コロナウィルス 収束まで。 新型コロナウイルスの収束見込みはいつ?100年前のスペイン風邪と比較した考察

コロナウィルス、経済活動を破綻させずに感染を収束させる方法・これまでのブログのまとめ。 ●外出制限1ヵ月、ドイツに迫る「コロナ不況」と「EU崩壊」の足音|長谷川七重@宇宙人思考から世界を観察してみます。|note

コロナウィルス 収束まで

SARSの収束までの期間は? まずは、2002年に大流行したSARSから見ていきます。 期間、収束にむかった理由、また患者数、死者数についてまとめていきます。 SARSはいつからいつまで流行した? SARSは2002年11月16日の中国広東省仏山市報告での症例に始まり、台湾の症例を最後に、2003年7月5日にWHOによって終息宣言が出されています。 経過を見ると、2003年3月12日にWHOは、全世界に向けて異型肺炎の流行に関する注意喚起を発し、本格的調査を開始。 2003年3月15日には、原因不明の重症呼吸器疾患としてsevere acute respiratory syndrome(SARS)と名づけ、「世界規模の健康上の脅威」と位置づけ、異例となる旅行勧告を発表する措置をとっています。 このときには、ウイルスの特定はされておらず、2003年4月16日に新型のSARSコロナウイルスであると特定されました。 特定から、約2ヶ月半経過した7月5日に終息宣言が出されて、SARSの流行が終わりを迎えました。 SARSの収束理由はなぜ?どうやって収束した? なぜ収束したのか根本的な理由は、感染源を特定して、排除したことにあるとされています。 SARSの感染源は、中国の一部で食用として狩猟されている ハクビシンが感染源であったと推定され、ハクビシンを市場から取り除いた途端に感染が止まり、SARSは収束したとされています。 そして、既に 感染している患者を隔離することによって、最後の患者となった方が隔離されてから、平均の潜伏期の2倍にあたる20日が過ぎても新たな症例が発生しなかったことから、WHOが世界的な流行が終息したと宣言してSARSの流行は終わりを迎えています。 SARSの潜伏期間と患者数・死者数 SARSの潜伏期間は、2~10日。 そして発症前の患者からの感染が広がるといことはないとされています。 ここが、武漢から始まった、 新型コロナウイルスとの大きな違いであると言われています。 SARSは、最終的に8,098人の感染者数と774人の死亡者が報告されています。 スポンサーリンク MERSの収束までの期間は? MERSは、SARSや武漢の新型コロナウイルスと違い、発生から数ヶ月で一気に広まったというものではなく、 発見から数年経ってからじわじわと広がってきています。 そして、2020年現在もMERSがなくなっているわけではなく、依然として存在するウイルスです。 特徴的な流行となったのは、2015年の韓国における感染と言えますので、韓国でのMERSの流行から収束までの期間を見ていきます。 MERSはいつから始まって、いるまで流行したのか? MERSが初めて発見されたのは、 2012年9月の報告。 この報告によると、 感染者はサウジアラビアのジェッダで2012年6月13日に入院。 2012年6月24日に死亡しています。 その翌年2013年5月に、Middle East respiratory syndrome coronavirus(MERS)と名付けられています。 2013年7月17日にWHOは、「感染拡大が懸念される状況ではないが、十分な警戒が必要である」と発表しています。 その後ジワジワと感染は広がっていきますが、 感染が一気に拡大したのは、2015年、韓国です。 2015年5月20日にMERSコロナウイルスの感染が確定されていますが、入院していた京畿道平沢市の病院でエアコンを通じ院内感染が発生し韓国国内で感染が広がりました。 韓国政府は2015年7月28日にMERSの終息宣言を発表しましたが、10月12日に完治した患者が再び陽性判定を受けたので、世界保健機関(WHO)による終息宣言は延期。 2015年12月23日、韓国政府はWHO基準に基づく 終息宣言を出して、韓国におけるMERSの流行は終わりを迎えています。 MERSの収束理由はなぜ?どうやって収束した? 感染源とされているのは、 ヒトコブラクダ。 MERSに感染しているヒトコブラクダとの直接的または間接的な接触を通して感染します。 そして、ヒトからヒトへと感染が広がっています。 MERSは患者を隔離させ管理することでヒトからヒトへの感染を防ぐことができ、時間の経過ととも収束期間を迎えています。 MERSの潜伏期間と患者数・死者数 MERSの潜伏期間は2~14日(中央値は5日程度)とされており、WHOによる終息宣言は、ウィルス患者がいなくなってから28日間経過したときに発表しています。 韓国におけるMERSの感染者数は、186人。 死亡者は、38人でした。 世界での感染者数を見てみると、2020年1月27現在で約2,490人が感染して約850人が死亡しています。 スポンサーリンク 武漢の新型コロナウイルスとSARS・MERSを比較すると・・・ 最後に 武漢の新型コロナウイルスについて見ていきます。 そして、SARSおよびMERSと比較してみてみます。 新型コロウイルスはいつから始まった? 武漢の新型コロナウイルスは、2019年12月30日に中国のインターネット上で現地の保健機関が作成した「原因不明の肺炎」に関する公文書が出回り多くの人が関心を寄せるようになったのがスタート。 翌日、 2019年12月31日に最初にWHOに報告されました。 その一週間後、 2020年1月7日に、この肺炎の原因が新種のコロナウイルスと特定されます。 最初の死者が出たのは、2020年1月9日。 2020年1月13日、初めての中国域外の陽性事案がタイで確認されています。 そして、またたく間に世界ひ広がりを見てせており、 WHOは2020年1月31日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)を宣言しています。 最初に日本上陸したときの状況は下記にまとめております。 >>> 新型コロナウイルス(武漢)の患者数と死亡者数 新型コロナウイルスでは30日に死者が170人を超えています。 そして 感染者数では、2020年1月31日現在に世界で8100人を超えて既に、SARSを上回っています。 SARSに比べて早い速度で感染が拡大しているのは、SARSは潜伏期間中に感染が広がることはありまんでしたが、武漢の新型コロナウイルスでは、潜伏期間中に感染が広がってしまいます。 その為、知らず知らずのうちに感染が広がってしまうことが大きな理由と言われています。 まとめ SARSとMERSのはじまりと終わりと収束理由について紹介してきました。 最後にSARSとMERSの収束までの期間をまとめておきます。 ・2012年6月13日に入院。 2012年6月24日に死亡。 (2012年9月の報告) ・2013年5月にMERSと命名 ・2013年7月17日にWHOは、「感染拡大が懸念される状況ではないが、十分な警戒が必要である」と発表。 【韓国における流行】 ・2015年5月20日にMERSコロナウイルスの感染が確定 ・2015年7月28日にMERSの終息宣言を発表したが再度陽性判定 ・2015年12月23日WHO基準に基づく終息宣言 韓国における流行期間:7ヶ月間 流行が始まって終わるまでは、SARSとMERSの期間を見てみると、7ヶ月~8ヶ月かかっています。 同様な7~8ヶ月という時間で、武漢からの新型コロナウイルスが収束までの期間を迎えるとすると、そのタイミングは2020年7月~8月。 ちょうど東京五輪と重なるタイミング。 SARSのときと比較してみると、原因のウイルスの特定にSARSは、5ヶ月かかっています。 特定から終息宣言までを見ると、3ヶ月かかっていません。 武漢からの新型コロナウイルスは、WHOへの報告から1週間で特定されています。 5ヶ月に対して1週間で原因となるウイルス特定されたのは良いことなのではないでしょうか。 SARSとは、感染する速さも違いますし、人の動き方も違いますので同様に収束を迎えるとは言えないですが、過去の経験を踏まえて一刻も早い収束をむかえて欲しいですね。 予防のためのマスクの販売状況とおすすめの除菌スプレー マスクの販売状況を見ていると、まだまだ在庫切れの状況ですね。 楽天では、あることはありますが、通常時に比べると高めの印象です。 高いものであれば在庫があるという状況なのは、釈然としなくもないですが、背に腹はかえられないということであれば、それもありかと思います。

次の

「日本では4月以降、新型コロナウイルスは生き延びにくい」は本当か|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

コロナウィルス 収束まで

コロナ収束見込みはどうなっている?意見は大きく分かれます 新型コロナウイルスの収束がいつになるのか気になります。 この閉塞感・不安感のある状態がいつまで続くのか。 多くの人が話しているところです。 ビル・ゲイツ 例えばビル・ゲイツ。 マイクロソフトの創業者で世界的な大富豪ですが、実はビル&メリンダ・ゲイツ財団を作っています。 世界における病気や貧困への対策をしていて、病気やウイルスへの研究も行っているそうですね。 そんなビル・ゲイツは 「6月頃にいったん落ち着く」と発言したようです(本人の発言は見つけられませんでした)。 ただ、これは一時的な落ち着きで、ワクチンが完成して流通するまで本当の終わりとはならないとも言っているみたいです。 ブラジル保険省 ブラジル保険省は 「ブラジルでは4月か5月に新型コロナウイルス感染拡大がピークに達し、9月中旬まで感染流行が続く」と言っています。 また、呼吸器疾患の発生率が高い秋季・冬季での感染拡大の危険性や新型コロナウイルス感染の入院患者に必要な集中治療室(ICU)・人工呼吸器・診断テストの不足について警告しています。 考察してみた 楽観的な説から悲観的な説までいろいろありますが、結局、新型コロナウイルスに対抗するためには2つの条件のうちどちらかが達成されないといけないんじゃないかな?と思います。 人類のほとんどが免疫を獲得する• ワクチンが製造され、世界中に安く流通する 今は外出自粛などで抑え込んでいる国や地域もありますが、 元の生活に戻してしまうととたんに感染拡大につながると思います。 免疫を獲得していないと感染してしまうわけですし。 免疫についてもいろいろな説がありますね。 免疫を獲得すれば通常の生活に戻っていい• 罹患していったん陰性になったものの、また陽性になることがある このあたりも不明な点が多すぎます。 となるとやはり ワクチンや特効薬が流通しないといけないわけですね。 ただ、ワクチンや特効薬の開発には時間がかかります。 収束までの道のりはまだまだ長いのではないでしょうか。 広告 収束か終息か。 読み方は同じでも意味が違う! 新型コロナウイルスが収束か終息か。 読み方は同じ「しゅうそく」でも意味が違います。 なので、もし文献や記事を読むときには意味の違いに注意して読むことをおすすめします。 終息の意味 ものごとや混乱が完全に終わること 新型コロナウイルスのケースで言うと、特効薬やワクチンが開発されて世界中に流通したとか、何らかの理由で新型コロナウイルスが全滅したとか。 そんな状態のことをいいます。 収束の意味 ものごとや混乱がいったん落ち着くこと 新型コロナウイルスのケースで言うと、外出禁止や入国禁止などで感染者が増えなくなった、感染拡大が大幅に鈍化した場合などが当たります。 いったん落ち着いていても、 根本解決にはなっていないので「終息」とは大きな違いがあります。 ニュースや新聞、文献などを読むときには十分に注意した方がいいです。 ただ、その文章を書いた人がそこまで意識しているかどうかは微妙です。 感覚で書いているかもしれないです。 なので、タイトルだけ見て判断するのではなく、 記事などは本文まで読むことをおすすめします。 「終息!」というタイトルでも、記事の中身は「落ち着いただけ」ということもあるでしょうね。 新型コロナウイルスが収束した国ってある? 新型コロナウイルスが「収束」した国や地域はあるのかチェックしてみました。 代表的なのは 「台湾」ではないでしょうか。 台湾では感染者や濃厚接触者、海外から戻った人には14日間の隔離を義務付けて、徹底したようです。 逆に外出自粛などはそれほど強く求めていないみたいですね。 4月16日・17日と2日連続で感染者ゼロを達成しています。 やっぱり官民一体となって、対策をすると効果的ということがよく分かります。 日本では、海外から帰国した人が勝手に移動するなどのケースもありました。 広告 コロナ終息後の生き方はどう変わる? 新型コロナウイルスの終息はいつかまったく見通しが立ちません。 ですが、終息後は大きく生活様式が変わりそうです。 まず今でも顕著なのが 「マスクの製造」です。 今まではほとんどが中国からの輸入に頼っていました。 それが今回の大きなマスク騒動に発展しています。 中国での工場の停止が一番大きいですが、輸出禁止措置があったとか、新型コロナウイルスの震源地である中国産は使いたくないとか。 いろんな原因があって、国産化が進んでいます。 大手としてはパナソニック・シャープ・アイリスオーヤマ。 ユニチャームはもともと国内製造もしていましたが、生産力の向上に舵を切りました。 どうしても国産だと高価になりますし。 バランスですよね。 あとは テレワークが広がったという変化もあります。 慣れていないので「飽きた」「集中できない」ということもありますが、実際に出社しなくてもいい仕事って山ほどありますし、ムダな仕事もたくさんあります。 それらが見直されています。 営業もわざわざ行くのではなく、テレビ会議ですることで、訪問件数が劇的に伸びているという人も。 新規は難しいかもしれませんが、定期訪問であればテレビ会議で十分なこともありますよね。 訪問する側の負担も減りますが、訪問される側の負担も減ります。 指定の時間に間違いなく話ができるわけですから、予定が立てやすいのも大きなメリットです。 車移動による事故の確率も激減するというメリットも。 このように今後、 生活は大きく変わりそうです。 withコロナとも言われる時代がやってくるかも。 withコロナという言葉が使われることも増えてきています。 新型コロナウイルスを完全に駆逐できるのかどうか分かりません。 完全に死滅させることができないなら、現在の季節性インフルエンザのように、新型コロナウイルス対策をしながらの生活になるかもしれません。 秋ごろには「インフルエンザ・コロナウイルス混合予防接種」なんかを受ける時代が来るかもしれませんね。

次の

【新型コロナ収束見込み】スピリチュアルではいつまで?占い師の予言をチェック!|Rioの日々、気になるコト。

コロナウィルス 収束まで

コロナ収束見込みはどうなっている?意見は大きく分かれます 新型コロナウイルスの収束がいつになるのか気になります。 この閉塞感・不安感のある状態がいつまで続くのか。 多くの人が話しているところです。 ビル・ゲイツ 例えばビル・ゲイツ。 マイクロソフトの創業者で世界的な大富豪ですが、実はビル&メリンダ・ゲイツ財団を作っています。 世界における病気や貧困への対策をしていて、病気やウイルスへの研究も行っているそうですね。 そんなビル・ゲイツは 「6月頃にいったん落ち着く」と発言したようです(本人の発言は見つけられませんでした)。 ただ、これは一時的な落ち着きで、ワクチンが完成して流通するまで本当の終わりとはならないとも言っているみたいです。 ブラジル保険省 ブラジル保険省は 「ブラジルでは4月か5月に新型コロナウイルス感染拡大がピークに達し、9月中旬まで感染流行が続く」と言っています。 また、呼吸器疾患の発生率が高い秋季・冬季での感染拡大の危険性や新型コロナウイルス感染の入院患者に必要な集中治療室(ICU)・人工呼吸器・診断テストの不足について警告しています。 考察してみた 楽観的な説から悲観的な説までいろいろありますが、結局、新型コロナウイルスに対抗するためには2つの条件のうちどちらかが達成されないといけないんじゃないかな?と思います。 人類のほとんどが免疫を獲得する• ワクチンが製造され、世界中に安く流通する 今は外出自粛などで抑え込んでいる国や地域もありますが、 元の生活に戻してしまうととたんに感染拡大につながると思います。 免疫を獲得していないと感染してしまうわけですし。 免疫についてもいろいろな説がありますね。 免疫を獲得すれば通常の生活に戻っていい• 罹患していったん陰性になったものの、また陽性になることがある このあたりも不明な点が多すぎます。 となるとやはり ワクチンや特効薬が流通しないといけないわけですね。 ただ、ワクチンや特効薬の開発には時間がかかります。 収束までの道のりはまだまだ長いのではないでしょうか。 広告 収束か終息か。 読み方は同じでも意味が違う! 新型コロナウイルスが収束か終息か。 読み方は同じ「しゅうそく」でも意味が違います。 なので、もし文献や記事を読むときには意味の違いに注意して読むことをおすすめします。 終息の意味 ものごとや混乱が完全に終わること 新型コロナウイルスのケースで言うと、特効薬やワクチンが開発されて世界中に流通したとか、何らかの理由で新型コロナウイルスが全滅したとか。 そんな状態のことをいいます。 収束の意味 ものごとや混乱がいったん落ち着くこと 新型コロナウイルスのケースで言うと、外出禁止や入国禁止などで感染者が増えなくなった、感染拡大が大幅に鈍化した場合などが当たります。 いったん落ち着いていても、 根本解決にはなっていないので「終息」とは大きな違いがあります。 ニュースや新聞、文献などを読むときには十分に注意した方がいいです。 ただ、その文章を書いた人がそこまで意識しているかどうかは微妙です。 感覚で書いているかもしれないです。 なので、タイトルだけ見て判断するのではなく、 記事などは本文まで読むことをおすすめします。 「終息!」というタイトルでも、記事の中身は「落ち着いただけ」ということもあるでしょうね。 新型コロナウイルスが収束した国ってある? 新型コロナウイルスが「収束」した国や地域はあるのかチェックしてみました。 代表的なのは 「台湾」ではないでしょうか。 台湾では感染者や濃厚接触者、海外から戻った人には14日間の隔離を義務付けて、徹底したようです。 逆に外出自粛などはそれほど強く求めていないみたいですね。 4月16日・17日と2日連続で感染者ゼロを達成しています。 やっぱり官民一体となって、対策をすると効果的ということがよく分かります。 日本では、海外から帰国した人が勝手に移動するなどのケースもありました。 広告 コロナ終息後の生き方はどう変わる? 新型コロナウイルスの終息はいつかまったく見通しが立ちません。 ですが、終息後は大きく生活様式が変わりそうです。 まず今でも顕著なのが 「マスクの製造」です。 今まではほとんどが中国からの輸入に頼っていました。 それが今回の大きなマスク騒動に発展しています。 中国での工場の停止が一番大きいですが、輸出禁止措置があったとか、新型コロナウイルスの震源地である中国産は使いたくないとか。 いろんな原因があって、国産化が進んでいます。 大手としてはパナソニック・シャープ・アイリスオーヤマ。 ユニチャームはもともと国内製造もしていましたが、生産力の向上に舵を切りました。 どうしても国産だと高価になりますし。 バランスですよね。 あとは テレワークが広がったという変化もあります。 慣れていないので「飽きた」「集中できない」ということもありますが、実際に出社しなくてもいい仕事って山ほどありますし、ムダな仕事もたくさんあります。 それらが見直されています。 営業もわざわざ行くのではなく、テレビ会議ですることで、訪問件数が劇的に伸びているという人も。 新規は難しいかもしれませんが、定期訪問であればテレビ会議で十分なこともありますよね。 訪問する側の負担も減りますが、訪問される側の負担も減ります。 指定の時間に間違いなく話ができるわけですから、予定が立てやすいのも大きなメリットです。 車移動による事故の確率も激減するというメリットも。 このように今後、 生活は大きく変わりそうです。 withコロナとも言われる時代がやってくるかも。 withコロナという言葉が使われることも増えてきています。 新型コロナウイルスを完全に駆逐できるのかどうか分かりません。 完全に死滅させることができないなら、現在の季節性インフルエンザのように、新型コロナウイルス対策をしながらの生活になるかもしれません。 秋ごろには「インフルエンザ・コロナウイルス混合予防接種」なんかを受ける時代が来るかもしれませんね。

次の