佐藤和哉。 佐藤和哉 (篠笛奏者)とは

佐藤 和哉|グッデイ ヘアー(GOOD DAY HAIR)の美容師・スタイリスト|ホットペッパービューティー

佐藤和哉

そんな注目を集めたこちらの番組でも、とりわけ異彩を放ったのが篠笛奏者の 佐藤和哉さん。 出演者が着物や伝統的な衣装を身にまとっている中、一人だけイマドキの若者の格好で登場。 しかも、ロン毛で刈り上げ! 「この人はいったい誰なの?」 「違う人が入ってないか!?」 と話題になりました。 そんな佐藤和哉さんですが、 実は歌手の「ゆず」とも共演したことがあるようなんです。 さらにはファッションが今時で、ユニクロのCMにも出演したことがあるという、伝統芸能の枠を飛び越えた、篠笛奏者の 佐藤和哉さん。 今回は気になる佐藤和哉さんについて、ついて詳しく調べてみました!! スポンサードリンク 目次• 幼少期に地元のお祭りで笛に魅了され、中学生の時に横笛を学びました。 中学生の時は横笛の魅力にはまり没頭しましたが、意外なことに少年期にはピアノやギターなどの音楽にも没頭したようなんです! 高校生の頃には ギターの弾き語りなどもやっていたと言いますから、とっても意外でした。 そんな佐藤さんが 篠笛(しのぶえ)に出会ったのは大学を卒業してからのこと。 篠笛の音色に魅了され 篠笛奏者の道を志します。 2012年に国宝・薬師寺東塔解体式典にて献笛を勤めたことをきっかけに、本格的に活動を開始。 翌年2013年にはNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の主題歌となったゆずの「 雨のち晴レルヤ」のモチーフに、佐藤の「さくら色のワルツ」が採用されたことによって作曲に携わります。 また、2016年には佐賀県嬉野市の市曲「ふるさとの空よ」を発表し、 嬉野こころ大使に就任しています。 2016年9月には日本コロムビアからメジャーデビューを果たし、「 フエウタイ」をリリース。 篠笛奏者として日本の伝統を伝えています。 カジュアルファッションもお似合いです^^ ちなみに佐藤さんは普段篠笛演奏の際、 笛衣という衣装を着ていらっしゃいます。 コンサートのお写真などは見当たりませんでしたが、ゆずの楽曲 雨のち晴レルヤ で共演された時のプロモーションビデオならありました!  出典: 動画の最初の方と最後の方(4:40〜)に出てくる、赤い衣装をまとった篠笛を吹いている男性が佐藤和哉さんです。 とてもスタイリッシュな方ですし、格好良いですね^^ ゆずのお二人も佐藤さんも楽しそうです。

次の

佐藤和哉 (篠笛奏者)

佐藤和哉

大学卒業後に篠笛の音色に魅せられ、篠笛奏者を志しました。 2013年、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の主題歌「雨のち晴レルヤ」のモチーフとして、自作曲「さくら色のワルツ」が採用され、2014年日本レコード大賞優秀作品賞を受賞したこの曲で、一躍注目を集めることとなります。 切ない旋律や、郷愁に駆られてしまうような音色、聴く者の心に届く透明感あふれる音楽……佐藤和哉の奏でる篠笛の新たなハーモニーに、ぜひご期待ください。 中学生で唐津くんちの囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。 ピアノ、ドラム、ギター弾き語りなど、音楽に没頭する少年期を過ごす。 大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され、また、自身の想いを歌として表現するのにもっとも適しているのがこの楽器であることに気づき、篠笛奏者の道を志す。 現在、東京を拠点に音楽活動を展開。 2012年6月には、国宝・薬師寺東塔解体式典「宝珠降臨法要」にて献笛を勤める。 近年では、作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。 また同作は、2014年日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。 2016年には、佐賀県嬉野市の曲「ふるさとの空よ」を制作。 同年、日本コロムビアからメジャーデビュー。 「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作品の数々は、今を生きる自分の心と素直に向き合うことで紡ぎだされる。 小学生の頃からピアノを始める。 1984年、大阪フィルハーモニー交響楽団と「Rhapsody in blue」を共演。 その後、平吉穀州氏に出会い、作曲を師事。 高校時代、Billy Joel、Stan Getz など様々な音楽に影響を受ける。 1995年、大学在学中に作曲した「So Heavenly. 」が、細野晴臣選曲・監修のコンピレーションアルバム『ecole』(EPIC SONY) にSenoo名義で収録されたのを機に、プロとしての音楽活動を開始。 同作品はフジテレビ系深夜番組『かしこ(監督:片岡K)』のオープニングテーマに起用された。 また、作曲家・作詞家としても様々なアーティストに楽曲提供をしている。 2007年5月、チェリスト・古川展生と尺八奏者・藤原道山とKOBUDO-古武道-を結成。 現在7枚のアルバムを発表し、和の心意気を軸に演奏活動を行っている。 好きな映画は『男はつらいよ』、全48作を所持。 その影響を受け自らのコンサート企画「港めぐりツアー」を毎年行っている。 最も敬愛する音楽家はセルゲイ・ラフマニノフ。

次の

唄の音(うたのね)

佐藤和哉

篠笛奏者・作曲家 九州は佐賀県唐津市の海辺に生まれる。 中学生で「唐津くんち」の囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。 ピアノ、ドラム、ギター弾き語りなど、音楽に没頭する 少年期を過ごす。 大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され、また、自身の想いを歌として表現するのにもっとも適しているのがこの楽器であることに気づき、篠笛奏者の道を志す。 現在、東京を拠点に音楽活動を展開。 2012年06月には国宝・薬師寺東塔解体式典「宝珠降臨法要」にて献笛を勤める。 近年では、作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ ゆず 」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。 また同作は、2014年日本レコード大賞 優秀作品賞を受賞。 2016年には、佐賀県嬉野市の曲「ふるさとの空よ」を制作。 同年、日本コロムビアからメジャーデビュー。 「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作品の数々は、今を生きる自分の心と素直に向き合うことで紡ぎだされる。 In June 2012, he had the honor of performing a sacred dedication at Yakushi-ji Temple, a national treasure, in Nara prefecture.

次の