引越し会社 見積もり。 上手な引越しの見積もりの取り方

引越しの見積もり・費用相場・安い業者探しは【LIFULL引っ越し見積り】(旧HOME’S)

引越し会社 見積もり

その際、引越し会社選定に関与し、代金を把握していること。 過去ランキング 引越し料金は、荷物の量や移動距離、シーズンなどによって大きく変わってくるもの。 だが、相場がわからないと見積もりの金額自体も、安いのか高いのか判断が難しくなることがある。 そこで、引越し料金の算出方法に加え、わかりやすく事例も紹介していこう。 引越し料金は、引越し業者が定めた基本料金によって算出される。 たとえば、引越し当日に利用するトラックの大きさや移動距離、作業時間などを参考に金額が算出されるという仕組みだ。 引越し料金は主に以下のように計算される。 引越し料金 = 運賃(基本料金・車両留置料・割増料金) + 実費 + 附帯サービス料 上記の基本料金のほかに、休日や早朝、深夜に引越しを行う場合の割増料金やトラックを長時間留め置いたときにかかる車両留置料などが運賃に含まれることがある。 基本運賃の一例は【図1】の通り(近畿運輸局のホームページより引用)。 相場を計算するときの目安として参考にしてみよう。 続いて「実費」について解説したい。 実費とは、作業員の人件費(1人当たり1〜2万円程度)、梱包や養生にかかる費用(2LDKで2万〜3万円程度)、高速道路などを利用した場合の料金のことを指す。 また、付帯サービス料とは、いわゆるオプションにかかってくる料金のこと。 エアコンの取りつけ(1万〜1万5000円程度)と取り外し(5000〜1万円程度)やゴミの処分などを依頼した場合にかかる費用だ。 引越し料金の算出方法は基本的にどの業者も同じだが、各社で料金設定、割引率や割り引かれる項目、サービスされる項目などが異なり、最終的な見積り額に差が出てくるケースがある。 事前に相場を知ったうえで見積もり比較するといいだろう。 <単身者Aさんの場合> Aさんは静岡から東京へ転勤することになり、単身で引越しを依頼。 荷物の量は1トントラックにすべて収まり、静岡から東京までの距離は有料道路を利用する。 なるべく費用を下げるために、3月や9月などの需要期を避けて11月の平日に引越しを行い、作業員の数は2名におさえた。 Aさんの引越し費用の計算は以下の通りとなる。 家族全員の休みが合う3月末の土曜日に作業を行う。 当日は4トントラックに荷物を詰め、作業員4人に運んでもらう。 追加のオプションとして荷物梱包と、エアコン3台分の取り付けと取り外しを依頼。 Aさんファミリーの引越し費用は以下の通りとなる。 荷物の量や日時、依頼する作業内容などの条件、および利用する引越し業者によって料金は変わってくるので、目安として参考にしてほしい。 このように算出方法を知っておくことで、見積り書を見たときに相場もわかってくるので、値引き交渉もしやすくなるだろう。 引越し料金の算出方法を理解して相場感がなんとなく掴めたとしても、やはり初めて引越し業者に見積もりを依頼するときは、不安や疑問も多い。 提示された金額やサービスに対して疑心暗鬼になりすぎず、かといって何もかも鵜呑みにしてしまえば、損をすることもある。 そこで今回は、引越しで損をしないためにも注意しておきたいポイントを3つ紹介していこう。 あとでは値引きできません」など、その場で契約するよう求められることがある。 だが、それが1社目だと比較検討する材料がなく、高いのか安いのか、またサービス内容が妥当なのかが判断しにくい。 面と向かって強気に押してこられると断りにくく、「この機会を逃してしまうと、結果的に損してしまうのでは」と不安になるかもしれないが、相場がわからないまま契約してしまえば、いくら値切りたくても交渉の余地がない。 決めきれないときには、正直に「ほかの引越業者と比較してから決める」と言い、即決は避けよう。 また、1社でも提示された金額があれば、ほかの引越し業者との交渉もしやすくなるだろう。 タイミングは引越し当日の作業開始前、荷物積み込み後、すべての作業完了後などが多いが、支払方法は現金やクレジットカード、口座振込など、引越し業者によって異なる。 「引越し当日に大きな現金を持っているのが不安」「急な引越しで現金が用意できない」といった場合もあるため、自分が望む支払方法が可能かどうか、事前に業者に相談しておくといいだろう。 なお、引越しを依頼した際に、手付金や内金、予約金といった形でお金を業者に支払う必要はない。 また、正式に依頼をする前に段ボールなどを受け取ったがために、その返品費用などを請求されることもあるので、迷っている段階であればしっかりと断わることも大切だ。 サイトでは一度に複数の業者に見積もりができるが、その直後から次々に電話やメールで連絡がくる。 いくら比較検討したい業者が多いといっても、多すぎればその対応だけに時間を奪われ、きちんと判断することもままならなくなる。 「大手業者から3社、地元の業者から2社」などと決め、業者名は事前にメモしておくことがオススメだ。 さらに、利用する時間帯にも気をつけたい。 一括見積もりサイトは24時間いつでも利用できるが、業者によっては依頼が届くと、深夜であっても電話をかけてくるところがある。 小さな子どもがいる家庭など、夜中の電話は控えてもらいたいのが本音だろう。 なかには何度もしつこく連絡をしてくる業者もあるので、必要のない場合はきっぱりと断ることも大切だ。 引越し業者からの見積もりは複数から取るのが基本。 だが、損をしたくないと金額ばかりに気を取られて、自分の求めるサービス内容などがきちんと含まれているかどうかも、しっかりと確認することも忘れてはいけない。 では、一人暮らし向けの引越しプランにはどんな特徴があるのだろうか。 今回はそのメリットやデメリットについて紹介していこう。 荷物の量や距離によって、どのプランを選ぶのがいいかが変わるので、それぞれの特徴を説明していこう。 【コンテナボックスを利用した場合】 コンテナボックスを利用した場合、引越し業者が用意するボックスに荷物を積み込み、ほかの引越しのコンテナとともにトラックに混載して運ぶため、通常の引越しよりも料金が安くなる。 荷物が少ない一人暮らしには、おすすめのプランだろう。 生活用品などの梱包や開梱は自分で行う必要があるが、一人では運べない大きな家具の梱包や搬出搬入、設置まで行ってくれる業者がほとんどだ。 ただし、コンテナは高さや幅、奥行きが決められている。 荷物が多かったり、ベッドやソファなど大型の家具があってコンテナに積みこめない場合は、コンテナが複数になったり、別便で荷物を運搬しなければならなくなるので、割高になることがある。 コンテナの大きさは業者によって様々なので、事前に確認しておこう。 また、コンテナを混載するため、基本的に荷物が届くのは、近距離であっても翌日以降になる。 当日に届けるサービスを行う業者もあるが、距離や荷物量に条件があったり、別途費用がかかることがあるので注意したい。 【トラックをチャーターした場合】 一般的な引越しと同じで、トラックを貸し切りにして引越しを行う。 軽トラックなど小型の車を利用したり、作業員も少なくすることで、ファミリー向けの引越しよりも料金が抑えられる。 荷物が比較的多めで、大型の家具などがある単身者は、こちらのプランの方がおすすめといえる。 ただし、トラックをチャーターする場合は、コンテナを利用したプランよりも料金は高くなる。 だが、作業はより丁寧で、荷物が積みきれない心配が少ない。 また、荷造り用の段ボールなどが無料で提供されることが多いため、自分で用意する手間や費用がかからないのもメリットとして挙げられる。 今回紹介した以外にも単身者向けのプランは、「単身プラン」「単身パック」「ミニ引越し」「単身コース」など様々な名称で紹介されている。 荷物の量や移動距離などを考慮し、何社か見積もりをとったうえで、自分に合った引越し業者を見つけたい。 2人以上やファミリーの引越しとなると、荷物が多くなり、プランによっては料金が高くなりがち。 できるだけ引越し費用をおさえたいのであれば、荷造りや荷解きの作業を業者に頼むかどうかがポイントになってくる。 今回はファミリー向けのプランの特徴を紹介していこう。 この場合、日用品などの荷造りと荷解きは自分たちで行うことで、引越し料金を安くおさえることができる。 一方、荷造りをする時間がとれない場合は、業者に依頼することもできる。 プロが梱包するため、壊れ物の扱いも丁寧で安心だ。 さらに、荷解きおよび収納までを業者にお願いできるプランもある。 ただし、新居での新たな家具や収納スペースに運んでもらう際、自分の使いやすいように収納してもらえるかどうかは難しい。 最終的には自分で手直しする必要があり、かえって面倒になるケースもあるだろう。 ちなみに、荷造りや荷解きを依頼すると、2LDKほどの部屋の梱包では、作業時間は2〜3時間、作業員2人で行った場合は2〜4万円程度となる。 開梱まで依頼すると、その倍の料金がかかることは覚えておいた方がいいだろう。 家族での引越しは費用がかさむ分、工夫次第で料金をおさえることもできる。 だが、小さな子どもがいたり、妊娠中や高齢者がいる場合は、プランやサービスを上手く利用して、無理のない引越しをするといいだろう。 文/河野真希 暮らしをテーマとしたフリーライター。 ウェブや雑誌など各種メディアで、部屋探しや引越し、料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを目指すライフスタイルの提案をしている。

次の

全国のおすすめ引越し業者一覧

引越し会社 見積もり

引越し侍では引越しの見積もり比較のやり方を2つのサービスで用意しており、お客様の要望にあわせてご選択頂けます。 ご自分で複数の引っ越し会社へ連絡するのは大変ですが、引越し侍の2つのサービスであれば、どなたでも引越し業者の見積もりを一括で比較できる仕組みとなっています。 それぞれのサービスの詳細を見ていきましょう。 一括見積もり依頼サービス• 繁忙期(3月・4月)• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族 以上 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 平均 98,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 平均 200,000円 平均 200,000円• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族 以上 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 平均 130,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 平均 154,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• 都道府県別の料金相場 さらに詳細な見積もり金額をシミュレートしたい方は、引っ越し見積もりシミュレーションをご利用ください。 引っ越し業者に搬入・搬出してもらう荷物やダンボール、移動距離、引越し予定日などを入力することによって、インターネット上で相場料金を算出します。 ご自分の引越し費用を把握することで、引っ越し会社への料金交渉にお役立て頂けます。 引越しの見積もり料金を安くする方法は? 引越しの業者の見積もり料金は、大きく「運賃」「実費」「オプション料金」で構成されています。 引越し見積もりの内訳を知っておけば、引っ越し会社から提示される見積書の内容を把握することができます。 近距離(市内など)の移動は引越し料金が安く済みますが、遠距離の引越しをしなければならない方は、まずは運ぶ荷物の量を少なくしましょう。 運搬する荷物量を減らすことで引越し業者の運賃や実費が抑えらえるので、見積もり金額も安くなります。 その他にも、以下の引越し見積もりを安くする方法がありますので、参考にして実践してください。 引越し日は平日が安い! 市役所・区役所での引越し手続き一覧 引っ越しの前後で行う必要がある、役所での手続きリストです。 特に引っ越し前はやることが多くバタバタしがちなので、詳細な内容を把握したうえで役場へ赴き、効率よく各種手続きを進めていきましょう。 引っ越し前にする手続き• 引っ越し後にする手続き• ご自分の引っ越し内容に合わせてやることを把握し、整理整頓をしながらスケジューリングすることが大切です。 引っ越しが決まったらすぐにやること• 新居への入居日決定• 引越しの2週間前までにやること• 役所の転居手続き• 引越しの1週間前までにやること• 業者への引越し内容の変更連絡• 旧居の片付け・ゴミ捨て・掃除• 引越しの前日までにやること• トラックの駐車位置の確保• 日用品の梱包作業 引越しの当日にやること• 荷物の搬出・搬入の確認• 旧居の明け渡し・鍵の返却• 荷解き・整理整頓• 電気・ガス・水道の開始 引越し後2週間以内にやること• 役所の転居手続き• 勤務先への住所変更申請• 引越し見積もりの最適な依頼方法と注意点は? 引っ越し業者の見積もり依頼は、引越し予定日の1ヵ月前ごろに行うのが一般的です。 もちろん、引越しの数日前や前日に見積もりを依頼することもできますが、引っ越し業者への依頼は早ければ早いほど融通が効きやすく、あまりにも直前過ぎる場合は予定日に引っ越しすることが出来なくなる可能性もあります。 慌てていて引越しを失敗しないためにも、余裕を持って引っ越し業者の見積もりをとることが大切です。 引っ越しの見積もり時に注意したいポイントについて、下記の項目を参考にしてください。 見積もり前に準備することは?• 引越し侍は、全国の引越し業者の中から、ランキングや口コミを参考に、自分にピッタリの引っ越し業者が見つけられる『引越し比較・予約サイト』です。 また、料金相場表はオプションサービスの料金を含んでおりません。 引っ越し条件によって変動するため、実際の料金とは異なる場合があり、あくまで目安となります。 (調査時期:2012年2月).

次の

引越し業者一括見積もりサイトで「電話NG」と記載して登録した結果

引越し会社 見積もり

訪問見積もりのメリット 実際に荷物の大きさ・量を見てもらえる 営業担当に家の中に入ってもらって、どんな荷物があるのか、大きさや量はどれくらいかを実際に見てもらうので、見積もりがスムーズに行きますし、後日必要な分の段ボールを届けてもらえます。 最適な値段を提示してもらえる 実際に荷物を見てもらうことで、必要な人員数やトラックの大きさが決められますので、その場で最適な値段を提示してもらえます。 たいていの業者はこの時「他の業者と比較してみてください」と言って帰ります。 依頼者は他社の見積もりも取ることを前提に訪問するわけです。 見積もり書を書いてもらえる 見積もりを行ったその場で、契約書に当たる「見積もり書」を作成してもらえます。 見積もり書があれば、後々になっていろいろな理由をつけて値上げされる、というようなことを防げます。 訪問見積もりのデメリット ある程度は時間を取らなければならない 訪問見積もりにはそれなりに時間がかかります。 単身の引越しの場合は10分程度で終わることもありますが、家族で引越すとなると、見積もりに1時間以上かかることはざらにある話です。 「仕事が忙しくでなかなか時間が取れない!」という人には悩ましい話ですが、中には夜遅くでも訪問してくれる業者もあるので、相談するのがよいでしょう。 知らない人を家に上げなければならない もちろん営業担当は赤の他人。 知らない家に上げるのには抵抗がある人もいるかもしれません。 しかし、営業担当にしてみれば、1日に何件も回っているわけですから、例え家の中が散らかっていようとさほど気にしてはいないのです。 断りを入れなければならない せっかく複数の業者が訪問してくれても、最後に頼めるのは1社のみ。 それ以外の業者には断りを入れなければなりません。 なかなか心苦しいことではありますが、仕方のないことなのです。 電話で見積もりする 業者との電話で見積もりを取ってもらう方法です。 次のようなメリットがあります。 電話見積もりのデメリット 電話見積もりはデメリットのほうが大きい感は否めません。 そもそも電話では見積もってくれない 多くの業者は、電話見積もりは単身者の引越しに限っています。 単身者の荷物の量はだいたい相場が決まっているからなのですが、家族での引越しとなると、家庭によって荷物の量は大きく違ってきます。 それ故、多くの業者は、家族での引越しの場合は電話見積もりは受け付けません。 長電話になる 電話見積もりの場合、名前や現住所、引越し先の住所等のほかに、どんな荷物がどれくらいあるのかを全て伝えなければなりません。 これを電話で行うと短くても15分、長ければ30分はかかると身構えておく必要があります。 もちろん複数の業者に電話で見積もる場合、その分時間がかかります。 段ボールは自分で用意しなければいけない業者も 電話見積もりでは、段ボールは自分で用意しなければならないこともあるようです。 とはいっても、私自身が引越しの際に電話見積もりを使った際には後日段ボールを届けてもらえましたが……。 こればかりは業者によりけりのようです。 料金が高くなる 電話見積もりの場合、訪問見積もりよりも高い料金が提示されます。 引越し当日になって「見積もりの時に言っていなかったんだけどこれも……」というように荷物が増えてトラックに載せきれない、ということを防ぐため、電話見積もりでは申告した分よりもあらかじめ荷物の量が多めに設定されるからです。 情報がうまく伝達されないことも 見積もりの際にはきちんと伝えたのに、業者から「こんなに荷物があるなんて聞いていない」と言われるという具合に、こちらが電話で伝えた情報と、引越し当日に業者が把握している情報に食い違いが生じている、ということがあります。 電話での見積もりではままあるトラブルと言われています。 見積もりサイト経由で依頼する 見積もりサイトを使うデメリット 便利な見積もりサイトですが、デメリットもあります。 サイトによって見積もり価格がバラバラのことも 同じ条件を入力しても、見積もりサイトAと見積もりサイトBでは同じ会社でも見積もり価格が異なるということがあります。 複数の見積もりサイトでさらに比較するのが良いでしょう。 業者からの電話が止まない 詳しくは後述します。 見積もりの注意点 見積もりの注意点は、どのようなものがあるでしょうか。 見積もりで失敗しないためには 見積もりで失敗しないために心得ておくべきことをリストアップしました。 引越し日がおおよそ決まってから見積もる 見積もりは、引越しの日時が決まってからか、複数の日にちが挙げられるようになってからにしましょう。 見積もりの際に「日時はいつでもいい」などと伝えてしまうと、業者は困ってしまいます。 平日なのか土日なのか、また3月下旬~4月上旬の引越し繁忙期と重なるのか等で料金は変動します。 「いつでもいい」と言われると適切な値段が出せず、一番高い見積もり料金を提示しなければならないことになってしまいます。 荷物の詳細をしっかり伝える 上でも書いたことですが、後々トラブルになることを防ぐためにも、運んでもらう荷物は全て伝えましょう。 申告漏れならまだしも、見積もりの際に「これは自分で運びます」と伝えたのに当日「運べ」と言っても、業者は運んでくれないか、運んでくれても割増料金が付きます。 引越し先の周辺の道路は? 見積もりの前に、引越し先の物件の周辺の道路の大きさを確認しておきましょう。 それなりの道幅のある道路でないとトラックが入れず、少し離れたところで荷物を降ろして運ぶ、ということになります。 事前に把握して伝えれば問題ありませんが、当日にこういう状況になれば割増料金がかかります。 訪問見積もりは1社ずつ 訪問見積もりの際は1社ずつ行いましょう。 「時間がないからとめて入って見積もってもらおう」と同じ時間で複数の業者を呼んで見積もりをお願いするというのは、業者にも悪い印象を与えてしまうのでやめましょう。 「安かろう悪かろう」にならないようにするためには? 引越しの際の出費は大きいものですから、なるべく安い業者を選ぼうとするのは当然の心理ですよね。 安い業者を選ぶ際の注意点としては、いかなる見積もりの方法であれ、 「複数の業者と比較する」ということです。 最初の1社目の営業マンが「今この場で契約してくれたらもっと安くしますよ!」と言ってきても、そこは心を強く持って「他と比較してみます」と宣言しましょう。 昔から「安物買いの銭失い」という言い回しもあるように、安さにはなにか裏があるはずです。 1番安い業者を選んだら作業が雑で、家具に傷が付いてしまった、なんていう話はよく聞きます。 もしかしたら、数千円高いけど口コミはとても良い業者があるかも知れません。 見積もりサイト上の口コミ等を参照し、本当に安くて質が高い業者なのか、他の業者と比較しながら確かめましょう。 まとめ 引越しの見積もりのあれこれについて見てまいりました。

次の