悪い強みを紹介します。 アピールすべき強み、できれば利用すべきでない強みを知り、参考にしましょう。 印象が良い強み・長所 就活をするときに、人事の方に良い印象を与えると言われている強みがあります。 人事の方に良い印象を与えると言われているのは、こちらの4つの強みです。 メンタルタフネス 企業から予想以上に受けが良い強みが、「メンタルタフネス」のようです。 最近の学生は精神的に弱い人が多いようで、企業はメンタルが強い人を求めている傾向にあるそうです。 体育会系の学生などは、メンタルタフネスをアピールすることはおすすめです。 人を巻き込む力 仕事をすると必ず必要になる能力が、「人を巻き込む力」です。 社会人になると、様々な人とコミュニケーションを取りながら仕事をすることになります。 人をうまく巻き込めることをアピールできれば、人事からの評価が高まることが多いようです。 物事を同時にバランスよくこなす能力 自己PRにおすすめの強みとして、「物事を同時にバランスよくこなす能力」がおすすめという人もいます。 1つの物事を徹底的にこなすより、いくつかの物事をバランス良くこなす人の方が、評価されることが多いようです。 そのため、柔軟に対応する力がある人には、物事を同時にバランスよくこなす能力をアピールしてみましょう。 協調性 多くの就活生が自己PRでアピールする強みが、「協調性」です。 協調性を自己PRで使うのであれば、「柔軟に相手と信頼関係が築ける」という意味での協調性をアピールしましょう。 協調性があるというのは、「黙って意見が言えない人」とは違いますので注意してください。 印象が悪い強み・長所 次に印象が悪い強み・長所を紹介します。 コミュニケーション力 コミュニケーション力を強みとする人は多いと思います。 しかし、コミュニケーション力を強みとすることは、2つの理由からおすすめしません。 コミュニケーション力の中にもいろいろな種類があること 「コミュニケーション力」を細分化すると、様々な種類のコミュニケーション力があります。 例えば、「人に積極的に働きかける」コミュニケーションが得意なのであれば、違う言い方をすべきです。 コミュニケーション力では、幅が広すぎるため、人事の方にわかりやすい言葉で自己PRをしましょう。 面接をすればコミュニケーション力があるかどうかわかること 人事は面接をすれば、その人にコミュニケーション力があるかどうかを判断することができます。 面接をすれば伝えられるのに、自己PRでコミュニケーション力をアピールするのはもったいないです。 人事が面接で気づけないような強み・長所をアピールすることで、あなたの評価を高めることができます。 エントリーシートの通過率を上げる方法 エントリーシートの通過率を高めるためには、内定者のエントリーシートを参考にすることが重要です。 内定者の自己PRの書き方や構成を学ぶことで、効率的にエントリーシートを上達させることができます。 には、内定者の質の高いエントリーシート2万枚以上が掲載されています。 有名なサイトなので登録している方が多いでしょうが、まだ登録していない就活生がいれば早めに登録しましょう。

次の

自己PRと長所の違い|知っておくべき採用担当者の意図 ≪自己PR例文あり≫|JOBRASS新卒|学生のための自己PR型就活サイト

強み 自己pr

就職活動において必ずと言っていいほど聞かれるのが自己PRと強みです。 あなたは両者の違いを区別できますか? 一見同じ意味じゃないの?そう思ってしまいますよね。 実は、両者はそれぞれ意味が違うのです。 今回は、自己PRと強みの違いと、その両方書く場合の注意点をまとめてみました。 まずは自己PRとは、どんな意味なのか見てみましょう。 自己PRとは自分を売り込むこと 「あなたがこの会社に入ったら、自分の強みや長所を活かしてどんな事ができるか?」 この質問に対しての答えが「自己PR」になります。 学生生活で努力したことを書き連ねるのではなく、これまでの経験や努力をしてきたことが実際に会社に入った時にどう活かせるのかをアピールします。 要は、会社目線で伝えることが自己PRなのです。 視点がずれてしまうとせっかくの自己PRが台無しになってしまうので気をつけましょう。 エントリーシートや面接において、必ず出てくる大事な第一関門といっても過言ではありません。 自分が仕事において会社にどんな貢献ができるか?を、応募する会社の事業内容なども確認した上で、念入りに仕上げておきましょう。 次に、強みとは一体どんな意味なのか見てみましょう。 強みとは仕事にダイレクトにつながる抜きん出た能力のこと 一方「強み」は他人と比べた時に、秀でている技術や能力のことをいいます。 また、目的に至るまでどんな方法で達成できたのかというプロセスなども強みといえます。 複数ある場合は、自分が志望する職種がより活かせる事柄を選択するといいでしょう。 例えば、• パソコンの勉強をして誰にも負けない知識がある• アルバイトで正確に速くレジ業務を行える• 4年間の山岳部の活動でどんな状況にも応じられる判断能力が身についた もし、直接仕事につながるエピソードや資格がなくても、• まずは、一度自分を振り返ってみて、書き出してみることをお勧めします。 そして、その強みとは仕事に対して結びつくか?理由付けになっているか?がポイントです。 転職する場合は、前職での経験をいかんなく披露する良い機会になりますね。 自己PRは、会社で自分の強みをどのように活かせるか?を念頭に考えるのがコツです。 ですから、まずは自分の強みを基本に自己PRを書いてみましょう。 具体例を挙げてみました。 【強み:アルバイト経験を活かした提案力】雑貨店で接客のアルバイトをしておりました。 商品の並べ方など言われた通りにするのではなく、自分から積極的に提案して仕事に取り組んで参りました。 その商品が売れた時は工夫することによって、結果が得られる喜びと仕事に対しての自信を得ることができました。 与えられたものだけでなく自ら考える大切さを学び、また実感したことで御社の仕事においても活かしていきたいと思います。 弱みは何ですか?という答えも合わせて考えておきましょう。 弱みを伝えるのは、マイナスになるのではと考えがちですが、面接官はあなたの自己分析力を見ているのです。 この時、弱みはないと答えるのはタブーです。 弱みがない人なんていませんから、正直に自分を分析して伝えるようにしましょう。 ただ、あまりにストレートすぎるのも好ましくありません。 「私の弱みは~です。 ですが、こんな改善策で気をつけるようにしています。 」というように、対処法も交えて締めくくるようにしましょう。 強みと長所も違うもの また、強みとよく混同してしまうのが長所になります。 強みと長所も似ているようで、実は異なりますからそれぞれ把握しておきましょう。 長所は、優れているところや良いところを表す性格などのことです。 例えば、• 好奇心旺盛なところ• 明るい性格• リーダーシップがある• 真面目だ• 協調性がある などです。 強み=仕事で活かせる自分の能力や技術。 長所=自分目線で考える優れているところや特徴。 これを踏まえて、自分の強みとは何かを的確に答えられるようにしておきましょう。 まとめ 以上のように自己PRと強みとは違うものということがお分かり頂けたでしょうか。 違いがわかると、両方尋ねられても慌てることはありません。 面接官は、あなたがどこまで自分自身のことを突き詰めて考えられているか? そこを重点的に見ています。 とにかく、時間をかけて念入りに準備することが成功への鍵です。 あなたの就職活動が悔いのないよう上手くいくことを願っています。 自己PRはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えばOK! 上記のような質問に、約300問回答していくだけで、自己PRでアピールすべきあなたの強みが下記の中から5つ発見できます。 後は、その強みを発揮したエピソードを考えるだけで自己PRの完成です!.

次の

面接における最強の強み!「自己管理能力」の効果的な自己PR方法

強み 自己pr

ステップ1.過去のできごとを洗い出す ステップ2.順位付けで1~3位を決める ステップ3.エピソードを深堀する ステップ4.深堀結果を型にあてはめる ステップ5.ブラッシュアップする 具体的な書き方は「」で解説してます。 (協調性を例に書いた記事ですが、どんな強みでも書ける) 【補足】たった1カ月で私が業界No. 1企業に内定した5つの対策法 昔の私は、「強みがない…内定なんて無理…」と自己分析で悩んでいました。 そんなある日、5つの対策法を知ったんです。 結果、1カ月後に内定! そこで、この対策法を公式LINE(無料)で、配信してます。 友達追加は下記からどうぞ。 無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。 私は「人のために動けること」が強みです。 特に、大学で所属しているテニスサークルでも、この強みを発揮しました。 2年時にケガをして、選手として活動できなくなったことから、サークルを辞めることを先輩に伝えたことがありました。 しかし「選手としてではなく、裏方として残って欲しい」と懇願され、マネージャーとしての活動を開始。 それからは、マネージャーとして練習のスケジュールやサークル内の金銭管理、部員のためになることを全て行いました。 私は、この経験がきっかけで大切なことを得られたんです。 それは「自分の勝てる場所で戦うこと」。 選手として華は開きませんでしたが、人の為に動ける能力は人並み以上だと思っています。 貴社に入社後は、この強みを武器に営業として活躍します! この自己PRがNGな理由は2つです。 NG理由1.起きた事柄ばかりを伝えてるだけ NG理由2.就活生の性格が伝わってこない NG理由1.起きた事柄ばかりを伝えてるだけ 起きたことを伝えてるだけの自己PRだと、評価してもらえません。 なぜなら、読んでてつまらないから。 面接官は、1日に何百通とESを読みますよね。 なので、1人のESをじっくり読む時間なんてありません。 つまり、読む気が失せると最後まで読まれずにシュレッダー行きです。 実際、さっきの例文は、淡々と起きた事実を書いてただけですよね。 なので読んでいて、「へぇ~、で?」って感じになったと思います。 (少なくとも、面接官はそうなる…そしてゴミ箱へ) 読み続けてもらうために、「感情が伝わる自己PR」にする必要があります。 (その方法は、良い例文の章で解説) 私は「人のために動けること」が強みです。 頑張る人を支えることに、喜びを感じるんです。 特に、大学で所属しているテニスサークルでも、この強みを発揮しました。 2年時にケガをして、選手として活動できなくなったことから、サークルを辞めることを先輩に伝えたことがありました。 しかし「選手としてではなく、裏方として残って欲しい」と懇願され、マネージャーとしての活動を開始。 それからは、マネージャーとして練習のスケジュールやサークル内の金銭管理、部員のためになることを全て行いました。 正直、プレーできない絶望感は凄かったです…。 ですが次第に、「選手としてサークルに貢献できない分、マネージャーとして支えたい!」と気持ちにが切り変わっていきました。 私は、この経験がきっかけで大切なことを得られたんです。 それは「自分の勝てる場所で戦うこと」。 選手として華は開きませんでしたが、人を支える能力は人並み以上だと思っています。 この強みを活かせば、どの営業マンよりもお客さんに寄り添った営業ができると思っていますし。 より多くの人に貴社の商品を広めて、利益を出せる社員として活躍します! NG例文と比べて読んでみると、「どんな性格か?」がきっちり伝わりますよね。 (NG例だと、事実しかかかれてないので人柄が伝わらない) 例えば、例文だとここの部分。

次の