妊娠 初期 くしゃみ 腹痛。 妊娠初期のくしゃみの胎児への影響は?妊娠中くしゃみで腹痛を感じたら?

妊娠初期のくしゃみ

妊娠 初期 くしゃみ 腹痛

どうして妊娠初期に腹痛が起こるのか、受診したほうがいい腹痛の症状はどんなものか、を解説します。 その症状の現れ方や程度には個人差がありますが、腹痛を感じる人も少なくありません。 妊娠初期の妊婦さんが感じがちな腹痛としては、次のようなものが挙げられます。 早い人では、着床(ちゃくしょう)後に感じる場合もありますし、まったく感じない人もいます。 我慢できない、というほどの腹痛でなければ、生理的ななものと考えていいでしょう。 中でも妊娠初期に多く分泌されるプロゲステロン 黄体ホルモン というホルモンは、腸のぜんどう運動を弱める作用があるため、便秘を引き起こし、下腹部の違和感、下腹部痛として感じる人がいるのです。 また、妊娠初期はつわりで食事が思うようにとれなくなるため、脱水となり便秘になることが考えられます。 それまで便秘に悩まされたことのない人が、便秘傾向になり、腹痛として感じている可能性があります。 子宮が大きくふくらむとき、筋肉が引き伸ばされることによって痛みや違和感が起こる場合があります。 また、周囲の臓器が圧迫されていることも原因のひとつです。 片側だけチクチク痛む、内側から引っ張られるように感じると訴える妊婦さんは多いようです。 とくに妊婦さんが気になるのは、流産の兆候ではないかということでしょう。 下腹部に強い痛みがあったり、出血を伴う場合は流産の兆候である可能性もありますが、診察をしてみないとわからないものでもあります。 また、同様の症状でも、おなかの赤ちゃんの心拍が確認できる切迫流産(せっぱくりゅうざん)の場合もあります。 いずれにせよ、妊娠がわかってから、次のような症状があったらすぐに産婦人科を受診しましょう。 A痛みが継続していて、我慢ができない 痛みの感じ方には個人差がありますが、1時間に何回も痛みが訪れ、しかもそれが継続している場合や、眠れないほど痛い、痛み止めを使いたいほど痛いという場合は、病院に連絡し受診しましょう。 B出血を伴っている 腹痛だけでなく出血もある場合は、切迫流産や受精卵が子宮内膜以外の場所に着床してしまう異所性妊娠などの可能性があります。 茶色のおりもの程度でも出血がある場合には医師に相談し、通常の生理と同じくらいの出血量がある場合には、すぐに受診をしましょう。 異所性妊娠や婦人科のトラブルのサインのことも 下腹部の激しい痛みや出血量が多い場合に考えられるトラブルがいくつかあります。 まずひとつが異所性妊娠。 異所性妊娠は正常な部位以外に着床した妊娠のことをいいますが、通常の妊娠同様に妊娠反応が出るため、自分自身ではどちらかを判別することはできません。 最終月経から6週間後までに産婦人科を受診しておくことが大切ですが、妊娠に気づかず、腹痛の症状が出てわかる場合もあるため、激しい腹痛や出血が止まらない場合は早急に受診しましょう。 次に子宮筋腫や卵巣嚢腫など婦人科の病気と妊娠が重なり、腹痛を引き起こす場合があります。 妊娠前から発見されていたケースと妊娠をきっかけに発見されるケースとがありますが、通常はそれ自体が赤ちゃんの発育に影響することはありません。 ただし、出産に影響する可能性もあるため、医師が注意深く観察します。 妊娠初期の腹痛はどう対処すればいい? 痛み止めなどを飲む前に確認する 妊娠の可能性があったり、妊娠が判明している場合、自己判断で市販薬を飲むのは控えましょう。 とくに妊娠4~12週はおなかの赤ちゃんの重要な臓器が作られるため、薬の影響が心配な時期でもあります。 赤ちゃんに悪影響を及ぼす成分が含まれた薬の種類はごくわずかで、ほとんどのケースは問題ありませんが、余計な心配をしないためにも細心の注意を払いましょう。 無理をせず、安静にする 腹痛を感じたら、いすに座ったり、横になるなどして、無理をせず安静にしましょう。 おなかに力が入るような動きや姿勢、重いものを持つ、長時間立つなどの行為は控えて。 仕事などでどうしても動かなくてはならない場合は、作業量を減らし、ゆっくりとしたペースで、負担をかけない工夫をしましょう。 体を冷やさないようにする 血行が悪くなることで、腹痛が引き起こされることもあります。 汗をかいたり、のぼせるほど体を温める必要はありませんが、寒さや冷えを感じるときは、1枚多く肌着を着たり、ストールをはおるなどの工夫を。 どちらも痛み方は似ているため、違いを区別することは難しいかもしれません。 熱っぽい、眠けが強くなる、気分が悪くなる、においに敏感になる、胸が張るなど、妊娠すると起こりがちな症状があるかも合わせてみるといいでしょう。 ただし、症状の現れ方は個人差があります。 Q腹痛があったら、夜間でも受診したほうがいいの? A安静にして痛みが落ち着けば、すぐに受診する必要はありません。 ただし、激しい痛みが続いたり、生理の2日目のような出血量が伴う場合には夜間であっても受診しましょう。 Q腹痛で受診したら切迫流産と診断されたけど、どういう状態? A切迫流産は出血や腹痛、おなかの張りといった流産と同じ症状があるものの、おなかの赤ちゃんの心拍が確認できる状態のこと。 心拍が確認でき、子宮頸管(しきゅうけいかん)が閉じているならば、妊娠が継続する可能性が高いので、心配し過ぎず、医師の指示を守りましょう。 腹痛は体調がわかるひとつの症状です。 妊娠をしたからといって、慎重になり過ぎる必要はありませんが、妊娠前とまったく同じ生活をするのではなく、自分の体に気を使ったり、少し体を休めて、ゆっくりしたペースにしては?と教えてくれているのかもしれません。

次の

【恐怖】妊娠中のくしゃみで腹痛が!赤ちゃんへの影響は本当にないのか?

妊娠 初期 くしゃみ 腹痛

妊娠初期にくしゃみが良く出るのはなぜ?3つの対処法 妊娠初期は免疫力が低下して体に不調が出やすくなります。 くしゃみは生理現象で起こるのですが、体調不良の1つのサインでもあります。 アレルギーや風邪、感染症によって起こる事もあります。 今までアレルギー症状が出たことがない方も、妊娠中は頻繁にくしゃみが出る事も。 鼻の粘膜だけでなく、目や喉の粘膜、肌の表面も外からの刺激に敏感に反応しやすくなるのです。 くしゃみが多いと体にも負担がかかるので、できるだけ抑えたいですよね。 では、くしゃみが止まらない時の対処法を説明していきます。 妊娠初期のくしゃみが止まらない時は? まず、あまりにもくしゃみが酷く止まらない時には、産婦人科または耳鼻咽喉科を受診して下さい。 妊娠初期の市販薬は極力避けて、どうしても市販薬を購入する時には薬剤師さんに相談しましょう。 市販薬は比較的安全と言われていますが、中には妊娠中に使用できないものもありますので、自己判断での薬の服用は避けて下さいね。 その他に、薬に頼らないでくしゃみを抑える方法が2つあります。 1.迎香というツボ 小鼻の外側、両サイドのくぼみを押すと、くしゃみが治まって鼻通りが良化するツボがあります。 ぜひ試してみてくださいね。 匂いに鈍くなる、鼻詰まりなどにも効果的です。 2.三叉神経 鼻の下には、三叉神経というくしゃみと深く関係がある神経が通っています。 三叉神経に触れる事で、くしゃみを抑える事ができます。 鼻がムズムズしてくると、鼻の下を押える方もいるでしょう。 その行動は、くしゃみを抑える事ができるので正解です。 妊娠初期にくしゃみと鼻水があって、妊娠に気付く方もいるほどです。 ホルモンバランスの変化が起こると、自律神経も乱れやすくなります。 妊娠したら、食事や睡眠はきちんととって、規則正しい生活を心がけましょう。 妊娠初期のくしゃみは胎児への影響がある? 妊娠中は何かと赤ちゃんへの影響が気になりますよね。 妊娠初期には何もしなくても流産の可能性があるので、くしゃみが頻繁に出ても、くしゃみによる胎児への影響はほぼないと言えます。 くしゃみが止まらなくてお腹が頻繁に張る、出血がある時には早急に医療機関へ受診して下さいね。 くしゃみを沢山すると流産する? 妊娠初期にくしゃみをすると、お腹に力が入ってしまうので、赤ちゃんが流れてしまう事を心配する方もいるでしょう。 くしゃみは子宮が収縮しているわけではないので、流産のリスクは非常に低いです。 その為、心配し過ぎなくて大丈夫ですよ。 ただし、妊娠初期は安静にしていても流産が起こる可能性があるとされています。 原因のほとんどが胎児側の問題にありますので、流産となってしまった場合でも、ご自身のせいではないので責める事はしないで下さいね。 くしゃみが出て辛いというストレスは、赤ちゃんにはよくありませんので、ストレスを溜めないようにしましょう。 対処をしてもくしゃみが出過ぎて辛い、お腹が痛いという方は、無理をせずに医療機関へ受診して下さいね。 妊娠初期のくしゃみの4つの対策 妊娠初期のくしゃみを抑えるためには以下の対策をとると良いでしょう。 なるべくアレルゲンを抑制する ハウスダストに関しては、自宅の清掃を毎日行いましょう。 フローリングの状況だと床用の水拭きをしてから掃除機で綺麗にするようにして下さいね。 水拭きなしだと、ホコリが舞い上がるのでより一層悪化してしまうことが考えられます。 花粉によるアレルギーの場合は、洗濯物の取り扱いに注意しましょう。 外で洗濯物を乾燥させる時は十分に叩いてから中に入れ込む、または部屋干しにすると良いでしょう。 部屋干しに関しては、小さい子がいると外に干した方が減菌にもなるので良いのですが、くしゃみが重度の際には部屋干しにしましょう。 イオンを発生する空気清浄機はアレルゲンに効果的です。 マスク 風邪予防と同じように、くしゃみが出る時にはホコリや花粉をガードするためにもマスクの装着を心がけましょう。 マスクによっても性能が変わってくるので、ご自身に合うマスクを見つけて下さいね。 マスクを装着する事で、妊娠初期の感染症やアレルゲンの対策法となるので、妊娠中はマスクをすることが大切です。 また、匂いによるつわりも抑えてくれるので良いですよ。 休息 風邪によるくしゃみの場合は、極力自宅で安静にしましょう。 妊婦さんは重症化しやすいので、無理は禁物です。 栄養 風邪などで弱っている時に栄養バランスが悪いと、風邪が悪化したり、長期にわたり繰り返す場合があります。 栄養バランスの整った食事を摂ることを意識しましょう。 妊娠初期のくしゃみの体験談 私もくしゃみと鼻水に悩まされました。 妊娠すると免疫機能が低下する事で、アレルギーや風邪をひきやすくなるというのは本当なんだと実感しました。 なるべく薬は飲まないで治したかったのですが、長引いてしまったので産婦人科で漢方薬をもらいました。 やはり漢方薬は、通常の薬と違いすぐには効果が薄いのですが、時間が経つと徐々に症状が緩和していきました。 みなさんも辛くなる前に、我慢しないで薬を処方してもらってくださいね。 くしゃみや鼻水が長引くと寝不足になる事もあるので、気を付けましょう。 まとめ 対処法を試みても長引く、悪化する、腹痛がある場合は医療機関へ受診して下さい。 妊娠初期であってもアレルギーを和らげる薬もあるので、悪化する前に対処しましょう。 風邪や感染症でのくしゃみは予防する事ができます。 1番気を付けることは、手洗いうがいをすること。 帰宅後やトイレの後、食べる前には手洗いうがいを忘れずに、日頃から感染予防に努めましょうね。

次の

妊娠初期のくしゃみ!お腹が痛くなる原因は?

妊娠 初期 くしゃみ 腹痛

妊娠初期にくしゃみをして、おなかが痛いと感じることもあるでしょう。 しかし、その腹痛は子宮が収縮した痛みではなく、子宮の周りの筋肉の収縮による痛みなのです。 妊娠して子宮が大きくなると、それを支える筋肉や靭帯は常に固く、緊張している状態が続きます。 そこに、くしゃみによって大きな圧力がかかると痛みが生じるのです。 つまり、あくまで子宮周りの筋肉の緊張が腹痛の原因であり、子宮への直接的な影響は少ないのです。 したがって、子宮内の胎児に大きな影響を及ぼすことは考えられません。 「胎児が痛いと感じているのでは・・・」と思う人もいるかもしれませんが、その心配もありません。 くしゃみがよく出ることによって流産や早産をしたケースは、ほぼ皆無です。 たしかに妊娠初期は、妊娠している人が食べる物や運動の影響が、胎児に及びやすい重要な時期です。 様々なことに敏感になるのはわかりますが、くしゃみをして痛いと感じたことに、多大な心配をする必要は無いでしょう。

次の