やま みつ ボート。 【カサゴの安定ヒット!】走水のやまみつボートに行ってきた

ボート釣りのルール

やま みつ ボート

青物が岸からなかなか釣れないので ネットで釣果を検索していたらは走水の やまみつボート で大サバやらイナダが釣れていると聞きフウマのドラムのコウ君を 誘って船を予約。 夜中の2時半に自宅を出発し到着したらまだ暗い・・・ 出船受付が6:30からなのに4:00に現地着! 自分達ワクワクしすぎ!笑 日の出間際まで三崎港の製氷所前で糸を垂らしてみる。 飽きない程度にアタリはあるも顔を見せるのはとベラばかり。 6:00になったのでやまみつボートへ移動。 6:30に到着して海を見ると・・・ 既にボート出船してるじゃん!!! 1時間乗ろうが、一日フルで楽しもうが金額は同じ7000円・・・ それならば朝マズメは押さえておきたいところだったが 乗り遅れた・・・ あわてて準備をし受付を済ませる。 乗にはが待機しているので 係員に「2人乗りの船」と告げるように言われる。 言われた通り、に近づきおじさんに 「2人乗りの船」と伝えるつもりが・・・ ゴムウェーダーをはきながらフォークで船を海に運んで くれるのは意外や綺麗な若いお姉さん! 10年ぶりの操船の胸踊りつつ出船! 受付でもらったポイント図を参考に船を走らせる・・・ つもりがどうやらポイント図を陸に忘れた模様・・・ 焦りすぎ厳禁!其の? 何にもないだだっ広い。 魚探もない。 しかし、ただ船を走らせているだけでは釣れる訳もない。 「とりあえずやってみようか」とアンカーを下ろし、 シロギス、イシモチ狙いの3本針仕掛けとアジ、サバ狙いの ビシ仕掛けで攻める。 ほどなくして良型のシロギスがポツポツ釣れる。 適当にアンカーをおろしたけど案外場所は悪くないかも。 アジを寄せるためにコマセをじゃんじゃん撒こうと しゃくったらこの日の為に買ったコンパクトロッドが 1シャクリで折れた・・・ 錘60号負荷なのに・・・ビシは30号なのに・・・ 竿が折れて心も折れる・・・ アジはコウ君にまかせて俺は早くもシロギス狙い専門に。 シロギス狙いに付き物なヌメヌメ野郎のヒイラギとメゴチ が頻繁に当たりだして気付く。 「ペンチも陸に忘れた・・・」焦りすぎ厳禁その? 8時ごろになると日差しも強くなってきた。 肌がピリピリしてきたので日焼け止めを塗ろうと 探すも・・・ 「日焼け止めも陸に忘れてきた・・・」 ゆでだこのようになりながら釣りを続けていると ふとが涼しくなる。 太陽が雲にかくれてほっとしながら東の空を見たら・・・ 真っ黒な積乱雲!!!!! その下は濃い霧・・・ではなく! 雨の降っている箇所とそうでない箇所の境界線が はっきりわかる! そしてその境界線が自分達のボートにどんどん近づいてくる。 「逃げろ!!!」 と陸に向けエンジン全開!!!! が、所詮。 すぐに雨雲に追いつかれて滝行状態・・・ 諦めて釣り再開。 するとここでシロギスが入れ食い! そのまま最後までそこで過ごしました。 アジ、サバは残念ながら姿見れず・・・涙 以下のような釣果になりました。 沖から上がって他の方達の釣果を見ると マゴチやらサバ、アジなど皆さん立派に釣果を あげていた。 やはり腕とポイント選びは重要ですな・・・ atsuya25.

次の

がんばれ!! やまやボートのおばちゃん

やま みつ ボート

私の大好きなマダイ君も乗っ込みシーズンを終え、なかなか渋い季節になってきました。 来る8月1日から始まるコマセカツオ・キハダシーズン開幕に備え、コストをおさえつつ釣りができれば… ということで 釣り友達2人と、ボート釣り初挑戦の後輩と4人で行ってきました!走水の安定的釣り場… やまみつボート! 馬堀海岸ICから車で3分くらいの好立地にあるやまみつボート店。 手前には「旅館やまに」があります。 昔、スタッフの人に聞いたところ、やはり「やまみつ」、「やまに」は親戚らしいです。 じゃあ「やまいち」は!? という疑問はこの界隈の永遠の謎にしておきましょう。 さて、この辺の海域のすごいところは、夏だろうが、冬だろうが、アジやカサゴが安定的に釣れるというところです。 かと思えば、立派なマダイやタチウオ、イナダなどビッグヒットの可能性もあります。 私も過去にこの海域でこんな釣果に恵まれています。 クロダイ!! 写真は無謀にもバス持ちをしていますが、クロダイやマダイなどの魚では絶対にやめましょう! 詳しくはお店のにて確認ください。 今回は「船外機付きボート 4人乗り いけすつき」を借りました。 1日遊べて、ボート代は一人当たり3125円と安いと思います! こんな感じのボートです。 大きさ的には4人でちょうど良いと思います。 いけす付きというのも嬉しい特徴です。 大物が釣れたらぜひ泳がせてみたい… 出船までの流れ やまみつボートと書かれた看板の所を曲がりましょう。 この曲がり角が狭いので大きな車で来る方は要注意です。 奥にある駐車場へ車を止めてください。 どこに止めればいいかお店の人が指示してくれます。 車を止めたら、いざ受付へ。 釣り道具を準備する前に、先に受付を済ませてしまうのがおすすめです。 受付が済んでしまえば、餌や道具をボートに積めますので。 いつもの色白美白お姉さんが受付担当です。 予約の旨を伝え、船舶免許を提示して、コマセブロックや付けエサのオキアミ、アオイソメや仕掛けなどを購入します。 受付時には釣りのポイントの説明もしてくれます。 かなり大事なので、慣れていない人はメモをとる勢いで聞いておきましょう笑 貰った地図は大事にポッケにしまいます。 この日は「 沖に行くと、サバが多いから、アジ狙いなら岸よりのポイントがいいですね。 今日は干潮が10時30分だから、その1時間前くらいから潮が動くから狙い目です。 」と説明してくれました。 サバも釣りたいんですけどね、サバばっかりになってしまうからという意味だと思います。 いざ出船 ボートの運び方が、なんともダイナミックな方法です。 フォークリフトを使います。 乗船する際には、手作りの橋を用意してくれます。 ですので、濡れずにボートに乗り込むことができます。 もしもスニーカーなどで来てしまった場合に、朝一で濡れてしまうとテンションが下がりますので、これはとてもありがたい気遣いです。 ご主人から、エンジンの使い方の説明を受け、いざ出港! むしろその対極にある人だと思います。 岸よりのポイントへ ここから写真がなく、すみません… まずは、忠実に受付のお姉さんに教えてもらった岸よりのポイント付近を魚探を見ながら探ります。 しかし、いくら船を動かしても魚探に反応は映りません。 潮は濁ってます。 とりあえず、仕掛けを降ろします。 ビシ40号に、クッションゴム50cmと市販のアジ仕掛け たしかハリス2号ぐらい に餌は上から赤タン、赤タン、オキアミというスタイルです。 前回、魚探に反応がバリバリ出てるのに、アオイソメにはヒットせず、オキアミは餌がとられるという事態になったので、今回は試しに紫外線加工の赤タンを上州屋で買ってきました。 このポイントで友達はアジや、カサゴをポツポツ釣ります。 しかし、船の後方にいる私と後輩の2人にはほとんど当たりがない…。 せっかく釣れたアジも私は船ベリでバラすというミス。 これが乗合船だったら、気持ちが焦りますが、ボート釣りの場合、同船者の誰かしらが釣れると、嬉しいもんです。 釣行後の魚料理もシェアですから笑 沖のポイントへ この日は潮が濁っているせいか、電池が切れ気味だったからかわかりませんが、魚探があまり活用できず…。 ボートが集まっているポイントに船を走らせ、イワシ隊長の得意技「 すみません、釣れてますか〜? 」が炸裂します。 得意技の恩恵を受け、沖のポイントでは、イワシの群れ、それを追いかけているサバ、アジ、メバル、カサゴなどが釣れます。 相変わらず、私にはポツポツ程度ですが、それでも後輩がサバの自己新記録 およそ40センチ弱 を釣ったり、アジもたまに釣れたりと船長的には満足です。 共食い事案発生! 小サバが釣れたので、泳がせ釣りで、大きめのカサゴや、メバルやヒラメなどが釣れないかと企んでみました。 根掛かりしないように、棚は底から1m付近にします。 すると、ぐぐっと強い引きが! なんせ、泳がせにかかった魚ですからフィッシュイーター系の高級魚かとドキドキしながらやり取りします。 今日一番の獲物か! っと思いきや でかいサバでした。 完全に共食いですね。 騒いでごめんなさい。 アフターフィッシング 4人で、7時から12時30分頃まで釣りをして、サバ9本、カサゴ14匹、メバル1匹、 アジ3匹、イワシ数匹という釣果でした。 ミニサイズのカサゴはリリースしました サバが大きいので、食べる量は十分ありますね! アニサキス対策で、サバは釣れたらすぐに血抜きして、内蔵や頭も落としています。 早めに上がった理由は釣行後に、お楽しみのシーサイドスパ八景島の「お風呂に入れて、魚調理付き」という釣りパックを予約していたからです。 釣りパックの模様は以下の記事もぜひお読みください。 一同ワクワクしながら、八景島まで車を走らせたのでした。 釣りグッズ.

次の

花見ガレイを狙え!・伊勢町やまみつボート: amaguri倶楽部

やま みつ ボート

とりあえずはここの高根をチェック、アジらしき反応が出ていたので、アンカーを打ってとりあえず仕掛けを下ろしてみた。 クロベ根の鉄柱下には暗礁が広がる 水深は19m程、潮下は10m位迄駆け上がりになっているので、良さそうなポイントである。 仕掛けはアジ狙いのビシ、早い潮流を考えサニーのFL50号を使用。 2m2本針のアジ仕掛けに、ショートのゴムクッション、つけ餌は青イソを短く切って付けた。 念のため、カレイ仕掛けの置き竿も2本出しで潮下に投入しておく。 つけ餌はアオイソメの房掛け。 しかしコマセを幾ら打ち返しても、アジからのシグナルは来ない。 早潮にコマセと共にアジの反応も流れてしまった様である。 肉厚でとても美味そうだ! しかし喜びも束の間、はえ縄の回収に来た漁船に、此方の仕掛けが巻き込まれて、ビシやカレイ仕掛けをごっそりロストしてしまった! この辺りは漁場とも重なるので迷惑は掛けられない、移動する事にした。 ボート発着場の真沖、一番北側の海苔棚横で丁度カレイを取り込むボート釣り師を目撃、情報収集を兼ねて色々聞いてみた。 すると、この一枚が今日最初の一枚との事、やはり何処も厳しい一日のようだ。 カレイも意外と良いファイトをする! どうしても美味しいアジに未練があったので、このポイントはスルーして北真沖の横根に行ってみた。 しかしアジの反応は無く、また南西風が強くて20mラインから沖へ漕ぎ出すのは無理と判断。 手前の駆け上がりでコマセが無くなるまで頑張ってみたが、遂にアジの姿は見れなかった。 先ほどのカレイポイント迄漕ぎ戻ると、自分が沖に漕ぎ出てた間に、なんと3枚も追釣した模様。 潮止まり近辺だったので時合いだったのは間違いない、やはりカレイ釣りは待ちと辛抱が必要なようだ。 暫し近くで竿を出すも、アオイソメは餌切れで納竿となった。 みうらボートからの名人は、トータル5枚を仕留め、その内1枚はなんと幻のマツカワカレイ ホシガレイ を釣りあげていた!グッドジョブ!.

次の