あげまん 由来。 あげちんとは?あげちん男性の特徴とあげちん線について解説

さげまんの意味や由来&女性の13の特徴まとめ

あげまん 由来

あげまんの意味とは 「あげまん」はこんな女性のことを言います。 付き合った彼氏や旦那さんの運気をあげ、男性を社会的な成功へと導く女性のこと。 逆に男性の運気を下げる女性は「さげまん」と呼ばれています。 あげまんって、どちらかで言うと「女性をほめる」言葉になりますよね? ん?どうなんでしょうか? 普通の感覚をもつ男性ならば、その女性が運気を上げてくれる人だと思っても面と向かってこうはいいません。 「君ってあげまんだね!」 一部の男性は遠慮なく言いそうなものですが、少なくとも僕は女性に向かってそのような発言はできません。 面と向かってこう言われたら女性は嬉しいものなのでしょか。 ぜひここは女性の意見を聞いてみたいものです。 あげまんの語源の由来 この「あげまん」の語源の由来なのですが、 どうやら二つの諸説があるようなのです。 どちらが正しいのかは現在のところ不明だそうです。 間という言葉が転化した 一つ目の諸説は、「まん」とは「間」という言葉が転化したもので、運気・潮目・巡りあわせを意味する言葉だそうです。 関西人なら分かると思いますが空気を読めない人やタイミングが悪いことをこう言いますよね。 「間(まん)が悪い」 確かに逆に「間が良い」女性は男性の運気をあげそうです。 空気を読みタイミングを図ることができる女性とは付き合いやすいものです。 この諸説では「あげまんの意味」は下ネタ的なところでないと言っているんです。 「えー!まぢかー!」って感じですよね。 下ネタの「まん」 もうひとつの諸説が女性器の「まん」を略したものであるという説。 多くの人がこちらの意味を想像していることでしょう。 僕もこっちを想像していました(笑) 「あげまん」という言葉は、もともとは色街で使われていた隠語だったそうです。 その隠語が1990年に伊丹十三監督の映画「あげまん」で広く普及することに。 あげまんは上記の意味が転じて次のように変化していくのです。 「セックスをすると幸運になる女陰」 他には「あげちん」「さげちん」なんて言葉もあります。 これは説明するまでもなく、あげまんの男性バージョンです。 あげまんの使用例 次は「あげまん」の使用例を見ていきましょう。 「あげまん」はこう言った意味で使われます。 「お前の嫁さん、あげまんだよなぁ。 結婚してから何か調子よくない?この前、出世したし、最近営業成績もめちゃいいじゃん!」 「オレの彼女、あげまんでさぁ!あいつと付き合いだしてからパチンコ連勝なの!」 こんな感じですよね。 男性なら一度は使ったことがあるでしょ? 僕は使ったことはありませんけどね(笑) あげまん芸能人の代表格は? さきほどもお話した通り、あげまんとは男性の運気を上げる女性のこと。 戦国時代と同様、表も裏に女性が自由に活躍できる今の現代は、妻が戦略家ぶりを思う存分発揮し、旦那を育て「あげまん」ぶりを発揮できる時代ともいえます。 たとえばメジャーリーグで活躍を続けるイチロー選手の弓子夫人はあげまん妻の代表格です。 イチロー選手は2009年、ウィリー・キラーの記録を108年ぶりに破り、野球史上に残る9年連続200安打を達成しましたが、実はその偉業を実現するように仕向けたのが奥様の弓子夫人でした。 イチロー選手自らインタビューでこう語っています。 「(数字の「9」とデザインされたネックレスは)262安打を打った年(04年)ウチの妻が、 9年連続は誰もやってないからということでくれたものなんですよ。 今日改めて9という数字が特別な数字になりましたね」 そう。 弓子夫人は5年も前にイチロー選手に 「9年連続200本安打を打って記録を更新する」という目標をもたせ、また二人の目標として、このネックレスをプレゼントしていたのです。 まさに「あげまん」代表妻だけのことはありますね。 イチロー選手は他のインタビューでも記録達成は「妻との共同作品」と話しますし、成功者の多くはそのコメントの中で「妻のお陰です」と語るのです。 妻があげまんの家庭は世帯年収が高い ある結婚調査では、のちほどお話しする 「あげまんの特徴」を持つ妻が家計を支えている場合、世帯年収が増えるという結果がでています。 あげまんの妻たちは、旦那の社会的成功のために何か熱い戦略があるのでしょうか? 実際のところこの調査で「あなたは旦那の社会的成功のために何かしていることはありますか?」と聞いたところ、驚くことに「仕事のことは分かりません」という回答は、 ひとりもい なかったということです。 分かりやすく言いますと、あげまん妻は旦那の仕事を多かれ少なかれ理解し把握しているということです。 ここに「あげまんとはなに?」の答えが少し見え隠れしています。 あげまんの特徴は、まずはしっかりと直接的または間接的に、旦那の活躍を盛りたてることができる女性のことをいうのではないでしょう。 スポンサーリンク あげまん女性の特徴 あげまん女性の特徴はいろいろとありますが、何よりこれだと思うんです。 「男性にダメ出ししない」 ダメ出しなんてせずに「いいね!それやってみようよ!」という感じでいろいろなことにチャレンジさせてくれます。 これってあげまんに限らずいろいろなところでも大事なことと思うんですよね。 どこかの偉い方もこう言っていたはずです。 「成長させるためには失敗させろ!」 「本当のことは失敗からしか学べない!」 子供の教育でもそうですし、仕事も一緒です。 親に「そんなことやっちゃダメでしょ!」と言われて育つ子供は、親が作る枠組みの中でしか成長できません。 仕事も一緒です。 上司が「ケツはオレがふいてやるから思いっきりやってみろ」 こんな風に言われれば男はそれに発奮し、例え失敗したとしてもそこから多くのことを学び成長していきます。 あげまん女性もきっとこれに長けているんです。 だから運気がどんどんどんどん上がっていくんでしょうね。 あげまん女性になるための方法 あげまん女をさらに詳しく解明するべく、あげまん女の特徴をさらに詳しく解説していきます! 旦那はイクメンや家事ダンであるばかりでなく、仕事をバリバリこなし外で活躍する旦那でなくてはいけません。 また 旦那が頑張って仕事などで活躍し成功して欲しいと願うのは、旦那を応援したいという愛情からくる妻心ですよね。 できることなら参謀役として旦那を成功に導き二人で成功を喜び合う。 そんな「あげまん」になりたいと思ったことはありませんか? ここからは特に、「あげまんになりたい!」という女性の方はぜひ参考にしてくださいね。 一番の味方になろう 旦那の「一番」の理解者であり味方であること。 これがあげまん女性になるための一番の鉄則です。 参謀たるもの、旦那に最も信頼される味方でなくてはなりません。 旦那が自信を持って戦いに挑むためには勝利を確信し、迷いなく進めることが大切です。 その自信、自分への信頼をゆるぎないものにするためには、参謀である「あげまん妻」との信頼関係、味方がいるという安心感が絶対に必要なのです。 あげまんの妻は「旦那を知り」「旦那を受け止め」「旦那を受け入れる」この三つの力を持ち合わせていることが特徴です。 具体的には、一番の味方になるということは 「聞く、肯定する、共同する」の3つの力を兼ね揃えているということです。 話しを聞く力 これは「ただ聞く」こと。 これに尽きます。 あげまんの妻は「仕事の話しを理解できなくても聞くようにしている」「悩みがあるときはただ聞いてあげる」「特にうまい答えを出す必要はない」このような対応ができているのです。 秘訣をしては「相手をよりよく知るためのヒアリング」だと思うこと。 カウセリングではありません。 そうすれば余計な口を挟まずに 「なるほど」「そうなんだ」という相槌とともに興味をもって親身に話しを聞けるはずです。 この姿勢が大切です。 これはストレスの受け止め役としても有効です。 不満や愚痴や落ち込みも、聞いて受け止めてあげれば、それで相手はスッキリします。 また「ただ聞く」とは、基本的に相手が話ししてきたときに聞くということで 「今日はどうだった?」と話しかけるのは良いですが、無理に聞き出したり、追及することではありません。 あげまんの妻の決してそんな話しの聞き方をしないのも特徴なのです。 基本的に殻に閉じこもってウンウンと一人で考えるのが好きな男性は、放っておいてくれた方が気持ちいい。 そんなものなのです。 ここで「あげまんとは?」に答えるとしたら、その答えは「話を聞く力」がある女性ということになりますね。 肯定する力 次に重要なものは「肯定する力」です。 否定しない力と言い換えた方が分かりやすいかもしれません。 常に旦那の考え、やっていることを認め、否定しない、文句を言わないということです。 「違う」「おかしい」「ダメ」などの否定的な言葉はもちろん「でも」「それって」という接続詞や「そうかな?」「本当?」などという言葉もあげまん妻は使用しません。 旦那の話しをよく聞いて「さすが」と褒める。 愚痴には「それは向こうが悪い」と同調する。 休日出勤しても嫌な顔をしない。 飲み会などで帰りが遅くなっても文句を言わない。 また、どうしても意見やアドバイスを言いたいときもこの肯定力は使えます。 たとえば、仕事のことで相談されたら「必ずあなたは間違っていない」と伝えてそれから「こんなのはどう?」とやんわりと他の意見を伝える。 まずは相手の意見を肯定し一つの考えとして別の意見を提案するのです。 これなら旦那もプライドを傷つけられずに意見を聞くことができます。 上手なアドバイスを送ることができるのも、あげまんの特徴です。 ぜひこの提案型もマスターしてみてください。 共同する力 あげまんの一つの特徴として「絶対的味方」として旦那のやりたいこと、信じることを同調し協力する器の大きさを持っていることがあげられます。 この味方の存在を確信すればするほど、旦那はひるむことなく前進しそのスピードは加速していきます。 その道が間違っている可能性が高い道だったとしても、そこはあえて旦那を信じチャレンジさせるのです。 例え失敗したとしてもそれが次の力となりまます。 「旦那のチャレンジを家族で支える」 「海外赴任や転勤などでも単身赴任にせずに家族で移動」 「旦那がやりたいと思うことはできるだけサポート」 ここまでくると実際に行動するのはなかなかハードルが高いかもしれませんが、家族の絆や支えこそが旦那が前に進もうと駆り立てる力になるのも事実。 「絶対的な味方である」と伝えるだけで共同体の心強さや安心感を得られるのです。 ここで「あげまんとは?」に答えるとしたら、その答えは「失敗してもチャレンジさせてあげることができる女性」ということになりますね。 関連記事>> 男の格をあげよう あげまん女性になるための次の方法、次は、 「一流品を身につけさせる」です。 旦那の社会的成功のために、あげまん妻のあげまん術として多く挙げられるのが 「身なりに気を遣う、一流品や質のいいものを身につけさせる」ということです。 身だしなみは社会人としての最低限のマナーです。 身なりを整え清潔感のある格好をすることは、だれからも好感をもたれる最低条件でもあります。 さらに、 いいものを身につけることは仕事上の付き合いの上でも、できる人に見られれる効果があります。 いい格好をしている方が仕事ができる収入の多い人や、信頼できる役職の高い人に見えますし、スーツや靴がくたびれていると、残念ながらそのようには見えません。 もう一つ、一流品を身につけると「カメレオン効果」が期待できます。 他人からどう見られるか、とは関係なくそれを着た人自身が着たものに見合うようになっていく、という効果です。 「自分は一流品を持つのに見合う男だ」という自信を先につけておくと、初めは服に「着られている」ようであっても、そのうち着ている人自身も一流に変身していきます。 「一流品を身につけ自信をつけさせる」 「仕事に役立つ出費はなるべく惜しまないようにする」 「ネクタイやバッグ、靴、財布などの小物はいいものでそろえる」 などが具体的なところです。 中尾彬の妻である池波志乃さんも「あげまんの特徴」を兼ね揃えた女性です。 主人である中尾彬さんを一流の役者に育て上げるために、お金をどうにか工面し、一流のものを身につけさせ、一流の遊びをさせ、一流の経験をさせたと語っているのを見たことがあります。 もちろん「いいもの=高いもの」という訳ではありません。 「アイロンのきちんとかかったYシャツを着せる」 「くたびれたものは着せない」 旦那が気分よくいられるようにすることが大切なのです。 一緒に戦おう 横綱級のあげまん女性は、旦那の戦いに自ら参戦し、華麗にサポート、旦那の活躍度を上げています。 🔹取引先へのお礼状などは自分で手筆で書く。 年賀状も同様。 🔹旦那の付き合いのある人が急にやってきても対応し丁寧にもてなす。 会社での親睦や、季節の贈答品や礼状といった対人関係のサポートは、女性らしい心配りやコミュニケーション力、礼儀作法などが必要不可欠です。 人脈は仕事で活躍するうえで最も大切な資産です。 あげまん妻はこういったことをそつなくこなすことができます。 また女性の強みを活かす方法は情報戦にもあります。 女性は男性より情報収集能力が高いので、見聞きした日々の話題を旦那に提供するだけでも、仕事の参考や、取引先とのコミュニケーションに役立つかもしれません。 ここで「あげまんとは?」に答えるとしたら、その答えは「きめ細やかな配慮ができ、そして自ら戦うことができる女性」ということになりますね。 得意料理を一品作ろう あげまん女性になるために、 得意料理を一品作りましょう。 あげまんな妻が、旦那の社会的成功のためにしていることで一番多いのは「身体と心の健康を気遣うこと」 そのためにおいしい料理とくつろげる空間づくりで旦那を日々癒しているのです。 「家に帰ったら楽しい」と思ってもらえるように家庭を明るくするように努めている• 忙しいときは家でくつろいでもらうために家事はさせない• 野菜中心でバランスのいい食事をタイミングよく提供する• 体力を使う仕事なのでお弁当は少し多め。 塩分・油分は控えめ• 仕事から帰ったらプレミアムビールなど旦那の好きなものを用意してあげる 外で戦い疲れた男性は、ほっと休める場所が欲しいものです。 仕事から切り離された時間と空間をもつことで癒され、エネルギーが充電され気力と体力が回復し、また明日からに戦いに向かえるのです。 旦那の気力をあげるおいしい手料理を作れることもあげまん妻の特徴です。 男性の心をつかむには「胃袋をつかめ」と昔からよく言われることです。 しかし実際には料理が苦手な人もいますし、得意だとしても仕事を抱える女性は思うように時間もとれません。 そんな多忙なあげまん妻が身に着けているあげまん術が「一品得意料理」なのです。 要はたった一品だけでいいんです。 しかしその得意料理=旦那の好物であることが重要です。 一品だけ でも「アレ食べたいなぁ」という旦那の一言をひきだせればいいわけです。 あげまんの極意とは あげまんの意味、語源、そしてその特徴をご紹介しましたがいかがでしたか。 世の妻たちの「そんなことできるか!」という声が多く聞こえてきそうです(笑) しかし、あげまんの妻が多かれ少なかれ、このような対応で旦那さんに接していることは事実なのです。 そんな旦那さんは間違いなく運気をあげ、社会的な成功を収めます。 最後に「あげまん女性になるための方法」をもう一度まとめておきますね。 一番の味方になる。 一流品を身につけさせる。 一緒に戦う。 一品得意料理をつくる。 そして最後にこの4つとは別にあげまんの基本を3つお教えします。 それはこれです。 ほめ上手• おだて上手• 感謝上手 この基本の3つとさきほどの具体的な4つ。 これを身につければあなたは立派な「あげまん」になることができます! え?あげまんになんかになりたくない? そんなこと言わずにぜひ参考にしてくださいね! それでは次は「さげまん」の意味を見てみましょう。

次の

雨女と雨男の方必見!本当にいるの?実は周りの運気を上げている!

あげまん 由来

名前の由来はもちろん浅草名物「あげまんじゅう」から「ゅ」をとっただけです。 初めて「あげまんじゅう」と言う名前を見た時、なんて卑猥な名前なんだ!と思いました。 いつからかエロイ発想になりやすかった私は「饅頭」さえ卑猥に聞こえていたのに、平仮名で「あげまんじゅう」だなんて・・・・! 卑猥そのものだと思いました。 「あげまん食べる?」と母親に聞かれたりして、何やら恥ずかしかったのを覚えています。 して、「あげまん」とは。 カモフラージュできるし。 世の中「あげまんじゅう」が卑猥な言葉じゃないなら、その名前を付けていればおのずと「あげまんさん」と呼ばれるものだと思っていましたが、皆さん全然呼んでくれない。 それどころかなんか呼びずらそうに呼んでいる…。 これはきっと皆さんも「あげまん」という言葉を避けているのだなと思いました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーあげまん、さげまんとは、芸人などの隠語で、運気が上向くこと(「あげまん」)、または下降すること(「さげまん」)を指す。 「まん」は「間」が転化したもので、運気・潮目・出会い・巡り合わせの意味(関西方言では「まん(間)がよい/わるい」という使い方もある)。 後に、「まん」を女性器の俗称「ま〇こ」を略したものと誤解され、肉体関係を持った男性の運気を上げ、より良い巡り合わせにする女性を「あげまん」、不運な巡り合わせにする女性を「さげまん」と称するようになった。 ここからさらに意味の幅がひろがり、肉体関係になくても関わりあう人の運気を左右する女性について用いたり、さげちん、あげちん(「ちん」は男性器の俗称による)という言葉が生まれたりした。 んで、…結局私が何が言いたいかというと… わたし、あげまんになりたい!! 色んな意味の方でも…。 お目汚しすみませんでした。

次の

あげまんって英語で何て意味なの?

あげまん 由来

この記事の目次• あげまんとは? そもそも「あげまん」とは、どのような意味で使われる言葉なのでしょうか?また、その言葉の由来も気になりますね。 そこで、まずは「あげまん」の意味とその由来について、ご紹介したいと思います。 あげまんの定義 あげまんとは、付き合った男性を出世させたり、結婚相手である男性の仕事や事業を成功させるなど、男性に幸運をもたらし運気を上げる女性のことを言います。 別の言葉で表現すると、「内助の功」という表現が近いかもしれません。 もともとは、それほどメジャーな言葉ではなかったのですが、1990年公開の映画『あげまん』によって、一躍当時の流行語となり、メジャーな言葉として定着するに至ります。 ある女性が、自らが愛した男に次々と幸運をもたらすという物語と言葉の響きが、バブル景気という当時の世相を背景に、世の中に強烈なインパクトを与えたというわけです。 あげまんの由来 あげまんの言葉の由来については諸説が存在しています。 代表的な説を二つご紹介しますが、いずれも疑問が呈されており、現時点で「あげまん」の由来については明確になっていません。 関西の方言「間」が変化したという説 関西の方言で、「間が良い」という言葉を「まん(間)が良い」と発音していたことがあります。 そして、あげまんの「まん」は、関西の方言の「間(まん)」の意味が変化して、運気や巡りあわせという意味になったと考える見解です。 しかし、あげまんという言葉が女性のみを指すことの説得力に乏しいと疑問が呈されています。 女性器の俗称「まんこ」を略したという説 肉体関係を持った男性に幸運をもたらし、運気を上げることから、「上げる」と女性器の俗称「まんこ」を繋げて略したことで「あげまん」が生まれたと考える見解です。 しかし、この女性器の俗称が主に関東地方のみで通じる言葉であったことから、こちらも今一つ信憑性に欠けるとされています。 この見解からは、逆に男性に不運をもたらす女性を「さげまん」と称するなど、意味の広がりが生じています。 あげまん女性の外面的な特徴 それでは、あげまんと呼ばれる女性(アゲマン女性・アゲマン女子)には、どのような特徴があるのでしょうか?あげまん女性に見受けられる外面的な特徴について、ご紹介していきたいと思います。 ただし、あげまん女性に次のような特徴が必ず見られるわけではありませんし、外面的特徴が一致するからといって必ずあげまん女性になるわけでもありません。 あくまでも、次のような特徴が見受けられる傾向があるにすぎないことに留意して下さい。 手相にあげまん線が存在する あげまん女性の手相には、いわゆるあげまん線が存在する傾向にあるとされています。 あげまん線とは、小指の下の膨らみを起点にして人差し指の方向へ緩やかに上昇していく感情線の端が三つに分岐している手相のことです。 もちろん、手相を信じる人も、信じない人もいるでしょう。 一つ言えることは、手相は先人が長年積み重ねてきた経験知から因果関係や法則性を導き出す統計学的な側面を有するということです。 ですから、あげまん女性の手相にあげまん線が存在するという特徴を、完全に否定することもできないでしょう。 常に笑顔を絶やさない あげまん女性は、常に笑顔を絶やさない傾向があります。 男女問わず、常に笑顔な人は友人からも好かれ、周りに和やかな雰囲気や環境を作り出します。 このような仕組みは、脳神経科学においても実証されつつあります。 ミラーニューロン 人間やサルなどの霊長類の脳内には、ミラーニューロンという神経細胞が存在するとされています。 このミラーニューロンは、他の個体の行動を見ると、まるで自分が同じ行動をするかのように鏡のような反応を示します。 例えば、相手が楽しそうに笑っていれば、自分も楽しく感じるのです。 つまり、ミラーニューロンは共感能力を司る部分と考えられるのです。 既にサルにおいてはミラーニューロンの存在が観察されていて、人の脳では研究が困難で実証はされていないものの、人にもミラーニューロンが存在することは定説になりつつあります。 ですから、男性に幸運をもたらすあげまん女性が、常に笑顔でいるということには十分な根拠があるのです。 笑顔の構成要素 手相と同様に、人相学も長年の積み重ねから法則性を導く統計学的な側面を有しています。 人相学では、心と人相は深く関係していると考えます。 日々の感情が顔に現れ、それが毎日繰り返されることで、それまでの人生も表情の一部となって表情全体を作り出すと解釈します。 たしかに、美人だとモテるのは事実です。 しかし、人相学では美人だからあげまん女性になるというわけではなく、美人とは異なる愛される人相が存在すると考えます。 例えば、口角が上がっている、顔のほうれい線の近くにほくろがある、眉がやや下がり気味といった人相が、愛される人相とされていて、あげまん女性の特徴と解釈されているのです。 金銭感覚がしっかりしている あげまん女性のほとんどが、適切な金銭感覚の持ち主です。 現代の世の中で、男性の成功を評価する一つの指標は、その男性の稼ぐ金額であることは否定できません。 例えば、彼氏や旦那といったパートナーが稼いだお金を手にしたそばから、彼女や奥さんが浪費をさせるようでは、確実に彼氏や旦那の運気は低下していくでしょう。 なぜなら、いざという時の備えがなければ、そのいざという時が到来した際に次のチャンスすら掴めなくなるというのが理由です。 料理上手 内助の功の代表的存在が料理上手で栄養管理ができることですから、あげまん女性にも料理上手が多い傾向にあります。 人間の身体は、食べた物の栄養素から成り立つと言っても過言ではありません。 ですから、栄養管理はとても重要なことです。 また、美味しい食事であれば、その食事に幸福感を感じて次への活力とするのが人間です。 したがって、食事は物心両面から、男性のやる気やモチベーションを高めますので、料理が上手であることがあげまん女性の条件に大きく関わってくると言えます。 野球選手の田中将大選手の妻である里田まいさんは、料理上手で有名ですよね。 そして、お二人の結婚して一緒になった後に、田中選手が24連勝を達成し日本一になったことは記憶に新しいところです。 あげまん女性の内面的な特徴 このような外面的な特徴のあるあげまん女性ですが、その本質は内面的な特徴にあります。 そこで、あげまん女性に見受けられる内面的な特徴について、ご紹介していきたいと思います。 ただし、繰り返しになりますが、あくまでもあげまん女性に次のような特徴が見受けられる傾向があるに過ぎないことに留意をして下さい。 常にパートナーを信頼して束縛しない そもそも男女間の恋愛や結婚に限らず、人間関係の根底にあるのはお互いの信頼です。 人は信頼されることで、安心感を感じるとともに、その信頼に報いようと頑張ることができるのです。 ですから、あげまん女性は常にパートナーを信頼して、細かなことに口出しすることはせずに、どちらかと言うと放任に近い形で男性の行動を見守る傾向にあるようです。 これに対して、男性を信頼せずに束縛したりすることは、男性心理からするとマイナスかもしれません。 というのも、男性は多かれ少なかれ自尊心やプライドを持っていて、それをくすぐればモチベーションが高まるものの、逆に自尊心などをへし折られるとストレスを感じたり、全くやる気を無くしてしまうからです。 精神的に自立して、じぶんに自信がある パートナーを信頼して自由に行動させるには、女性が精神的に自立していて、自分自身に自信を持っていることが必要です。 ですから、あげまん女性は、自分に自信を持っていて、精神的に自立している傾向があります。 そして、自分に自信があるからこそ、男性が間違った方向へ向かいそうな時には厳しいアドバイスや意見を言えるのです。 このような女性に対しては、男性も良き相談者として捉えるように変わっていき、そのうち他人にできない相談も持ち掛けるようになります。 これに対して、自分に自信が持てず、精神的にも未熟な女性の場合、他の女性になびいてしまうのではないかという不安からパートナーを十分に信頼できずに束縛してしまうのです。 メールなどで常に恋人と連絡を取りたがるタイプの女性は、さげまん女性の典型例と言えるでしょう。 楽観主義者・ポジティブ思考 あげまん女性は、総じて楽観主義者でポジティブ思考の持ち主です。 そもそも何かを成し遂げようとする場合、必ずその人にとって新たなことに挑戦することになります。 新たなことに挑戦する際に、最初から失敗を考えるマイナス思考では成功するものも成功しません。 企業の創業者と呼ばれる人の大半は、楽観主義者だからこそリスクをとって挑戦して成功を収めたのです。 そして、そのような創業者の妻やパートナーも、創業者の行動をサポートできる楽観主義者であり、ポジティブ思考の持ち主なのです。 今や世界を席巻するAmazonを創業したジェフ・ベゾスが起業する際に、仕事を辞めて挑戦することを妻のマッケンジーに相談すると、あっさりと挑戦を後押ししたという逸話は有名です。 もし、ベゾスの妻が目先の生活を心配するマイナス思考の持ち主だったとしたら、ベゾスの相談に反対してAmazonは誕生していなかったかもしれません。 つまり、マッケンジーはベゾスが起業に失敗しても、あらためて二人で仲良く働けば良いと腹をくくれるほどにプラス思考の持ち主だったわけです。 素直で小さな事にも幸せを感じる あげまん女性は、素直な性格の人が多く、小さな出来事であっても感謝や幸せを感じるという傾向があります。 普通のデートであっても、素直に楽しかったと男性に伝えるだけでも、男性のモチベーションを上げる効果があるわけです。 そして、普段の会話であっても、ニコニコとしながら楽しそうに男性の話を聞くことができるのも、あげまん女性の共通点と言えるでしょう。 あげまん女性を判別する方法 このように、あげまん女性には様々な特徴が存在します。 一方で、世の中にはマイナス思考だったり、男性を束縛するようなさげまん女性も存在します。 男性からすれば、さげまん女性は避けて、あげまん女性を自分のパートナーにしたいと思うのが人情です。 そこで、あげまん女性とさげまん女性の見分け方・判別方法をご紹介したいと思います。 周囲の女性に聞いてみる あげまん女性とさげまん女性の見分け方で、最も確実な方法は周囲の女性に対象となる女性の評判を聞いてみることです。 そもそも女性の同性同士での評価は、男性の同性同士での評価に比べて、厳しい結果が現れる傾向があるとされています。 このような傾向が現れることは、米国のハーバード大学を中心とする調査で明らかになりました。 つまり、女性は女性自身の性格や本質を見抜くことにかけては、男性が女性を見るよりも上手であるということです。 ですから、合コンや婚活などで女性と出会ったとしても、可能な限り、その女性の女友達にそれとなく彼女の評判を聞いてみると良いのではないでしょうか。 また、「類は友を呼ぶ」という諺にあるように、あげまん女性にはポジティブ思考の友人が集まり、さげまん女性にはマイナス思考の友人が集まる傾向にありますから、その女性の友人との関係性などに注目するのも一つの判断ポイントになるでしょう。 マイナス思考の女性には要注意 あげまん女性の反対概念は、さげまん女性です。 そして、さげまん女性の多くに見られる特徴は、あげまん女性の特徴と正反対です。 たとえば、自分に自信が無く不安から男性を束縛したり、マイナス思考だったりします。 また、精神的に未熟で感情の起伏が激しかったり、何事にも感謝ができなかったりといった具合です。 したがって、今回ご紹介したあげまん女性の特徴と正反対の行動などが何度も現れるようならば、注意が必要です。 見分けるのが難しいタイプの女性も 世の中には様々なタイプの女性がいますから、あげまん女性ともさげまん女性とも判別しにくいタイプの女性も存在します。 たとえば、一見すると見た目も可愛らしく男性に好印象を与えるにも関わらず、付き合ってみると本性はとんでもない性格だったというタイプの女性が存在します。 いわゆる地雷女や清楚系ビッチと呼ばれるタイプの女性です。 付き合ってしまえば、明らかなさげまん女性と分かるわけですが、付き合う前はあげまん女性を装っているのですね。 また、一見するとさげまん女性ではなく、だからと言ってあげまん女性になる可能性も低いタイプの女性がいます。 いわゆる草食系女子や猫系女子と呼ばれるタイプの女性です。 草食系女子は基本的に恋愛に奥手でややマイナス思考な傾向があり、猫系女子は気分屋で気難しい傾向があります。 冷静で客観的な判断を心がける 恋に落ちると人は理性や常識を失い、客観的で冷静な判断を失いがちです。 ですから、どうしてもあげまん女性をパートナーにしたいと考えるのならば、女性に好意を抱いたとしても、男性はなるべく客観的で冷静な判断を心がけるべきでしょう。 まとめ いかがでしたか?あげまん女性の特徴とその判別方法について、ご理解いただけたでしょうか? たしかに、男性からすれば、誰しもが美人な女性をパートナーにしたいと一度は考えたことがあるでしょう。 しかしながら、美人だからといって全てにマルチな才能を発揮するわけではありませんから、美人の女性が結婚生活に向いているとも限りません。 結婚などの将来を考える女性であれば、やはり自分に幸運をもたらしてくれる女性が良いのではないでしょうか。 何かにつけて、自分をサポートして応援してくれるのですから。 本記事で今回ご紹介した、あげまん女性の特徴を参考にしながら、意中の女性との関係を考えるきっかけになれば幸いです。 また、これからお付き合いする女性を探す場合には、本記事が参考になれば幸いです。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事を読んでおきましょう。

次の