更年期 障害 血液 検査。 男性更年期は検査でわかるのでしょうか?:メンズヘルスメディカル

更年期障害の病院での検査・治療法について

更年期 障害 血液 検査

更年期障害とは 更年期障害とは、ホルモンが大きく変調する更年期に、身体的・精神的な不調をきたす症状をいいます。 自分一人だけで頑張ってしまったり、女性としての自信を喪失してしまう人は、症状がつらくなることがあります。 疲れやすい 、 吐き気・めまい・頭痛がある 、 汗をよくかく 、 眠りが浅い、寝つきがよくない 、 気分が滅入ることが多い、落ち込む 、 怒りっぽくなった、 顔が熱くなる、 身体が冷えやすくなった、手足・腰の痛み・肩こりがよく起こるようになった、息切れが起こりやすくなった、動悸が激しくなった、などの自覚症状がでてきましたら、当院にご相談ください。 更年期障害の診断 出ている症状が更年期障害かどうかの診断のためにはまず血液検査をします。 エストラジオールという女性ホルモンと脳から出ているFSH,LHとい うホルモンを調べますが、月経がある人ではエストラジオールは周期により変動しますのでFSH、LHがより重要になってきます。 この数値が20以上に上昇していれば月経の終わりが近いということの証明になり、FSHが50を超えていたら閉経が近づいていると考えてよいでしょう。 そしてFSHが上昇していた場合、すべてが更年期症状とは限りませんので、まずは「エストロゲンチャレンジテスト」というのをおすすめしています。 とりあえず、まず女性ホルモン剤を使用して症状が軽快するかどうかみてみるのです。 のぼせはよくなったが不眠は変わらないという場合、不眠の方はストレスなど環境因子から来るものの可能性が高く更年期による症状だけではないと考えられる、ということになります。 (もちろんホルモンがいやだ、という方には漢方などから始める方法もありますが、これはあくまでテストですので、1回試してから次回以降、漢方などの治療に移ることが可能ですし、1回だけホルモン剤を使用して乳がんなどの癌になることはありません) 当院の治療方針 更年期の治療として代表的な 「ホルモン補充療法」にも積極的に取り組み、従来の飲み薬による治療よりもリスクが少なくなるように、貼り薬や塗り薬、弱めの飲み薬と他の薬(自律神経調節薬や循環改善剤や安定剤、漢方、サプリメントなど)との組み合わせをご提案します。 子宮脱、老人性膣炎など 老年期のトラブルに対してもペッサリーという膣に入れるリングで子宮脱を矯正したり、老人性膣炎や慢性的な膀胱炎に漢方薬なども取り入れています。 【ホルモン補充療法について】 更年期障害の治療というとまず思い浮かぶのはホルモン補充療法だと思います。 ホルモン補充療法というと癌が(特に乳がんが)心配だ、という方も多いと思います。 しかし一口にホルモン補充療法といっても種類がいくつもあり、海外で乳がんの発生率が26%増えるというデータが出たのはプレマリンとプロベラという合成ホルモン剤と黄体ホルモンの組み合わせを内服する、というやり方です。 これについても、5年間飲み続けてのデータということと外国人のデータであるということの問題が指摘され、そのまま日本人にあてはめて考えていいのかという疑問が出されています。 日本人ではホルモン補充療法をしても乳がんは増えない、というデータも厚生労働省の研究で最近報告されました。 もちろん食生活の欧米化で乳がんそのものは増えていますし、日本人がホルモン補充療法をしても本当に乳がんが増えないのかの結論は出ていませんので、慎重に対処する必要があります。 しかし、これまでの経験から当院では、本当に長期にホルモン剤を必要とする方はそれほど多くないのではないか、と考えていますので、乳がんの発生に影響しないであろう1、2年の間の本当につらい期間だけホルモン剤(それもなるべく合成ではない天然型のものの貼り薬や軟膏〔これらは飲むホルモン剤よりも血栓症のリスクが低いとされています。 〕)を使用し、段階的に漢方やサプリメントに移行していくことをおすすめしています。 また、長期に使う場合はホルモン剤の中でも、乳がんの発生率は増やさないであろう弱めの薬(他のホルモンとの混合製剤の注射や、内服でもエストリオールというもの)を使用するように工夫しています。 せっかくつらい症状から解放されたのに癌の心配で暗い顔になるようでは意味がありません。 漢方やサプリメントもかなり即効性が期待できる場合もありますので、そうしたものも併用しながら複合的な治療を行い、皆様の不安を取り除きたいと考えています。

次の

更年期障害の病院での検査・治療法について

更年期 障害 血液 検査

ホルモン値は内診では分かりませんよ。 血液検査で分かるものです。 でも、40代の女性だったら、年に一回は子宮がん検査も含めて、経膣エコー検査と内診は受けた方がいいと思います。 数分もあれば終わる検査ですし、ご自分の健康のためにぜひ習慣にしてください。 高校生ぐらいまでだったら、状況によっては内診をしない先生もいると思いますが、婦人科の診察=内診だと思います。 毎回というわけではなく、初診では。 私も43歳女性です。 20代半ばから年一回の婦人科検診を受けていますが、子宮筋腫も見つけてもらいましたし(結局数年前に手術しました)、卵巣の状態も診てもらえて、長い間ピルを服用していたこともありますが、婦人科のかかりつけの先生にちょっとしたことでも相談できる環境になり、いろいろ安心できます。 ユーザーID: 2405305623• 血液検査で判ります 女性ホルモンと自律神経は深い相互関係がありますので、更年期障害は程度の差こそあれ自律神経失調症状を呈します ほてり・動悸など。 閉経年齢は個人差がありますが、自然現象であり病気ではありません。 女性ホルモンがなくても健康でいられます 5歳の少女も60歳の初老女性も月経なしで元気です。 閉経過渡期を一般に更年期と呼びますが、全ての女性が辛い更年期症状 多くは自律神経失調症状、他に関節痛や頭痛など を経験するわけではありません。。 自然な閉経よりは緩やかに同じ経過をたどることになります。 ですので、基本的には、仕事や夫婦間や親子間や家事のストレス・マネジメントを上手にし、運動したり趣味に打ち込んだりの気晴らしをして乗り切ることをお勧めします。 よく話を聴いてくれる医師を選びましょう。 ユーザーID: 6942802813• 内診の理由は、ホルモン補充療法は発ガンリスクを高めるためです 前便でも述べた通り、ホルモン補充療法は癌のリスクを高めるので わずかなものなので、どうしても更年期症状が辛く日常生活にも支障があるなら、リスクとベネフィットをよく理解した上でホルモン補充療法で症状を取ることを優先するのも選択肢とあひてアリです 、家族歴に卵巣癌や乳癌や子宮癌のある方はやめておいたほうがよく、また、ホルモン補充療法前には子宮癌検診は必ず受けましょう。 内診で子宮頸部の組織をほんのちょっと採取して病理診断で癌細胞がないことを確認します。 繰り返しになりますが、閉経は自然経過ですから、ほとんどの人々は薬なしでやり過ごせているので、多分あなたも大丈夫、無事乗り切れます。 人生の中年危機ともろに重なる閉経期、できれば同性仲間とワイワイ愚痴を言い合って、上手に乗り切りましょう。 ユーザーID: 6942802813• 私もしました.

次の

【アラフィフ】③更年期障害と向き合う♡血液検査の結果で思ったこと

更年期 障害 血液 検査

10 カテゴリー: 医師による検査・診断 前回までは更年期障害のあらましと、なぜ起こるかについてお話ししました。 今回は具体的な検査・診断の話をしたいと思います。 当クリニックの女性更年期外来では、このような流れで診療を行います。 女性更年期外来の初診時の検査 1)まず簡易更年期スコア SMIスコア に記入して頂きます。 このSMIスコアの数値によって更年期障害の程度を推定します。 2)次に血液検査をします。 血液検査では必ずホルモン系(女性ホルモンなど)の測定をします。 ・卵胞ホルモン エストラジオール 【E2】 ・卵胞刺激ホルモン【FSH】 ・黄体ホルモン【LH】 ・男性ホルモン テストステロン 【T】 3)また、診察で詳しくお話しをお聞きし、症状・所見から判断したうえで ・更年期障害と鑑別が必要な病態や合併症の有無 ・貧血の有無 ・肝機能障害の有無 ・電解質異常の有無 ・高脂血症や高血圧の合併 なども初診時の採血時(もしくは2回目の採血時)にホルモン系検査と併せて精査します。 近年ではうつ病を合併しているケースも見受けられますので、症状が診られる方には、うつ診断用スコアシートなどを用いて検査します。 検査結果が出るまでは概ね一週間を要します。 血液検査の結果からわかること 典型的な更年期障害のパターンでは概ね下記のような結果となります。 FSHの上昇は閉経に先立つ数年前から見られる事もあり、更年期障害の傾向を最も早期に診断する事が出来るマーカーのひとつです。 次いで 【卵胞ホルモン エストラジオール :E2】の低下や 【黄体ホルモン:LH】の上昇が見られると 閉経傾向が確定的となります。 更年期障害の程度は、ホルモンの動向だけではなく、身体的・精神的な様々な因子が複雑に関与しますが、ホルモン値によって更年期障害の程度を大まかに推測する事が可能です。 エストラジオールが30以下、FSHが50以上の両方を満たしているものは、平均より高度 重度 の更年期障害である可能性が高いと推測します。 また、LHの上昇は女性ホルモンの低下傾向が不可逆的である事を示し、閉経傾向にある事を推測させます。 女性ホルモンと同時に【男性ホルモン テストステロン :T】を測定するのにも訳があります。 ひとつは女性ホルモンと男性ホルモンのバランスを見るのですが、もう一つの測定意義はテストステロンが女性更年期障害の メンタルトラブルの指標となるという点です。 実はテストステロンは女性においては脳内で重要な役割を果たしている事が最近の研究で判ってきています。 男性ホルモン テストステロン の値が低い方については、更年期のメンタル症状が出ていないかをチェックする様にしています。 女性ホルモン系以外でもいくつかの変化が見られます。 先ずは 血圧が高くなる傾向が出てきます。 これはほぼ全ての女性に見られますが、そのまま経過を見ていけば良いものと、降圧剤や漢方薬などで治療をしなくてはいけない場合まで、症状は多岐にわたります。 次に、 コレステロールや中性脂肪などが上昇する傾向を示します。 これも血圧と同様に、経過観察で十分な場合と、脂質異常症として治療を要する場合があります。 また女性ホルモン分泌の低下で粘膜や皮膚の性状が変化するため、婦人科や皮膚科のトラブルもしばしば見受けられます。 その他、糖尿病や肝機能障害、腎機能低下などの異常が見られる事もありますが、これらは女性ホルモン低下による症状である更年期障害の影響というよりは、加齢性の変化による影響によると考えられます。 その他では、うつ病との鑑別や、更年期障害とうつ病の合併を診断する事が重要です。 この辺りはSDSスコアなどのチェックシートを活用しています。

次の