フレグラ。 フレグラとは

fragra(フレグラ)[山梨県/甲斐] の美容院・美容室|ビューティーパーク

フレグラ

あさりのフレゴラ。 リゾットのような感覚でスプーンでいただきます。 今回は、あさりを使ったパスタを紹介します。 あさりのパスタといえば、スパゲッティを使ったボンゴレビアンコが有名ですが、今日紹介するのはフレゴラというパスタ。 オーブンでローストされているため、香ばしさがあるのが特徴です。 小さい粒状なのでリゾット感覚で、スプーンで頂きます。 サルデーニャのフレゴラ料理で最も多いのが、Fregola con arselle あさりのフレゴラ ですが、本場ではトマトベースが一般的。 でも我が家ではより貝の美味しさを味わうためにトマトは使っていません。 また、Fregola con arselleはソースの中でフレゴラを茹でるのが一般的で、そのためドロっとした仕上がりですが、我が家ではさらっとしたスープのような仕上がりにするために、フレゴラは別で茹でています。 さっぱりとしていますが、フレゴラの香ばしさと貝の旨味が濃厚なとても美味しいパスタで、そしてとても簡単。 30分もあればできてしまうので、平日の夜にぴったりの料理です。 材料のコックル貝(あさり)、シャロット、にんにく、イタリアンパセリ、フレゴラ、白ワイン。 今回使用したフレゴラは特に粒の小さいもの。 コックル貝について 「あさりのフレゴラ」と題していますが、私が普段使うのはコックル貝 Cockles。 アメリカでは、あさりと同類として使用されるものにリトルネッククラム Littleneck clam やマニラクラム Manila clam)がありますが、それらよりも小さいのがコックル貝で、旨味が強くとても美味しいです。 ニュージーランド産のものがほとんどで、NY市内のスーパーでは比較的手に入りやすいです。 シャロットについて 使用しているシャロット フランス語ではエシャロット は、玉ねぎによく似ており、一般的には玉ねぎより小さくて細長く、紫玉ねぎのように表面が薄くピンク色をしています。 日本で出回っているらっきょうのエシャレットとは全く別物です。 玉ねぎより辛味が低くてマイルドなのが特徴ですが、もちろん玉ねぎで代用可能です。 チキンストックを多めに使っているので、スープのような仕上がりです。 INSTRUCTIONS 下準備• コックル貝 あさり を塩水につけて砂抜きをしておく。 シャロットをみじん切りにしておく。 ニンニクをみじん切りにしておく。 フレゴラを茹でるためのお湯を鍋に沸かす。 イタリアンパセリを粗いみじん切りにする。 沸騰したお湯に塩をたっぷり入れ、フレゴラを袋に記載のある茹で時間を目安に茹で、茹で上がる少し前でザルに上げる。 中火で熱したフライパンでシャロットを透明になるまで5分ほど炒め、にんにくを足してさらに香りが出るまで30秒ほど炒める。 白ワインとチキンストックを入れて、沸騰させる。 コックル貝 あさり を入れて蓋をし、全ての貝が開くまで約3分ほど蒸し煮にする。 開かなかった貝は捨てる。 貝を別の器に一旦取り出しておき、茹でたフレゴラを鍋に入れ、温まるまで火にかける。 貝を鍋に戻して軽く混ぜ、お皿に盛ってパセリをかけて完成。

次の

フレグラとは

フレグラ

フレグラ(フレーゴラ)は、クスクスにも似たサルデーニャ特有の粒々パスタ。 「魚卵」という言葉に由来します。 魚介類やジェノベーゼ、トマトソースに入れるだけで、新しい食感が味わえます。 一度お試しくださいませ。 一人前40gで十分ですので、スパゲッティに比べると約半分の量です。 よって、500gでこの価格はとてもお得です。 スープや出汁で9分茹でると、ひとまわり大きくなります。 中粒は 直径4-5mm 10分。 スープや出汁で10分茹でると、ひとまわり大きくなります。 2 皮を取ったサルシッチャを入れて軽く炒め水を100cc入れて1〜2分煮込みます。 3 パスタを茹でる様に茹でたフレーグラを 2 に入れてセロリのみじん切りを入れて出来上がり! ビデオ提供 株式会社クオレ・ サルド 50年以上もの経験から、今日ラ カーザ デル グラーノ社はサルデーニャの伝統的パスタ マロレドゥス、フレゴラ、マカロニ デ ブサといった種類を製造するパイオニアであります。 ラ カーザ デル グラーノの成功は、伝統的価値の維持においても、良質を求める高い構想においても決して諦めない努力の成果といえます。 伝統的価値を保持していくために以前の手工業技術に匹敵する製造方法を、専用の機械を使用することで可能にし、高い品質を維持することを実現しました。 Fregola con arselle o vongole フレゴラあさりのソース 【材料 4人分 】 ・フレゴラ 160g ・あさり 500g ・魚のだし 500ml ・ホールトマト 500g ・ ・にんにく、パセリ、ペペロンチーノ、塩 ・ 1.あさりを2時間冷塩水につけ、砂とりをする。 2.大鍋に入れ、強火にかける。 アサリが開いてきたら取り出し殻を取り、ろ過する。 そのだしは残しておく。 3.鍋ににんにく、ドライトマト、ペペロンチーノ、オリーブオイルを炒め、パスタを入れて、少しソテーする。 4.だしを何回かに分けて加え、あさりも加える。 5.裏ごししたトマトを加え混ぜ続け、だしを時々加えて完全に染み込むまで煮込む。 6.最後にパセリをかけて完成です。 2.アサリが開いたら取り出し殻を取り、ろ過する。 そのだしは残しておく。 3.フライパンににんにく、オイル、ペペロンチーノ、ローリエを温める。 ローリエは色が変わったら取り出す。 4.あさりを加え、ワインを入れ蒸発させる。 細かくしたトマトと弱火で煮込み、からすみをかける。 5.5分茹でたパスタを加え、約15分間弱火で混ぜる。 アサリからのだし、パスタの茹で汁を足しながら。 6.最後にからすみと、パセリのみじん切り、オリーブオイルをかけてできあがり。 1.鍋に オリーブオイルを入れて玉ねぎを軽く炒める。 2.ベジタブルミックスを加え炒め、水、コンソメ、塩をいれ柔らかくなるまで弱火で煮る。 3.緑野菜を小さくカットして加え、味を調える。 4.小松菜を洗い、沸騰したお湯で茹でて、氷水につけよく絞る。 カットしてミキサーに入れ水を加えながら、ピューレ状にする。 (軽く塩で味付けする。 ) 5.フレーグラを茹でて 3.に加え味を含ませる。 6.小松菜ピューレを加え、EXVオリーブオイル、塩で味を調える。 7.ペコリーノマトゥロ チーズをおろしてかければ 更に味わいが深まります。 Fregola al radicchio e zafferano チコリとサフランのソース 【材料 4人分 】 ・フレゴラ 300g ・野菜のだし 1リットル ・チコリ 1つ ・サフラン 1袋 ・玉ねぎ(小) 1個 ・おろした ・塩 ・ 2スプーン 1.チコリ・玉ねぎを薄切りにして2分炒める。 3.だしを少しづつ足しながら、吸収させる。 4.最後におろしたペコリーノチーズをかけ、馴染ませる。 2.パスタを茹でて、和える。 冷たくしてお召し上がり下さい。

次の

フレグラとは

フレグラ

アチーニ・ディ・ペペ ()• アニョロッティ ()• アルファベット・パスタ ()• アネッリニ ()• カンパネッレ ()• カソンチェッリ ()• カスンツェイ ()• チェンチオーニ ()• クロゼッティ ()• ガルガネッリ ()• リングエッティーネ ()• マファルデ ()• マファルディーネ ()• メッツェルーネ ()• ピッルス ()• ラディアトーリ ()• ロテッレ ()• ロテッイーニ ()• サッケットーニ ()• サニャレッリ ()• シャラテッリ ()• ストリンゴッツィ ()• ストロッツァプレッティ ()•

次の