こけし 買取。 こけしの買取り(たこ坊主・中ノ沢こけし)埼玉県川越市買取実績|杉並区の骨董品・古布・アンティーク着物・出張買取なら呂藝

【こけし買取のご案内】伝統・創作・新型・こけし売却のポイント

こけし 買取

本日は埼玉県川越市にお住いのお客様宅にこけしや民芸品の出張査定と買取りでお伺い致しました。 埼玉県川越市は埼玉県南西部に位置し中核都市、業務核都市、そして保健所政令市に指定されている埼玉県を代表する都市のひとつです。 現在川越市は「小江戸」と呼ばれ、川越藩の城下町の雰囲気を残す歴史都市として国から認定を受け世界中から観光客が訪れる古都のひとつです。 文化財の数は神奈川県鎌倉市や栃木県日光市に次ぎ関東屈指の観光都市として知られております。 今回はご実家が川越市にあり現在帰省中のお客様から、実家にあるお父様のご遺品の整理をしたいとのご依頼でした。 詳しくお伺いしますとお父様は生前こけしを100本以上ご蒐集されており「こけしが多すぎて困っている」「売れるこけしなのかどうかもわからないので査定してほしい」ということでしたので、この度こけしの出張買取りという形でお邪魔させていただきました。 拝見しますと昭和30年代の第二次こけしブーム時のこけしが多く、お父様もまさしくその時期に熱中されたのでしょう、当時のこけしブーム盛り上がりのすさまじさを感じました。 買取りをさせていただいたこけしの中より今回は、中ノ沢こけしについてご紹介させていただきます。 中ノ沢こけしとは系統上は広義的に福島県土湯温泉で作られている伝統こけし・ 土湯系こけしに属するこけしになるのですが、その仰々しい眼差しとインパクトある表情は土湯系のこけしとは似ても似つかない独特の描写で、産地が福島県耶麻郡猪苗代町にある中ノ沢温泉周辺なため 中ノ沢系こけしと独立した系統のようにも呼ばれております。 その独特の描写は 「たこ坊主」と呼ばれ、今はこけ女の方達からも人気を集めている伝統こけしのひとつです。 このたこ坊主の工人は本多信夫、たこ坊主の祖・が父のの弟子にあたります。 1918年 福島県耶麻郡中ノ沢で生まれた本多信夫はの弟と同学だった縁もあり芳蔵の元で木地の技術を学びました。 1942年には代用教員として教壇に立ち、そのことが契機で戦後の1957年から猪苗代町の教育委員、教育委員長を歴任し県の教育功労賞を授与されたというこけし工人としては珍しい経歴を持つ工人としても知られております。 ご蒐集されていたご依頼者様のお父様も本多信夫と同じように教壇に立たれた教員の方だったとのことですので、そこに本多信夫との面白い縁のようなものを感じます。 この中ノ沢こけしが属する福島県 土湯系のほか 宮城県の 遠刈田系・鳴子系・弥治郎系・作並系や 山形県の 山形系・蔵王高湯系・肘折系 、秋田県 木地山系に岩手県 南部系、青森県の 津軽系など11系統に分けられる伝統こけしですが、いずれの系統でも古いこけしには骨董的価値があり高額での買取りが十分に考えられます。 もしご実家などに 価値のわからないこけし、色が薄くなってしまったこけし 、黒ずんだこけし 、名前の入っていないこけし や作者不明のこけし などがございましたらこけし買取り実績豊富な呂芸に是非お問い合わせください。 またご自宅の整理や生前整理・終活、コレクションの処分・整理・断捨離、またはご遺品の整理、そして家屋解体に伴う倉庫や納戸・納屋・蔵の整理も承っております。 LINEなどweb査定も無料にて行っておりますのでご遠慮なくお問い合わせください。 また東京都・神奈川県・千葉県・栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県といった関東圏に加え、 全国出張査定・出張買取りも承りますのお気兼ねなくお問い合わせくださいませ。

次の

伝統こけしお売りください【全国対応】|買取マルシェ

こけし 買取

まずは画像添付メールにて事前査定を承ります。 その後、査定結果とご案内を返信させて頂きますので、内容を確認ください。 出張対応の条件として、一例として ご実家の荷物整理などの状況で、こけし以外にも取り扱い品が複数ある場合は出張対応させていただきます。 無垢の木材を轆轤で成形し、職人の個性が出る絵付けがされた人形であり、東北地方の工芸品として長い歴史と伝統があります。 その発祥、起源はまだはっきりとした記録が見つかっておらず、説の域を出ませんが 一説には江戸時代末期 東北地方の人々が農閑期や長い冬の間、山から採ってきた木材や漆を用いて轆轤で器などを製造し、問屋に卸すなどし収入を得ていたという記録から また 確認されている最古のこけしはやはり江戸後期のものであることから、その発祥は江戸に遡るのではないか、と言われています。 おそらく、轆轤の作業の合間に、余った木材で子供のおもちゃとして作ったのがこけしの始まりではないかと思われます。 おもちゃ屋さんなど無かった時代、轆轤で成形され丸みを帯びたこけしの形は子供の手に持ちやすく、安全ですし 可愛いこけしは、きっと 作業で忙しい親からのプレゼントで、いつも小さな子供の手に持たされていたのではないかと想像します。 こけしはその歴史の古さと、年代によって変化の出る各作家の個性的な作品の多様性から、全国に熱狂的な収集家が存在し、数千本という数を所有している方も珍しくはありません。 部屋丸ごとこけしのコレクションだったり、中にはこけしコレクションのための別荘まで購入される方もいらっしゃいます。 そんなコレクターの方々も、高齢などのご事情により、そのコレクションを手放す時は来ます。 当店でも過去に何度か数千本単位のこけしを買い取りさせていただいたことがあります。 そのようなコレクターの方や、ご実家の整理などでご不要になったこけしについてお問い合わせいただく物のほとんどは、今から40〜45年前の昭和40年代以降に集めたこけしで、それはこけしの長い歴史からすると新しい分類です。 その年代のこけしは、ごく限られた作家によるものを除き、市場価値という観点からすると低く、買取金額も低いものとなります。 こけしの価値は、なんと言っても第一に年代によって評価されます。 たとえば今から80年ほど前に作られたような戦前の物は、一体数万円以上の買取りになることもありますが、そういったこけしは色も褪せていてみすぼらしくなっていることが多く、残念ながら価値のあるものとは思われずに捨てられてしまうケースが多いようですが、古い時代のこけしは色褪せていたり、汚れていても価値があります。 また、年代にかかわらず、人気の作家によるものは高評価になります。 もし、こけしを整理される機会がありましたら、査定や買取などお気軽にご相談ください。

次の

郡山市 伝統こけし200本以上!!の買取り

こけし 買取

こけしの買取価格は作風や歴史、作家や状態によってピンキリですので、まずはできるだけ多くの種類のこけし買取相場を一覧で紹介していきます。 こけし買取について流れや方法を知りたい方はを、 おすすめのこけし買取業者について知りたい方は後述の「」を参考にしてください。 高い技術に定評がある作家で、カンナ仕上げや模様の細部にまでこだわった丁寧な作品が多いです。 鳴子系こけしの特徴としては、頭を胴体にはめ込む手法で作られているため首が回り、胴体には菊の花の装飾が描かれることが多いです。 こちらのこけしは、 骨董品買取に出される場合だとおよそ1~2万円前後の買取価格まで期待できます。 大沼岩蔵作品の中でも各種あり、当時売られた売店の銘が綺麗に残っているものや模様が珍しいものだと 5万円前後の買取価格が付くケースもあります。 逆に買取価格が付かないものや、有名な作家物によく似せて作られたこけしも多いので、 骨董品買取業者の写真査定 メール査定 を利用して買取価値を判断されるのがおすすめです。 【こけし】我妻勝之助作 蔵王高湯系こけし 買取価格:買取不可 こけしの作家は非常に多く、古い品は骨董品としても多数取引があるため、上述のように1体数万円の買取価格が付くこけしも数多くあります。 ですが、安価な大量生産品や希少価値が薄い品などは、骨董品買取でも買取価格が付かないことも多いです。 こちらは経年劣化やダメージも少なく綺麗な状態のこけしですが、 近年に作られた品であるため希少価値が薄く、骨董品買取業者では買取不可になるか、良くて数百円単位の買取価格に留まります。 ただ、 こけしの見極めは非常に難しく「価値がないと思っていたものに値段が付いた」という場合も多いので、詳細が不明なこけしであれば、一度写真を添付して骨董品買取業者へ問い合わせてみることをお勧めします。 こけしで 買取価格が付きやすいものとしては、まず第一に「作家物」が挙げられます。 例えば鈴木庸吉や宮本永吉、佐久間粂松や秋山慶一郎、佐藤栄治などの有名なこけし作家の作品だと、1体で数万円の買取価格が付くような例もあります。 ただ、こけしは作家物が非常に多いため「作家作品だから必ず買取価格が付く」というわけでもありませんし、このページで紹介していないこけし作家も多いです。 骨董品的価値が高いこけしの見分けは、こけしに関する知識や鑑定眼がなければ非常に難しくなりますので、価値の自己判断はあまりおすすめ出来ません。 ヒビ・割れなどのダメージの確認 骨董品として高い価値が付くような古いこけしだと、必然的にスレや色褪せなどの劣化などがある品が多くなります。 骨董品だとある程度の経年劣化は必然ともいえますが、 「欠損」「大きなスレ傷」「塗装などの修復跡」などがあると、買取価格が減額になる可能性が大きいです。 ただ、 骨董品の分野だとその減額を差し引いても高額になるケースも多く、そのうえ一般の方が修繕・修理を行うとかえって価値が下がってしまう場合が多いので、傷などのダメージがある場合でもそのまま買取に出されたほうが良いです。 例えば、スレによってこけしの色が褪せている場合でも、自身で補色しようとせずにそのまま買取に出されることを推奨します。 こけしの付属品の確認 骨董品としてのこけしの価値は、専門の査定員のような鑑定眼がないと、なかなか判断が難しくなります。 そのため、一般の方がこけしの価値の有無を判断するにあたり、 「然るべきルート」から入手されたこけしかはとても重要です。 然るべきルートを簡単に挙げると、 「1. 骨董品収集家のコレクション」や 「2. オークションや骨董市等で高い金額で購入」などです。 ですので、古そうなこけしを見つけた際には、どういったルートを辿ってここにあるのかが確認できるのであれば確認しておくことをおすすめします。 その理由は「作品知識」と「最新の相場」を知っている必要がある、つまりはオークションや骨董市等に出入りしているような人や学芸員でなければわからないからです。 当ページの前半にこけしの買取価格例の一覧と解説がありますので、そこを見てこけしの買取価格が算出できそうか試してみてください。 しかし、 写真によるメール査定を活用する事で素人でもこけしの買取価格を簡単に特定する事が可能です。 このページではこけしに関する撮影ポイントを紹介していますが、メール査定の方法や基本的な撮影方法、相見積もりの取り方については次のページも参考にしてください。 ここまでこけしの買取相場を紹介してきましたが、ここでは、そもそも「こけしとは何か」「こけしの種類」などの概要と、こけしが高く売れるかどうかを紹介していきます。 こけしとはろくろ挽きで作られる木製の人形のことで、丸い頭と円柱の胴体だけのシンプルな形が特徴です。 江戸時代後期頃から東北の温泉地の土産物として作られるようになり、その後全国に広まって、戦後になると京都や群馬など東北以外でも作られるようになっていきます。 かつては各地で異なる当て字表記 木形子・木削子など で呼ばれていましたが、昭和14年に開催された全国こけし大会から、今日のような平仮名表記で統一すると決められたそうです。 近年はこけしの魅力が見直され、こけしファンの女性のことを「こけ女」と呼ぶ通称も生まれるなど、第三次ブームにあたる動きが見られます。 こけしは地方によって特徴があり、種類としては主に11種類 作並系・南部系・土湯系・山形系・弥治郎系・木地山系・津軽系・肘折系・蔵王高湯系・遠刈田系・鳴子系 に分けられます。 さらに、新しいこけしになると「新型」「独立系」などと呼ばれることもあり、細分化していくと種類がとても多いのですが、 骨董品買取業者に問い合わせる場合はざっくり「こけし」で通じるので、種類を把握していなくても大丈夫です。 こけしが骨董品として高く売れるかどうかですが、有名な作家物だと骨董品・工芸品としての価値が付き、数万円単位の買取価格が付くケースも多いです。 ただ、近年の作品やあまり有名でない作家物などはコレクションとして需要がない場合もあり、 総合的な観点で申し上げれば、基本的にこけしには買取が難しいものが多いです。 ただ、こけしの見極めは非常に難しく「価値がないと思っていたものに値段が付いた」という場合も多いので、 詳細が不明なこけしであれば、一度写真を添付して骨董品買取業者へ問い合わせてみることをお勧めします。

次の