どう したら 死ねる。 「自分は邪魔な存在」「どうやったら死ねるのか」リスナーの悩みに寄り添ったとーやま校長の10年

【匿名掲示板】簡単、楽、確実に死ねる方法はありますか?

どう したら 死ねる

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」、3月31日(火)の番組テーマは『笑ってサヨナラ』。 は、いつから聴いてくれているの? リスナー:小学校6年生のころからです。 もともと(レギュラー出演していた)flumpool警備員が好きで、それを友達に話したら「ラジオの中の学校って知ってる?」って教えてもらいました。 とーやま校長:SCHOOL OF LOCK! で印象に残っていることってある? リスナー:以前、逆電をしたことがあるんですけど、軽音楽部の発表会に出るのに緊張していると相談したら、校長から「大丈夫だよ」と真っ直ぐな言葉をかけていただいたんです。 それで無事に成功することができて、嬉しかったし印象に残っています。 とーやま校長:今、報告を受けている俺もとても嬉しい。 それでさ……最後だから、ちょっと聞いていい? 自分のことを聞くのは恥ずかしいんだけど、俺ってどんな校長だった? リスナー:情熱的で、言葉の一つひとつを力強く届けてくれるカッコいい存在です。 とーやま校長:カッ……コいいよね(笑)。 リスナー:すごいかっこいいです(笑)。 とーやま校長:そうなんだよな〜(笑)。 あと、どこがカッコいい? リスナー:えっと……生徒1人1人と向き合ってくれるところとか……さらっとカッコいいことが言えちゃうところ。 とーやま校長:ちょっと3つ目迷ったね(笑)。 リスナー:ちょっと……すいません(笑)。 とーやま校長:じゃあ、もう1個ちょうだい! リスナー:面白いことが言えるところ! とーやま校長:やっぱりこれだよね! 嬉しいねぇ〜、4月からはどうなるの? リスナー:大学生です。 でも入学式は中止になってしまいました。 とーやま校長:そうか……大学生活はまだビジョンが見えてなかったりすると思うけど、それでも何か希望に思えていることとかある? リスナー:私は将来、芸能の企画とか裏方のお仕事をしてみたいという思いがあるんです。 そういうことが学べるような大学の学部に進んだので、今できることを一つひとつ探してみようかなと思っています。 とーやま校長:いいね! 俺は裏方さんの立場になったことがないけど、「こういう裏方さんであってほしい」という気持ちはすごくあって。 そういう人が周りにいてくれたら、本当に頼りになるし嬉しいなと思っているのさ。 だから自分だけの指針、自分がいいと思うものを見つけて、そこを信じていってほしい。 リスナー:はい! とーやま校長:じゃあ、今日は『笑ってサヨナラ』だから、最後は笑って別れよう。 これからもよろしくね。 そしてありがとう! バイバーイ!! リスナー:バイバーイ!!! は、いつから聴いてくれてる? リスナー(16歳男性):小学校6年生の10月くらいから聴いています。 とーやま校長:じゃあ、4、5年くらいかな。 俺、今日で最後なんだけど、言いたいことでも聞きたいことでも伝えたいことでも、何でも受け取らしてもらうよ。 ちょうだい! リスナー:はい。 中学校のときに、生徒会長をやらせてもらっていたんです。 でも生徒会とかのことで友達にめちゃくちゃあたってしまったりして、「自分なんかいなくなればいいのに」とか「自分は邪魔な存在じゃないか」とか、「どうやったら死ねるのかな」とかずっと考えたりしていました。 でも、このラジオを聴いているときだけは唯一自然な笑顔でいられて、いま感じている悩みとかを忘れられる一瞬の楽しみがあって、SCHOOL OF LOCK! を聴くために生きているような感じがしていました。 とーやま校長にも、本当に感謝してもしきれないくらいの思いがあります。 とーやま校長:……ここまで、よく生きてきたね。 リスナー:はい。 とーやま校長:しゃべるのは初めてだっけ? リスナー:初めてです。 とーやま校長:……待たせたね。 リスナー:いや……大丈夫です。 とーやま校長:……(ズっ)………(ズっ)…………はぁ〜………………。 リスナー:……大丈夫ですか? とーやま校長:全然大丈夫じゃない(笑)。 なんで24歳も下のヤツに、心配されないといけないんだよ……チクショー! くやしいよ! リスナー:(笑)。 とーやま校長:いや……こうやって初めてしゃべるけど、本当は初めてじゃないんだよ。 だって、俺はいつも………………(ズっ)……。 リスナー:(笑)。 とーやま校長:チクショー(笑)。 お前に向けてしゃべってたんだから! だからそれが、ちゃんと伝わってたんだね。 リスナー:はい。 とーやま校長:そしてちゃんと死なずに生きてきたから、こうやって思いを返してくれたわけだし。 さっきも言ったけど、「よく生きてきてくれたね」ってことだよ。 これからの人生で、そこそこしんどいことが何回かあるかもしれないけれど、ここを乗り越えられたことにまず胸を張りなさい。 よくやった! リスナー:はい。 ありがとうございます! とーやま校長:今はどうなの? もうすぐ高校2年生も始まるけど? リスナー:勉強とかで親に怒られたりすることもけっこうあって、部活も思っている以上に成果が出ていないので、今以上にもっと頑張って……やらない後悔よりやって後悔して、頑張っていきたいと思います。 とーやま校長:うん! 俺としては……時代というのもあってさ、頑張りすぎるのも良くないし、ちゃんと休むときは休まないといけないと思うんだよね。 でも俺が言いたいのは……そんなことは自分でわかるはずだから、ちゃんと自分の心と相談して「ここだ!」っていうところでは、全速力を出せる男になってほしい。 絶対なれるはずだから! それを俺は、遠くから見守っておく。 SCHOOL OF LOCK! は明日からも続くから、また遊びにおいで。 リスナー:はい。 絶対に聴きます! とーやま校長:じゃあ、笑ってサヨナラね。 ありがとね! リスナー:本当にありがとうございます! とーやま校長:バイバーーーイ!! リスナー:バイバーーーイ!!! ---------------------------------------------------- <番組概要> 番組名:SCHOOL OF LOCK! tfm.

次の

「自分は邪魔な存在」「どうやったら死ねるのか」リスナーの悩みに寄り添ったとーやま校長の10年

どう したら 死ねる

Tシャツの両袖を首に巻いて…「どうやったら死ねるのか」と漏らす 2012. 12 11:49 12日午前6時20分ごろ、尼崎連続変死事件で殺人容疑などで再逮捕された角田美代子容疑者(64)が兵庫県警本部(神戸市中央区下山手通)の留置場で、布団の中で首に衣類を巻き動かなくなっているのを、巡回中の留置管理課員が発見した。 病院に運ばれたが、死亡が確認された。 自殺とみられ、県警は司法解剖して死因を調べる。 留置管理課によると、美代子容疑者は午前6時ごろまであおむけで寝息をたてていた。 6時10分ごろの巡回で、寝息がないと感じ様子を見た上で中に入った。 黒い長袖Tシャツの両袖を首に一度巻いて結んだ状態だった。 大江さんのドラム缶事件で勾留中だった10月22日、留置管理課員に「死にたい。 どうやったら死ねるか」と尋ねていた。 県警は特別要注意者として、監視を強化する一方、睡眠導入剤を処方していたという。 留置場は本部3階にあり、美代子容疑者を含めて3人が寝ていた。 自分で首を締めたら、 意識が遠くなって、 力が抜けて、 かななか死ねないのでは? 死んだとしても、 きれいに布団がかかっているのは? 同室の2人も死ぬ前に気付くのでは? やはり、 殺された可能性高いですか? 誰が殺したと思いますか? 確かに自分で首を絞めても条件が整わなければ絶滅するところまでは行きません。 首を絞めた場合、絶命する前に、まず意識を失います。 その時点で首を絞める手の力は抜けますので、条件が整わなければその方法では死ねない、と言えます。 が、首を絞める道具(今回の場合長袖Tシャツ)の素材が摩擦係数の高いものであれば、その限りではありません。 摩擦係数が高い素材で首を一気に絞めた場合、意識を失って絞める手の力が抜けたとしても、首を絞める力は弛まないのでそのまま絶命する事ができると言うわけです。 留置場に持ち込める物は限られていますが、実際に摩擦係数の高い素材の物は持ち込めないそうです。 加えて言うなら、首を吊る道具に加工しやすい『裂けやすい素材』なども同様。 ドアノブなどが首吊りに使えないように改良も進めているそうです。 今回の場合の長袖Tシャツの摩擦係数がどの程度であったかは明らかにされていませんが、条件が合えば自分で首を絞め絶命したと言うのはあり得ない話ではないのです。 同室の人に依頼し自殺を幇助させた、との憶測もなくはないでしょうが、実際にその様なことが行われていたとしたら、いくら何でも看守の目に触れそうな気もします。 『自分で絞めた』、『同室の人に依頼して絞めてもらった』いずれにしても、これを見落とした兵庫県警のミスは大きな物で、『業務には問題はなかった』のひとことでは片づけられない問題だと個人的には思います。 また、いくらなんでも同室の人が自発的に絞め殺したと言う確率は非常に少ないでしょうね。 いくら自殺願望がある人間でも、いきなり他人に襲われ身に危険を感じた場合、必ず防衛本能が働き声を上げるなり暴れるなりの騒ぎになるはずです。 いくら寝ている人が相手でも全く無傷で人を絞め殺す事など不可能です。 ひっかき傷など多少でも双方に形跡が残ります。 もしこれを兵庫県警が気づかなかったとすれば、看守のミスと言うレベルの話ではなく、看守そのものが居なかった。 あるいは、かなりの大規模な隠蔽工作がなされたと言うことでしょう。 気管を締め上げるのが窒息死で、もがき苦しむから、布団がきれいなんてコトはないし、死ぬまで自分で首を絞め続けるなんてコトは不可能ですけどね・・。 しかし頸動脈を圧迫し続け、脳への血流を遮断する方法だとガマン出来るし、上手く圧迫すれば、数秒でいわゆる「落ちる」と言う状態になります。 落ちた状態から圧迫を解放すれば、普通は自然回復しますが、そのまま頸動脈を圧迫し続けることが出来れば、死に至ります。 それを「結んだ状態」によって、達成したんでしょう。 高血圧などですと、落ちやすく、自殺も成功しやすいのでは?と思います。 角田被告の健康状態までは知りませんが、余り健康的とは思えませんし、そこそこ高齢なので、条件的には、頸動脈圧迫による自死がしやすかったのでは?とは考えます。 警察が殺したいと言う、明確な動機があれば別ですが・・・。 それが無ければ、警察が殺したなどと言うのは、普通は素っ頓狂な発想かと思います。 A ベストアンサー ご指摘の通りです。 首を絞めて死ぬのは、普通は頚動脈の圧迫による脳血流の遮断によるものです。 窒息で死ぬことは、無いわけではありませんがまれです。 脳血流の遮断ですので、苦しくはありません。 脳血流が停止して数秒で、ふっと気持ちよくなり、そのまま意識を失い、数分で死に至ります。 苦しくないので、絞首刑は残虐な刑罰でないとされます。 窒息ですと、意識が無くなるまで数分かかりますが、うまい具合に首を絞められると数秒で意識が無くなります。 柔道の絞め技などで落とす場合、上手にやれば数秒で落ちますし、苦しくもありません。 ただ、実際に多くの人は、首が絞められて死ぬのは、窒息だと思っています。 苦しくなってから、首の紐をはずせばいいと考えて、首吊りの真似をして、数秒で意識を失い、そのまま亡くなってしまう方も少なく無いと思われます。 これまたご指摘の通り、脳に血液がいかなくなって、酸素供給が絶たれることも、広義では窒息と言いますので、「首を絞めて窒息死」という言い方が完全な誤りだと言い難いところはあります。 しかし、「窒息死」という言葉からは、多くの人は呼吸ができなくなることを考えるでしょう。 首を絞められて死ぬのは、呼吸ができなくなるからでは無く、そのような誤解を招く可能性があることからは、「首を絞めて窒息死」という表現は不適切と考えます。 ご指摘の通りです。 首を絞めて死ぬのは、普通は頚動脈の圧迫による脳血流の遮断によるものです。 窒息で死ぬことは、無いわけではありませんがまれです。 脳血流の遮断ですので、苦しくはありません。 脳血流が停止して数秒で、ふっと気持ちよくなり、そのまま意識を失い、数分で死に至ります。 苦しくないので、絞首刑は残虐な刑罰でないとされます。 窒息ですと、意識が無くなるまで数分かかりますが、うまい具合に首を絞められると数秒で意識が無くなります。 柔道の絞め技などで落とす場合、上手にやれば... A ベストアンサー お呼びですか。 ハングマンズというのは結び方の事だと思いますが、要するに引っ張ると輪が縮む結び方ならば、全面から締められるので、血管の逃げ場がなくなり、落ちます。 落ちる、とは、柔道で言うところの「落ちる」であって即死という意味ではありません。 意識を失うという事です。 その状態で脳に血流が再開しなければ死亡します。 もやいのように輪が縮まらない場合は、先のとおりで、失敗する可能性もあるわけです。 例えば柔道で締め技で落ちますが、その時、手が自由なら引き手を掴んで首を廻すだけで血管が逃げる隙間が出来て締めが決まらなくなります。 理屈はこれと同じです。 もちろん、もやいでも、うまく血管を逃がさないように締まるような姿勢になれば落ちます。 但し、実際の首吊りでは、血管が締まって死ぬより、全体重が首にかかって頚椎離断で死亡する事の方が多いらしいです。 その場合は結び方は関係ありません。 Q 自殺したくて実際に自殺してしまう人と、自殺したいという気持ちは同じだけれど、結局出来ない人との間には、どのような心境の違いがあるのでしょうか。 自殺したいという状況、絶望感?は全く同じだとして考えて下さい。 私としては、自殺する時の苦痛に耐えられるかどうかが双方の違いの1つとして考えられるのではないかと思っているのですが、その点については皆さんどうお考えになりますか。 真面目な意見をお願いします。 例えば私は、この世に自分の存在価値を見出せず、こんな人間は生きる価値なんてないと思い、死にたいと考えてはいるのですが、自殺する際の身体的痛みや苦しさを考えると、「無理だ…」と思ってしまうのです。 血やグロいのが苦手なので、ウィキペディアの「自殺」のところで「自殺の手法」の「首吊り」などを読むだけで気持ち悪くなってくるのです。 もし、仮に、寝る前に一錠飲めば、寝ている間に自然に楽に死んでいるとかいう薬があれば、私はとっくに飲んで死んでいると思います。 つまり、安楽死のような苦痛を伴わない方法があれば、自殺を試みる人もいると思うので、やはり、自殺する際の苦痛を耐えられるか耐えられないかは少なからず関係しているのではないかと考えるのです。 今回は、自殺したら家族や周りの人に悲しみを与え、不幸にしてしまう、迷惑をかけてしまうといった周囲のことを考えての意見は置いておき、あくまで自殺したいという気持ちは同じだけど、実際にする人とやっぱり出来ない人との間にはどのような心境の違いがあるのかという点について、皆さんの考えが知りたいです。 よろしくお願いします。 自殺したくて実際に自殺してしまう人と、自殺したいという気持ちは同じだけれど、結局出来ない人との間には、どのような心境の違いがあるのでしょうか。 自殺したいという状況、絶望感?は全く同じだとして考えて下さい。 私としては、自殺する時の苦痛に耐えられるかどうかが双方の違いの1つとして考えられるのではないかと思っているのですが、その点については皆さんどうお考えになりますか。 真面目な意見をお願いします。 例えば私は、この世に自分の存在価値を見出せず、こんな人間は生きる価値なんてない... A ベストアンサー 自殺についての質問ですが、 個人の主観と他人が思っている事を比べるのは、難しいですね。 ご質問にある 1)自殺したくて自殺してしまうひと 2)自殺したくても自殺しないひと ですが 1,2が同じ気持ち場合、1,2の境界は何ですか? という質問だと認識しています。 まず、1,2で同じ「自殺したい」という気持ちは、 比較できないと思います。 ドラマなどで、「Aさんを好きな気持ちは、あなたより大きい、私が一番だ」 などというくだりが出てきますが、 気持ちを比べるのは、難しいと思いませんか? 1の場合でも2の場合でも、それぞれ事情があり、気持ちも異なると思います。 どちらも、大変な悩みを抱えていることに間違いはないと思います。 この大変な悩みを抱えている中に、質問者様もいるのでしょうね。 勇気を出して、このような内容を投稿したという事は、 それだけで、大変な思いをしているのが、読み手に伝わってきます。 私は、人生の中で2の経験は何度もあります。 ただ、それが1との境界がなんだったのかは、わかりません。 私に1の経験があれば、ここでコメントする事はできないですからね。 ましてや、他人の1と他人の2は、比較できないでしょうね。 回答にはなっていませんが、大変な悩みを抱えていると伝わって来たので コメントさせてもらいました。 自殺についての質問ですが、 個人の主観と他人が思っている事を比べるのは、難しいですね。 ご質問にある 1)自殺したくて自殺してしまうひと 2)自殺したくても自殺しないひと ですが 1,2が同じ気持ち場合、1,2の境界は何ですか? という質問だと認識しています。 まず、1,2で同じ「自殺したい」という気持ちは、 比較できないと思います。 ドラマなどで、「Aさんを好きな気持ちは、あなたより大きい、私が一番だ」 などというくだりが出てきますが、 気持ちを比べるのは、難しいと思いませんか?... Q 自殺するのならば、 A.苦しまない B.失敗しない C.他人になるべく迷惑をかけない D.実現可能である。 E.恐怖感が少ない。 と言うのがベストだと思いますが、メジャーな自殺方法には大抵欠点が存在します。 例) 投身:Cが当てはまらず、外見が最悪。 そもそも痛そう 飛び込み:Cが当てはまらず、外見が最悪。 下手したら生き残る。 首吊り:高確率で苦しむ。 練炭:高確率で苦しむ、下手したら生き残る。 服毒:危険な薬物ほど入手難、よく生き残る。 また、苦しむ。 混ぜるな危険:高確率で周囲まで危険にさらす。 拳銃で頭を打ち抜く:拳銃の入手が難しい。 自傷:そう簡単には死ねない。 苦しむ。 何でこんな自殺方法がメジャーなのか、理解に苦しみます。 無味無臭、非可燃性のガスを使う方法が流行らない理由を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー >苦しくないそうです。 妙に強気で断言されていますが、まさか経験があるわけではないでしょう? 窒素吸入による酸欠死ですか…。 確かに窒素中毒には他幸感があるらしいから、「苦しさ」の少なさ(推定)は魅力なのかもしれませんね。 しかし、「窒素を充満させた密室状態」を作るのは、「一酸化炭素を充満させた密室」を作るのと同様に難しそうですね。 (でもその詳細を述べていただくことは結構です。 万が一実行する人が現れても困りますからね)ただ、質問の答えとしては、少なくとも多くの自殺者が、自殺の方法や窒素吸入に対して私程度の知識とイメージしかもっていない、ということなのでしょう。 ちなみに、私は、A・B・Dの理由から、自分が自殺する時は首つりか飛び降りだな、と考えています。 じゃあ、何故首つりや飛び降りがA・Bに該当すると考えられるかですが(Dについては判り切っているので省略します)、まず「首つり」についてですが、柔道の「絞め技」の例にあるように、失神するまでの時間は数秒程度ですし、中には、「慣れてしまうと気持ちがいい」なんて人もいます。 また、飛び降りについてですが、ある程度以上のの高さから飛び降りたら、どう考えても「即死」です。 苦しむ時間は短いでしょう。 しかし、実際のところ自分は経験したこともないし、実験による検証も不可能です。 自分が現在得ることができる知識から「比較的に楽そうだ」と推測しているだけで、実際自分がその方法で自殺を試みたら「うわ~! 苦しいじゃんか! 騙された~~~(泣)」と思いながら死んでいくのかもしれません。 さて、多くの自殺者にとって、AやDはともかく、B・C・Eはそれほど重要でしょうか。 死にたいぐらいに悩んでいる、いわば正常な思考状態に無いような人が「なるべく人の迷惑にならないように…」と論理的で冷静な思考をいつも持ち得るでしょうか。 死にたい…死にたい…死にたい…とリフレインのように繰り返す思考の中で、ピークに達したその場所がたまたま駅のホームで、通過列車のアナウンスが流れたら、電車が止まって何万人の人に迷惑を…とか考える余裕もなく、発作的に飛び込んでしまうこともあるかもしれません。 また、いわゆる睡眠薬自殺や、リストカットによる自殺を繰り返すようなタイプには、「死」という目的より、「死にいたる過程を自覚すること」でむしろ生の実感を得ようとする未遂者が多いような気がします。 彼らにとって、むしろ「確実性」は自殺の方法として魅力的ではなく、むしろ、無意識な「迷い」から「引き返せるものなら引き返せる」不確実な方法の方が自殺の手段として魅力的なのでしょう。 誰にも迷惑をかけない自殺なんて存在しません)スーパー自殺方法をご存じというなら、その方法はそっと胸に秘めて、自分が実行なさる時のとっておきにしておいていただくことをお勧めいたします。 >苦しくないそうです。 妙に強気で断言されていますが、まさか経験があるわけではないでしょう? 窒素吸入による酸欠死ですか…。 確かに窒素中毒には他幸感があるらしいから、「苦しさ」の少なさ(推定)は魅力なのかもしれませんね。 しかし、「窒素を充満させた密室状態」を作るのは、「一酸化炭素を充満させた密室」を作るのと同様に難しそうですね。 Q 「死」こそゴールです。 生きててもつまんないです。 このままだと犯罪者になってしまうかもです。 ムカつく奴を殺したり、いい女をレイプしたりしてしまうかも。 そこで、社会に迷惑をかけずに、一歩でも「死」に近づくためにはどんな努力がありますか? 35歳の無職です。 世間でいう「クズ」「ゴミ」です。 一人暮らしで貯金を崩して生活してます。 自殺系は勇気がないので無理です。 ヤクザに絡んで殺されるとかも痛いので無理です。 理想はガンとかになりたいんですが。 自然に、病気で死にたいです。 突発的になら、急に通り魔に刺されるとかもいいですが、これはよほど運がよくないと無理ですね。 関係ないですが、こないだショッピングセンターの障害者トイレでカップルがセックスしてました。 こういうマナーのない人に腹が立ちます。 自分たちだけ気持ち良ければいいのか、とおもいます。 最後に、私は右利きです。 A ベストアンサー なにも早くゴールに行く必要ないですよ! クズなんかじゃないですし。 非常識な人に腹を立てる感情がありますしね。 35なんてまだ折り返し地点までも行ってないじゃないですか! まだまだですよ! それに無職の状態がずっと続くかは分かりません。 時間とともに気持ちも状況も環境も変わっていくものです。 前まで成績がどん底だった人が一年経ったらいつのまにか首位に立っていたりとか そんな話世間にはたくさんあります。 ・・ 今がつまらないなら今後楽しくなる出会いやきっかけに巡り会うかもしれないじゃないですか! この先なにが起こるかわからないように、楽しくなる可能性がゼロとは言えないのです。 楽に死ぬ事なんか簡単です。 長く生きてぽっくりいけばいいのです。 なんだかジャバラ付きストローを引っ張ったような感じになるんじゃないかと思うのです。 整体術では首にタオルを掛けて引っ張り上げる施術をする治療院もあります。 実際には顎と後頭部にかけて引くのですが、治療院にいけない場合など、自分でもタオルをかければ出来るんではないかと考えたりします。 一方首吊りはドアノブでも十分に出来ます。 詳細は書けませんが、ためしに壁に後頭部と肩だけをつけて寄りかかり、後頭部を壁から離さずに起き上がってみて下さい。 かなり苦労すると思います。 手が床ギリギリまでしか届かなければ、起きるのはかなり困難になるはずです。 彼は多分、顎にタオルを引っ掛けて、首を引っ張っているうちに、タオルが滑って首にかかってしまったのではないでしょうか。 自殺だとすればかなり知識がなければ思いつかないでしょうし、「ワザワザドアノブで?」とも思います。 慌てず腰を引いて壁につければ、多くの場合は助かるのですが、きっとパニックに陥ったのだと思います。 あまり首の凝らない人にはなじみがないでしょうが、コリが酷くなると首が肩にめり込んでいるような感じになって、首を思いっきり引っ張ってもらいたいと思う事があります。 なんだかジャバラ付きストローを引っ張ったような感じになるんじゃないかと思うのです。 整体術では首にタオルを掛けて引っ張り上げる施術をする治療院もあります。 実際には顎と後頭部にかけて引くのですが、治療院にいけない場合など、自分でもタオルをかければ出来るんではないかと考えたりします。 一方首吊りはドアノブでも十分に出来...

次の

「自分は邪魔な存在」「どうやったら死ねるのか」リスナーの悩みに寄り添ったとーやま校長の10年

どう したら 死ねる

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」、3月31日(火)の番組テーマは『笑ってサヨナラ』。 は、いつから聴いてくれているの? リスナー:小学校6年生のころからです。 もともと(レギュラー出演していた)flumpool警備員が好きで、それを友達に話したら「ラジオの中の学校って知ってる?」って教えてもらいました。 とーやま校長:SCHOOL OF LOCK! で印象に残っていることってある? リスナー:以前、逆電をしたことがあるんですけど、軽音楽部の発表会に出るのに緊張していると相談したら、校長から「大丈夫だよ」と真っ直ぐな言葉をかけていただいたんです。 それで無事に成功することができて、嬉しかったし印象に残っています。 とーやま校長:今、報告を受けている俺もとても嬉しい。 それでさ……最後だから、ちょっと聞いていい? 自分のことを聞くのは恥ずかしいんだけど、俺ってどんな校長だった? リスナー:情熱的で、言葉の一つひとつを力強く届けてくれるカッコいい存在です。 とーやま校長:カッ……コいいよね(笑)。 リスナー:すごいかっこいいです(笑)。 とーやま校長:そうなんだよな~(笑)。 あと、どこがカッコいい? リスナー:えっと……生徒1人1人と向き合ってくれるところとか……さらっとカッコいいことが言えちゃうところ。 とーやま校長:ちょっと3つ目迷ったね(笑)。 リスナー:ちょっと……すいません(笑)。 とーやま校長:じゃあ、もう1個ちょうだい! リスナー:面白いことが言えるところ! とーやま校長:やっぱりこれだよね! 嬉しいねぇ~、4月からはどうなるの? リスナー:大学生です。 でも入学式は中止になってしまいました。 とーやま校長:そうか……大学生活はまだビジョンが見えてなかったりすると思うけど、それでも何か希望に思えていることとかある? リスナー:私は将来、芸能の企画とか裏方のお仕事をしてみたいという思いがあるんです。 そういうことが学べるような大学の学部に進んだので、今できることを一つひとつ探してみようかなと思っています。 とーやま校長:いいね! 俺は裏方さんの立場になったことがないけど、「こういう裏方さんであってほしい」という気持ちはすごくあって。 そういう人が周りにいてくれたら、本当に頼りになるし嬉しいなと思っているのさ。 だから自分だけの指針、自分がいいと思うものを見つけて、そこを信じていってほしい。 リスナー:はい! とーやま校長:じゃあ、今日は『笑ってサヨナラ』だから、最後は笑って別れよう。 これからもよろしくね。 そしてありがとう! バイバーイ!! リスナー:バイバーイ!!! は、いつから聴いてくれてる? リスナー(16歳男性):小学校6年生の10月くらいから聴いています。 とーやま校長:じゃあ、4、5年くらいかな。 俺、今日で最後なんだけど、言いたいことでも聞きたいことでも伝えたいことでも、何でも受け取らしてもらうよ。 ちょうだい! リスナー:はい。 中学校のときに、生徒会長をやらせてもらっていたんです。 でも生徒会とかのことで友達にめちゃくちゃあたってしまったりして、「自分なんかいなくなればいいのに」とか「自分は邪魔な存在じゃないか」とか、「どうやったら死ねるのかな」とかずっと考えたりしていました。 でも、このラジオを聴いているときだけは唯一自然な笑顔でいられて、いま感じている悩みとかを忘れられる一瞬の楽しみがあって、SCHOOL OF LOCK! を聴くために生きているような感じがしていました。 とーやま校長にも、本当に感謝してもしきれないくらいの思いがあります。 とーやま校長:……ここまで、よく生きてきたね。 リスナー:はい。 とーやま校長:しゃべるのは初めてだっけ? リスナー:初めてです。 とーやま校長:……待たせたね。 リスナー:いや……大丈夫です。 とーやま校長:……(ズっ)………(ズっ)…………はぁ~………………。 リスナー:……大丈夫ですか? とーやま校長:全然大丈夫じゃない(笑)。 なんで24歳も下のヤツに、心配されないといけないんだよ……チクショー! くやしいよ! リスナー:(笑)。 とーやま校長:いや……こうやって初めてしゃべるけど、本当は初めてじゃないんだよ。 だって、俺はいつも………………(ズっ)……。 リスナー:(笑)。 とーやま校長:チクショー(笑)。 お前に向けてしゃべってたんだから! だからそれが、ちゃんと伝わってたんだね。 リスナー:はい。 とーやま校長:そしてちゃんと死なずに生きてきたから、こうやって思いを返してくれたわけだし。 さっきも言ったけど、「よく生きてきてくれたね」ってことだよ。 これからの人生で、そこそこしんどいことが何回かあるかもしれないけれど、ここを乗り越えられたことにまず胸を張りなさい。 よくやった! リスナー:はい。 ありがとうございます! とーやま校長:今はどうなの? もうすぐ高校2年生も始まるけど? リスナー:勉強とかで親に怒られたりすることもけっこうあって、部活も思っている以上に成果が出ていないので、今以上にもっと頑張って……やらない後悔よりやって後悔して、頑張っていきたいと思います。 とーやま校長:うん! 俺としては……時代というのもあってさ、頑張りすぎるのも良くないし、ちゃんと休むときは休まないといけないと思うんだよね。 でも俺が言いたいのは……そんなことは自分でわかるはずだから、ちゃんと自分の心と相談して「ここだ!」っていうところでは、全速力を出せる男になってほしい。 絶対なれるはずだから! それを俺は、遠くから見守っておく。 SCHOOL OF LOCK! は明日からも続くから、また遊びにおいで。 リスナー:はい。 絶対に聴きます! とーやま校長:じゃあ、笑ってサヨナラね。 ありがとね! リスナー:本当にありがとうございます! とーやま校長:バイバーーーイ!! リスナー:バイバーーーイ!!! 助けられたよ、ありがとう! 何とか(涙を)耐えきるぞ! <番組概要> 番組名:SCHOOL OF LOCK! tfm. 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の