女性 ソイプロテイン おいしい。 プロテインはダイエット優良児!女性におすすめのプロテインの選び方・飲み方・注意点を紹介

女性向けプロテインのオススメ一覧。ダイエットや美容に使える、ホエイからソイまで!

女性 ソイプロテイン おいしい

筋トレ女子にも愛好者が多い「ソイプロテイン」 ソイプロテインとは、大豆由来のたんぱく質のことを指します。 ちなみに、動物性のプロテインで代表的なものは「 ホエイプロテイン」と「 カゼインプロテイン」。 ソイプロテインがどんなものかよく理解するために、この2つの特徴も簡単に押さえておきましょう。 「ソイプロテイン」「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」の違いと特徴 筋肉をより強化したい方向けの「ホエイプロテイン」 牛乳由来のたんぱく質。 筋肉の成分となるアミノ酸が豊富に含まれています。 水溶性のたんぱく質で、ソイプロテインと比較すると体内に素速く吸収されていくのが特徴です。 そのため、運動後すぐに摂取することがおすすめ。 筋肉をより強化したい方に向きのプロテインと言えます。 減量中の間食や、筋トレをしない日の飲用が効果的な「カゼインプロテイン」 ホエイと同じく牛乳由来のたんぱく質。 ホエイに対し、カゼインは不溶性で吸収がおだやかである点が特徴です。 ホエイプロテインのように素早い筋肉修復を目的とした摂取でなく、食事で摂りきれなかったたんぱく質を補う目的で飲むのに向いています。 例えば、減量中の間食や、筋トレをしない日の飲用が効果的。 それでは、ここからソイプロテインが動物性たんぱく質と比べてどう違うのかを解説していきます。 また後半では、筋トレ女子におすすめのソイプロテインをご紹介していきます。 「植物性」のソイプロテインはゆっくり吸収されて腹持ちがいい ソイプロテインのメリットとデメリットを挙げながら、動物性プロテインとの違いをみていきましょう。 ・ソイプロテインのメリット ・糖質/脂質が抑えられる ・すっきりとしていて比較的飲みやすい ・女性ホルモンと似た働きをする イソフラボンが含まれている ・ゆっくり吸収されていくため腹持ちの良さを感じることもある ・乳糖でお腹を下しやすい方(乳糖不耐症)や牛乳アレルギーの方でも飲める ・ソイプロテインのデメリット ・粉末が溶けにくく粉っぽく感じる製品もある ・フレーバーが無いものは大豆独特の風味がある ・ゆっくりとした吸収が胃腸に負担をかけてしまう このように、植物性のソイプロテインは牛乳由来でないことによるメリットが多いとわかります。 特に、「乳糖不耐症」や「牛乳アレルギー」といった方でも安心して取り入れられるのは喜ばしい点です。 ソイプロテインを飲むべき理由と効果的な飲み方 そもそも、どうしてプロテインを飲んだほうがいいのかをご存知でしょうか? 「筋肉の増量に効くから」「ダイエットのサポートをしてくれるから」とわかっていても、無闇に飲んでは逆効果になってしまうことも……。 飲み方を知るためにも、まずはプロテインの役割を知っておかなくてはなりません。 ・プロテインの役割。 手軽にたんぱく質を摂取できる あらためておさらいすると、プロテイン(protein)は日本語で言う「たんぱく質」。 人が生きていく上で欠かせない三大栄養素のひとつであり、エネルギー源として使われることはもちろんのこと、血液や筋肉をつくる重要な成分なんです。 しかし、わたしたちの体内では常にたんぱく質の合成と分解が行なわれており、溜め込んでおくことができません。 さらに、たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうち、体内でつくることのできないものが 必須アミノ酸。 これらを毎日の食事からこまめに摂取しなくてはいけないのですが、大変です。 そこで手軽にたんぱく質を補えるのが、ドリンクタイプの「プロテイン」なんです。 ・ソイプロテインを飲む効果的なタイミングは朝食・間食・就寝前 先で解説したとおり、ソイプロテインはホエイプロテインと比べてゆっくりと吸収される特徴があります。 そのため、朝食・間食・就寝前のタイミングで習慣的に飲むのがおすすめです。 腹持ちがいいので、朝食をソイプロテインに置き換えてもよし。 ついついハイカロリーなものが食べたくなってしまう間食に置き換えれば罪悪感もなく、効率的にたんぱく質を摂取できます。 寝ている時に空腹で目が覚めてしまう方も、就寝前のソイプロテイン1杯を飲むことで、腹持ちよくぐっすり。 ただし、プロテインを飲むなら自分に合ったタイミングで続けていくことがなにより重要。 朝食・間食・就寝前に時間をとるのが難しければ、もちろん運動後に飲んでもOKです。 筋トレだけじゃなく美容やダイエットにも。 あなたをもっと美しくするソイプロテイン6選 ソイプロテインは筋トレ民の筋肉への栄養補給に効果的なだけでなく、美容と健康にもメリットがあります。 脂質が少なく腹持ちがいいので、ダイエットや減量の補助食品として最適ですし、女性ホルモンと同じ働きをすると言われる大豆イソフラボンの働きにより、肌や髪が綺麗になったり、アンチエイジングや美容にも効果的。 こうした理由からか、ソイプロテインは男性よりも女性のトレーニーやダイエッターに愛好者が多いようです。 それでは最後に、筋トレやダイエットに励みながら美も手に入れたい筋トレ女子・ダイエット女子におすすめのソイプロテインを6つご紹介します。 ・グリーンプロテインダイエット — アップル味 引用画像: グリーンプロテインダイエットはその名のとおり、女性のダイエットのために満腹感・美容・栄養バランスに着目して開発されたソイプロテイン。 独特な甘味を持つアスパルテームやアセスルファムKなどの人工甘味料は不使用で、天然由来でやさしい甘味を持つ「ステビア」を使用しています。 アップルの他にも、ベジタブルと黒糖ハニーの3種のフレーバーが展開。 プロテインには珍しい「ベジタブル」なら、スムージー感覚で置き換えダイエットが続けられそうです。 プロテインを積極的に摂取していると気になるお通じの問題が気になる方は、腸内環境を整えてくれる乳酸菌と食物繊維が一緒に摂れるメイクバランスが良いでしょう。 甘さ控えめなので、飽きずに飲みやすいのもポイント高め。 朝食・運動後・寝る前など自分の続けやすいタイミングで日ごろの習慣にしてみてください。 玄米と麻の実(ヘンプ)にはアミノ酸が含まれているので、たんぱく質の合成をより効果的にサポートしてくれます。 さらに、アサイー・スピルリナ・ブロッコリースプラウト・チアシードをはじめとした20種以上のスーパーフードも配合! 食事制限による肌荒れが気になる方でも、ボタニカルライフプロテインを1食置き換えればキレイも保ちながら筋トレ・ダイエットを続けられます。 高品質な原料をこだわりぬいて選んでいるからこそ、大豆臭さのないクリアな飲み口がおすすめのポイント。 粉っぽくなりがちなソイプロテインですが、HIGH CLEARはダマになりにくく溶けやすいためソイプロテインが初めてという方も挑戦しやすいはずです。 本格的な筋トレの際に飲むというよりは、減量やダイエットの時に活用するのがおすすめです。 ダイエット中の美容が気になる女性のため、「7種のビタミンB群+ビタミンC」も配合されています。 たんぱく質に偏った食事をしていると不足しがちなビタミンも、これを1日2回飲むことで必要量を補うことができるんです。 食事管理が苦手な方は、朝食や就寝前にザバスのソイプロテインを飲む習慣をつけてみましょう。 しかしそれだけではありません。 この美コアリセットには、カラダの余分なものを吸着すると言われている多孔質な機能性ヤシ殻活性炭が配合されています。 さらに、美コアリセットは無糖でさっぱりとしたココア味。 いつものコーヒー代わりにこまめに取り入れるのもアリでしょう。 プロテインは初めて、という方から、動物性のものから切り替えようかな……と検討中の方まで、みなさんがソイプロテインを実際に飲み始めるきかっけになれば幸いです。 ちなみに私も、ソイプロテインとホエイプロテインを飲み比べているところです。 毎日飲み続けるものだからこそ、みなさんも自分にぴったりのプロテインを見つけてみてくださいね。

次の

プロテインはダイエット優良児!女性におすすめのプロテインの選び方・飲み方・注意点を紹介

女性 ソイプロテイン おいしい

女性ホルモンのバランスを整える、美容をサポートする、ダイエットに効くなどの理由で絶大な人気を誇っています。 プロテインと言えば、アスリートや肉体改造中の男性が利用するイメージをお持ちの方も多いですが、実は女性の美容と健康のケアにも向いているのです。 本記事では元スポーツトレーナーの筆者が、ソイプロテインの効果や正しい飲み方などを詳しく解説いたします。 話題の人気の商品もランキング形式でご紹介しますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。 あなたのトレーニングライフにソイプロテインを取り入れて、より健やかな体づくりを目指しましょう! 目次• 良質な植物性タンパク質が豊富に含まれているため、効率よく筋肉強化をサポートしてくれます。 体に必要な栄養素もぎっしり詰まっており、普段運動をしない方が不足しがちな栄養を補えるという点もソイプロテインの特徴です。 最近では十分な栄養補給ができるよう、健康フードを混ぜたものやスムージータイプなども販売されています。 食物性タンパク質であるソイプロテインは体内での吸収が緩やかなので、満腹感が持続するのも人気の理由のひとつ。 ダイエット中に間食としてソイプロテインを摂取することで、空腹感を感じずにボディメイクが成功できるケースも少なくありません。 【こちらもCHECK】プロテインに関連するおすすめ記事はこちら ホエイプロテインとの違いは? 肉体改造トレーニングやスポーツのパフォーマンス能力向上を目指している方のなかには、ホエイプロテインを選んでいる方も多いです。 牛乳が主成分で吸収が早いホエイプロテインは、筋肉の回復をスムーズにする効果が期待されるため、筋疲労を少なくしてトレーニングの結果を早く出したい方に向いています。 そんなホエイプロテインとソイプロテインの大きな違いは価格です。 ソイプロテインの方が比較的安価な商品が多いため、経済的に継続しやすいのが大きなポイントです。 さらにうれしいのが、脂肪や糖質をカットしているものが多いため、ダイエッターにも向いているという点。 短期間で肉体改造をしたい方はホエイプロテイン、よりコストをおさえてダイエットを成功させたい方はソイプロテインを選ぶとよいでしょう。 男性が飲むのはアリ? ソイプロテインは大豆イソフラボンが豊富に含まれていることで知られています。 大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンと似た働きをするため、女性が摂取するものだと思い込んでいる方も多いのですが、ソイプロテインには、大豆イソフラボンのみならずビタミンやミネラルなどの栄養素も含まれているため、性別を問わず飲むことができます。 ホエイプロテインやカゼインプロテインではお腹をこわしてしまうという方も、ソイプロテインでタンパク質を摂取するといいでしょう。 また脂肪や糖質がカットされているものが多いため、ダイエット中の男性にも向いています。 ソイプロテインとホエイプロテインが混ざっている商品もあるので、はじめての方はそのようなハーフタイプから試してみるのもよいでしょう。 比較的糖質が少ないソイプロテインは、余分なカロリー摂取の心配もなく、またうれしいのが、大豆を主成分としているため食物繊維が豊富に含まれており、腸の働きを活発にして便通を促してくれる点。 便秘でお悩みの方は、ぜひソイプロテインを利用してお腹をすっきりさせましょう! さらに食物繊維は腸内で大きく膨らむため、満腹感が持続するというのもうれしいポイントですね。 ソイプロテインをうまく取り入れれば、空腹を感じずに無理なくダイエットを継続することができますよ。 筋トレを行って傷ついた筋繊維を素早く修復し、次のトレーニングに備えられるため、筋肉の成長を早めることができるのです。 その効果を得るためには、栄養の吸収率が高まる運動後30分以内のタイミングでプロテインを摂取するとよいでしょう。 筋肉量が増えると基礎代謝が上がり、痩せやすい体質に近づくというメリットもあるため、ぜひソイプロテインで筋肉の成長を促し、本格的な肉体改造に役立ててみてください。 そのためソイプロテインを取り入れることで、肌トラブルに働きかけたり生理中のイライラを緩和する効果も期待されます。 一度飲んだからといって明日美肌になれるというものではないので、最低でも3か月間は継続して様子を見てください。 多くの女性がお悩みの便秘の症状を和らげる効果も高いので、ホルモンバランスとともに腸内環境も整えて健やかな体づくりを目指しましょう。 各パッケージに記載されている栄養成分を確認して、自分にあったプロテインをチョイスしましょう。 タンパク質の含有量を「アミノ酸スコア」で表記している商品もありますが、このアミノ酸スコアの数値が100とされているものは良質なタンパク質を含むプロテインだと言えます。 粉末は飲みにくいと感じる方や、お腹がゆるくなるという方は、スティックタイプや錠剤を試してみるとよいでしょう。 スティックタイプはコンビニやスーパーで気軽に購入できますし、錠剤タイプは外出先でも手軽に飲めるといったメリットがあります。 粉末タイプやスティックタイプ、錠剤タイプをあなたのライフスタイルにあわせて選んでくださいね。 そのため多くのメーカーが飲みやすさにこだわって、ココアやストロベリー、ヨーグルト味などの美味しいプロテインを開発しています。 スーパーフードを混ぜた喉越しのよいスムージータイプもあります。 お好きなテイストのプロテインを選ぶには、一度試飲をしてみたり、一袋500円~1,000円前後のお試し品にチャレンジしてみたりするとよいでしょう。 無理なく継続するためにお好みの味のソイプロテインを見つけて、意欲的なトレーニングライフをお過ごしください。 ソイプロテインの最安値と価格帯の特徴一覧 ソイプロテインを購入する際に気になるのが価格です。 初心者がリーズナブルなものから試したいという場合は、1本約100円~200円で販売されている1回きりスティックタイプのプロテインにトライしてみるとよいでしょう。 一般的な粉末タイプのプロテインは一袋2,000円~3,000円、粉末タイプで大容量の商品や錠剤タイプは3,000円~5,000円前後で販売されています。 プロテインは最低でも3か月間は同じ種類を飲み続ける必要があるため、継続できる価格のものを選ぶようにしてくださいね。 最安値 売れ筋・人気 高額・高級品 価格 約100円~ 約2,000円~3,000円 約3,000円~ 特徴 コンビニやフィットネスクラブでも購入できるスティックタイプのソイプロテイン。 使い切りタイプなので、続けたい方はまとめ買いしておくとよいでしょう。 1か月前後で飲みきれる容量の商品が多いです。 配合されている栄養素や味の種類に富んでおり、満足感が高いことが特徴。 優れた栄養素が豊富に含まれているものや、3か月間分などの大容量の商品も多いです。 ソイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15 ここからは、ソイプロテインの総合ランキングTOP15を紹介していきます! 総合ランキングに続き、無理なく続けるカギとなる美味しいソイプロテインのランキングも見ていきますので、あなたの目的にあうソイプロテインを選んでトレーニングを充実させましょう。 減量中は空腹などでイライラしてしまう方も多いですが、プロテインに含まれているカルシウムにはメンタルを落ち着かせる作用があるため、ダイエットに集中することができます。 さらにカルシウムの吸収を促すビタミンDも含まれているので、上手にストレスをコントロールしながらシェイプアップに励みましょう。 こんな方におすすめ• 病みつきになる味のプロテインに出会いたい方• 溶けやすいプロテインをお探しの方 ソイプロテインの飲み方 ソイプロテインは水や豆乳、牛乳で割って飲むのが一般的です。 特に豆乳と一緒に飲むことで、さらなる大豆イソフラボンの効果が期待されますが、注意したい点は、糖質が多く含まれているジュースに混ぜて余分なカロリー摂取をしないようにすること。 ソイプロテインを飲むタイミングとしては、運動後の30分以内が吸収率が高いため効果的です。 美容効果を発揮させたい方は、朝食をソイプロテインに置き換えて栄養補給するのもひとつの手ですよ。 Amazonのソイプロテイン人気ランキング Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の

【最新】女性向けプロテインおすすめランキング12選!ダイエット・美容効果が期待できる商品を厳選してご紹介!

女性 ソイプロテイン おいしい

MEMOソイプロテインは筋肉への栄養補給を助けるだけでなく、美容と健康を助ける効果があります。 特にダイエット効果を期待するならソイプロテインがおすすめ。 中性脂肪・血中コレステロール値の低下を助けてくれます。 大豆イソフラボンには代謝や脂肪燃焼効果もあるため、代謝がアップして痩せやすい体に。 さらに女性に嬉しいのが肌代謝の働きです。 ターンオーバーを助けるので美肌効果もあります。 加えて肌老化の原因となる活性酵素を抑えるので、アンチエイジング効果も期待できます! おすすめソイプロテイン7選を比較 たんぱく質含有量が多く、口コミや評判からおすすめのソイプロテインを紹介します。 モデルのマギーさんも実際に愛用されている効果抜群の人気のソイプロテインです。 味もきなこ味と抹茶味でプロテインを初めて飲む人にも飲みやすくて継続しやすいです。 置き換えダイエットで多くの女性に愛用されている商品です。 1回あたり99円なので普通にご飯を食べるよりも節約になります。 ダイエットやボディメイクをしたい人はCRASのソイプロテインで置き換えおすすめです。 マイプロテインは世界110ヶ国以上で販売している、人気のスポーツ栄養ブランドです。 様々な割引によって価格が安いのも人気の理由ですね。 さらに無駄な成分がほとんど入っていません!純粋にたんぱく質を多く摂取したい場合におすすめです。 実はソイプロテインも販売しています。 たんぱく質以外に7種のビタミンB群、ビタミンCを配合!ビタミンを同時に摂取したい女性におすすめです。 「ザバス ウェイトダウン」も大豆のプロテインを使っています。 違いは減量時に不足しやすい「11種のビタミン」と、汗で失われるカルシウムやマグネシウム、鉄などがウェイトダウンタイプには入っています。 自分の求めるタイプに合わせて選んでみましょう。 Kentaiパワープロテイン ソイプロテインの効果的な飲み方も知っておきましょう。 ソイプロテインを飲むタイミング 運動後 筋肉をつけるなら運動直後!30分以内に飲むと筋肉量を増やす手助けになります。 寝る前 就寝中に失われるたんぱく質を補えます。 運動した日のみでもOKです。 朝食 ダイエットで腹持ちを良くしたい人、朝からたんぱく質を摂る時間が無い人におすすめ。 筋トレや運動をしている場合は、運動前ではなく「運動直後」に飲むのが最も効果的な飲み方です。 また、たんぱく質を合成する成長ホルモンは夜に失われます。 さらに朝食時にもソイプロテインはぴったり!ヨーグルとや豆乳と混ぜれば朝食代わりにもなります。 また、ソイプロテインの特徴として「ホットでも飲める」というメリットもあります。

次の