松本 動きます。 松本動きますの意味と松本タイガーマスクが宮迫と田村の元に動いた!

松本人志“水商売差別”賛否…芸人の危機に「松本動きます」再び発動!?

松本 動きます

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生活苦となっている芸人の救済に立ち上がったダウンタウン松本人志(56)のプランがお笑い界で「太っ腹すぎる」と話題を呼んでいる。 1人上限100万円を無利子で貸し付けるもの。 驚きの松ちゃんファイナンスだ。 テレビ局関係者によると、後輩芸人らにポケットマネーで1人上限100万円を無利子無担保で貸し付けるプランで、返済期間は5年間という。 所属の吉本興業では3月から全劇場を休館。 当初は無観客ライブ配信も行っていたが、政府の緊急事態宣言により、それもままならなくなった。 「テレビの収録も劇場もない。 公にはしていないが、4月中旬にスタッフを通じて、親交のある後輩芸人に緊急メールで呼び掛けた。 「コロナで収入が減った芸人に松本人志が金貸します。 これまでも自然災害が起こった際、水面下で寄付を行うなど人が困っていると動かずにはいられない性格。 周囲によると「後輩の将来が閉ざされるのは悲しいので貸し付けを決めた。 返済を催促することもないでしょう。 何かできることはないかとすぐに動いたようです」という。 吉本には6000人が所属しており、松本と面識のある後輩を考えると、貸し付けが1000人ほどまで広がる可能性もある。 総額10億円に上るが「松本さんは数億円単位になることも覚悟している。 それこそ10億円ということも考えているのでは」(放送作家)と大盤振る舞いの救済策となる。 昨年、所属芸人が特殊詐欺グループとの間で行った闇営業問題で吉本が分裂危機に陥った際はツイッターに「後輩芸人は不安よな。 松本、動きます」と投稿して事態の収拾に奔走。 闇営業で謹慎中の芸人が生活に困っていると、タイガーマスクに扮し、スタッフを通じて計数百万円を援助したこともあった。 後輩からは「恐れ多くて借りてもいいのか迷う。 生活が干上がりそうです」と借りる気満々の猛者まで、それぞれだ。 生活困窮組には願ったりかなったりの夢プラン。 タイガーマスクの主人公ではないが、お笑い界の伊達直人から素敵なプレゼントだ。 主人公の伊達直人は児童養護施設「ちびっこハウス」の出身。 素性を隠して、タイガーマスクとしてレスラーで活躍。 ファイトマネーは出身の児童養護施設のために使うヒーローだった。 2010年からは実際にタイガーマスクをまねて、タイガーマスクの本名「伊達直人」を名乗る人物から児童養護施設などへの寄付が相次ぎ「タイガーマスク運動」と呼ばれている。

次の

【悲報】「松本、動きます」がくっそダサいと話題に…なんJでボロクソに叩かれてしまう

松本 動きます

謝罪会見 色んな感情で全て観ました。 二人の偽りのない会見だと思う。 亮のファミリー発言が全て。 お偉いさん 生放送で記者会見をして下さい お二人の為に、僕たち吉本芸人の為に、詐欺被害に遭われた方々の為に。 僕たちは笑いが大好きで大好きで お笑いの日本一だと信じた吉本興業に入ったんです。 マンボウやしろさん マンボウやしろさんは「個人的には社長辞めて欲しい」と。 吉本の社員には仲良しの人も嫌いな人もいる。 会社が大きければ色々あるし良い人も悪い人もいる ただ「全員くびに〜」「テレビ局が株主で〜」とか本当に社長が芸人に圧力として言ったなら、個人的には社長辞めて欲しい。 もしくは僕が辞めたい。 僕くらいの石っころは辞めても圧力もかからないだろうし トータルテンボス大村朋宏さん.

次の

「衆生は不安よな。阿弥陀動きます」お寺のパロディ掲示が話題

松本 動きます

新型コロナウイルス拡大で自粛が続いてきた文化芸能活動が徐々に動きだし、松本市内の主要ホールでも公演再開へ準備が進む。 市音楽文化ホール(島内)は10月に開く開館35周年記念の特別演奏会のチケットを発売。 まつもと市民芸術館(深志3)は16日から、劇団TCアルプによる新作「じゃり」を上演する。 いずれも観客数を減らすなど感染防止対応を強めて生の舞台に挑む。 市音文ホール開館35周年記念 東京フィル特別演奏 10月7日 MGプレスは10月7日、市音文ホールで開く「アンドレア・バッティストーニ指揮東京フィルハーモニー交響楽団特別演奏会」を共催する。 世界で最も注目される若手指揮者が、歴史、実力ともに日本随一のオーケストラを率いて来館。 開館35周年を記念し、松本ゆかりの演目やゲストが登場する。 バッティストーニさんは1987年、伊ヴェローナ生まれ。 日本最古の東京フィルハーモニー交響楽団(以下、東フィル)の首席指揮者として活躍、特にコンサート形式オペラでは高い評価を受けている。 プログラムは開館35周年向けに編成。 東フィルが得意とするオペラや交響曲をはじめ、1995年、サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現・セイジ・オザワ松本フェスティバル)で初演された武満徹の曲に、まつもと市民芸術館を拠点に活動する劇団TCアルプの下地尚子さんが語りで参加する。 同ホールプロデューサーの中村ひろ子さんは「松本の音楽や文化を詰め込んだ演奏会。 実力のある皆さんの共演を楽しみにしてほしい」と話している。 世の中が今後どうなるかは誰にも分からないので、今できる事をやるしかない。 今回、演奏する「フルートと管弦楽のためのコンチェルティーノ」を作曲した仏のシャミナード(1857~1944年)は、クラシック音楽界には珍しい女性作曲家。 この曲は甘美な旋律とフルートの華やかな超絶技巧がちりばめられた名曲だ。 指揮者バッティストーニはオペラ的な旋律美を引き立てる能力が随一なので、共演がどのような化学反応を起こすのか、今からとても楽しみだ。 音文ホールが開館35周年ということで、私が1984年生まれなので、ちょうど時を同じく成長して来たことになる。 小学生の頃から音楽鑑賞教室やコンサートを同ホールで聴いてきた。 フルート発表会の際、緊張で腹痛を起こしたのも良い思い出だ。 松本のクラシック中心地であるホールの記念演奏会に出演させていただくのはこの上ない喜び。 コロナ禍で世界的危機の中だからこそ、ゆっくりと音楽を楽しむ時間を設けてはいかがだろうか。

次の