サライ。 加山雄三・谷村新司 サライ 歌詞

加山雄三・谷村新司 サライ 歌詞

サライ

13、14世紀のキプチャク・ハン国の首都。 サライはの。 新旧の二つがある。 旧サライはキプチャク・ハン国の創始者バトゥが建てたもので、その遺跡はボルガ川域のラハン市に近いセリトレンノエ村にある。 しかし、有名なのはバトゥの弟ベルケが建てた新サライであって、その遺跡はボルガ川河畔で、旧サライよりも上流の一支流アフトバ川河畔のボルゴグラード市の傍らに位置する。 新サライが首都となったのは第9代ののときである。 サライ市は1395年にティームールの軍隊に破壊され、15、16世紀にモスクワ大公国の侵入によって廃墟 はいきょ と化した。 新サライは1843~47年に初めて発掘され、その後の発掘によって、キプチャク・ハン国時代の宮殿、モスク、手工業工場、水道装置遺跡のほか、銅鉄製品、陶磁片、ガラス器、農産物、皮革製品が大量に出土し、当時の都市生活、物質文化、商工業の姿をよく伝えている。 [佐口 透] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説 【宮廷】より …とりわけ15世紀後半,メフメト2世によるコンスタンティノープル征服の後,新都イスタンブールに,従来の首都ブルサとエディルネにおける宮殿に加えて,〈旧宮殿〉,〈新宮殿〉 別名トプカプ宮殿 が新たに造営され,制度的にも著しい発展を遂げた。 オスマン朝では,宮廷はペルシア語からの借用語で〈サライ〉と呼ばれ,君主の公務の場としての外廷と,君主の私的生活の場としての内廷と,宮廷の女性の生活の場としての 後宮 とに分かれていた。 このうち内廷には,多数の小姓 イチ・オウラーン が勤務し,小姓は,少なくとも16世紀末ごろまでは,大多数が戦争捕虜および帝国領内のキリスト教徒臣民の子弟からにより徴収された少年からなり,奴隷身分に属するグラームであった。

次の

加山雄三・谷村新司 サライ 歌詞&動画視聴

サライ

ペルシャ語でサライが「オアシス」の意味だというウソが流布していますが、ペルシャ語の sara'i に「オアシス」の意味も「故郷」の意味もありません。 ペルシャ語でオアシスは vahe ワーヘ といいます。 とくにWikipedia日本語版はひどく、sarai を salai と、RとLを間違って書いています。 ペルシャ語の sara'i サラーイ は「家、旅館、役所」の意味で、比喩的に「世間、世界」の意味にもなります。 基本形は sara サラー で、イ はペルシャ語の不定語尾。 ペルシャ語 sara'i は、トルコ語を初めとするチュルク系(トルコ系)諸言語に入って、ウイグル語やウズベク語やカザフ語で sarai は「宮殿」の意味になりました。 ヒンディー語やウルドゥー語などインド系諸言語にも入って、意味は「宮殿、館、家」です。 キプチャク汗国の首都サライは、中世トルコ語の一つであるキプチャク語で「宮殿、首都」の意味です。 現在もマケドニアやパキスタンにサライの地名がありますが、これらもトルコ語かウルドゥー語で「宮殿、館」の意味が起源です。 トルコのイスタンブールの有名な観光地のトプカプ宮殿は、トルコ語では トプカプサライ。 さて、1992年に加山雄三と谷村新司の歌「サライ」に「サライの空」の歌詞が出てきます。 歌詞はここ。 ネットからサライについての言葉を拾うと、 --- そもそも「サライ」とはペルシャ語で「隊商宿:キャラバンのための小さな宿」の ことであるが、この歌では「ふるさと;心のオアシス」というニュアンスで使われている。 --- と説明されたりして、このあたりから、サライが「オアシス」の意味だという誤解が広まったようです。 --- 1992 H. 4 年、日本TVの「24時間TV」のテーマソングとして誕生しました。 (サライとはペルシャ語で「小さな宿」です --- これも「小さな宿」は間違ってはいませんが、「小さく」なくても「宿」はサライなんです。 そうでなければ、「宮殿」の意味になるはずがない。 これがさらに、 --- サライというのはペルシャ語でオアシス、故郷という意味です。 つまり故郷の空。 --- となると、そんな意味はなく、また引きによるウソ情報流布の始まりです。 ネットの怖いところです。

次の

加山雄三・谷村新司 サライ 歌詞

サライ

バトゥ・サライから出土した宮殿の装飾 サライの街を建設し都と定めたのはの西方遠征軍の司令官・であり、やを進めていたさなかに・ハーンの死の知らせを聞いて東欧から引き返し、ごろこの地に自立政権を築いた。 がモンゴル帝国に遣わした使節であった一行は建設途上の当地を訪れている。 ジョチ家第5代当主の(在位 - )は、ヴォルガ川水系のさらに上流に 新サライ( ベルケ・サライ、 Sarai Berke、 New Sarai、 Sarai-al-Jadid)を建設したとされるが、その存在には疑問もある。 新サライとされる遺跡は同じくアフトゥバ川沿岸の(Tsarev)村にあり、の東約85kmの位置である。 ジョチ・ウルスの支配層はを受け入れるようになったが、住民の信教には寛容であり、様々な宗教施設が建設された。 新サライの時期の、のたちがサライにを建設したが、 の分裂が進むに近郊に移り、クルティツィ(Krutitsy)修道院を築いた。 は前半にジョチ・ウルスとその首都サライ(おそらく新サライ)を訪れ、その壮麗さと広大さ、人口の多さと多民族ぶりに驚き、アラブ・ペルシャ・ロシア・ギリシア・イタリア諸都市など各地からの商人でにぎわうさまや、やの広がりを伝えている。 (在位 - )の時代にはサライには西洋やイスラムの影響を受けた壮麗な建築物が建設され、ジョチ・ウルスとともに全盛期を迎えた。 やなどルーシ諸公は度々サライを訪れて貢納を行い、ジョチ・ウルスへの臣従を誓った。 ルーシ諸国は以後、ジョチ・ウルスへの服従とサライへの貢納を強制されていた。 15世紀末まで200年以上にわたって続くモンゴルによる支配をロシア史では「」と呼ぶ。 新旧のサライのほか、ジョチ家第12代当主(在位 - )は最西部の周辺に遷都し、 ()(小サライ)という都市を築いている。 後のはこのサライ・チクを首都にしている。 バトゥ・サライ(旧サライ)やベルケ・サライ(新サライ)はたびたび破壊されている。 は、征服途上でサライ(おそらく新サライ)を破壊した。 のはにサライ(おそらく新サライ)を破壊し、大オルダを滅ぼした。 サライの最後の破壊は、のがを征服した後であった。 からにかけて、商人フェドット・アファナシェヴィッチ・コトフ(Fedot Afanasyevich Kotov)はペルシャへ旅し、途中通ったヴォルガ下流について次のように述べている。 「ここ、アフトゥバ川にかつてが建っていた。 ハンの宮廷、宮殿、モスクは全て石造りであった。 しかし今、これらの建物は崩壊し、残った石は資材としてアストラハンに運ばれている。 」 これはおそらく、ベルケ・サライ(新サライ)跡地についての記述であろう。 参考文献・脚注 [ ]• イブン・バットゥータ 『』第4巻 訳、〈〉,1999年,.

次の