梅雨入り。 2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨入り

新緑が美しい季節が終わると、次にやってくるのは梅雨ですね。 毎日降り続く雨で洗濯物が乾かなかったり、家の中がじめじめしてカビの心配をしたり・・・時には大雨が続いて災害を起こしたりと、あまりうれしくない梅雨ですが、農作物が成長するには欠かせない季節でもあります。 そんな梅雨ですが、梅雨入り、梅雨明けの基準や定義をご存知ですか? 誰がどんな基準で梅雨入りや梅雨明けを決めているのか、調べてみましょう! 梅雨入り・梅雨明けの平年値は? 地域名、梅雨入り平年値~梅雨明け平年値の順に書いていきます。 沖縄地方・・・5月9日頃~6月23日頃 奄美地方・・・5月11日頃~6月29日頃 九州南部地方・・・5月31日頃~7月14日頃 九州北部地方(山口県を含みます)・・・6月5日頃~7月19日頃 四国地方・・・6月5日頃~7月18日頃 中国地方(山口県を含みません)・・・6月7日頃~7月21日頃 近畿地方・・・6月7日頃~7月21日頃 東海地方・・・6月8日頃~7月21日頃 関東甲信地方・・・6月8日頃~7月21日頃 北陸地方・・・6月12日頃~7月24日頃 東北南部地方・・・6月12日頃~7月25日頃 東北北部地方・・・6月14日頃~7月28日頃 北海道地方、小笠原諸島・・・梅雨の時期が定義されておらず、統計がありません 梅雨の基準や定義とは? 梅雨は、春から夏にかけて東アジアの広範囲でみられる特有の気象現象です。 春から夏にかけて太平洋高気圧が活性化し、大陸の高気圧が北に押されることによって、日本南岸から中国長江流域に梅雨前線が停滞し、曇りや雨の日が多くなります。 この期間を梅雨と呼びますが、北海道と小笠原諸島ではこの気象現象が生じず、梅雨はないとされています。 日本では北海道、小笠原諸島以外の地域で、約1か月半、梅雨の時期になりますが、この時期は毎日雨が続くわけではなく、晴天が続くこともあります。 梅雨入りや梅雨明けは、気象庁が発表します。 そのとき「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道がありますね。 気象庁はさまざまな気象条件をみて、梅雨入り・梅雨明けの判断材料とします。 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこない(北上・消滅などで)と判断されたら梅雨明け」 このような判断基準があるともいわれていますが、毎年同じ気象現象が生じるわけではなく、確実に予測することは不可能なため、ある程度の予想で「梅雨入り・梅雨明け宣言」を行います。 そして、最終的に9月に気象台の観測結果を再検討してその年の梅雨入り・梅雨明けを決め、記録として残します。 そのため、6月に「関東地方は6月10日に梅雨入りしたとみられます」と報道があっても、9月の再検討で「関東地方の梅雨入りは6月11日」となることもあるのです。 梅雨入り・梅雨明けには、明確な判断基準がないことがわかりましたね。 梅雨入り宣言がされた途端、晴天が続いて「梅雨入りしたんじゃないの?」と思う方も多いようですが、報道をよく聞いていると「梅雨入りしたとみられる」と、曖昧な表現をしています。 これは、正式な発表が9月に行われるからなのですね。 季節の移り変わりは曖昧なものです。 「梅雨入りしたとみられる」と発表があったとしても、前後数日間ズレると思っておくといいのかもしれません。 - , , ,.

次の

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨入り

梅雨入りした午後。 どんよりと広がる曇り空の下でも、公園を訪れた親子は夢中になって遊んでいた=山形市 気象庁は11日、東北南部(山形、宮城、福島)や関東甲信、北陸、九州北部が梅雨入りしたとみられると発表した。 東北南部の梅雨入りは平年より1日早く、昨年より4日遅い。 梅雨がない北海道を除き、梅雨入りが発表されていないのは東北北部だけになった。 仙台管区気象台によると同日の東北南部は、前線や湿った空気の影響で曇りや雨となった。 この先1週間も曇りや雨の日が多くなる見込みで、梅雨入りしたと判断した。 山形地方気象台によると県内はこの日、曇りや雨となったが、最高気温は25~30度の所が多く7月並みの暑さになった。 日中の山形市内は目立った雨が降らなかったとみられ、嶋遺跡公園ではどんよりとした曇り空の下、親子連れが楽しそうに遊んでいた。 東北南部の平年の梅雨明けは7月25日ごろとなっている。 山形新聞からお知らせ• 【2020年8大事業】 山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。 詳しくは、• 山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。 公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。 アドレスは、• 読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。 詳しくは、から。 検索機能も備えています。 アクセス方法は• 他社DB横断検索が便利な、、•

次の

梅雨

梅雨入り

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の