ぞんざい 類語。 【男女別】ぞんざいに扱う人の心理と特徴|彼女/もの/類語

「苟も(いやしくも)」の意味と使い方は?類語や例文を調査!

ぞんざい 類語

をにさま。 がいいかげんであるさま。 は ぞんざいに ( )をた。 ている頁があると、唾をてめくる。 (『』)• 「は、でて、をしただし、も、者もないし、のをに ぞんざいにうと。 実にさっぱりしただ。 」 (『』)• がであるさま。 はになをし、酒がと ぞんざいな。 : 、ぞんざい (1)• : 、• : (2)• : 、、• : 翻訳 (1)• : , , drive-by , , , slabby , slapdash , slipshod , , slovenly (2)• : brusque , brusk , , impolite , , , slipshod• : brusque.

次の

「あしらう」の意味とは?例文や慣用句としての使い方・類語も解説

ぞんざい 類語

「おざなり」は漢字で書くと「御座形」「御座成り」 御座敷で、舞妓や芸妓が客を心からもてなさず、表面的に「形」だけを取り繕った対応や言動をすることに対して「御座形(おざなり)」「御座成り(おざなり)」と批判の意を込めて言うようになりました。 そこから派生して、 「その場しのぎの、いい加減な対応や言動をすること」を「おざなり」と言う ようになったと言われています。 余談ですが、昔の日本では、宴会の席を「御座敷(おざしき)」と呼びました。 今でも芸者さんや舞妓さんを呼んで遊ぶことを「お座敷遊び」と言ったりしますね。 「おざなり」の類語を確認 「おざなり」と似た意味を持つ言葉に、「適当」「ぞんざい」があります。 それぞれの意味を例文で確認していきましょう。 類語1. 「適当」 2.「おざなり」と「なおざり」の違い 「おざなり」と「なおざり」は音の響きは似ていますが、意味や使い方はまったく違います。 間違って使ってしまわないよう、「なおざり」の意味を言葉の由来とともに見ていきましょう。 2-1.「なおざり」の意味と言葉の由来 「なおざり」とは、「あまり注意を向けずにいい加減にする」「ほとんど何もせずにほったらかしにする」 という意味です。 諸説ありますが、「直(猶)去り」という言葉から生まれたのが「なおざり」であると言われています。 「直・猶(なお)」とは、「そのままの状態」という意味。 なお、「なおざり」はPCやスマートフォンで漢字変換すると「等閑」と出てきます。 これは漢語の「等閑(とうかん)」から来ています。 その意味は「なおざり」と同じですので、漢字で書きたいときには「等閑」と書くことができます。• 「なおざりにする」は正しい日本語です。 もし「なおざり」を使って表現する場合には、Cが正解です。 なお、意味は「遊んでばかりでほとんど勉強をしなかった」という意味になります。 まとめ 日本語を正しく使うことは難しい、と思われたかもしれません。 しかし、 難しいからこそきちんと使いこなすことで、社内外の方からの信頼を積み重ねることができます。 人間関係を築く上で基本となる「言葉」を「おざなり」にも「なおざり」にもせず、今日も元気に頑張りましょう! ].

次の

ぞんざいの漢字とは?意味・類語やぞんざいな扱いなど使い方の紹介も

ぞんざい 類語

ぞんざいな扱いをする人の心理の一つ目は、コミュニケーションが苦手です。 コミュニケーションが苦手なので、ぞんざいな扱いをしているつもりがなくても、ぞんざいな扱いになってしまっているのです。 これは、本人は、そのつもりがないというのが、とても厄介です。 自覚があって、それを良くないと本人が思っているのならば、言えば改善の余地がありますが、コミュニケーションが苦手でそうなっている場合は、難しいです。 コミュニケーションが苦手な人は、普通の人たちからすると簡単なことでも、とても難しいのです。 なので、コミュニケーションが苦手な人は、ぞんざいな扱いをしてしまうのを直そうと思っても中々直せる問題ではないのです。 ぞんざいな扱いをする人の心理の二つ目は、相手を信頼しているからです。 相手を信頼しているのに、ぞんざいな扱いをするというのは、一体どういうことだ、と思う人もいると思います。 ですが、信頼しているからこそ、起きることでもあるのです。 相手を信頼しているからこそ、リラックスして多少雑な返事や対応をしても嫌われない、それが許される関係だと思っているからこそ、ぞんざいな扱いになってしまうのです。 これは、ある程度の友好関係にあるので嫌ならば言えば改善される可能性が高いです。 信頼してもらってぞんざいな扱いをされているのに、それを嫌だと言ってしまうのは、どうなのだろうと、思う人もいるかもしれませんが、そこは、我慢すべきところではありません。 一度相手の気持ちになってみると、わかりやすいでしょう。 ぞんざいな扱いをする人の心理の三つ目は、愛情の裏返しです。 小学生のころなどに、好きな子に嫌がらせをしてしまうなどという時代があったと思います。 愛情の裏返しでぞんざいな扱いをしてしまうというのは、そういうことです。 自分の気持ちに素直になれずに、天邪鬼な行動を取ってしまう、相手に意識して欲しくて意地悪をしてしまう、異性でぞんざいな扱いをする人がいる場合は、その可能性があります。 愛情の裏返しでぞんざいな扱いをしてしまう人は、辞めましょう。 愛情というのは、言葉にしても信憑性が怪しいものです。 それをさらに裏返しても余計本心が伝わりづらいだけです。 むしろ、相手に嫌われてしまう可能性のほうが高いです。 好意は、真っ直ぐに伝えましょう。 ぞんざいな扱いをされる人の特徴の二つ目とは、能力が低いことです。 能力が低い人は、周りから見下されてぞんざいな扱いをされてしまいます。 能力が低くて、それが結果に出てしまっている場合などは、どうしようもないです。 そんな状況からぞんざいな扱いをされないようにするには、能力を上げるしかありません。 ですが、それは、とても難しいことです。 気持ちを少しでも楽にするなら、周りは、能力の低い自分を見下すことでしか優越感を得られないとでも思っておきましょう。 そうやって考えることで、周りも自分もそこまでレベルは、変わらないと気づきましょう。 それがわかったら無理に急ぐ必要はありません。 ゆっくり自分のペースで進んで行きましょう。 意味のある努力は、必ず報われます。 ぞんざいな扱いをされる人の特徴の三つ目とは、反抗できないことです。 反抗できない人は、どんな問題でもずっと解消せずにだらだらと引き伸ばしてしまうものです。 それは、ぞんざいな扱いをされることでも同じです。 反抗できない人で、ぞんざいな扱いをされることが嫌という人は、その反抗できないという思い込みを捨てましょう。 人が空を飛ぶというのは、物理てきにできないことですが、反抗するというのは、誰でもできることです。 人間なら誰でもできることです。 それは、周りの人間が証明しているのではないでしょうか。 一度反抗してみたら、今まで見ていた世界とは、違う世界が見えるようになるはずです。 とりあえず最初の一歩を踏み出してみましょう。 ぞんざいな扱いや態度の具体例の一つ目は、雑な返事しかしないことです。 何かを言ったり、問いかけたりしても、「そうだね」や「それな」などという適当な返事しか返ってこない場合は、ぞんざいな扱いを受けている可能性があります。 恋人同士などでのぞんざいな扱いは、晩御飯に何を食べたいかなどの問いかけに「なんでもいいよ」と返すのも含まれます。 なんでもいいというのは、一番困るものですし、質問をしているのだから明確な答えが欲しいわけです。 あなたは、そんなぞんざいな扱いをしたことはないでしょうか。 こういったぞんざいな扱いは、気づかないうちにしてしまっているものです。 今一度、自分の言動を振り返ってみましょう。 嫌われてからでは、遅いです。 ぞんざいな扱いをされる時の対処法の一つ目は、無視をすることです。 相手がぞんざいな扱いをする理由が何にしろ、無視をするというのは、とても効果的な方法です。 信頼から、または、愛情からの場合は、無視されれば、何らかの謝罪などをしてくるでしょう。 完全なる悪意からならば、変に何かを言い返すよりも、無視をするほうが効果的と言えるでしょう。 悪意を持ってぞんざいな扱いをしてくるような人は、何か言われても、それを面白いと捉えて何も効果がないのです。 周りにぞんざいな扱いをしてくる人がいるときは、無視をするようにしましょう。 そして、その後の反応から何を思ってぞんざいな扱いをしてきているのかを見極めましょう。 見極めた後は、その理由にあった対処方法を取りましょう。 ぞんざいな扱いをされる時の対処法の二つ目は、立場が上の人に相談することです。 立場が上の人に相談することで、立場が上の人が直接、ぞんざいな扱いをしてくる人に対して注意、または適切な対処をしてくれるはずです。 ですが、適切な対処ではなく、形だけの注意などの場合は、その後に何の対策もなされずに、よりぞんざいな扱い、または、それ以上の酷い行為をされるようになる可能性もあります。 ですが、基本的には、良い方向へ行くはずです。 立場が上の人に相談する際に、立場が上という要素も大事ですが、立場が上なだけではなく、自分がしっかりと信頼している人に頼むようにしましょう。 自分と仲の良い立場が上の人でも、効果的に進むはずです。 ぞんざいな扱いをされる時の対処法の三つ目は、理由を問いただすことです。 何故そういうことをするのか、しっかりとした理由が聞けるまで問いただしましょう。 ぼかすような表現をされても、そこで終わらせずに問いただし続けましょう。 信頼から、または、愛情からの場合は、嫌われたくはないはずなので、早い段階での説明と謝罪をしてくれるはずです。 完全なる悪意からの場合は、しつこく問いただすことにより、かなりの不快感を感じます。 それだけではなく、それによりその絡みをされることに恐怖、面倒くささなどを感じるようになり、あなたにぞんざいな扱いをしないようになります。 相手がどちらのパターンでも使えるので、とても有効な手段です。 今回は、ぞんざいの意味や漢字とは何か、ぞんざいな扱いや態度とは何かということについて紹介していきました。 ぞんざいな扱いをする理由には、完全なる悪意からの場合と、信頼や愛情などからの場合、それ以外の場合があります。 あなたの周りの人たちは、どうでしょうか。 悪意がないのにぞんざいな扱いをしてしまうという人をあなたは、見抜くことができるでしょうか。 ぞんざいな扱いをされる人は、それだけで嫌な気持ちになるので、悪意がなくても、それは悪なのかもしれません。 ですが、直そうと思っても簡単に直すことができないという人もいることを忘れないようにしましょう。 しっかりとした対処法をとって、良い日常を送れるように頑張っていきましょう。

次の