トイ プードル 子犬。 トイ・プードルの子犬たち

トイプードルのマズルが可愛い!カワイイ顔の条件と子犬の選び方

トイ プードル 子犬

【基本】そもそも何で犬にしつけが必要なの? しつけは、人間と犬が楽しく暮らすために必要なことです。 人間と一緒に暮らすからには人間社会について学習し、良いこと・悪いことの区別を覚えていかなければなりません。 もし、犬だけの判断で好き勝手に生活させるとどうなるでしょうか? 飼い主さんの言うことを全く聞かない子になるだけでなく、他の人や犬にも迷惑をかけ、さらには事故や大怪我まで引き起こしてしまうような 問題犬になってしまうのです。 つまり、どんな犬に育て上げられるかはすべて飼い主さん次第!もし手に負えなそうな場合は、早めにしつけ教室やトレーニング教室などへ連れて行くことも大切です。 トイプードルの子犬はいつからしつけをするべき? 基本的に、どの犬種も子犬期にある程度のしつけを済ませておく必要があります。 子犬期は犬種によっても異なりますが、大体 生後3ヶ月~1歳半頃までです。 犬は成長とともにいろんな記憶を脳や体にしっかり染み込ませていくので、すでに成犬になった時は子犬のようにしつけをすることが難しくなります。 中でも、トイプードルは賢い犬種で有名です。 一度覚えたことはしっかりと記憶するため、 生後3ヶ月~6ヶ月頃の間に基本的なしつけをすることが望ましいとされています。 【生後3週~3ヶ月目】母親の元で生活するのが理想的 犬には 「社会化期」という期間があり、一般的には生後3週~12週目がその期間と言われています。 人間界で例えると、保育園や幼稚園デビューをする前の期間のようなもの。 社会化期はどんな犬種にとっても重要な期間です。 母親や兄弟と生活しながら社会行動を身につけていく時期なので、この期間に家族と引き離されるとその後のしつけが難しくなります。 そのため、必ず社会化期を終えた子犬をブリーダーやペットショップから引き取るようにしましょう。 その方がしつけをしやすいので、苦戦することも比較的少なくなります。 【生後3ヶ月~4ヶ月目】しつけにもっとも最適な時期! トイプードルのしつけは、 生後3ヶ月~4ヶ月目頃がもっともしやすい時期(社会期を終えた頃)だと言われています。 この時期にしておきたい基本的なしつけ• 首輪に慣れさせる。 スキンシップができるようになる。 トイレトレーニングをする。 甘噛みの癖をなおす。 無駄吠えをやめさせる。 お留守番トレーニングをする。 とくにトイプードルのような賢い室内犬の場合、 家にきた初日から上記のしつけをスタートさせることが望ましいとされています。 すべてとはいかなくても、せめてトイレトレーニングだけはすぐに始めるようにしましょう。 ただし、トレーニングのし過ぎはトイプードルの体力を消耗させるので要注意です。 最初の3日間はゆっくり休ませながら行いましょう。 こんな行動はNG! かわいさからついつい何でもOKになりがちですが、大事な時期に甘やかしてしまうと ワガママな成犬へと成長しやすくなります。 なるべくこんな行動は控えるようにしましょう。 反抗期以外にも 「権勢本能」という犬ならではの性質も表れ始めます。 上下関係を決定づける期間でもあるので、 反抗期までに飼い主さんがリーダーであることをハッキリと認識させておくようにしましょう。 【生後6ヶ月】徐々に散歩を始める時期 さぁ、生後6ヶ月にもなったらいよいよ散歩デビューです! 散歩デビューを早いうちからさせようとする飼い主さんも多いですが、 トイプードルは生後6ヶ月目頃からで十分です。 それまでは家の中で運動をさせましょう。 そして散歩の量ですが、初めのうちは 1日10分程度から慣らしていくことが望ましいです。 いきなりたくさん歩かせてしまうと、トイプードルが疲れてしまいます。 それに、まだ外の世界での立ち振る舞いも分かっていません。 時間をかけて散歩の量を増やし、 その中で他の人や犬との関りながら散歩のルールを身につけさせてあげましょう。 これを何度も繰り返すと、 「ここでトイレをすれば褒められる」と喜んで覚えてくれるぞ! トイレのサイズは大きめが鉄則! トイレのサイズが極端に小さいと、 排泄物がハミ出る原因となります。 なるべく余裕のある大きさ、できればトイプードルがくるくると回れる大きさのトイレシートを用意しましょう。 また、 トイレは常にきれいにしておくことです。 犬はきれい好きな子が多いですから、排泄物で汚れているだけでトイレをしてくれません。 もし飼い主さんの不在時間が長くなりそうな時は、トイレシートを 2ヵ所、あるいは 2倍の大きさにして用意しておくことをおすすめします。 トイレと寝床は別にする! トイレと寝床が一緒だと、これもトイレトレーニングを失敗させる原因となります。 私たちだってトイレとベッドが同じなんて嫌ですよね?それと一緒です。 トイプードルが安心してトイレに集中できるよう、 ちゃんと寝床と分けてあげましょう。 失敗して当たり前だと思うこと! 初めからトイレトレーニングに成功する犬はほとんどいないです。 何度も失敗をしてようやく覚えていくものなので、失敗する度に感情的になって怒らないようにしましょう。 対策方法 要求による甘噛みをしてきた場合、 口吻(マズル)を掴んで 「ダメ!」と低い声で叱りましょう。 口吻は犬の急所なので、掴まれることをすごく嫌がります。 「噛むと口吻をつかまれる」と学習させることで、次第に噛んで要求してこなくなりますよ! トイプードルの無駄吠えの治し方と対策方法はこれ! トイプードルは基本的に無駄吠えが少ない犬種だと言われています。 しかし無駄吠えがやたら多い場合、 何か理由があって吠えているんだということを理解してあげましょう。 「吠える」のは犬にとって意思表示であって「無駄」ではありません。 人間が言葉でコミュニケーションをとるのと同じことですから、むやみに犬を叱らないであげて下さいね。 吠える主な理由• 警戒しているから• 怖いから• 興奮しているから• 要求が通らないから• 寂しいから 警戒からくる吠え癖の治し方 警戒して吠える場合、 早く自分のテリトリーから追い出したいという気持ちの表れです。 状況 対策方法 家の外にいる人に吠える• カーテンなどで目隠しをする。 窓に近づけさせない。 訪問者に吠える• 訪問者におやつをあげてもらう。 「マテ」「フセ」をして、落ち着いたらご褒美をあげる。 怖さからくる吠え癖の治し方 怖くて吠える時というのは、自分の身を守ろうとしていたり、嫌な体験がトラウマになっている場合が多いです。 あとは 社会化不足による警戒心もあります。 状況 対策方法 チャイムに吠える• チャイムを聞かせながらおやつをあげ、音に慣れさせる。 わざとチャイムをたくさん聞かせる。 掃除機に吠える• 普段から掃除機が見えるようにしておく。 音を鳴らしながら食事を与え、掃除機に慣れてもらう。 他の犬に吠える• 子犬期に他の犬とたくさん触れ合わせる。 他の犬から少し遠ざかり、いい子にできたらおやつをあげる。 興奮からくる吠え癖の治し方 興奮して吠える時というのは、 嬉しくて大興奮している時です。 早くかまってほしい~!という気持ちの表れですね。 状況 対策方法 飼い主が帰宅した時に吠える• しばらくは無視して、吠え止んで落ち着いたら構うようにする。 要求からくる吠え癖の治し方 要求が通らなくて吠えるということは、 トイプードルの立場が上になっている場合が多いです。 飼い主さんがリーダーであることを改めて認識させましょう! 状況 対策方法 明らかに何かを要求して吠える• しばらくは無視して、吠え止んで落ち着いたら構うようにする。 寂しさからくる吠え癖の治し方 寂しくて吠えている時というのは、 飼い主さんが近くにいなくて寂しい思いをしている場合がほとんどです。 「クーンクーン」という鳴き方だったら間違いなくそうですね。 状況 対策方法 お留守番中に鳴く• 飼い主のにおいがするタオルや毛布を与える。 夜鳴きをする• 飼い主が見える位置にハウスを持ってくる。 飼い主のにおいがするタオルや毛布を与える。 トイプードルのしつけはスキンシップがコツ! しつけをするにあたり、まずはトイプードルと適度なスキンシップを図ってみましょう!この時いきなり全身を触りまくるのでなく、様子を見ながらそっと触れていきます。 順番としては、.

次の

トイプードルのマズルが可愛い!カワイイ顔の条件と子犬の選び方

トイ プードル 子犬

トイプードルの子犬の性格を知るための方法 トイプードルの子犬も人間同様に、それぞれに違った性格をしています。 迎え入れ前に把握できる性格には、もちろん限界がありますが、それでも少なからず子犬の性格を知る方法があります。 それは 「子犬を呼んでみる」という簡単な方法です。 走ってこちらに寄ってくるような元気な子犬は、活発で好奇心があり、犬と一緒にスポーツなどを楽しみたい人にはオススメです。 特にトイプードルは運動神経が良く、アジリティなどのスポーツにも向いている為、このような活発な子犬を選ぶのも良いでしょう。 一方、心配そうにソロソロと近付いてくるような子は、大人しくて優しい子で、犬を初めて飼うような方にも向いています。 最も、そうでなくてもトイプードルは、賢く体も丈夫なその特徴から、いずれの子犬を選んでも、他の犬種に比べて初心者でも飼いやすい犬種と言うことが出来ます。 ただし、呼ぶと逃げてしまったり吠えかかってきたり、噛みついてくるような子は、あまりおすすめ出来ません。 走って寄ってくる子犬は「元気で活発、好奇心旺盛」• 心配そうにゆっくりと寄ってくる子犬は「大人しくて優しい」• 逃げたり吠えかかってくる、もしくは噛み付いてくる子犬は「初心者が飼うには難しい」 まとめ 以上、今回はトイプードルの子犬の選び方について性別や性格を基準に選ぶ方法や、また元気で健康な子犬を選ぶ際のチェックポイントについて述べました。 子犬の選び方には、正しい選び方もなければ間違った選び方もありません。 そして、どんな子犬でも飼ってしまえば可愛いものです。 トイプードルが好き!という気持ちを持っていれば、どんな子でも迎え入れられるでしょう。 ですから、望ましいと言われる判断基準こそあれど、やはり自分自身が望ましいと考える判断基準に沿って選ぶのが一番だと私は考えます。 子犬と初めて出会った時に感じる、「この子だ!」というそのインスピレーションこそが大切なのかもしれませんね。 初めて飼うなら、ホワイトかブラックカラーの子がおすすめです。 どちらも服従心が強く、頭が良いのでしつけもしやすいです。 ホワイトは白を生かせるようこまめなシャンプーとブラッシングが必要になります。 涙やけにも注意してください。 ブラックより安定した性格を持ち、大人しめな子が多いので一番しつけやすいかもしれません。 ブラウン、レッド、アプリコットは人気の定番カラーですね。 年齢とともに退色していくのもこのカラーです。 子犬の頃と成犬になってからの違いを楽しめるのも魅力のひとつですね。 性格はやや服従心や協調性が劣っています。 そのかわり好奇心旺盛なので自己主張が強い子も多いです。 しつけは根気が必要になります。 シルバーカラーは、グレー系やベージュ系も含みます。 こちらも子犬の頃は濃い色ですが成長とともに退色して薄くなります。 性格は2通りあり、温厚で仲良くなれる子と協調性に欠けよく吠える子のどちらもいるので、どちらに育つかは飼い主さんのしつけ次第な部分もあります。 カラーによる性格の違いは参考までに留め、第一印象がこの子だと思った子を選べば間違いないと思います。 ぜひ、次回わんこを飼う際には参考にさせていただきたいです! うちはシュナウザーを飼っていますが、健康的な体格で7. 5~8. 0kgあります。 (たぶん標準は、4. 30~6. 0くらいでしょうか。。 )大きく育つ子だったみたいです。 ちなみに、オスです。 小さく育て~、とパピーのころは願っていましたが、今は大きめサイズのこの子がとてもかわいいです。 サイズに関しては、パピーのころではなんとも予想はつきませんでした。 両親の体重も知らないままに飼い始めたのも原因かもしれません。 サイズが気になる方は、性別とともに両親の体重もチェックしてみるといいかもしれません。 その他は、うちの子は小さいころから鼻水多めの子でした。 今も時にそうですが、今のところ特に問題はでていません。 あとは、うちの子の特徴は歯でしょうか。 これも飼い始めは気づかなかったのですが、受け口なんです。 ブルドッグちゃんに多い下の歯の方が出ているやつです。 犬種によってはどちらの歯が前に出ているかの理想は異なるようですが、食事には特に問題はありません。 見た目は、大分かわいいです。 育ってみないとわからないことも多いですが、この子が私の家族になってくれてとても嬉しいです。 3年前まで、ペットショップで売れ残ってしまったブラックのトイプードルを飼っていました。 19歳8ヶ月と長生きしてくれました。 フードはドライのみで、大好きだったクタクタに茹でたキャベツやブロッコリーを時々あげていました。 長く歩くお散歩は嫌いで、自転車のカゴに乗って出掛けるのがお気に入りでした。 サロンでのトリミングも嫌いで、1歳半くらいからは2ヶ月〜3ヶ月おきに自宅でシャンプーとカットをしていました。 長くペットショップにいた為か寝る時は1人になりたがったので、別室のケージの中でお気に入りの毛布を敷いて寝ていました。 今思うと、ストレスの少ない生活をさせていた事が長生きしてくれた要因だったのかなぁ、と思います。 オスかメスか、悩みますよね。 私は飼うなら当然女の子と決めていました。 漠然とですが、女の子の方が飼いやすいと思っていたのです。 ブリーダーさんにそう伝えたところ、やはりそのような理由で女の子の方が人気があるんだそうです。 特にオス犬はマーキングを心配する人が多いそうです。 しかしブリーダーさん曰く、人間と同じで女の子は口が達者でずる賢い、単純明快で素直な男の子だって飼ってみたらたまんなくかわいいものよ、と。 そのブリーダーさんは、男の子の方が好きだとおっしゃっていました(笑)。 我が家は男の子を迎えたのですが、その頃ブリーダーさんがおっしゃっていたことが少し分かりました。 確かに男の子は単純かも(笑)。 甘えったりでかわいいですよ。 もちろん女の子もかわいいのでしょうが。 うちのモカはトイプードルの13歳です。 7年半前に私の仕事の都合で上海に一緒に連れて行き、その後広州に移動、飛行機にも2度乗りました。 今も元気で中国という言葉の分からない空気の悪い環境でも健康で生きています。 小さいときは食が細くておやつもフードもなかなか食べてくれず苦労しました。 はしゃいだ次の日は必ず下痢をしたり食欲不振になったり。 でも1歳を超えてからは大きい病気もせず、食欲旺盛、お散歩大好きなモカです。 彼氏が変わったり、ダンナができたりと色々な変化にも臨機応変に対応できる賢い子です。 最近はダンナと毎日、いつか来る別れに怯えながらも日々後悔が無い様にできる限りの事をしてます。 皆さんの書き込みを見てやっぱり自分のペットは可愛いし大事な存在で同じような思いがあるんだな。。 と思いました。 先日、貸し別荘にモカと行ってきました。 プールと露天風呂があって、楽しかったです。 是非、皆さんも良い思いでをたくさん作ってください。

次の

【トイプードル子犬の飼い方】トイレ・甘噛み・無駄吠えのしつけは?

トイ プードル 子犬

マズルの長さ 先述のとおり、トイプードルの顔立ちは、大きく分けるとマズルが長い、短いの2パターンに分かれます。 大人気のテディベアカットが似合うのは、マズルが短いトイプードルです。 マズルが短いと、いつまでも子犬のようなあどけなさが残りますし、とても愛らしい顔立ちになります。 マズルが長いタイプのトイプードルは、本来のプードルらしさを残した顔立ちになります。 スタンダードプードルに近いスッキリした顔立ちを好む方は、マズルの長いトイプードルがいいでしょう。 テディベアカットはあまり似合いませんが、マズルの毛は短めに切って、他の部分は長めにするなど、バリエーション豊かなカットが楽しめます。 また、マズルが長めのトイプードルは、しつけの際にマズルコントロールがしやすいです。 マズルコントロールについては賛否ありますが、服従訓練として行いたい場合は、マズルが長い子がいいでしょう。 マズルが短いトイプードルの場合、手でマズルを持つのが難しいので、強くつかんでしまって、愛犬の信頼を失わないように気をつけましょう。 トリミング トイプードルはトリミングが必要な犬種なので、定期的に通うのが、かわいいマズルを保つ条件です。 毛が伸びると、顔周りの毛がボサボサして、マズルのかわいさが引き立ちません。 かといって、あまり頻繁にトリミングを受けさせるのも、犬にとってストレスです。 その子によって毛が伸びる速さが違うでしょうが、2~3ヶ月に1度ぐらいの頻度で、伸びた毛をカットしてもらいましょう。 トイプードルのカットスタイルには実にさまざまな種類があり、人気のテディベアカットや、頭の毛をふわふわと長めに残すアフロカット、全体的にスッキリと仕上げるラムカットが代表的です。 その他にも、いろいろなスタイルが考えられますので、トリマーさんと相談して、マズルがかわいく見えるカットにしてもらいましょう。 トイプードルのマズルや顔の変化 どの犬種もそうですが、トイプードルも子犬の時期から成長するに従って、顔つきが変化していきます。 子犬のときはマズルがとても短く、目も小さめですが、成長するにつれて、マズルが少しずつ長くなり、目も大きくなっていきます。 トイプードルの子犬を見て、成犬になったときの顔の変化を予想するのは意外と難しいです。 ブリーダーさんのところで親犬を見て、見当をつけるしかありません。 父犬と母犬で顔つきに違いがある場合、どちらに似た顔に成長するかはよくわかりません。 子犬のときは父犬に似ていても、成犬になると母犬に似る場合もあります。 家族に迎えたら、顔の違いで愛情が変わるわけではありませんけどね。 トイプードルが子犬から成犬へと成長する過程で、「ブサイク期」と呼ばれる時期があるそうです。 生後2か月、3か月ごろまでは、まさにパピーちゃん!という感じでとてもかわいいですが、4か月を過ぎて成犬らしい顔に変化していく途中で、ちょっとブサイクになった?と感じる時期のことだそうです。 そんな時に「可愛くない」なんて言わないでくださいね!顔の変化は、犬の成長過程で起こる自然なことです。 子犬と成犬の顔の違いを見ていくのは、飼い主の楽しみのひとつですよ。 トイプードルの特徴を知る トイプードルはこのところ常に人気犬種ですが、「流行っているから欲しい!」とファッションのように選ばず、まずは犬種の特徴を知って、本当に自分に合っているか確かめましょう。 トイプードルはフレンドリーな性格で、比較的飼いやすい犬種ですが、トリミングが必要です。 トリミングも飼い主の楽しみのひとつですが、費用がかかることは覚えておきましょう。 サロンによって値段が違いますが、最低でも1回につき5000円はかかります。 また、トイプードルは活発な犬種でもありますので、1日2回、1回につき30分程度の散歩が必要です。 気候のいい時期だけでなく、暑い夏も寒い冬も、毎日欠かさず散歩に行けますか?まずはここをクリアしないと、犬を飼うことはできません。 しかし、現在ペットショップでの生体展示販売には、さまざまな問題が指摘されています。 飼い主にとって一番の問題は、親犬がわからない点です。 いくらかわいい子犬でも、どのように繁殖されたかわからない場合、遺伝疾患の有無も確認できません。 良心的なペットショップであれば、どこから子犬を入手したか確認できますので、ペットショップを利用した場合は、そのような店舗を見つけましょう。 トイプードルの子犬の健康状態や、親犬の状態を確認できる点でお勧めなのは、ブリーダーから迎える方法です。 その場合、優良ブリーダー(シリアスブリーダー)を探しましょう。 商売目的で繁殖しているブリーダーは、遺伝疾患などに配慮しません。 必ず犬舎を見学させてもらい、どのような環境でトイプードルが繁殖されているか確認しましょう。 シリアスブリーダーであれば、犬舎の見学は必ずOKしますし、こちらの質問にもきちんと答えてくれます。 また、販売価格もペットショップに比べて適正です。 犬種のスタンダードを重視するブリーダーなら、かわいい子犬を見つけるのも容易でしょう。 このようなブリーダーから子犬を迎えるほうが、飼い主にとってもトイプードルにとっても幸せだと思います。 最後に、保護犬のトイプードルを迎える方法も検討してみてください。 子犬にこだわらないのであれば、保護犬を迎えることで、1頭のトイプードルに家庭を与えてあげることができます。 この場合は、信頼できる保護団体から迎えることをお勧めします。 どのような経緯で保護されたのかわかりますし、気性や健康状態も把握しています。 ひょっとしたら希望の色や顏の子がなかなか見つからないかもしれませんが、気長に待てばそのような子が見つかるかもしれません。

次の